「探査機」とは?

関連ニュース

【宇宙】「土星の六角形」は、なぜ生まれる? より“深い”シミュレーションから、その謎が解けてきた - 07月04日(土)18:16  newsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/01883d8fedf13c71cc4cc8c341e60cb632b201db  宇宙探査機「ヴォイジャー2号」が土星の北極付近に奇妙な六角形の雲を発見して以来、この現象は長年の謎となってきた。 これがいかなる要因が重なって起きている現象なのかを探るため、これまでコンピューターモデリングや、 液体の入ったタンクを回転させるといった物理的なモデリングなどが試されてきた。 仮説の多くが軸としていたのは、「ロスビー波」と呼ばれる現象だ。 ロスビー波は大気中や海洋中に存在する大規模な波で、地球のジェット気...
»続きを読む
カテゴリー:

火星が舞台の作品といえば? - 07月03日(金)19:19  news

火星やタイタンの夕暮れ時の空はどんな色?NASA公開のシミュレーション動画 2020-07-01 地球以外の天体では月にしか訪れたことがない人類は、大気を持つ他の惑星や衛星における 夕暮れ時の空を直接目にしたことはありません。火星の日没が大気中の塵による光の散乱で 青っぽく見えることは探査機が撮影した画像から判明していますが、もしも他の惑星や太陽系 外惑星に行くことができたら、夕暮れ時にはどのような空が見られるのでしょうか。 https://youtu.be/vrLfHv6sze0 こちらはNASAの惑星科学者Geronimo Villanueva氏(ゴ...
»続きを読む
カテゴリー:

NASA、2024年に月面で使うトイレの設計コンテストを開始 - 06月28日(日)17:02 

NASAは25日、2024年に人類を再び月へ送るアルテミス計画に向け、月着陸機に組み込むトイレの設計コンテスト「Lunar Loo Challenge」をHeroXで開始した(募集要項、 Junior部門募集要項、 The Vergeの記事、 SlashGearの記事)。 月トイレは微小重力下と月面の重力下の両方で機能する必要があり、コンパクトかつ男女共用で、身長約147cm~196cm、体重約48kg~132kgのクルーに対応する必要がある。大小便のほか、下痢や嘔吐、月経への対応も必要だ。嘔吐物は嘔吐袋に格納すればよいが、クルーが便器に頭を突っ込まなくてもよい設計にはボーナスポイントが与えられる。 既にNASAでは現在宇宙で使用しているトイレをベースとした月面対応も検討しているため、応募にあたっては異なる技術を使用する必要がある一方で、今後2~3年で完成できるよう、技術的成熟度にも配慮する必要がある。クルー2人が14日間使用できる容量で臭気や汚染物質が室内に漏れ出さないこと、5分以内に次の人が使えるようになること、クルーが真空にさらされないこと、といった要件も記載されている。 応募締め切りは8月17日。18歳以上を対象にした「Technical」部門と、18歳未満を対象にした「Junior」部門が設定され、米国の制裁対象になっていない国の個人またはチームで参加可能だ。Tec...more
カテゴリー:

小惑星リュウグウ「値付け」10兆円 見え始めた宇宙の「ゴールドラッシュ」 - 06月28日(日)14:00 

 早ければ秋の臨時国会で、企業が「宇宙資源」を採掘する権利を認める法律案の議論が始まる見通しになった。宇宙資源とは、文字通り、月や小惑星など地球以外の天体にある資源のこと。水や鉄、レアメタルが豊富にあるとされる。米国のベンチャー企業は、日本の探査機「はやぶさ2」が訪れた小惑星リュウグウに10兆円近い
カテゴリー:

「はやぶさ2」1基分空けて 倉敷科学センターがコロナ対策 - 06月24日(水)13:32 

 人との間隔を探査機「はやぶさ2」1基分は保って―。倉敷科学センター(倉敷市福田町古新田)が新型コロナウイルス対策の目安として、自然科学の知識を使っている。 同センター科学展示室にある長椅子(...
カテゴリー:

【シンギュラリティ】スパコン「富岳」で予測可能になった「南海トラフ地震」(FLASH) - 07月03日(金)20:38  newsplus

「資金が豊富な米国や中国と違い、日本の予算では、10年に1台のペースでしかスパコンの開発はできません。その制約のなかで1位、しかも四冠を達成したのは快挙。『日本の技術は遅れている』といわれるなか、おくれをとってないことを示してくれました」(科学ジャーナリスト・寺門和夫氏)  理化学研究所が富士通と共同で開発したスーパーコンピュータ「富岳」が、演算速度を競う世界ランキングで1位を獲得。先代の「京」以来、8年半ぶりに世界1位を奪還した。  さらに、産業利用などの処理能力を競う「HPCG」、人工知能(AI)で活...
»続きを読む
カテゴリー:

小惑星探査の意義を考える 井本昭・日本惑星協会代表理事 - 07月01日(水)06:09 

 小惑星探査機「はやぶさ2」など、各国が今、小惑星探査に乗り出している。なぜ小惑星が注目されるのか。国連が定める6月30日の「小惑星の日」に合わせ、日本惑星協会の井本昭・代表理事から毎日新聞へ小惑星探査への期待が届いた。
カテゴリー:

米国ベンチャー企業、「小惑星リュウグウには10兆円分のレアメタルが眠っている」 宇宙のゴールドラッシュ、スタート 早いもの勝ちw - 06月28日(日)16:27  poverty

宇宙資源とは、文字通り、月や小惑星など地球以外の天体にある資源のこと。水や鉄、レアメタルが豊富にあるとされる。 米国のベンチャー企業は、日本の探査機「はやぶさ2」が訪れた小惑星リュウグウに10兆円近い「値」をつける。 宇宙に多く眠る「金脈」を巡り、米国の西部開拓時代の「ゴールドラッシュ」をほうふつとさせる駆け引きが始まっている。 https://mainichi.jp/articles/20200627/k00/00m/030/132000c スペースX社が開発した有人宇宙船「クルードラゴン」が、同社のファルコン9ロケットで打ち上げられた https://...
»続きを読む
カテゴリー:

NASAの探査機ニュー・ホライズンズ、史上最長距離の恒星の視差観測に成功 - 06月25日(木)07:00 

米国航空宇宙局(NASA)は2020年6月17日、探査機「ニュー・ホライズンズ」を使って太陽系の近くにある恒星を撮影し、地球から撮影した場合と位置がずれる、「視差」が起こる様子を捉えることに成功したと発表した。
カテゴリー:

【宇宙】中国版GPS「北斗」完成 脱米国加速、宇宙強国狙う - 06月23日(火)17:11  bizplus

中国当局は23日、中国版全地球測位システム(GPS)「北斗」が完成したと発表した。車両やスマートフォンなどの位置を特定できる測位衛星は防衛や経済対策に欠かせない。米国が先行していたが、中国は米国依存から脱却し「宇宙強国」をめざす。 中国版GPSを統括する中国衛星導航システム管理弁公室によると、23日午前9時43分(日本時間同10時43分)に四川省の発射センターから北斗で最後となる55基目の衛星が打ち上げられて軌道投入に成功した。 北斗は1994年にシステム開発に着手し、2000年に最初の衛星打ち上げに成功した。11年末に...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「探査機」の画像

もっと見る

「探査機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる