「小惑星」とは?

関連ニュース

なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク、そして葛藤 - 07月15日(月)15:31 

難易度が高かった2回目の着陸に成功した「はやぶさ2」  宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年7月11日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への2回目となる着地に成功したと発表した。今年4月にクレー […]
カテゴリー:

真夏の夜の淫夢 - 07月13日(土)23:41  poverty

「はやぶさ2」が2回目の小惑星リュウグウの着地に成功! ~立教大学は光学航法カメラの開発・運用に参加~ https://www.rikkyo.ac.jp/news/2019/07/mknpps000000yc6w.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

【宇宙】40億年前に土星や天王星が大移動? 隕石の分析で - 07月13日(土)05:16  newsplus

土星や天王星など太陽系の一部の惑星は、およそ40億年前に太陽から離れる方向に大きく移動したとする仮説を裏付ける結果が、地球に落下した隕石を分析することで得られたと茨城大学などの研究グループが発表し、太陽系の形成過程を知る成果として注目されています。 茨城大学や東京大学などの研究グループは、カナダ西部に19年前に落下した隕石を分析し、隕石の由来を調べました。 その結果、隕石は落下したコースから木星の内側にある小惑星帯からきたと推定されたものの、その成分は木星よりも外側の温度が低いところでできた...
»続きを読む
カテゴリー:

はさぶさ2、2回目のタッチダウンに成功 - 07月12日(金)17:31 

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への第2回タッチダウンに成功した(JAXAの第2回タッチダウン画像速報、ITmedia)。タッチダウンは7月11日午前10時5分ごろに開始された。高度30mまで接近したあとのタッチダウンは自律処理で行われ、その後10時42分頃に地上管制室とはやぶさ2との通信が回復した。今回のタッチダウンは、4月にはやぶさ2の衝突装置を使って作成した人工クレーターから地下物質を採取することを目的に行われた。採取には成功したと見られており、JAXAは今回のミッションについて「一番大きい山は越えた」「100点満点中1000点」としている。 すべて読む | サイエンスセクション | 日本 | 宇宙 | 関連ストーリー: はやぶさ2、4月5日の衝突体発射による人工クレーター生成成功を確認 2019年04月27日
カテゴリー:

アポロの月着陸は捏造だった? 「はやぶさ」元広報担当が斬る - 07月12日(金)12:32  liveplus

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/07/12/20190712k0000m040032000p/8.jpg?2 アポロ月着陸捏造説について解説する寺薗さん=毎日メディアカフェで、7月8日、斗ケ沢秀俊撮影  アポロ11号による人類初の月着陸から50年にちなむイベント「アポロ月着陸捏造(ねつぞう)疑惑を斬る!~月探査新時代を前に」が8日、東京都千代田区一ツ橋の毎日メディアカフェで開かれ、寺薗淳也・会津大准教授が講演した。  寺薗さんは月や惑星探査の情報を掲載するウェブサイト「月探査情報ステーション」を運営し、小惑星探査機「はやぶさ」では広...
»続きを読む
カテゴリー:

宇宙船を宇宙で造っちゃおう。3Dプリンターを使ったすごいプロジェクトがNASAから79億円強の資金調達 - 07月14日(日)15:32 

かさばる部品を宇宙に打ち上げるのではなく、その場で3Dプリントしてしまうことを目指すプロジェクトが、その技術を実証するために、NASAから7370万ドル(79億円強)の契約を獲得した。これまで数年に渡って開発が続けられてきたMade In Space(メイドインスペース)社のArchinaut(建築宇宙飛行士的な意味の造語)は、早ければ2022年には打ち上げが予定されている。私たちの現在の問題は次のようなものだ。もし60フィート(18m強)の太陽電池アレイを装備した宇宙船が欲しいとするならば、そのアレイを装着するための60フィート長の構造物を用意しなければならない。そのような構造物はリボンのようにくるくる巻き付けておくわけにはいかない。しかし、60フィートの支柱、あるいは2本の30フィートの支柱、なんなら10本に分割した支柱群でも良いが、打ち上げる宇宙船に僅かな格納スペースしかないときに、それらをどのようにしまっておけば良いのだろう?たとえ1方向だけでも大きなものを宇宙に持っていこうとするとすると、問題は急速に複雑なものとなる。Archinautの解決策はシンプルだ。ただその長い部品のための材料を宇宙に持っていって、その場で3Dプリントしてしまえば良いのではないだろうか?材料をコンパクトに保つ手段として、レンガ状に固めておくやり方以上に効率的なものはない。当然のことながらこれは、単...more
カテゴリー:

舞い上がる岩石とらえる 「はやぶさ2」2度目のタッチダウン時の写真公開 - 07月13日(土)19:30 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月11日、はやぶさ2が同日、小惑星「リュウグウ」への2度目のタッチダウン(着陸)を行った際に撮影した3枚の写真を公開した。うち1枚は、リュウグウの地表から岩石が舞い上がっている姿をとらえている。
カテゴリー:

はやぶさ2:はやぶさ2 カプセルは20年末に帰還へ 探査機本体は別の天体へ向かう可能性も - 07月12日(金)20:23 

 小惑星リュウグウへの着陸と地下物質採取に成功した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は12日、リュウグウから高度約20キロの定位置に戻った。今後は上空から観測を続け、11~12月にリュウグウを出発。地球まで約7億4000万キロの帰路に就き、採取試料の入ったカプセルを2020年末に
カテゴリー:

はやぶさ2は小惑星リュウグウへの2回目の着地に成功 - 07月12日(金)15:00 

日本の「はやぶさ2」が小惑星リュウグウを目指したミッションは、最初から野心的なものだった。そしてチームは最近、宇宙空間に浮かぶ岩石の表面に、2度目のタッチダウンを試みるというかなり難しい決断を下した。すべてが計画通りにうまくいっただけでなく、その小惑星の表面のすばらしい写真を地球に送り届けてくれた。 はやぶさ2は、最高にクールなミッションだ。基本的な構想は以下の通り: 地球の近くの小惑星に向けて飛ぶ 表面に着地して岩石のサンプルを採取する スペースガンで爆破してクレーターを作る 着地してクレーターの中の岩石のサンプルを採取する 採取した岩石を地球に持ち帰る なんとも素晴らしい。そして、この勇敢な宇宙船は、今回4番目のステップまで完了した。さらに、着地して岩石をサンプリングしながら、すごい写真も撮影した。これはまさに着地の瞬間の画像だ。 このステップまでも、成功するという保証は何もなかった。はやぶさ2のミッションを遂行するJAXAのチームが最近のブログで、そう明かしている。2回目のタッチダウンが危険過ぎるものになったり、それによって大きなトラブルをかかえることになってしまう可能性は、いくらでもあった。最終的に、彼らはリスクは許容できるものであり、成功すればさまざまな意味で重要な功績になると判断することができた。 (関連記事:日本のHayabusa 2ミッション、遙かなる小惑星...more
カテゴリー:

舞い上がる岩石とらえる 「はやぶさ2」2度目のタッチダウン時の写真公開 - 07月12日(金)12:12 

JAXAは、はやぶさ2が小惑星「リュウグウ」への2度目のタッチダウンを行った際に撮影した3枚の写真を公開した。うち1枚は、リュウグウの地表から岩石が舞い上がっている姿をとらえている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「小惑星」の画像

もっと見る

「小惑星」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる