「審査会」とは?

関連ニュース

洋上風力、騒音対策を - 05月21日(火)07:00 

唐津市の神集島(かしわじま)近海の、民間企業による大規模な洋上風力発電設備の設置計画を受け、佐賀県環境影響評価審査会(会長・穴井謙福岡大工学部教授、15人)は20日、同社の環境影響評価(アセスメント)準備書に対する知事意見案を原案通り承認した。騒音など生活環境への影響の対策を求めている。県は近く同社に通知する。 民間企業は東京都の「再エネ主力発電化推進機構洋上唐津発電合同会社」。知事意見案は、3月の審査会や唐津市、県の関係課からの意見を踏まえた。
カテゴリー:

なぜマスコミは衆参ダブル選挙が「行われる方向」で報道するのか - 05月21日(火)04:45 

噂される今夏の衆参同日選を巡り、さまざまな報道を繰り広げるメディア各社。民主党結党において大きな枠割を担い、長く政界を分析し続けてきたジャーナリストの高野孟さんは、一連の流れや「衆院解散」についてどのような意見をお持ちなのでしょうか。メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』最新号に詳しく記されています。 大義も名分もない衆参同日選を囃し立てるマスコミの奇怪──この際「7条解散」の悪慣行を廃絶しよう! 「衆参同日選の可能性、高まる与野党双方の見方」(NHK 14日)、「憲法改正争点に、広がる衆参同日選の憶測」(産経新聞、16日)など、マスコミがこぞって同日選を煽るかのような報道を続けているのが奇怪である。いや、各メディアに言わせれば、与野党幹部がそれを口にするので“客観的に”報道しているだけなのだろうが、実際は各所の会見で「どうなんですか?」と水を向けているのは記者たちで、それで得た片言隻句を記事にして見出しを立てるから、政治家はまた翌日、何か言わなければならなくなる。 そりゃあ確かに同日選となれば、外交・内政・経済の何もかもが八方塞がりに陥っている安倍政権の一か八かの大ギャンブルで、一気に政権立て直しになるかもしれないし、崩壊・退陣に突き進むかもしれない大騒動になる。そうなれば面白いと思って煽っているのだろうが、ここは一つ踏みとどまって「こんな馬鹿げた解散で政治を弄んで国民を...more
カテゴリー:

J( 'ー`)し「はい納豆」 (ヽ´ん`)「ありが…( ヽ゜ん゜)「ババアッ!ま~たひきわり納豆じゃねえか!豆感がねえンだよ!ひきわりは!」 - 05月19日(日)09:48  poverty

納豆と合う食材は? 達人推奨ワンランクアップの3つの秘訣とは 発酵食品ブームも手伝い、ここ数年再注目をされている「納豆」。 しかし、日本人の健康を支え続けてきた伝統食品にも関わらず、意外にもその正しい保存方法や選び方をよく知らない人が多いのではないでしょうか? いつも食べている納豆をよりおいしくいただくための3つの秘訣を、創業70年の老舗、有限会社川口納豆の代表取締役・門傳(もんでん)英慈さんに教えていただきました。 ●その1 おいしい納豆を選ぶなら大粒? 小粒? それともひきわり? スーパーの...
»続きを読む
カテゴリー:

ファッション甲子園一次審査で35点が通過 - 05月18日(土)19:56 

高校生の服飾デザイン日本一を決める「第19回全国高校ファッションデザイン選手権大会」(ファッション甲子園2019)は18日、デザイン画による1次審査結果を発表した。弘前実業、青森中央、五所川原第一の青森県3校の4点を含む、27都道府県の34校35点が審査を通過し、8月25日に弘前市民会館で開かれる最終審査会に臨む。今大会は、39都道府県の123校1633チームから計2771点の応募があった。このうち青森県からの応募は10校223チームの計506点。1次審査は、審査委員長の大塚陽子さん(ファッシ…
カテゴリー:

国民投票法改正案、23日採決に向け協議 - 05月17日(金)23:18 

与野党は17日の衆院憲法審査会の幹事懇談会で、国民投票法改正案について、23日に質疑、採決を行う方向で協議を進めることを決めた。野党側が要求している国民投票時の…
カテゴリー:

18年度「第36回繊研流通広告賞」 大賞にYKK - 05月21日(火)06:25 

 繊研新聞社は「第36回繊研流通広告賞」(広告主参加部門)の審査会を行い、大賞のYKKをはじめ各賞を選出しました。本賞は、流通広告の発展と質的向上を図る目的で83年に創設。18年度は18年4月~19年3月の1年間に...
カテゴリー:

【主張】裁判員制度10年 国民感覚が司法を変えた 強制起訴の抜本的見直しを - 05月20日(月)05:00 

 刑事裁判に国民感覚を反映させる裁判員制度が施行され、21日で10年となる。同時に導入された検察審査会の強制起訴制度とともに「国民の司法参加」を目指した司法制度改革の柱である。
カテゴリー:

【森友事件】新事実 特捜部と検察審査会に重大な“食い違い” ★3 - 05月19日(日)08:29  seijinewsplus

 ほとんど報じられていないが、いまだくすぶる森友学園を巡る問題で、大阪第1検察審査会が佐川宣寿前国税庁長官ら財務省職員10人について「不起訴不当」と議決したことを受け、申立人の醍醐聡東大名誉教授らが10日、大阪地検に“殴り込み”した。「不起訴不当」を受け、地検特捜部は再捜査しているが、当たり前のように再び「不起訴」となる公算が高い。醍醐氏らは「そんなの許さない」とばかりに、新たな事実を次々と突きつけたのだ。  まずは、安倍首相の答弁と事実の食い違いだ。安倍は17年3月の参院予算委員会で、国有地8...
»続きを読む
カテゴリー:

【森友事件】新事実 特捜部と検察審査会に重大な“食い違い” ★2 - 05月18日(土)00:37  seijinewsplus

 ほとんど報じられていないが、いまだくすぶる森友学園を巡る問題で、大阪第1検察審査会が佐川宣寿前国税庁長官ら財務省職員10人について「不起訴不当」と議決したことを受け、申立人の醍醐聡東大名誉教授らが10日、大阪地検に“殴り込み”した。「不起訴不当」を受け、地検特捜部は再捜査しているが、当たり前のように再び「不起訴」となる公算が高い。醍醐氏らは「そんなの許さない」とばかりに、新たな事実を次々と突きつけたのだ。  まずは、安倍首相の答弁と事実の食い違いだ。安倍は17年3月の参院予算委員会で、国有地8...
»続きを読む
カテゴリー:

【森友事件】新事実 特捜部と検察審査会に重大な“食い違い” - 05月17日(金)08:18  seijinewsplus

 ほとんど報じられていないが、いまだくすぶる森友学園を巡る問題で、大阪第1検察審査会が佐川宣寿前国税庁長官ら財務省職員10人について「不起訴不当」と議決したことを受け、申立人の醍醐聡東大名誉教授らが10日、大阪地検に“殴り込み”した。「不起訴不当」を受け、地検特捜部は再捜査しているが、当たり前のように再び「不起訴」となる公算が高い。醍醐氏らは「そんなの許さない」とばかりに、新たな事実を次々と突きつけたのだ。  まずは、安倍首相の答弁と事実の食い違いだ。安倍は17年3月の参院予算委員会で、国有地8...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「審査会」の画像

もっと見る

「審査会」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる