「可視化」とは?

関連ニュース

日本の「鬼界カルデラ巨大噴火」完新世で世界最大の噴火だったと判明! - 02月26日(月)18:00 

昨今のニュースを見ていると、恐ろしい自然災害と言えば「地震」や「津波」が思い浮かびますが、「火山の噴火」も侮ることはできません。 特に大規模な火山噴火は地震などと異なり、長期間放出される火山灰やガスによって広範囲の地域に深刻な影響を与える可能性があります。 日本でも、7300年前に生じた「鬼界カルデラ」の巨大噴火(アカホヤ噴火)は、南九州の縄文文明に壊滅的な影響を与えており、その火山灰は東北地方まで至っていたことが示されています。 日本は国内にそんな危険な鬼界カルデラを含めた110以上の活火山を有しているため、過去の火山噴火の影響を正確に知っておくことは、私たちが将来に備えるために重要です。 そして最近、神戸大学海洋底探査センターに所属する清水 賢氏ら研究チームは、鬼界カルデラ周辺の海底探査と海底堆積物の分析から、アカホヤ噴火で発生した火砕流が海中に突入し、4500km2以上の海底に広がっていたことを発見しました。 この結果は、完新世(11700年前~現代)において、アカホヤ噴火が地球上で最大の火山噴火であったことを示しています。 研究の詳細は、2024年2月1日付の学術誌『Journal of Volcanology and Geothermal Research』に掲載されました。 目次 7300年前の鬼界カルデラの巨大噴火は、縄文人を壊滅させる海底を覆う噴出物の分析によ...more
カテゴリー:

富士通、Celonisを活用したコンサルティングをグローバルで提供、専門コンサルタントを150人体制に | IT Leaders - 02月26日(月)16:12 

富士通は2024年2月26日、Celonisのプロセスマイニング技術を活用したコンサルティングサービスを2024年4月からグローバルで提供すると発表した。複数の国や地域にまたがった業務プロセスをエンドツーエンドで可視化・分析し、業務改善を支援する。このための体制として、サービス拠点を北米、欧州、APACの各リージョンに設けるほか、グローバルデリバリー拠点を構築する。Celonisの技術や専門性を持つコンサルタントを2024年度末までにグローバルで150人体制にするとしている。
カテゴリー:

トヨタ自動車東日本、手書きだった製造現場の管理帳票を電子化、ダッシュボードで傾向分析も可能に | IT Leaders - 02月26日(月)14:21 

トヨタ自動車東日本(本社:宮城県黒川郡大衡村)は、管理帳票と管理データの分析業務を電子化した。帳票を手書きで作成する負荷を減らすとともに、測定結果のグラフ化や傾向分析をツールで行えるようにした。システム要素として、帳票ツール「i-Reporter」(シムトップスが提供)とデータ可視化ツール「MotionBoard」(ウイングアーク1stが提供)を導入した。ウイングアーク1stが2024年2月26日に発表した。
カテゴリー:

ラック、Vectra AI NDR向けの運用サービス 「JSOC MSS NDR監視運用 for Vectra AI」を提供開始 - 02月26日(月)11:30 

株式会社ラック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西本 逸郎、以下 ラック)は、AIを使用してパブリッククラウド、ID、SaaSアプリケーション、およびデータセンター全体の脅威を検出する「Vectra AI NDR」の運用サービス「JSOC MSS NDR監視運用 for Vectra AI」の提供を2024年2月26日に開始しました。Vectra AI NDRは、米Vectra AI社(本社:カリフォルニア州サンノゼ、CEO:ヒテッシュ・セス)が提供する監視サービスです。Vectra AI NDR(ベクトラエーアイ)https://www.lac.co.jp/solution_product/vectraai.htmlコロナ禍で急速に普及した従業員のリモートワーク環境の広がりは、データへアクセスする度に厳密な認証を実施するゼロトラストの考え方を広く浸透させました。こうした業務環境の変化により、従来のように社内にファイアウォールなどの境界をつくる境界防御だけでは、セキュリティ対策が不足することが認識されてきています。組織の内部に侵入・潜伏する脅威に対するエンドポイント対策として、Endpoint Detection and Response(以下 EDR)を導入する組織も増加していますが、アタックサーフェスの広がりにより、EDRがサポートしていないOS機器、およびネットワーク機...more
カテゴリー:

厚労省、医療機関ごとの出産費用比較サイトを開設  便乗値上げ阻止wwwwwww - 02月25日(日)09:27  news

厚生労働省は今春に、各地域の医療機関ごとに出産費用や分娩ぶんべん実績などのデータを比較できるサイトを開設する。 算出方法に不透明さが指摘される出産費用を可視化することで、妊産婦が医療機関を選びやすくするほか、値上げに歯止めをかける狙いもある。  サイトでは、市町村ごとに分娩を実施している病院やクリニックなどの一覧を掲載し、 各医療機関の〈1〉平均負担額〈2〉平均入院日数〈3〉年間の取扱件数〈4〉立ち会い出産や無痛分娩の実施の有無——などを公表することを想定している。  2022年...
»続きを読む
カテゴリー:

株式会社協振技建、基幹業務システムに「ZAC」を採用 - 02月26日(月)17:00 

株式会社オロ(東京都目黒区 代表取締役社長執行役員 川田篤、以下オロ)は、株式会社協振技建(東京都文京区 代表取締役社長 髙橋健太郎、以下協振技建)がオロのクラウドERP「ZAC」を基幹業務システムとして採用したことを本日発表いたします。協振技建は、都市ガスパイプラインを中心に、上下水道、通信、道路といった豊かな社会生活に欠く事のできない都市ライフライン網の整備に設計測量という立場から関わっています。近年は、ライフラインに関わる設計測量業務に加え、一般土木設計部門、システム開発部門、公共調査部門と取扱い分野を拡充し、幅広いお客様のニーズに対応するサービスを展開しています。同社では、プロジェクト損益管理の精緻化、引合からの営業活動と業績予測の可視化のためにシステム導入を検討していました。ZAC導入により、上記の目的達成が期待できるほか、操作性の高さや財務会計への直接連携が可能であるといった点が評価されました。------------------------------------------------------【ZACについて】https://www.oro.com/zac/【ZAC導入事例インタビュー】https://www.oro.com/zac/casestudy/-------------------------------------------------------...more
カテゴリー:

NECと三井住友銀行、カーボンニュートラル事業で協業‐供給網全体のCO2排出量を可視化 - 02月26日(月)14:52 

日本電気(NEC)と三井住友銀行は2月26日、カーボンニュートラル事業において協業を開始すると発表した。両社のCO2排出量算定・削減支援クラウドサービスにおいて、CO2排出量データを連携するという。
カテゴリー:

【2/27(火)・3/7(木)無料開催】非財務データプラットフォーム「TERRAST」を開発するサステナブル・ラボ、非財務情報可視化・企業価値向上のためのイベント・ウェビナーを開催 - 02月26日(月)13:36 

【2/27(火)・3/7(木)無料開催】非財務データプラットフォーム「TERRAST」を開発するサステナブル・ラボ、非財務情報可視化・企業価値向上のためのイベント・ウェビナーを開催
カテゴリー:

衣料廃棄品を燃やさずに水素化するプロジェクト「バイオテックワークスエイチツー」、サーキュラーエコノミーの実現か - 02月25日(日)18:59 

有限会社やまぎんの子会社である株式会社BIOTECHWORKS-H2が、廃棄物のほとんどを再生可能エネルギーに変換し、サーキュラーエコノミーの実現を試みる「バイオテックワークスエイチツー」事業に取り組んでいる。 同社は、その第1弾プロジェクトとして、今年4月から商品回収時のCO2削減量を、商品販売前から可視化する「環境貢献度の表示サービス “REBORN” by BIOTECHWORKS-H... このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

NTTドコモ、Pythonのデータ可視化ライブラリ「Steramlit」で全社のデータ活用環境を整備 | IT Leaders - 02月22日(木)18:20 

NTTドコモ(本社:東京都千代田区)は、データ可視化アプリケーションを簡単に開発できるようにする仕掛けとして、Pythonで使えるGUIライブラリ「Steramlit」を導入した。効果として、開発に着手してから8営業日でアプリケーションを稼働させた。また、開発したアプリケーションを利用することで、データの抽出や分析にかかっていたコストを54%削減した。現在、社内の開発者は約180人に達しており、NTTドコモのデータ活用を促進している。Streamlitを買収した米Snowflakeの日本法人、Snowflakeが2024年2月22日に発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる