「潤滑油」とは?

関連ニュース

「工業用潤滑油の世界市場:2024年に至るベースオイル別、製品タイプ別予測」リサーチ最新版刊行 - 11月11日(月)14:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「工業用潤滑油の世界市場:2024年に至るベースオイル別、製品タイプ別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】工業用潤滑油の世界市場規模は2019年の628億ドルから、2024年には733億ドルへと漸増が予測されています。当レポートでは、2024年に至る工業用潤滑油の世界市場予測(市場規模US$、量ベースKiloton)、ベースオイル別市場(鉱物油、合成油各種、バイオ潤滑油)、製品タイプ別市場(油圧作動油、金属加工油、ギヤ油、圧縮機油、グリース、タービン油、その他)、需要家別市場(建設、金属/鉱業、セメント製造、発電、自動車、化学品、石油ガス、テキスタイル、食品加工、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測指標および分析を提供しています。また市場考察、競合、リーディング企業動向情報なども盛り込み、市場の現在および今後見通しを検証していきます。【英文市場調査レポート】工業用潤滑油の世界市場:2024年に至るベースオイル別、製品タイプ別予測Industrial Lubricants Market by Base oil (Mineral Oil, Synthetic Oil, Bio-based Oil), Product Type (Hydraulic Fluid, Metalworking Fluid), End-use ...more
カテゴリー:

コラム:巨額債務のソフトバンク、資産下落時に逆回転リスク - 11月06日(水)13:10 

[ロンドン 5日 ロイター Breakingviews] - 孫正義氏が会長兼社長として率いるソフトバンクグループは、ハイテク分野の巨大投資マシーンであり、気前よく重ねた借金が潤滑油の役割を果たしている。同社が抱える資産の価値が高まっていた局面では、借り入れによる経営がうまく機能した。しかし、今後は資産価値が下がって、借金が問題になりかねない。
カテゴリー:

=令和に挑む=(16)ユウシード東洋・池永大介社長(前編) - 10月30日(水)10:30 

■主業守り、新業態に挑戦●明治の創業で、社の歴史は長い。 ミカンで有名な和歌山・有田(ありだ)の海運商がルーツで、江戸時代、伊万里に支店のような機能を置いていたのが始まり。1909(明治42)年に日本石油と特約を結んだ記録が残っており、それを創業年としている。1942(昭和17)年に法人化した頃は船舶用燃料を主体に、トロッコの潤滑油など油脂類、倉庫、運送業などを手掛けていた。 自動車の普及に伴ってガソリンスタンドを増やし、ピークの2000年ごろは16のスタンドを展開した。
カテゴリー:

小野伸二、ピッチ内外で増す存在感 FC琉球移籍2カ月 40歳、背番号7が挑む挑戦とは… - 10月25日(金)16:15 

 世界の舞台で活躍した、日本サッカー界の「天才」小野伸二がFC琉球に移籍して2カ月がたった。「沖縄をサッカー大国にしたい」。その思いだけで最南端の地を選び、ピッチ内外で潤滑油的な存在として活躍している。小野は「簡単なことじゃないが、みんなで力を尽くしたい」と淡々と語った。背番号7を背負う40歳の挑戦は...
カテゴリー:

マーケッツアンドマーケッツ社発行「潤滑油の世界市場 2024年までの予測:鉱油潤滑油・合成潤滑油・生物由来 (バイオベース) 潤滑油」 - 調査レポートの販売開始 - 11月07日(木)13:30 

2019年11月06日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「潤滑油の世界市場 2024年までの予測:鉱油潤滑油・合成潤滑油・生物由来 (バイオベース) 潤滑油」 (MarketsandMarkets発行) の販売を11月6日より開始いたしました。【 商品情報 】潤滑油の世界市場 2024年までの予測:鉱油潤滑油・合成潤滑油・生物由来 (バイオベース) 潤滑油Lubricants Market by Base Oil (Mineral Oil, Synthetic Oil, Bio-based Oil), Product Type (Engine Oil, Hydraulic Fluid, Metalworking Fluid), Application (Transportation and Industrial lubricants), Region - Global Forecast to 2024● 発行: MarketsandMarkets (マーケッツアンドマーケッツ)● 出版日: 2019年10月28日● ページ情報: 217 Pageshttps://www.gii.co.jp/report/mama320848-lubricants-market-by-type-mineral-oil-lubricants.html当レポートでは、世界の潤滑油市...more
カテゴリー:

アフトンケミカル、数百万ドル規模を投資した、つくばのジャパンテクノロジーセンター拡張を完了 - 10月30日(水)15:11 

つくば、日本--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 潤滑剤・燃料添加剤市場における世界的リーダー企業であるアフトンケミカルコーポレーション(以下、アフトンケミカル)は本日、つくばにあるジャパンテクノロジーセンターの拡張を完了したと発表しました。ジャパンテクノロジーセンターは、つくば市議会議員のヘイズ ジョン氏とアフトンケミカルの社長 Regina A. Harmおよびアフトンケミカル・アジアのバイスプレジデント兼マネージングディレクターのSean Spencerが共同で開設したものです。 この投資により、分析研究室および機械試験室を拡張し、潤滑油添加剤の試験能力を向上します。トランスミッション油、ギア潤滑油、乗用車・オートバイ・商用車・オフロード車のエンジンオイル、工業用油圧作動油の標準試験および特注試験が可能になりました。拡張された施設では、ASTM、JIS、JPI、JASO、JCMASなどの国際基準や日本独自の基準に適合するサンプル調合、物理分析、化学分析、性能試験などの高度な技術サービスを提供する予定です。 アフトンケミカルの社長であるRegina A.
カテゴリー:

ユーザーの支持で超人気商品となったスキー、スノーボード用滑走剤 ザードス ノットワックス好評発売中 - 10月29日(火)15:30 

画像 : https://newscast.jp/attachments/ikAUevsSnTalP8GMwVxR.jpg 株式会社エバニュー(所在地:東京都江東区、代表取締役社長:岩井 大輔)は、簡単に塗れて良く滑ると評判のスキー、スノーボード用滑走剤『Zardoz NotWax(ザードス ノットワックス)』を販売強化中です。 ザードス ノットワックスとは フッ素系合成潤滑油(100%液体)で、スキー、スノーボード用滑走剤です。ノットワックスは...
カテゴリー:

SB工藤公康監督、管理型で反発する選手多いが来季.. - 10月22日(火)12:39 

SB工藤公康監督、管理型で反発する選手多いが来季続投は濃厚 「管理型で細かい所にまで口を出す工藤監督に反発する選手は多い。昨年までは達川光男・元ヘッドコーチが潤滑油となっていたが、達川氏の退団で選手との距離は大きくなっていった」 #日本シリーズ #ソフトバンク
カテゴリー:

「潤滑油」の画像

もっと見る

「潤滑油」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる