「探査機」とは?

関連ニュース

【宇宙開発】インドの月探査機、予定時刻の56分前に打ち上げ中止 「技術的障害」 - 07月15日(月)17:55  newsplus

【7月15日 AFP】 インドは15日、月面着陸・探査機「チャンドラヤーン2号(Chandrayaan-2)」の打ち上げを予定時刻の約56分前に「技術的障害」を理由に中止した。  南部アンドラプラデシュ(Andhra Pradesh)州のサティシュ・ダワン宇宙センター(Satish Dhawan Space Centre)でのカウントダウンは、打ち上げ予定時刻15日午前2時51分(日本時間同6時21分)の56分24秒前に止められた。  インド宇宙研究機関(ISRO)はツイッター(Twitter)で、「打ち上げ56分前に打ち上げ機のシステムに技術的な障害が見つかった」と発表した。「...
»続きを読む
カテゴリー:

インド、月探査機打ち上げ延期「技術的障害」 - 07月15日(月)08:25 

 インド宇宙研究機構(ISRO)は15日、無人月探査機「チャンドラヤーン(月の乗り物)2号」の同日の打ち上げを取りやめたと明らかにした。「技術的障害が見つかり、予防措置として(15日の)打ち上げを取りやめた。新たな打ち上げ予定日は追って発表する」としている。
カテゴリー:

「アポロ11号の月面着陸は捏造だ!」という陰謀論が消えない理由 - 07月14日(日)13:21  livejupiter

【7月12日 AFP】アポロ11号(Apollo 11)による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。 彼らは、1969年7月に米航空宇宙局(NASA)が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。 また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。  こうした懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、 宇宙飛行士だったら...
»続きを読む
カテゴリー:

【月面着陸から50年】月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論2019/07/12 12:00 仏 - 07月12日(金)20:56  mnewsplus

 【7月12日 AFP】  アポロ11号(Apollo 11)による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。彼らは、1969年7月に米航空宇宙局(NASA)が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。  また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。  こうした懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、宇宙飛行士だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

「アポロ11号の月面着陸は捏造だ!」という陰謀論が消えない理由 - 07月12日(金)19:39  news

【7月12日 AFP】アポロ11号(Apollo 11)による月面着陸がうそだと考えている人は、世界中に数多く存在している。 彼らは、1969年7月に米航空宇宙局(NASA)が配信した画像が、実際には米ハリウッドのスタジオで撮影されたものだと信じているのだ。 また、月面着陸はなかったとしてアポロ11号のミッションそのものを疑い、それが「ねつ造」であったと実証を試みるウェブサイトも星の数ほどある。  こうした懐疑派の中には、NASAにはそのような途方もない計画を成功させる技術的ノウハウはなかったと言う人や、 宇宙飛行士だった...
»続きを読む
カテゴリー:

なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク、そして葛藤 - 07月15日(月)15:31 

難易度が高かった2回目の着陸に成功した「はやぶさ2」  宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年7月11日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への2回目となる着地に成功したと発表した。今年4月にクレー […]
カテゴリー:

【話題/宇宙開発】月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論[07/15] - 07月15日(月)03:17  scienceplus

月面着陸はうそ? アポロ11号を取り巻く陰謀論(記事全文は、ソースをご覧ください。) https://www.afpbb.com/articles/-/3234496 https://www.afpbb.com/articles/-/3234496?page=2 2019年7月12日 12:00 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ 米国 北米 ] AFPBB News 【科学(学問)ニュース+】 (写真)月面を歩くアポロ11号の乗組員エドウィン・オルドリン月着陸船パイロット。米航空宇宙局(NASA)提供(1969年7月21日撮影、提供日不明)。(c)Photo by - / NASA / AFP (写真)月面を歩くエドウィン・オルドリ...
»続きを読む
カテゴリー:

印、月面探査機15日打ち上げ 次世代エネ源「ヘリウム3」に照準 - 07月13日(土)08:58 

 インド宇宙研究機関(ISRO)は15日に月面探査機「チャンドラヤーン2号」を打ち上げる。9月6日に未探査の月の南極付近に着陸し、次世代エネルギー源として期待される核融合発電の燃料、ヘリウム3の探査を行う。月面着陸はこれまで旧ソ連、米国、中国が成功しており、インドが成功すれば4カ国目となる。
カテゴリー:

はやぶさ2:はやぶさ2 カプセルは20年末に帰還へ 探査機本体は別の天体へ向かう可能性も - 07月12日(金)20:23 

 小惑星リュウグウへの着陸と地下物質採取に成功した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は12日、リュウグウから高度約20キロの定位置に戻った。今後は上空から観測を続け、11~12月にリュウグウを出発。地球まで約7億4000万キロの帰路に就き、採取試料の入ったカプセルを2020年末に
カテゴリー:

はさぶさ2、2回目のタッチダウンに成功 - 07月12日(金)17:31 

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンに成功した(JAXAの第2回タッチダウン画像速報、ITmedia)。タッチダウンは7月11日午前10時5分ごろに開始された。高度30mまで接近したあとのタッチダウンは自律処理で行われ、その後10時42分頃に地上管制室とはやぶさ2との通信が回復した。今回のタッチダウンは、4月にはやぶさ2の衝突装置を使って作成した人工クレーターから地下物質を採取することを目的に行われた。採取には成功したと見られており、JAXAは今回のミッションについて「一番大きい山は越えた」「100点満点中1000点」としている。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 宇宙 | 関連ストーリー: はやぶさ2、4月5日の衝突体発射による人工クレーター生成成功を確認 2019年04月27日
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「探査機」の画像

もっと見る

「探査機」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる