「編集部」とは?

関連ニュース

【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case42「超絶変形!SL-12000MK7の巻」 - 07月15日(月)21:30 

Game*Sparkとインサイド編集部が贈る新作オリジナルストーリー漫画『ULTRA BLACK SHINE』の第42話をお届け!
カテゴリー:

「上階からの騒音があまりに激しくて、直接、抗議に行こうと決めたんです」(30代・アパレル勤務) - 07月15日(月)20:59  poverty

「上階からの騒音地獄、いったいなぜ?管理会社に確認すると、驚きの真実が...」(愛知県・40代男性) 上階の騒音に悩まされて...(画像はイメージ) アパート・マンションでの騒音問題。 今回編集部にメールを寄せたFさん(愛知県・40代男性)も、そんな騒音問題に苦しめられている1人だ。 Fさんが中古で購入した分譲マンション。 ある時から上階に住む老婆の部屋からの物音が気になるようなり、次第に騒音の域に。 管理会社を通じて注意してもらったら、改善されるどころかますます事態は悪化して...。 上階の騒音に悩まさ...
»続きを読む
カテゴリー:

大人の恋愛をしたい…「アラフィフ人妻の呆れた欲望」を覗き見  #97 - 文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子 | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)20:40 

銀座のマガジンハウス6階、anan編集部の片隅に『クラブ佑雪』が開店。人生相談で有名な当クラブのママ、藤島佑雪さんが迷えるみなさんのお悩みにお答えします。今回は、かつての意中の人と十数年ぶりに偶然再会できたことで、よからぬ願望を抱き始めたアラフィフ人妻。佑雪さんのアドバイスは?文・藤島佑雪 イラスト・小迎裕美子【クラブ佑雪】vol. 97「50歳人妻が、再会したイケメンと恋に落ちるには?」佑雪ママ、先日は私の投稿を採用してくださりありがとうございました。 感謝の気持ちでいっぱいです。 人妻でもありますので、恋を忘れたといっても、生活を楽しんでいる今日この頃。 庭のアジサイの色づき、梅干しを漬けながら、「梅酢が上がった!」と日々小さな喜びを感じる私はまさに「今」を楽しんでいると思います。 恋のあの甘美な苦悩が少し恋しい気もしますが、この完全なる平凡もいつくるかもわからぬ天災で奪われかねないかもしれぬと思うと、大切な1日です。 恋はするものではなく堕ちるもの! そうですよね。 本当にそう。いつも気付きをありがとうございます。実はまたしてもご相談があります。細かいことは省略いたしますが、10数年前に派遣社員として働いていた会社のグッドルッキングガイと偶然の再会を果たせたのです。彼はあの頃以上に素敵で、本当に本当に再会できた自分に感動でした。そこで大人の再会のお作法、そして再会時の私の言動...more
カテゴリー:

え、こんな名店が! 京都の細~い路地で炭火焼肉、ワインバーも | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)19:30 

京都のあちこちで見かける路地。ひょいと足を踏み入れてみれば、「こんな所に!?」と驚くようないいお店が見つかることも。たどり着くまでのドキドキ感もお楽しみのうち!路地には名店が隠れてる。酒処てらやまTEL:075・708・7237[綾小路御幸町]今春、木屋町と先斗町の間の路地からさらに細~い路地へ移転&リニューアル。新たにテーブル席や2階席を設け、メニューもさらに充実。名物の炭火焼きは肉、魚、干物、野菜と揃い、移転前からの大人気メニュー・和牛炭焼サンドウィッチも健在。ほとんどの料理は人数に応じて量を調整してくれるので値段表記はないけれど、ごく良心的なのでご安心を。※予約がベター。香ばしさ際立つうなぎ炭焼¥1,200は白焼きかタレ焼きかを選べる。水茄子とトマトのサラダ¥700にはレモン風味のタバスコ「レモスコ」を添えて。自家製レモンチューハイ¥700。カップ酒1本¥600。下京区綾小路通足袋屋町317-11 17:00~22:00LO 木曜休BAR a Vin NATTSUN(バー ア ヴァン ナッツン)TEL:075・212・1588[木屋町四条]『酒処てらやま』があった場所にオープンしたワインバー。常時5~7種類のグラスワインやシャンパンがスタンバイ。お供には、鶏肉や鴨、上質な野菜の炭火焼き、ストウブのミニココットを使った煮込みからフォンダンショコラまで多彩なメニューを揃える。朗ら...more
カテゴリー:

岡崎体育のライブは“ないないづくし”? 唯一決めているのは… | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)18:30 

岡崎体育の連載「体育ですけど、オンガクです」。今回のテーマは「ルーティン」です。レコード会社のスタッフによると、ホールクラスを回るくらいのミュージシャンになると、多かれ少なかれバンドやアーティストごとの“決まりごと”ができあがってくるそうです。ライブ前のリハなどのスケジュールの流れや用意してほしいもののリクエストがあり、それを準備するのもライブ制作スタッフの仕事となっていくわけです。そんな中、さいたまスーパーアリーナクラスのライブをする岡崎体育には、ルーティンが一切ありません。すごく考えたのですが、ライブの前はこれを食べたいというのもないし、ライブ中はこの飲み物でないといけないというものもない。水も常温でも冷えていても大丈夫ですし、ライブ前にやっておきたいストレッチやマッサージも特にないです。ステージ上のパソコンを置く台だって、レコード会社に台を買ってもらったのでいまは毎回それを使っていますが、それ以前は、ライブハウスに適当な台を借りて置いていました。高さとかなんでもいいし、なんならパソコンを地べたに置くのでも構わない。ゲンを担いでなにかするということもないですし、ライブ前にスタッフたちと円陣を組んで声を掛け合うなんてこともしません。唯一あるとすれば、レコード会社のディレクターに、開演前に「岡崎くん、頑張って、楽しんで」と声かけてもらって、「はい」と会釈するくらい。それも背中バンッ...more
カテゴリー:

京都の銭湯からの~美味&リラックスのおすすめ“湯上がり旅” | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)21:00 

古くからの銭湯があちこちに残る京の街。地元客に交じって旅の疲れをザーッと流せば、すっかり京都の上級者。銭湯と湯上がりの一杯を愛する料理家がおすすめをご案内。銭湯と湯上がりのごちそう。銭湯好きの料理家、小平泰子さんが楽しみ方を指南!旅先で温泉ではなく銭湯に入るというのは、なかなかの非日常体験。でもこれがやってみると実に新鮮で楽しいもの。温まった体で近くのお店に立ち寄れば、湯上がりの一杯がキューッと染みることうけあい。京都生まれ京都育ちの料理家・小平泰子さんは毎日のようにこの流れを楽しんでいるツワモノ。おすすめの銭湯&湯上がりコースを教えてもらいました。「家にお風呂があっても、銭湯の広い湯船やサウナ(京都は入湯料にサウナ利用料も含む)で汗を流すと、疲れの取れ方も違います」と小平さん。「最初は緊張するかもしれませんが、地元の人たちと“裸のふれあい”をすることで、京都の一歩奥まで踏み込んだ気持ちになれるし、世間話でおすすめのお店なんかを教えてもらえる可能性もありますよ」観光の帰りにふらっと立ち寄ったとしても、「タオルは貸し出してくれるし、使い切りサイズのシャンプーや石鹸もあるのでご安心を」スキッと心身をリフレッシュして、いろんなお楽しみが待つ夜の街へ出かけてみよう。玉の湯(たまのゆ)TEL:075・231・2985[押小路御幸町]京都市役所から近い便利な立地。陶芸家でもある奥様が製作したタ...more
カテゴリー:

ポーランドとゲーム産業:東欧のゲーム業界人が集う開発者イベント、Digital Dragonsレポート - 07月15日(月)20:46 

あるいはPC大国ポーランドの歴史 5月27日と28日に開催されたDitigal Dragonsに参加するため、クラクフを訪れた編集部、今井によるレポート。日本とはまったく違ったゲーム文化がそこにあった。
カテゴリー:

【芸能】欅坂46長濱ねる、卒業日に言及 最後の握手会を報告 - 07月15日(月)19:54  mnewsplus

【モデルプレス=2019/07/15】 欅坂46・長濱ねるが15日、自身のブログを更新。最後の握手会を終えたことを報告するとともに、卒業日についても言及した。 3月にグループから卒業を発表していた長濱は、7月14日が最後の握手会になり「約4年間、様々なきっかけで出会ってくれて会いに来てくださった皆様 本当に本当にありがとうございました!!」と感謝。 ファンたちから送られた花々に囲まれた写真とともに、「思い思いの素敵なお花と言葉を見ながら皆さんのことを考えてたよ~そしたらすっごく寂しくなりました」と心境を明かした。...
»続きを読む
カテゴリー:

シェアハウスの住人が隠す“爆弾的”秘密…漫画『水は海に向かって流れる』 | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)19:00 

独特の世界観でボーイ・ミーツ・ガールを描いた『子供はわかってあげない』から約5年、田島列島さんの待望の新作『水は海に向かって流れる』がリリースされた。今回は男子高校生と26歳OLのボーイ・ミーツ・ガールなのだが、構想には紆余曲折があったようだ。年上女性への淡いトキメキ。しかし相手はよりによって…。「最初はグルメとラブコメにしようと思ったんです。第1話のポトラッチ丼はその名残(笑)。ラブコメらしく、ふたりの間に緊張感を持たせたかったのですが、3話目を描いているときにある秘密をふと思いついて、ようやく形が定まりました」主人公の直達は高校進学を機に叔父の家に居候することになるが、駅に迎えに来たのは榊さんという見知らぬ女性。叔父の家はクセのある大人たちが暮らすシェアハウスだった。「高校生の男の子が住みたいのは、女の子がいっぱいいる家かなとも思ったのですが、それより海賊船みたいな家なんじゃないかなと思って、そういうキャラを揃えてみました」そして肝心の秘密というのは、直達と榊さんの家族に関すること。前作は、単行本2冊分のネーム(絵コンテ)を最初に全部描き上げてから本番に入るという、かなり特殊な進め方をした田島さん。今回のように雑誌の掲載話ごとにネームを描き、物語を詰めていく一般的な進め方は、手探りな部分が多いようだ。「描きたいシーンはなんとなくあるけれども、お話はキャラクターが持ってきてくれる...more
カテゴリー:

【海外】リアーナ、故郷で運転していた車は高級車ではなく「スズキ ジムニー」 - 07月15日(月)18:26  mnewsplus

故郷バルバドス諸島で、シンガーのリアーナが自ら車を運転している姿を発見。リアーナが乗っていた車は、日本のメーカーのものだった。(フロントロウ編集部) ■リアーナの愛車は日本車  総資産600億円以上と言われるリアーナが、地元に戻ったときに超庶民派な一面を見せた。母国バルバドス諸島で休暇を過ごしていたリアーナは、珍しく自らハンドルを握り運転。  その時乗っていた車は、フェラーリやポルシェといった高級車ではなく、なんと日本のスズキのジムニー。  こっそりお忍びで日本を訪れるほど親日家のリアーナは、...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「編集部」の画像

もっと見る

「編集部」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる