「可視化」とは?

関連ニュース

NECソリューションイノベータ、Office 365の利用状況を可視化するサービスを開始 | IT Leaders - 05月21日(火)10:00 

NECソリューションイノベータは2019年5月20日、Office 365の利用状況を可視化して安全な運用を支援するサービス「NEC クラウド利用状況監視App for Office 365」を発表した。価格(税別)は、Office 365の1テナント当たりのサービス利用料が年額300万円。別途、初期導入費と「Splunk Enterprise」のライセンス購入が必要。今後3年間で、50社の利用を目標にする。
カテゴリー:

神戸市立須磨海浜水族園で「ウォーキング水族園」の実証実験を実施 BLEタグを使った体験型のゲーム形式で見守りと動態管理に応用 - 05月20日(月)14:00 

株式会社神戸デジタル・ラボ(兵庫県神戸市中央区、代表取締役:永吉一郎、以下KDL)は、株式会社アシックス(以下、アシックス)とともに、神戸市立須磨海浜水族園(以下、須磨海浜水族園)で、「ウォーキング水族園」の実証実験を行います。期間は5月20日(月)から6月7日(金)までの平日を予定しています。今回の実証実験は、来場者の運動促進と安全な見学環境の構築を目的として実施するものです。アシックスが研究している「BLEタグを活用した位置検知および運動量計測技術」と、KDLのBeacon技術および開発したアプリケーションを組み合わせて実施します。期間中、来場者のうち希望する方に、BLEタグを無料で貸し出します。園内に設置された複数の検知器が、BLEタグを携帯する来場者の位置を検知します。検知器の記録から来場者の歩いた距離や時間を割り出し、それらをもとに見学中の運動量を算出します。参加者には、運動量に応じてノベルティをプレゼントするなどの企画を準備しています。ゲーム要素を付加することで、来場者の園内回遊および運動を促す「ウォーキング水族園」を実現します。また、来場者の迷子を防止するなど安全な見学環境を構築します。■ゲームの管理機能として迷子検知や動態の分析機能を提供実証実験では、BLEタグによる見守り技術を応用して、来場者の運動を促進するゲームを実施します。検知器の記録から来場者の歩いた距離や...more
カテゴリー:

【報道資料】NECソリューションイノベータ、「NEC クラウド利用状況監視App for Office 365」を提供開始 - 05月20日(月)10:15 

Office365の利用状況を可視化、セキュアな運用を支援NECソリューションイノベータ株式会社
カテゴリー:

【IT】Googleの情報収集は邪悪か? - 05月19日(日)18:16  bizplus

米CNBCの記者、トッド・ヘイゼルトンさんが5月17日「Googleはあなたの購入履歴を追跡するためにGmailを使っていて、削除するのは難しい」という記事を公開して話題になっています。 「Googleアカウント」の「購入」タブを見たら、なんと、自分がいつ何を購入したかのリストが、Googleから買ったものじゃなくても並んでいるではありませんかっと驚いています。  まるでGoogleがこっそりやっていたかのような書きっぷりです。でも、Googleは何度も、どんなデータを何のために集めているかを説明しています。この購入タブは昨年6月に表...
»続きを読む
カテゴリー:

婚活より筋活! 天海祐希が男を寄せ付けない理由は、あの歌手のせい? - 05月17日(金)21:30 

女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系の連続ドラマ「緊急取調室」の第6話が16日に放送され、平均視聴率は12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)を記録した。 可視化設備...
カテゴリー:

日本における「SDGs×ブロックチェーン」プロジェクトを4つご紹介 - 05月20日(月)14:25 

昨今、2015年9月に国連が掲げたSDGs(持続可能な開発目標)に配慮した活動が世界中で盛んになっています。 SDGsでは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会を実現するために、以下17つの目標を掲げています。 こうした取り組みの中で注目されている技術の一つがブロックチェーンです。多数の人々との間で価値を可視化しやり取りができるこの技術により、今まで実現が難しかったソーシャルバリューの創出が期待されています。 この記事では、日本における「SDGs×ブロックチェーン」の取り組み事例をご紹介します。まだ日本においては活発とは言えない分野ですが、少しずつ新たな取り組みが始まっています。 目次 社会貢献活動にトークンで報酬を「actcoin」 富山県の活性化を目指す地域通貨「Yell TOYAMA」 地方創生×ブロックチェーン×SDGs「KITハッカソン」 エシカル消費を可視化する、日本×フランスの挑戦 まとめ 1.社会貢献活動にトークンで報酬を「actcoin」 渋谷区のソーシャルアクションカンパニー㈱が運営するプロジェクトが「actcoin(アクトコイン)」です。actcoinは、ボランティア活動への参加や寄付といった社会貢献活動を行ったユーザーに独自トークンを配布するWebサービスです。 ユーザーはactcoinのサービスを通じて、SDGsの17の目標それぞ...more
カテゴリー:

オロ、クラウドERP『ZAC Enterprise』のロゴを一新! - 05月20日(月)12:00 

株式会社オロは、2019年5月20日をもって、クラウドERP『ZAC Enterprise(以下、「ZAC」)』のロゴを一新いたしますことを本日発表いたします。『ZAC』は、クライアントの経営判断の可視化と、業務効率化の実現を支援するクラウドERPです。当社は2006年の『ZAC』販売開始以来、600社以上のクライアントに本サービスを提供してまいりました。今、改めて『ZAC』の進化を加速させ、課題解決のさらなる実現を目指し、サービスロゴを一新いたします。当社は、クラウドソリューション事業の主力サービスである『ZAC』の質向上に一層注力し、クライアントのさらなる生産性の向上に努めてまいります。■新ロゴに込めた想い【新ロゴのコンセプト】時計の針と無限をモチーフとしたシンボルは、ZACを導入することによってもたらす「時間」と「可能性」を表しています。【新ロゴのカラーについて】キーカラーである黄色は「ヒラメキ」、青色は「テクノロジー」を表しており、クリエイティブをさらに加速させていく様子を表します。■『ZAC』が実現する未来人と時間を味方に企業において、同じ目標を持っているはずのメンバーがそれぞれ違った判断基準で行動していたら?あるいは、時間を使って価値を生み出すはずのメンバーが、時間に追われるだけの働き方をしていたら?人も時間も、敵になってしまったように見えるかもしれません。『ZAC』は...more
カテゴリー:

「味を保つ」味覚AIロボット 導入で中国食品企業の収益が増加 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) - 05月19日(日)20:45 

「味を保つ」味覚AIロボット 導入で中国食品企業の収益が増加 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)画像認識や音声判断などに続き、食材や料理の味を客観的に可視化する「味覚AI」の開発が世界中で進められている。そんななか、中国政府が主導して開発プロジェクトを進める味覚AIを搭載したロボットが、食品関連企業の生産性向上に寄与し始めているとの中華系メディアの報道があった。 中国政府に提出されたレポートのな...
カテゴリー:

【医学】がん細胞の転移止める分子を発見=診断や治療に応用期待-金沢大など - 05月18日(土)17:45  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190518-00000001-jij-sctch  がん細胞の転移を促進したり、抗がん剤耐性を強めたりするたんぱく質に結び付き、その働きを止めるペプチド(アミノ酸の結合体)を 金沢大や東京大などの研究チームが発見し、17日付の米科学誌ネイチャー・ケミカル・バイオロジー電子版に発表した。 転移しやすいがんの治療や診断への応用が期待できるという。  本来は肝細胞などの再生を担う肝細胞増殖因子(HGF)というたんぱく質は、がん細胞の近くでは活性化し、受容体に結合して転移や 薬剤耐性獲得を促...
»続きを読む
カテゴリー:

デジタルハーツ、IPAの「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業」に採択 ~AI×専門人材により、政府の中小企業向けサイバーセキュリティ対策に貢献~ - 05月17日(金)16:00 

株式会社デジタルハーツホールディングス(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:玉塚 元一、東証第一部:証券コード3676)の子会社である株式会社デジタルハーツ (以下、「デジタルハーツ」)は、独立行政法人情報処理推進機構(以下、「IPA」)が公募する「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業」に採択され、東北地域の一部を対象とする実証事業を実施することが本日決定いたしましたのでお知らせいたします。 近年、サイバー攻撃のリスクはますます増大しており、十分なセキュリティ対策を講じていない中小企業において、セキュリティ上の問題からサプライチェーンに参画できない、といった課題が増加することが懸念されています。この背景には、中小企業においては、IT人材やセキュリティに関する知見が不足していることに加え、「自社が標的になるとは思わず、サイバー攻撃にあっていること自体に気付かない」といったセキュリティへの意識の低さ等が挙げられます。このため、IPAでは、中小企業におけるサイバーセキュリティの意識向上やセキュリティ対策の定着を目的として、「中小企業向けサイバーセキュリティ事後対応支援実証事業」を行う企業を公募することとなりました。 こうしたなか、デジタルハーツは、仙台市を中心とする宮城県、福島県及び岩手県を含めた東北地域の一部(以下、「実証地域」)における中小企業を対象に、...more
カテゴリー:

もっと見る

「可視化」の画像

もっと見る

「可視化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる