「ネットワーク」とは?

関連ニュース

英ケンブリッジ大、来年度の講義はオンラインだけに - 05月26日(火)14:30 

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、英ケンブリッジ大学は来年度(今年10月から来年9月まで)の講義をすべてオンラインで行う方針を表明した(BBC)。 すでにケンブリッジ大学は3月よりオンラインでの講義を行なっているそうだ。また、英国の他の大学でも同様の動きがあるという。 日本の大学でもオンライン講義が導入されているが、双方向感の不足や評価をどうするか、また学生側のネットワーク帯域の不足など、課題も多いようだ(東洋経済)。 すべて読む | ITセクション | 教育 | インターネット | 関連ストーリー: 一部の学校でオンライン授業がスタート、一方で課題も多い 2020年05月14日 米国で新型コロナウイルス対応として始まったオンライン学習、多くの学生がログインせず 2020年04月09日 座って聞くだけの講義形式は落第率が高い 2014年05月15日
カテゴリー:

Jリース---ストップ高買い気配、中国のラカラグループと業務提携 - 最新株式ニュース - 05月26日(火)14:04 

<7187>  Jリース  332カ  -ストップ高買い気配。中国最大規模の決済サービスプラットフォーマーであるラカラペイメントの日本法人と、訪日中国人に対する日本国内の不動産賃貸借に関して業務提携したと発表している。ラカラは1.2億人を超える中国最大規模の決済サービスプラットフォーマーであり、膨大なネットワークと個人決済情報を有している。今回の提携によって、今後の中国人の訪日需要回復の際には、大
カテゴリー:

「新型コロナウイルス感染症の影響による5Gインフラストラクチャの世界市場予測:通信インフラ別、コアネットワーク技術種類別、エンドユーザー別、地域別」市場調査レポートを取扱開始 - 05月26日(火)14:00 

2020年5月26日H&Iグローバルリサーチ株式会社*****「新型コロナウイルス感染症の影響による5Gインフラストラクチャの世界市場予測:通信インフラ別(スモールセル、マクロセル)、コアネットワーク技術種類別(SDN、NFV)、エンドユーザー別(商業、住宅、政府、工業)、地域別」市場調査レポートを取扱開始 *****H&Iグローバルリサーチ株式会社(本社:東京都中央区)は、この度、MarketsandMarketsが調査・発行した「新型コロナウイルス感染症の影響による5Gインフラストラクチャの世界市場予測:通信インフラ別(スモールセル、マクロセル)、コアネットワーク技術種類別(SDN、NFV)、エンドユーザー別(商業、住宅、政府、工業)、地域別」市場調査レポートの販売を2020年5月26日にMarketReport.jpサイト(取扱レポート数は日本最大級、15万点以上)で開始しました。新型コロナウイルス感染症の影響による5Gインフラストラクチャの世界市場規模、市場動向、市場予測、関連企業情報などが含まれています。***** 調査レポートの概要 *****・日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症の影響による5Gインフラストラクチャの世界市場予測:通信インフラ別(スモールセル、マクロセル)、コアネットワーク技術種類別(SDN、NFV)、エンドユーザー別(商業、住宅、政府、工業)、地...more
カテゴリー:

「コロナ禍でも『つながり』切らない」NPOなどがネットワーク開設 - 05月26日(火)13:22 

 直接会えなくても、地域の人々が孤立しない「新しいつながり方」を提案したい――。新型コロナウイルス対策で外出に制約があるなか、社会福祉やまちづくりを担うNPO法人などが連携し、新たな「つながりづくり」を考えるネットワークを開設した。名称は「『つながりを切らない』情報・交流ネットワーク」で、オンライン
カテゴリー:

通信各社はインターネット帯域に余裕があるとするも、応答時間は増大し動画視聴品質は悪化か? - 05月26日(火)12:57 

今年4月の緊急事態宣言発令後から、動画配信サービスの通信速度や応答時間が悪化する傾向があるという調査結果が報告されている(WebDINO JAPANのブログ)。 これによると、動画配信サービスの平均通信速度は緊急事態宣言が発令された4月7日以降は下り続け、また平均応答時間は同じく4月7日より増加し続ける傾向があったという。また、4月末から5月上旬にかけての連休期間は一旦改善したものの、連休明けには再度悪化する状況だったようだ。 また、動画視聴数のサンプルデータからは、4月の平日の動画視聴数はすべての時間帯で以前と比べて大きく増加しているという。 すべて読む | ITセクション | ネットワーク | インターネット | IT | 関連ストーリー: 米国では新型コロナ関連の経済対策として通信回線費用の支援などが行われている 2020年05月19日 マンション備え付けのインターネット回線、在宅勤務の増加で遅くなるトラブル 2020年05月15日 一部の学校でオンライン授業がスタート、一方で課題も多い 2020年05月14日 Google、ネットの帯域確保のためにスマートカメラのデフォルト画質を落とす処置を実施 2020年04月18日 昼...more
カテゴリー:

暗号資産イーサリアムのステーキングとは?次の大規模アップグレード「Ethereum 2.0」の要点まとめ - 05月26日(火)14:08 

イーサリアムの開発者は現在、大型アップグレード「Ethereum 2.0(以下「ETH 2.0」)」に取り組んでいる。時価総額2位の暗号資産は、基盤となるブロックチェーンのコンセンサスアルゴリズムを刷新し、ネットワークの分散化と高速化を目指している。5月20日、ビットコインとブロックチェーンニュースメディアCointelegraphが伝えている。 ETH 2.0とは、現行のETHブロックチェーンを再設計して、よりスケーラブルなバージョンを起動する大規模なアップグレードを指す。最初の実装は2020年の夏に開始される予定で、3つ全てのフェーズが完了するまでさらに1〜2年を要すると見込まれている。 アップグレードの一部には、コンセンサスアルゴリズムを現在のプルーフオブワーク(PoW)からプルーフオブステーク(PoS)への移行が含まれる。PoSの採用によりイーサリアムに導入されるステーキングは、ユーザーが一定量のイーサリアム(ETH)を保有してブロックチェーンネットワークに参加し、その見返りに報酬を獲得するプロセスだ。 PoSへ移行する理由の一つは、PoWよりもはるかにエネルギー効率が良いとみなされている点だ。また、マイニングハードウェアの開発競争により少数の大きなマイニングプールにシェアが偏っていたため、イーサリアムネットワークの分散化を図る目的もある。PoSは誰でもバリデーターとして参...more
カテゴリー:

ソフォスの調査により、組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払った場合、被害の回復にかかる費用が2倍になることが明らかに - 05月26日(火)14:00 

2020年5月26日<<報道資料>>ソフォス株式会社ソフォスの調査により、組織がランサムウェア攻撃で身代金を支払った場合、被害の回復にかかる費用が2倍になることが明らかに~ソフォスが世界的に実施した調査から、組織が身代金を支払った場合、被害の回復にかかる平均費用は1億4千万米ドルであったのに対して、支払わなかった場合は73万米ドルであったことが判明。その中でも、日本は被害回復に最も高い費用を支払っている国の一つであることが明らかに~~SophosLabs、身代金の支払いに対する圧力を増大させるMazeランサムウェア手法について報告~ネットワークおよびエンドポイントセキュリティのグローバルリーダー企業である英国ソフォス(日本法人:ソフォス株式会社 東京都港区 代表取締役 中西 智行)は本日、世界的に実施した調査に関するレポート『The State of Ransomware 2020(ランサムウェアの現状2020年版』(https://www.sophos.com/ja-jp/medialibrary/Gated-Assets/white-papers/sophos-the-state-of-ransomware-2020-wp.pdf )を発表しました。この調査結果により、組織がランサムウェア攻撃を受けた際、暗号化されたデータを復元するためにサイバー犯罪者に身代金を支払うことは、被...more
カテゴリー:

BLEタグで働き方を見える化、SCSKがIoT活用の新サービスを提供 - 05月26日(火)13:23 

SCSKは2020年5月26日、BLE(BluetoothLowEnergy)タグとIoTネットワークを使用して働き方の見える化を支援する、「CollaboVi ...
カテゴリー:

「VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)の世界市場:2025年に至るタイプ別、用途別予測」最新調査リリース - 05月26日(火)13:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)の世界市場:2025年に至るタイプ別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)市場は今後急成長が見込まれ、その世界市場規模は2020年で10億ドル、2025年段階では29億ドルとレポートでは予測しています。当レポートでは、2025年に至るVCSEL(垂直共振器面発光レーザー)の世界市場予測(市場規模US$、数量ベースUnits)、タイプ別市場(シングルモード、マルチモード)、マテリアル別市場(ヒ化ガリウム、リン化インジウム、その他マテリアル)、波長別市場(赤色、近赤外、短波赤外線)、用途別市場(センシング、データ通信、工業加熱/レーザー印刷、新規用途/その他用途)、データ通信向け市場(10GBPS以下、10.1以上25GBPS以下、25GBPS超)、業界別市場(コンシューマーエレクトロニクス、データセンター、自動車、商業/インダストリアル、ヘルスケア、軍事)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】VCSEL(垂直共振器面発光レーザ)の世界市場:2025年に至るタイプ別、用途別予測VCSEL Mar...more
カテゴリー:

香港でVPN需要急拡大、中国による国家安全法制定方針受け - 05月26日(火)12:33 

「VPN(仮想プライベートネットワーク)」プロバイダーのアトラスVPNによると、中国政府が香港を対象にした国家安全法の制定方針を明らかにした今月21日に香港におけるVPN需要が6倍以上増えたことが分かった。インターネット上のプライバシーへの懸念を反映した形だ。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ネットワーク」の画像

もっと見る

「ネットワーク」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる