「活用事例」とは?

関連ニュース

「祭り」を地域の観光資源として活用推進!オマツリジャパンがクラブツーリズムと共に祭りと地域を巡るオンラインツアーを開始~第一弾は大阪府「天神祭」を7月25日(土)に実施~ - 07月09日(木)16:00 

祭りを通して日本を盛り上げることをミッションとし、様々な祭りの企画・運営のサポート、プロモーション等の事業を行っている祭りサポート専門会社 株式会社オマツリジャパン(代表取締役社長:加藤 優子、以下オマツリジャパン)は、旅行業界大手のクラブツーリズム株式会社(代表取締役社長 酒井 博、以下、クラブツーリズム)と共に、インターネットを介して旅行気分、祭り気分を味わっていただけるオンラインツアーを実施致します。第一弾として、毎年7月にギャルみこしや船渡御、花火などで親しまれている大阪府大阪市の「天神祭」の協力の下、天神祭オンラインツアーの実施が決定致しました!◆企画背景下記4つの想いから、今回の天神祭オンラインツアーを企画致しました。・祭りを地域の観光資源として、活用を推進したい・参加者に天神祭の雰囲気と、大阪・天神橋エリアの街の魅力を味わって楽しんで貰いたい・新型コロナウイルスで規模縮小となった天神祭を少しでも活気づけたい・「疫病退散」という天神祭本来の意味を再確認し、参加者と共に新型コロナウイルス終息を祈願したい◆天神祭オンラインツアー実施概要当日は大阪天満宮のご後援により、規模縮小して開催される天神祭の神事の様子をライブ配信にてお届けする他、NPO法人大阪観光ボランティアガイド協会のご協力の下、大阪・天神橋の街を周遊している様な感覚で楽しめるコンテンツを予定しております。日  時...more
カテゴリー:

相続した不動産で賃貸経営する方法は?手順やスケジュール、注意点を解説 - 07月07日(火)20:11 

相続によって不動産を取得したものの既に不動産を所有している場合は、売却するという方法以外に賃貸経営を行うという方法が挙げられます。 相続した不動産で賃貸経営を始める際は、どんな手順で始めるのか分からない人もいれば、知っておくべき注意点がないか気になっている人も多いのではないでしょうか? この記事では、相続した不動産で賃貸経営を始める際の手順やスケジュール、注意点を解説します。 目次 賃貸経営を始める手順とスケジュール 1-1.周辺エリアの市場調査をしっかりと行う 1-2.不動産会社に相談する 1-3.金融機関にリフォームローンの融資相談をする 1-4.管理会社を介して入居者の募集を行う 相続した不動産で賃貸経営する際の注意点 2-1.賃貸経営後の資金計画をしっかり立てる 2-2.無理に相続不動産で賃貸経営を行わない 2-3.賃貸経営後の出口戦略を立てておく まとめ 1.賃貸経営を始める手順とスケジュール 不動産を相続した人の中には、相続した不動産の対応に困っている人もいると思います。 そのまま放置しても、固定資産税や都市計画税などのコストが生じるため、無駄なコストを生じさせないためには、不動産を売却したり、不動産を有効活用するなどの方法を選択する必要があります。 相続した不動産で賃貸経営を始める場合は、不動産取得にかかる初期投資を抑えることが可能です。しかし、初期投資を抑えるこ...more
カテゴリー:

【Bizクリニック】“聞こえない音”の最新技術は10年越し - 07月07日(火)05:00 

□エヴィクサー社長・瀧川淳「未開の境地!“聞こえない音”の最新技術」-。今年4月にNHKで、エヴィクサーの音響通信技術の活用事例と筆者のインタビューが放送された…
カテゴリー:

withコロナ時代のPoCの進め方、AI開発のあり方を事例とともに解説する「製造業向けAI&IoT最新動向キャッチアップセミナー」7月21日(火)13時より開催 - 07月03日(金)17:00 

NVIDIA(R)のエリートパートナーである株式会社ジーデップ・アドバンス(本社:東京都港区、代表取締役 飯野 匡道)は、withコロナ時代のPoCの進め方やAI開発のあり方について、豊富な開発経験を持つシステムベンダーを交えて事例とともに解説する「製造業向けAI&IoT最新動向キャッチアップセミナー」を7月21日(火)13時より開催します。本セミナーは、最新のAI&IoTの技術情報も含めたプログラムとなっていますので、徐々に再開されている経済活動の中で、アフターコロナを見据えたビジネスイメージのヒントにぜひ活用ください。セミナーの概要は以下のとおりです。「製造業向けAI&IoT最新動向キャッチアップセミナー」日時:7月21日(火)13:00~15:00主催:エヌビディア合同会社、株式会社ジーデップ・アドバンス共催:株式会社マクニカ申込受付:ジーデップ・アドバンスのセミナーページよりお入りくださいhttps://www.gdep.co.jp/seminar/4354/お問い合わせ:株式会社ジーデップ・アドバンス イベント事務局TEL:03-6803-0620 E-mail:event@gdep.co.jp<プログラム(抜粋)>【講演1】 今こそ始めるPoC-AIエコモット株式会社開発本部 データアナリティクス部・部長/ITコーディネータ庄内道博 氏【講演2】 AI導入の現状と課題~...more
カテゴリー:

AIポータルメディア「AIsmiley」、「最新AI企業が考える、2020年後半戦のトレンドとあるべき姿」をテーマにウェビナーを開催!2020年7月16日(木)16時~ - 07月02日(木)10:30 

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、代表取締役:板羽晃司)は、7月16日(木)16時から、ニュースタンダードの時代に考えたいAI導入やデータ活用について、ウェビナーを開催いたします。緊急事態宣言の解除、県外移動の解禁に伴い、徐々に活気を取り戻してきた経済活動。新型コロナウイルスとの共存が求められることが予想される2020年後半戦のトレンドと、企業のあるべき姿について最新AI企業が解説します。■ウェビナー概要「最新AI企業が考える、2020年後半戦のトレンドとあるべき姿」1. 予測駆動型組織がもたらすビジネスインパクト2. 海外トレンドを中心としたAI活用事例の紹介3. 遠隔コミュニケーションの最適化・主催:株式会社アイスマイリー・日程:7月16日(木)16:00~17:15・場所:ウェビナー専用のZoomURL *申し込みいただいた方にZoomURLをお送りいたします。・費用:無料・特典:参加者にAIカオスマップ特大版をプレゼント・申込締切:7月16日(木)14:00・申し込み方法:下記ウェビナー申し込みフォームよりご応募ください。・ウェビナー申し込みフォームURL:https://bit.ly/3eQsvvo■こんな方を対象としたウェビナーです・2020年後半戦のトレンドとあるべき姿を知りたい...more
カテゴリー:

年金収入でも自宅リフォームや住み替えに活用できる「リバースモーゲージ」の活用事例 - 07月08日(水)19:00 

新型コロナウイルスの影響は、少しずつ高齢者の雇用や収入にも影響を与え、60代以降のシニア層の方から継続雇用の打ち切りや、パートアルバイトの仕事がなくなり失業中というご相談も受けるようになりました。正社…
カテゴリー:

在宅学習、体験プログラム用素材として最適! 教育・行政関係者、メディア向け 47都道府県の郷土料理写真素材の無料サービス - 07月07日(火)10:00 

郷土料理の魅力を活用した、食品メーカー等の「販売促進」や自治体の「ファン作り」を、キャンペーンやイベント等で提案するロケーションリサーチ株式会社(本社:東京都中央区 以下ロケーションリサーチ)は、新型コロナウイルス感染症対策に取り組む教育・行政関係者、メディアを主な対象に、在宅学習や体験プログラムの作成支援として「47都道府県の郷土料理写真」を無料のフリー素材として、7月7日より提供を開始します。ロケーションリサーチは2008年より農林水産省が選定した「農山漁村の郷土料理百選」(※)の運営事務局として企画・運営に携わり、関係者協力のもと47都道府県の郷土料理や御当地人気料理122品を中心とした郷土料理情報を公開しています。※農山漁村の郷土料理百選とは全国各地の農山漁村で脈々と受け継がれ、かつ「食べてみたい!食べさせたい!ふるさとの味」として、2007年に農林水産省が「農山漁村の郷土料理百選」として選定したものです。あわせて、「御当地人気料理特選」も選定され、計122品を公開したものです。http://www.location-research.co.jp/kyoudoryouri100/■郷土料理写真の利用イメージ ※料理一覧は別紙参照・児童、生徒、地域の子どもたちへ提供する学習用プリントを作成したい。・食育イベントの延期・中止に伴い家庭で楽しめる食育プログラムを提供したい。・コロ...more
カテゴリー:

熊本の水害をふるさと納税で支援。「ふるさとチョイス」「さとふる」が寄付受付開始 - 07月06日(月)14:11 

7月3日に九州南部で発生した大雨災害により、熊本県を中心に河川の氾濫、土砂崩れなど甚大な被害が出ている。同県と鹿児島県の8市7町5村では翌4日、災害救助法の適用が決定された。ふるさと納税サイトを運用する企業は、制度の仕組みを活用した寄付の受付を開始している。 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンクは7月4日、ふるさと納税で被災自治体の災害支援に寄付できる「ふるさとチョイス災害支援」で熊本県人吉市の「災害時緊急寄付申込みフォーム」を開設した。寄付金は全額、被災地の復旧・復興に使われる。寄付金は災害支援金のため、原則、自治体からのお礼の品はなく、同社は自治体から一切の収益を得ず、プラットフォームを無償提供する。 ふるさとチョイス災害支援は、2014年9月にサービス開始。ふるさと納税を活用して、災害時に被災自治体の復旧・復興のための寄付金を募る仕組み。同社との契約の有無にかかわらず全国の自治体にプラットフォームを無償提供している。自治体はサイトで被災状況や寄付金の活用事例を報告できるほか、寄付者は被災地に寄付金と一緒に応援メッセージを送ることができるなど、独自の工夫もある。平成28年熊本地震では約19億円、平成30年7月豪雨では約16億円、平成30年北海道胆振東部地震では約4億6千万円を集めた。寄付総額は累計66億円超に上る(2020年7月4日時点)。...more
カテゴリー:

Moxa、クラウド監視ソリューションに関するオンラインセミナーを3社で共催、データ取り込みからクラウド活用までを解説 - 07月03日(金)15:30 

台北(台湾)、2020年7月3日 - 産業用通信およびネットワーキングのリーディング・カンパニーであるMoxaは、来る7月7日(火)および22日(水)の2日間、「産業用ハードウェアを利用したクラウド監視ソリューション」に関するオンラインセミナーを株式会社ケーメックスおよびSBテクノロジー株式会社との3社で共催します。このオンラインセミナーは参加無料で、現在、Moxaの正規代理店である株式会社ケーメックスのウェブサイト(https://www.kmecs.com/)にて参加者の事前申し込みを受け付けています。このたびのオンラインセミナーでは、IoT/スマート工場といった産業用IoT(IIoT)に取り組む企業担当者を対象に、データの取り込みからクラウドの活用まで、産業用ハードウェアを利用したクラウド監視ソリューションについて解説します。当日は、Moxa担当者から「Moxaの産業用IoTゲートウェイを用いたAzure IoTとの接続」、ケーメックス担当者から「耐環境性能に優れたMoxaのIoTソリューション・ThingsProの紹介」に加えて、SBテクノロジー担当者から「クラウドサービスを用いた遠隔監視の活用事例」について紹介します。またケーメックスの講演では、Ethernet / Modbus / Serialなどのデータを直接クラウドにあげるための取り込み方法をデモンストレーションし...more
カテゴリー:

<開催レポート>ホームページ作成サービス「ペライチ」が全国47都道府県から70名のサポーターが参加した「ペライチサポーターフェスティバル」を開催、当日のオンラインイベントの一部を公開! - 07月01日(水)17:00 

株式会社ペライチ(本社:東京都渋谷区、取締役会長:山下翔一)は、2020年6月13日(土)にオンラインイベント「ペライチサポーターフェスティバル」を開催し、「ペライチ」が掲げるビジョン“「つくれる」のその先へ”に共感し、ともに活動してくださる全国47都道府県の「ペライチサポーター」のうち、約70名もの方が本イベントに参加しました。■「ペライチサポーターフェスティバル」について「ペライチサポーターフェスティバル」は、サポーター同士、および「ペライチ」とサポーターの方々とのコミュニケーションをより深めるために開催され、全国のサポーター約70名にご参加いただきました。当日は新型コロナウイルス感染拡大防止のために3密を避け、安心安全にご参加いただけるよう、Web会議システムを使用したオンラインでのイベントとなりました。イベントでは「ペライチ」創業者によるパネルトークやサポーター数名によるLT(ライトニングトーク)大会ほか、サポーター同士の交流コンテンツ、オンライン打ち上げなどが行われました。                  <当日のイベントの様子>■イベントの開催の背景ペライチは“「つくれる」のその先へ”というビジョンを実現するために、「IT」と「人」の力を使って、スモールビジネスをはじめ、『ペライチ』を使ってくださっているお客様の成長を応援したいと考えております。今回、「ペライチサポー...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「活用事例」の画像

もっと見る

「活用事例」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる