「宇宙開発」とは?

関連ニュース

SpaceXの衛星インターネット「Starlinkを使うな」とインド政府が名指しで勧告、ライセンス未承認のため - 11月29日(月)13:00 

テスラのイーロン・マスクCEOが設立した宇宙開発企業・SpaceXの衛星インターネットサービス「Starlink」について、インド政府が2021年11月26日に、名指しでサービスへの加入を見合わせるよう求める通知を出していたことが分かりました。
カテゴリー:

【シンギュラリティ】核より恐ろしいAI兵器vs AI兵器の戦争は人知を超える 行動の監視と関与する仕組み必要 ヘンリー・キッシンジャー - 11月27日(土)20:29  newsplus

行動の監視と武力行使の指示に人間が関与する仕組みが必要 自律型兵器システムには、その行動を人間が外部から監視する仕組みや、特定の行為に人間の承認を必要とする仕組みを設けられる。 だが確実に遵守され検証可能な相互合意によって制限を課さない限り、後者のような自律型兵器システムはいずれ、戦略や目的(国境防衛や限定的な反撃など)の全てを担い、人間の実質的関与なしに行動するようになるだろう。 これらの分野では、行動の監視と武力行使の指示に人間の判断が関与する仕組みが絶対に必要だ。 このような制限は一...
»続きを読む
カテゴリー:

【オックスフォード大学】地球外生命体が宇宙船にくっついてきて地球を侵略する 最も発見するであろう生命体は微生物 - 11月27日(土)17:23  newsplus

2021年11月17日、アメリカ生物科学研究所に代わってオックスフォード大学出版局が発行する査読付きの科学誌・BioScienceで、「惑星のバイオセキュリティ:宇宙飛行による生物学的汚染を防ぐための侵略科学の応用」という学術論文が掲載され、地球外生命体による地球への侵略について論じられています。同論文では、宇宙開発の需要が高まるにつれ、地球外生命体が地球へやってくる可能性が高まっていると科学者たちは主張しました。 論文の筆頭著者は、カナダのモントリオールにあるマギル大学の侵略生物学の教授であるアンソニー・リッ...
»続きを読む
カテゴリー:

スペースデブリで地球に土星のようなリングができてしまうかもしれない - 11月25日(木)18:00 

Credit: jp.depositphotos 全ての画像を見るユタ大学(University of Utah・米)の機械工学教授であるジェイク・アボット(Jake Abbott)氏はこのほど、ソルトレイク・トリビューン(The Salt Lake Tribune)紙のインタビューで、「地球の周りに、土星の環のようなリングが形成される可能性がある」と述べました。 原因は、宇宙空間に漂う何億ものスペースデブリ(宇宙ごみ)であり、近年の宇宙開発にともない、ますます増加傾向にあります。 デブリはもの凄い速度で周回しており、有人ロケットに衝突する危険性があるため、非常に問題視されています。 目次 デブリは「弾丸の7倍」のスピードで移動している「トラクター・ビーム」でデブリを回収 デブリは「弾丸の7倍」のスピードで移動している NASA(アメリカ航空宇宙局)の概算では、地球低軌道(LEO)に入るデブリのうち、ソフトボールより大きいものは少なくとも2万3000個あり、0.4インチから4インチ(約1〜10センチ)までのものは50万個あると推定されています。 ESA(欧州宇宙機関)はこれに対し、1センチ以下の小さなデブリは1億7000万個に達すると付け加えています。 現在は、LEOにある2万7000個以上のデブリが、アメリカ国防総省の宇宙監視ネットワークによって追跡されている状態です。 C...more
カテゴリー:

北朝鮮で宇宙技術討論会 「開発推進、経済発展に寄与する契機」 - 11月22日(月)09:57 

 朝鮮中央通信は21日、北朝鮮で宇宙科学技術の討論会が17~19日に開かれたと報じた。宇宙開発の国際的な努力が積極的に行われていることに応じ、北朝鮮が「宇宙開発計画を確信を持って推進し、経済発展に寄与する契機となった」としている。
カテゴリー:

SMBC日興証券、eMAXIS Neoやインベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドなど新たに15本の投資信託の取扱開始 - 11月29日(月)12:14 

SMBC日興証券株式会社は11月26日から「ダイレクトコース」のオンライントレード(日興イージートレード)で取引できる投資信託で、新たに15本の投資信託を申込手数料無料(ノーロード)で取り扱いを開始した。AIが銘柄選定を行い、革新的なテーマに投資するインデックスファンド「eMAXIS Neo」や、ブロックチェーンの拡大に着目した「インベスコ 世界ブロックチェーン株式ファンド」など。 eMAXIS NeoはKensho社の指数に連動を目指すインデックス型公募株式投資信託。同社は指数の開発、提供元として米国で多くの金融機関が導入しているAIを活用した市場分析ツールなどを提供する、大手指数提供会社のS&P Global Inc.の子会社。Kensho社の指数と連動するインデックス型公募株式投資信託は日本で初めて。 取扱開始銘柄と運用会社は、eMAXIS Neoの遺伝子工学、ロボット、宇宙開発、ドローン、ナノテクノロジー、バーチャルリアリティ、フィンテック、自動運転、ウェアラブル、クリーンテック、電気自動車が三菱UFJ国際投信、インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド、インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド(予想分配金提示型)はインベスコアセットマネジメント。同ファンドの愛称は「世カエル」。インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンドのみ投信つみたてプラン対象で、予想分配金提...more
カテゴリー:

世界初、「月面走行用オートバイ」誕生 - 11月27日(土)19:00 

日進月歩の宇宙開発。民間人の宇宙旅行なども現実味を帯びてきた昨今、新たな宇宙へのチャレンジが開始されたようだ。先日、世界最大の自動車博物館「Petersen Automotive Museum」の企画にて展示されたのは、真新しい姿をした一台のバイク。「Tardigrade(=クマムシ)」と名付けられたソレは、世界初となる“月面走行専用オートバイ”だ。見た目からして斬新な構造は、見るからに道路を走行するためのそれではなさそう。NASAの文字がよく似合うデザインはまさしく宇宙用のものという感じ。2020年に発案され、1年の開発期間を経てプロトタイプとして実機が誕生。超軽量素材や専用のエアレスタイヤを駆使した設計で、宇宙探索に必要な様々な機材を運べるのだそう。最高速度は時速15km、最大110kmほど走行できるバッテリー容量と、十分に実用できそうなレベル。ちなみに「Tardigrade」という名には、最も生命力の強い生物であるクマムシのように、過酷な宇宙空間でも探索者を生還させるという思いが込められているそう。開発したのは、2012年よりドイツで活動している気鋭のバイクメーカー「Hookie」。自社サイトで「実用的なものなんてどこにでもある。より魅力的で、美的でないと満足できない」と語るHookieだけに、そのデザインも秀逸。サイトや写真をはじめ、プロモーションも...more
カテゴリー:

役目を終えた人工衛星やロケットなどの宇宙ごみを除去! 持続可能な宇宙環境を目指し約124億円調達を実施 - 11月26日(金)13:00 

代表的なスペースデブリ(宇宙ごみ)といえば、役目を終えた人工衛星やロケットなど。現在、地球周回軌道上にあるスペースデブリは、小さなものを合わせると何億個にもなると言われています。たとえサイズの小さなものであっても、人工衛星や宇宙ステーションなどに衝突すれば甚大な被害をもたらす可能性があり、今後数年間で数万の衛星が打ち上げられることを考えても、スペースデブリの除去は安全な宇宙開発に必要不可欠といえるでしょう。 そんなスペースデブリの除去などの軌道上サービスを開発しているのが、株式会社アストロスケールホールディングス。日本に本社を構え、シンガポール、英国、米国、イスラエルとグローバルに事業を展開しています。そしてこのたび、シリーズFでの第三者割当増資により約124億円の資金調達を実施。これにより、軌道上サービスの定常化に向け、事業を加速していく構えです。 スペースデブリを除去する方法は? アストロスケールのサービスのひとつに、打ち上げ前の衛星にドッキングメカニズムを備えることで、任務終了後や恒久故障の際に軌道からの取り外しが可能となる「EOL(End-of-Life)」があります。2021年8月には、デブリ除去技術実証衛星「ELSA-d」の実証において、捕獲機(サービサー)が磁石を活用した捕獲機構による模擬デブリの捕獲に成功。現在、サービサーの自律制御機能による自動捕獲に向けて準備を進...more
カテゴリー:

民間宇宙旅行時代到来!ASTRAX代表民間宇宙飛行士山崎大地が公益社団法人春日部青年会議所の子どもの未来創造事業の一環で宇宙と夢について講演! - 11月24日(水)17:00 

人々の夢を宇宙で実現させる民間宇宙サービスプラットフォームを提供する宇宙ベンチャー企業株式会社ASTRAX(アストラックス、以下 ASTRAX、本社:神奈川県鎌倉市、代表:代表取締役・民間宇宙飛行士 山崎大地)の代表山崎大地は、公益社団法人春日部青年会議所が主催した子どもの未来創造事業「スペースJr.プログラム2021~飛び出せ!宇宙へ~」において、最新の宇宙情報やこれからの未来についてと、夢の描き方や叶え方についての講演を行いました。【山崎大地講演会について】ASTRAX代表、民間宇宙飛行士山崎大地は、大学在学中を含め、航空宇宙業界に25年間従事しています。2005年に独立後、これまで世界の様々な民間宇宙飛行会社の宇宙飛行を契約し、自身の宇宙飛行の準備を行う傍ら、世界の宇宙開拓の第一人者として人類の宇宙進出の最先端で活躍しています。ASTRAXでは宇宙飛行事業、無重力飛行事業、月面開拓事業、宇宙事業創造教育事業、太陽系経済圏(生活圏)構築事業、日本とアメリカを中心に宇宙旅行時代に向けて、様々な新たな民間宇宙ビジネスの創出を行なっており、現在80種類以上の宇宙関連事業を運営しながら、500以上の事業者の顧問にも就任しています。また、執筆や講演活動などを行いつつ、教育機関や企業向けに最新宇宙ビジネスに関わる教育や講座や講演、課外授業、出張授業、男女共同参画関連の講演、夢の実現などにつ...more
カテゴリー:

前沢友作氏、カザフの宇宙基地で初訓練 12月8日に打ち上げ - 11月21日(日)16:28 

 日本人初の民間人として国際宇宙ステーション(ISS)滞在を目指す衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)創業者、前沢友作氏がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地に到着し、20日、基地での初訓練を受けた。ロシア国営宇宙開発企業ロスコスモスが同日発表した。12月8日に同基地からソユーズ宇宙船で打ち上げられる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる