「業界初」とは?

関連ニュース

Twitterが「画像切り抜きアルゴリズムのバイアスを発見するコンテスト」を開催、報奨金は最大38万円 - 08月02日(月)12:15 

Twitterが2021年7月30日、「画像切り抜きアルゴリズムに存在するバイアスを発見するコンテスト」を開催すると発表しました。Twitterによると、これは業界初となる「アルゴリズムのバイアスについての報奨金コンテスト」であり、コンテストの優勝者には3500ドル(約38万円)の報奨金が支払われるとのことです。
カテゴリー:

業界初の撮像技術とAIで、高精度な検査をスキルレスに実現する 基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」を発売 - 08月02日(月)11:00 

2021年8月2日   オムロン株式会社(本社: 京都市下京区、代表取締役社長CEO: 山田義仁)は、電子基板の高精度な外観検査をスキルレスに自動化する、業界初の撮像技術と、AI搭載の基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」 を8月5日からグローバルで発売します。5GやEV、自動運転のニーズが高まる中で検査難度が高まる車載用電子基板を高精度に検査することで、品質を維持向上し、社会への安心・安全に貢献します。   【AIを搭載した基板外観検査装置「VT-S10シリーズ」】   近年、5GやEV、自動運転などで使用される電子基板の需要が急増し、これらの用途は人命に関わることもあることから、基板の品質要求が一層高まってきています。また、基板の高密度化、微細化が進むことで、検査難度が上がり、従来の基板外観検査装置では、はんだの形状を的確に撮像することが難しく、検査範囲や項目に限界が出てきました。一方、製造現場では、熟練者不足など人手不足が深刻化する中、新型コロナウィルス感染症対策として、製造現場における密集・密接回避や移動制限が求められています。そのため、検査精度の進化に加え、人による目視の削減や、外観検査装置の設定や立ち上げ時の熟練者の経験や技能を”スキルレス化”することが急務になっています。   今回発売する基板外観検査...more
カテゴリー:

会社で買ってくれないから現場で使うインパクトドライバ買おうと思う  HiKOKI(日立工機)が良いんだろう?? - 08月02日(月)07:01  poverty

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000004295.000003442.html 電動工具新ブランド「EXENA」2シリーズを発売 パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社(以下、パナソニック)は、電動工具を新ブランド“EXENA(エグゼナ)”と名付け、2021年8月1日より、順次、フラッグシップモデルの“Pシリーズ”と、取り回しの良さを追求した軽量コンパクトな“Lシリーズ”の2シリーズを発売します。“EXENA(エグゼナ)”とは「EXPERT(熟練者)」、「ENERGY(エネルギー)」、「ENABLER(支援する者)」の3つの言葉の造語で「この世界に元気を...
»続きを読む
カテゴリー:

電車の車両整備作業で業界初のCGを使ったデジタルマニュアル完成、 3DCGの視覚効果で、技術指導の効率化と作業品質の向上を目指す - 07月30日(金)18:00 

首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:堀江泰、 03-5213-4728)は、車両整備の作業について、業界で初めて3次元コンピューターグラフィック(3DCG)を使ったデジタルマニュアルを制作し、7月1日より活用を開始しました。この3DCGデジタルマニュアルは、ユニットブレーキの分解・洗浄・ 組み立てに関する127の作業工程をiPad搭載のアプリケーションを使って、同時に複数人が使うことができ、現在は3台のiPadが稼働しています。実際には重くて簡単に動かすことができない電車車両の部品を、ペンや指を使って360度回転させたり、拡大させたりすることができます。また、使う工具の名称や使い方も分かるようになっています。これにより、知識や経験のない作業者でも、作業内容の理解を深めて、適切な作業ができるようになっています。特に組み立て過程では、注意しなければならない作業を行う時には、職長による確認後にその先へ進める仕組みを随所に設定しており、作業者への注意喚起はもちろん、作業完了の見落としを防ぐことができるようになっています。このマニュアルを導入した結果、新卒の新人作業員が、ベテラン作業員の指示をほとんど受けずに最初から最後までの作業を遂行しました。もちろん作業時間はベテラン作業員が半日のもので2日かかりましたが、ベテラン作業員の拘束...more
カテゴリー:

豆腐業界初の検品業務AI自動化・省人化、日本IBMが徳島県・四国化工機の豆腐生産工場スマートファクトリー化に向け支援 - 07月29日(木)20:47 

Photo by Sherman Kwan on Unsplash 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は7月28日、徳島県・四国化工機の割れや欠けのある豆腐を自動判定し検品する、豆腐業界では初めてとなるAIラインピッキングシステム「STI-ALPS」 (エス・ティー・アイ – アルプス。Shikokukakoki Tofu Inspection – AI Line Picking System)の開発を支援し、2021年6月から稼働を開始したと発表した。 近年豆腐業界は、原材料の値上がりや後継者不足などの理由から地域密着型の個人商店から広域流通に対応できる企業に集約する流れが顕在化しているという。また2020年、国の基準改正により国内で常温流通が可能になったことで、無菌充填豆腐の製造技術を有する四国化工機への需要が増加していたそうだ。 そのため四国化工機では、主力製品の豆腐の品質向上と増産を目指したAIの活用に加え、複数のロボット装置や無人搬送のフォークリストを備えた阿南食品工場新棟を新設し、スマートファクトリー化を推進してきた。新棟では全機器の状況が一元管理できるIoTを導入し、2021年6月から本格的に稼働を開始したそうだ。 また四国化工機では、これまでも画像検査装置の導入を試みたことがあったものの、良品・不良品を判定する項目すべてをルール化し設定する必...more
カテゴリー:

Twitterが「業界初」機械学習アルゴリズムの「バイアス」を対象とする報奨金コンテスト実施 - 08月02日(月)11:00 

Andrew Kelly / Reuters Twitterが、システムが自動的に画像をクロップする際の”偏り”を発見した人に謝礼を支払う報奨金コンテストをHackerOneを通じ開始しました。報奨金と言えば、セキュリティ上の問題や処理上の不具合を発見した人に対して賞金を支払うバグバウンティ・プログラムが一般的におこなわれていますが、今回Twitterが始めたのは、ユーザーが投稿した写真をサムネイル化するため、ちょうど良い具合にクロップ(切り抜き)するアルゴリズムにどこか偏りがないかを探そうというコンテスト形式のプログラムです。 Twiiterの自動画像クロップは2018年から使われ始めましたが、一部ユーザーからはこのアルゴリズムが肌の白い人を中心にするようなバイアスがかった処理を行う傾向があると批判の声が上がっていました。 「われわれは5月に画像切り出しアルゴリズムの提供をいったん止め、認識の偏りを識別するアプローチを共有し、人々がわれわれの作業を再現できるようにするためコードを公開しました」とTwitterはブログで述べ「この作業をさらに進めて、潜在的な問題を特定するため、コミュニティに協力を仰ぎ、奨励したいと考えています」としました。 Twitterいわく、この報奨金コンテストは「業界初」のアルゴリズムのバイアスを対象とした報奨金プログラムとのこと。賞...more
カテゴリー:

GOD&SIZUKUが藤村晃子氏を筆頭に横浜西公会堂ホールで行われた中共の脅威を問う講演会でトリを務めた! - 08月02日(月)10:00 

去る2021年の7月31日(土)13時~横浜西公会堂ホールで開催された藤村晃子講演会に2021年5月11日にメジャーデビューしたユニット「GOD&SIZUKU」(株式会社ゴッドワールドエンターテインメント所属)がゲスト出演しました。本講演会は様々な角度から中共の脅威を語るという主旨で行われました。元アナウンサーの広瀬善樹氏の司会で始まり、最初の登壇者は元陸上自衛隊の石濱哲信氏。石濱氏は日本保守党の党首で「このままで行くと日本は中共に占領される。ワクチンで自衛隊や警察の力を弱体化されている」と発言しました。このことは日本のメディアでは報じられていないだけで、世界のメディアは「日本が台湾に参戦すれば中国は最終兵器を使っても日本を攻撃する」と伝えており、陰謀論でも何でも無い事実である。二人目の登壇者はつばさの党代表の黒川敦彦氏。誰かに頼るのでは無く、国民一人一人が責任持って考えて立ち上がらないと、選挙を勝ち抜いた人間が何でもしてくれると過大評価するべきではない事や現在の選挙の在り方について語った。三人目の登壇者は一般社団法人武士道代表の与国秀行氏。日本の大和魂は何処に言ったのだ?男性より女性の方がよほどしっかりしていて頼もしい。しかしそれではダメだ。日本刀を男の魂に例えて力のあるトークを繰り広げました。四人目の登壇者は7月27日に東京地検に呼び出され、検事から「3ヶ月後は起訴する可能性が...more
カテゴリー:

マイナスイオンを感じながらプロジェクションマッピングを鑑賞!ロウリュストーブも新たに設置し、伊予の湯治場 喜助の湯の男性サウナがリニューアル - 07月31日(土)08:00 

業界でも珍しい自動ロウリュ「風神熱波」に加えて、今回のリニューアルでは本場フィンランド製のロウリュストーブを導入。個人の好きなタイミングでロウリュが可能になったほか、外気浴エリアには業界初(当社調べ)となるプロジェクションマッピングを設置し、サウナで”ととのう”環境作りに注力しました。
カテゴリー:

グリーンローンの契約締結について - 07月30日(金)10:10 

2021年7月30日 日本パレットレンタル株式会社 農林中央金庫   グリーンローンの契約締結について~レンタルパレット業界初のグリーンローン~     農林中央金庫(東京都千代田区、代表理事理事長:奥和登)と、日本パレットレンタル株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:加納尚美、以下「JPR」)は、レンタルパレット業界において初となるグリーンローン(※1)による金銭消費貸借契約(以下「本件ローン」)を締結いたしました。 JPRは本件ローンにより調達した資金をレンタルパレットの購入に充て、環境負荷軽減ニーズの高まりなどを背景としたレンタルパレット需要の拡大に対応します。   JPRは、レンタル方式によりパレットの共同利用を可能にすることで、サプライチェーン上の多様な企業をつなぐ一貫輸送を実現しています。(現在、JPRで約1100万枚のパレットを運用し、年間では延べ約4800万枚を利用企業へ供給(※2)) JPRの事業は、パレットのみならず、空パレットの共同回収網や、パレットを繰返し利用するために必要な補修整備機能も利用企業間でシェアリングできることがサービスの特徴です。   シェアリングによって、個々の企業が自社でパレットを所有・運用する場合と比較して、全体で必要となるパレット数量が低減され、循環型社会の構築に貢献しています。加えて...more
カテゴリー:

松井証券 MATSUI FX、アプリの特徴は?ログインのやり方や取引時間も - 07月29日(木)17:10 

FXを始めるか考えている方にとって気になるのが、各社のアプリの特徴ではないでしょうか。2021年2月よりリニューアルされた「松井証券 MATSUI FX」のアプリには豊富なテクニカル指標が搭載されており、スピード注文も可能といった特徴があります。 この記事では、松井証券 MATSUI FXのアプリの特徴と、ログインのやり方や取引時間についても解説していきます。 松井証券 MATSUI FXのウェブサイトを見る 目次 松井証券株式会社の概要は? 松井証券 MATSUI FXの基本情報は? 2-1.松井証券 MATSUI FXの取引時間は? 松井証券FXアプリの3つの特徴は? 3-1.搭載しているテクニカル指標の数が比較的多い 3-2.「スピード注文」「チャートスピード注文」で素早い発注が可能 3-3.松井証券が提供している投資情報動画へ遷移できる 松井証券 FXアプリのログイン方法は? まとめ 1.松井証券株式会社の概要は? ここでは松井証券MATSUI FXを提供している松井証券株式会社(以下、松井証券)の概要を押さえましょう。 会社名 松井証券株式会社 本社所在地 東京都千代田区麹町一丁目4番地 創業 1931年3月 代表者 代表取締役社長 和里田 聰 資本金 119億4,500万円(2021年3月31日現在) 提供サービス 株式(現物取引・信用取...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる