「リアルタイム」とは?

関連ニュース

「ユニゾンリーグ」,最大66GEMのログインボーナスや,ロックフェスがテーマの6周年記念イベントを実施 - 11月25日(水)19:31 

ユニゾンリーグ ユニゾンリーグ 配信元 エイチーム 配信日 2020/11/25 新感覚リアルタイムRPG『ユニゾンリーグ』が6周年!最大66GEMのログインボーナスや「ロックフェス」がテーマの記念イベントを開催!さらに、グッズの受注限定販売を実施! 株式会社エイチーム(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:林高生)が提供する、iOS/Android(TM)向けに配信する新感覚リアルタイムRPG『ユニゾンリーグ』(ユニゾン)は、サービス開始から…
カテゴリー:

Splunkがネットワーク可観測性サービスFlowmillを買収 - 11月25日(水)16:30 

データプラットフォームのSplunkはこのところ買収を続けている。それは、同社が最近立ち上げた可観測性プラットフォームの機能を充実したいためだ。2020年10月にPlumbrとRigorを買収した同社は、米国時間11月25日にパロアルトの可観測性スタートアップFlowmillの買収を発表した(Splunkリリース)。Flowmillは、ユーザーを支援してクラウドインフラストラクチャ上にネットワークのパフォーマンスの問題を見つけられるようにし、トラフィックをサービスごとに計測してコストの管理ができるようにする。 現在、この分野の企業はとても多いが、それらの企業と同じくFlowmillもeBPFを利用する。それはLinuxのカーネルの比較的新しい機能で、カーネルを書き換えたりカーネルモジュールをロードしなくても、サンドボックスに入れたコードをカーネル内で動かせる。この機能は、モニタリングのアプリケーションにとって理想的だ。 「可観測性の技術は最近では高度化が進んでおり、企業のインフラストラクチャやアプリケーションをモニターする方法に革命をもたらしている。Flowmillの革新的なNPM(Network Performance Monitoring)ソリューションは、拡張バークリーパケットフィルター(extended Berkeley Packet Filter、eBPF)の技術を利用し...more
カテゴリー:

プロジェクションマッピングで硬いものでも「ぷるんぷるん」 東大「ElaMorph Projection」開発 - 11月25日(水)15:57 

弾力があるかのように見せかける技術だが、その映像をリアルタイムでレンダリングしている。
カテゴリー:

リアルタイムで画像や文章を文字どおり燃やしてくれる「Email a dumpster fire」 - 11月25日(水)14:00 

電子メールなどで人とやりとりをする人の中には、その文章を燃やしてしまいたいほどイラッとした経験がある人もいるはず。メールで送った文章や画像を紙に印刷して、実際にリアルタイムで焼却する様子をライブ配信してくれるウェブサイト「Email a dumpster fire」にメールを送ると、たまりにたまった鬱憤(うっぷん)をきれいさっぱり燃やし尽くすことができます。
カテゴリー:

レスポンとTERADA.LENONが 「教育機関向け respon」を販売提携 - 11月25日(水)13:05 

2020年 11月25日 株式会社レスポン レスポンとTERADA.LENONが 「教育機関向け respon」を販売提携 2020年11月より販売展開。新プランも。  株式会社レスポン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:森田真基)は 株式会社TERADA.LENON(本社:東京都町田市、代表取締役:寺田義明)と、レスポン社のリアルタイムアンケートシステム "respon" の販売に関する契約を締結しました。 TERADA.LENON 社 の「教育機関向けrepspon」販売サイト 教育機関respon(レスポン) とは  レスポン社は、リアルタイムアンケートシステム "respon" を開発・提供しています。専用のスマ―トフォンアプリと連動した教育機関向けサービスとして2015年にサービスを開始以来、50を超える大学で導入・運用されています。コロナ禍において、オンライン授業やハイブリッドの授業を参加型に変えるツールとして、また視聴・出席の確認・管理ツールとして注目されています。 TERADA.LENON との販売連携の背景  TERADA.LENON 社は、ICカードや電子端末を活用した「クリッカー」(教室で用いる投票システム)を2009年から販売・提供しており、特に医学系の大学に多くの導入実績があります。 レスポ...more
カテゴリー:

【悲報】ダイの大冒険、昭和のおっさんのゴリ押し企画だった。 - 11月25日(水)17:31  poverty

原作漫画の完結から24年。2020年の今、なぜ再びアニメ化に至ったのでしょうか? 内藤 集英社さんから声が掛かったと聞いております。『ダイの大冒険』の連載を当時リアルタイムで楽しんでいた世代がそれぞれの会社で中堅クラスのポジションになっていたことも大きなポイントだと思います。 今この時代に『ダイの大冒険』を再びアニメで盛り上げたいという各自の熱が高まって、アニメ化に向けて企画がスタートしました。 9月6日に行われたアニメ放送記念スペシャルイベントの生配信でも、唐澤監督が『ダイの大冒険』が大好きで、...
»続きを読む
カテゴリー:

BTSグラミー賞ノミネートおめでとう! ニューアルバム『BE』リリースを記念し、全世界に向けて記者会見を動画配信! - 取材、文・尹秀姫 | ananweb - マガジンハウス - 11月25日(水)16:10 

グラミー賞ノミネートでも話題沸騰のBTSが、最新アルバム『BE(Deluxe Edition)』リリースを記念して世界各国のマスコミに向けてオンラインで記者会見を配信しました。前作『MAP OF THE SOUL:7』のリリースからわずか9か月、この短期間のうちに、世界中がコロナの流行で滞りや隔たりが生じている今、このアルバムを発表する意味とは何なのか。また、今回はメンバーそれぞれがアルバム制作にも深く関与したこともあり、会見では曲への想いを熱く語ることもしばしば。彼らがニューアルバム『BE』について、自らの言葉で語った貴重な会見となりました。取材、文・尹秀姫--「Dynamite」の活動、そしてニューアルバムの制作だけでも忙しかったと思いますが、これまでどう過ごしていましたか?RM 実はこのアルバムは「Dynamite」の制作前から企画していたものでした。なので「Dynamite」の活動と並行してこのアルバムを制作していました。今回のアルバムを作るうえでの特徴としては、僕たちが制作過程を100%ではないにしてもみなさんに共有したいと思い、制作過程を生中継したりしてきました。僕たちがどのようにアルバムを制作し、どういうふうに進めているのか、初めてお見せすることができました。普段はそういうことは秘密裏にしてきたことですが、一緒に作り上げるという気持ちを感じてほしかったのです。だからこ...more
カテゴリー:

サプライチェーンを分断の危機などから守るAltanaが約7.3億円調達 - 11月25日(水)14:45 

サプライチェーンは、かつてはApple(アップル)がデザインしたかのような資本主義の魔法のエレメントだった。それはそれで機能していた。ときどき野菜売り場でサルモネラ菌が大発生することはあっても、私たちはファストファッションの洋服やデジタルガジェットや医療用品がどうやって店の棚や家まで運ばれてくるのか、深く考えることなく日常の消費生活を送ることができる。 もちろん、この数年間でたくさんの変化があった。グローバル化に反対する声が政治を動かし、米国や英国などの政府は自由貿易協定の再交渉に向かった。貿易体制の崩壊により国内生産の気運が高まった。その一方で、新型コロナウイルスのパンデミックによってサプライチェーンは膨大なストレスを抱え、いつしか完全に断ち切れてしまったものもある。 つまり、サプライチェーンの管理者は、誰も考えたがらない重要な役割から、誰もが常に気にかける重要な役割へと突如として変化したのだ。 そうした管理専門家たちは、Oracle(オラクル)やSAPなどの企業が運営する巨大なプラットフォームを利用できても、サプライチェーンの分断が危惧される場所を特定しようとすれば、もっと多くの情報が必要になる。このサプライチェーンのリンクは、もしかしたら見た目よりも脆いのではないか?サプライチェーンに含まれるこれらの工場は、児童労働や環境基準違反の警告リストに載っていないか?もし政府が貿易政...more
カテゴリー:

製造現場を支える無線システムの安定化技術の実験に成功 - 11月25日(水)14:00 

2020年11月25日 国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)   ポイント ■ NICTとトヨタ自動車は稼働中の工場で、無線可視化など無線システムの安定化技術の実験に成功 ■ 無線の可視化技術をトヨタ自動車の稼働中の組立ラインで検証、登録外端末の持込み検出を実現 ■ SRF無線プラットフォームによる異種システム協調制御を検証、突発的な無線混雑の回避を実現    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長: 徳田 英幸)とトヨタ自動車株式会社は、製造現場を支える無線システムの安定化技術の実験に成功し、“止まらないライン”を実現しました。  “止まらないライン”は、無線の可視化によって登録外の端末の持込みを検出し、計画外の無線の混雑を抑制することと、それでも発生してしまう突発的な干渉を異種システム協調制御によって回避することで、実現できます。今回、これらの技術を2か所の稼働中のトヨタ自動車の工場において、それぞれ実証しました。 ・トヨタ自動車高岡工場における実証: NICTが開発した無線環境のリアルタイム可視化技術の検証を、実際に稼働中の組立ラインで実施し、製造ラインの無線システムに影響を及ぼす前に登録外端末を検出できることを確認しました。 ・トヨタ自動車元町工場における実証: NICTが開発した...more
カテゴリー:

日本初! 1ヶ所から複数都市の自動運転車両を監視・操縦する実証実験を実施 - 11月25日(水)13:00 

東急株式会社は、国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学、株式会社ソリトンシステムズなどと共同で、1ヶ所のコントロールセンターから複数の都市の遠隔型自動運転モビリティを監視・操縦する実証実験を実施する。 オンデマンド方式で運行 同実験では、伊豆高原駅付近に複数台の自動運転車両を監視・操縦可能な遠隔コントロールセンターを設置。ここから、伊豆高原駅周辺を運行する自動運転システムを搭載した小型バスタイプの電気自動車「Izukoいずきゅん号」(最高時速19km)の監視・操縦を行う。 「Izukoいずきゅん号」は、利用者がスマートフォンMaaSサービス「Izuko」や伊豆高原駅に設置されているテレビから必要に応じて予約するオンデマンド型で運行。伊豆高原駅周辺の公道約1.4kmを往復するルートで、乗降場所は5カ所あるようだ。 同実験において、名古屋大学は自動運転車両の公道での走行性・停止性などの走行に関連する事象を、東急は遠隔コントロールセンターからの遠隔監視・操縦のオペレーションを中心に検証し、サービス実用化に向けた課題を抽出していく。 そして、観光施設は豊富なものの、急な坂道が多く移動の利便性が低い伊豆高原駅周辺の安全で快適な移動サービス開発を目指す。 実施期間は今年の12月17日~12月25日で、運行時間は11:00~15:00の間の予約が入った時間(20分に1本程度の予定)。 伊豆高原と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「リアルタイム」の画像

もっと見る

「リアルタイム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる