「小惑星」とは?

関連ニュース

太陽系に近い惑星系で巨大小惑星衝突か、ウェッブ宇宙望遠鏡が示唆 - 06月18日(火)17:00 

太陽系に近い惑星系「がか座ベータ星系」で近年、巨大な小惑星同士の衝突が起きていた可能性が高い――。スピッツァー宇宙望遠鏡とジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡という二つの異なる観測機の調査結果を基に、研究者がそんな見解を明らかにした。 がか座ベータ星系は地球から63光年の距離に位置し、その距離の近さと新しさから長年、天文学者を魅了してきた。 米ジョンズホプキンス大学の天文学者、クリスティーヌ・チェン氏...
カテゴリー:

米国版はやぶさが持ち帰った砂、JAXAも分析開始へ 施設を公開 - 06月06日(木)07:30 

 「米国版はやぶさ」とも呼ばれる探査機オシリス・レックス(オサイリス・レックス)が小惑星から持ち帰ったサンプルについて、今夏に提供を受ける宇宙航空研究開発機構(JAXA)が5日、分析する施設を報道陣に…
カテゴリー:

【イベントレポート】 福井工業大学 13.5メートルのパラボラアンテナ完成お披露目式 - 06月04日(火)18:30 

2024年6月1日 福井工業大学 イベントレポート 福井工業大学 あわらキャンパス ✕ JAXAによる共同研究 大学・民間で国内最大級! 口径13.5mパラボラアンテナ お披露目式 開催 国内大学唯一の「月軌道までの衛星運用が可能」な衛星地上局に! 宇宙飛行士・毛利衛氏による特別講演「宇宙から学ぶ未来智」も開催 福井工業大学は、あわらキャンパスに「月周回軌道までの衛星運用が可能な地上局」の構築を目指し、衛星地上局の整備を進めてまいりました。この度、口径13.5mパラボラアンテナの完成に伴い、完成お披露会及び特別講演会を2024年6月1日(土)に開催しました。 完成した口径13.5mパラボラアンテナ 説明を聞く招待客   ■大学・民間で国内最大級のパラボラアンテナが遂に完成! 月周回軌道衛星運用のパイオニアを目指す 本学は2000年にあわらキャンパスに口径10mのアンテナを設置し、衛星データ利用に関する研究を行ってまいりました。2016年には、衛星利用に関する基盤技術の確立と、先進的な超小型衛星の開発設計および運用にチャレンジするプロジェクトが⽂部科学省私立大学研究ブランディング事業に採択され、その取り組みを発展させた「ふくいPHOENIXハ イパープロジ...more
カテゴリー:

「控えめに言っても不可解」 「雪だるま」の衛星を持つ小惑星を発見 - 05月30日(木)00:00 

 雪だるまのように二つの衛星がくっついて回っている小惑星を、米航空宇宙局(NASA)の探査機が初めて発見した。「控えめに言っても不可解だ」と研究者も驚くほど。探査機の研究チームが29日、英科学誌ネイチ…
カテゴリー:

太陽系初期の理解を一変させるNASA「小惑星ベンヌ」の試料(Forbes JAPAN) - 06月08日(土)18:00 

人類が地球上の生物として初めて、地球よりも前に形成された直径約500mの小惑星ベンヌからサンプルを採取して持ち帰る「サンプルリターン(試料回収)」ミッションを成功させたことを考えると感嘆するばかりだ。
カテゴリー:

小惑星「ベンヌ」のサンプルの一部 ことし夏にも日本に提供へ - 06月05日(水)20:46 

去年、NASA=アメリカ航空宇宙局の探査機が地球に持ち帰った小惑星「ベンヌ」のサンプルの一部がことし夏にも日本に提供されることになり、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、4年前に日本の探査機「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星のサンプルと比較することで新たな科学的成果が得られると期待しています。
カテゴリー:

韓国版NASA「宇宙航空庁」で私たちの日常はどう変わるのか?(ハンギョレ新聞) - 05月31日(金)07:49 

 「宇宙開発」という言葉からは最初に月や火星、小惑星のような太陽系内の天体探査を思い浮かべる。しかし、これは主に科学的研究領域であり、産業的側面では地球と月の間の近地球空間である「スペース」にさらに注
カテゴリー:

こんなの見てる