「自動車産業」とは?

関連ニュース

米エネルギー省、エネルギー集約型産業の脱炭素化など33のプロジェクトに約9,000億円拠出 - 04月24日(水)11:02 

米エネルギー省(DOE)は3月25日、バイデン政権の「米国への投資(Investing in America)」アジェンダの一環として、20以上の州で33件のプロジェクトに最大60億ドル(約9,000億円)を拠出すると発表した(*1)。エネルギー集約型産業の脱炭素化や高賃金の雇用支援、製造業の競争力強化などを図る。 これらのプロジェクトには、超党派によるインフラ投資・雇用法およびインフレ抑制法(IRA)より資金が提供される。これにより、何万人もの質の高い雇用を創出・維持するとともに、新たに産業用脱炭素技術の商業規模での実証を加速させる。 アルミニウムなどの金属、セメント・コンクリート、化学・精製、鉄鋼など、脱炭素技術が最も大きなインパクトを与える排出量の多い産業に焦点を当てる。これらのプロジェクトを合わせると、年間1,400万トン以上の二酸化炭素(CO2)排出量を削減できる見込みであり、これはガソリン車300万台分の年間排出量に相当する。 例えば、化学・精製プロジェクトは、回収した炭素を付加価値の高い製品にアップサイクルし、リサイクル製品から高品質の燃料や材料を作り、化石燃料から脱炭素燃料に置き換える機会を実証する計画だ。海洋分野向けのクリーン燃料、電気自動車バッテリー用の電解質、高品質プラスチックなどの製品が生み出す。 鉄鋼プロジェクトは、製鉄に伴う排出の大部分を除去できる世界初...more
カテゴリー:

ホンダ、ブラジルに1200億円を投資 新型HV車投入 - 04月20日(土)08:49  newsplus

【サンパウロ=水口二季】ホンダは19日、2030年までにブラジルで42億レアル(約1260億円)を投資すると発表した。25年には、エタノールを燃料に走るフレックス燃料ハイブリッド車(HV)の新型車を投入する。ブラジルには自動車産業の大型投資が相次いでいる。 ホンダはサンパウロ州イチラピーナ市の工場などで四輪車を生産している。25年にも、多目的スポーツ車(SUV)タイプのフレックス燃料ハイブリッド...(以下有料版で、残り476文字) 日本経済新聞 2024年4月20日 7:49 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN200AG0Q4A420C20...
»続きを読む
カテゴリー:

チャットGPTのオープンAI、東京オフィス開設へ 自動車業界でも導入広がる生成AI(日刊自動車新聞) - 04月16日(火)10:12 

 生成AI(人工知能)「チャットGPT」を展開する米オープンAIは15日、アジア初の子会社となる「東京オフィス」を開設すると発表した。自動車産業などで生成AIの活用が広がっており、営業やサポート体制を
カテゴリー:

若者はなぜ「自動車整備士」を目指さなくなったのか…事故を起こしても車が直らなくなる「深刻な未来」 - 04月14日(日)09:38  newsplus

戦後の日本経済を力強く牽引してきた自動車産業をめぐっては思わぬところにも落とし穴がある。整備士が不足し始めているのだ。 自動車は販売すればおしまいという商品ではない。安定的に利用するにはこまめなメンテナンスが必要… 続きはソース元で https://news.yahoo.co.jp/articles/a8f7c8e960fdd580df6c907e66e61bf9109f22cb ...
»続きを読む
カテゴリー:

安全性に掛かる産業分野におけるAI技術の利用を標準化が後押し - 04月10日(水)14:00 

ポイント ・ 自動車・航空機・産業ロボットなどの安全性が重視される産業分野にAIを使うための指針が、従来の国際標準の枠組みにはなかった。 ・ 産総研は共同エディタとして、産総研のAI品質マネジメント技術を組み込んだAIと安全性の関係に関する考え方を整理した文書の出版に貢献した。 ・ AI技術を安全性が重要な産業分野に活用する道筋が示された。     自動車・産業ロボットなどの安全性が重視される製品やサービスに人工知能(以下「AI」という)技術を利活用するために、安全性の確認方法や従来技術との組み合わせ方などを整理した国際的な技術報告文書 ISO/IEC TR 5469:2024(以下「本文書」という)が出版されました。国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)は、エディタとして本文書の取り纏めを主導するとともに、AIの安全性に関する品質検査方法の研究成果によって、本文書の出版に貢献しました。   これにより、日本のみならず諸外国でのAI技術の適用範囲を拡大し、市場拡大に繋がることが期待されます。   下線部は【用語解説】参照   取り組む社会課題 機械学習に代表されるAIは、自動運転や産業ロボットなど幅広い産業分野での社会実装が期待されています。しかし、動作の詳細が学習に基づいて決定さ...more
カテゴリー:

北秋田の養護施設に車両1台寄贈、自動車総連 送迎などに活用へ - 04月21日(日)15:00 

 全日本自動車産業労働組合総連合会(自動車総連、東京)は、北秋田市七日市の社会福祉法人・県北報公会が運営する児童養護施設「陽清学園」(津谷正毅園長)に、送迎用の車1台を寄贈した。 学園の駐車場で15日…
カテゴリー:

トランプ支持者、マジのガチで先鋭化がやばい 「トランプが当選しなければ首都で暴動を起こす」と宣言 「トランプ落選で世界滅亡」とも - 04月17日(水)20:37  poverty

【2024米大統領選】自分が負ければアメリカは「血の海」に… トランプ前大統領とその支持者が見つめる「今後」 https://www.businessinsider.jp/post-284128 「わたしが選ばれなければ、血の海になるだろう。この国が血の海になる。少なくとも、だ」 トランプ前大統領のこうした発言の意味をめぐっては、多くの議論が交わされている。 前大統領の陣営や盟友たちは、「血の海」発言は貿易や関税について話していた流れで出たことから、 自動車産業に起こるかもしれない経済的な大惨事のことのみを指すものだと主張している。 ■「この国は...
»続きを読む
カテゴリー:

若者は何故自動車整備士を目指さなくなったのか? - 04月14日(日)14:33  poverty

戦後の日本経済を力強く牽引してきた自動車産業をめぐっては思わぬところにも落とし穴がある。整備士が不足し始めているのだ。 自動車は販売すればおしまいという商品ではない。安定的に利用するにはこまめなメンテナンスが必要… 続きはソース元で https://news.yahoo.co.jp/articles/a8f7c8e960fdd580df6c907e66e61bf9109f22cb ...
»続きを読む
カテゴリー:

全国の小学生を対象とした第7回「クルマのリサイクル」作品コンクール受賞者の表彰式を開催 - 04月11日(木)14:00 

2024年4月11日 公益財団法人自動車リサイクル促進センター  公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区、代表理事:細田衛士)は、2024年3月29日(金)、くるまプラザ会議室において第7回「クルマのリサイクル」作品コンクールの表彰式を開催しました。  小学生の学校教育での学びを通じて、自動車産業や環境保全を考えていただくために、小学生の学びの集大成とした第7回「クルマのリサイクル」作品コンクールを行い、全国から7,774点の「クルマのリサイクル」をテーマとした標語・ポスターの作品が寄せられました。厳正な審査の結果、各部門の入賞作品30点ずつおよび団体10校を決定し、表彰式では各部門の最優秀賞、小学生新聞賞、審査員特別賞3点および団体賞1校に賞状と副賞が贈られました。   *表彰式の様子は、次のURLを参照  https://www.youtube.com/watch?v=np59zWpTdiw *受賞者は、次のURLを参照  https://www.jarc.or.jp/competition_count/contest2023result/   <受賞者集合写真>     ■表彰式の様子                 &...more
カテゴリー:

EVがいつのまにか「上級国民」の乗りものになっていた…!「アメリカ人がEV嫌いになった決定的なワケ」 - 04月04日(木)10:45  newsplus

米国で、電気自動車(EV)の「政治化」が進んでいる。 トランプ前大統領が、現職のバイデン大統領が目玉政策として推進するEV普及の失速を格好の政争の具にしたからだ。11月の大統領選挙で返り咲きを目指すトランプ氏にとり、EVの不人気がバイデン氏の政策の信用性を攻撃する効果的な武器となっている。 トランプ前大統領は、EVをバイデン大統領への攻撃材料にしている Photo/gettyimages しかし、EV政治化の裏には、次の4つをはじめとした米社会の分断に根差す構造的な対立がある。 1.経済格差によるクルマ購買力 2.党...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる