「参院選」とは?

関連ニュース

参院選最初の日曜 暑さの中、舌戦も過熱 - 06月26日(日)23:11 

参院選公示後初の日曜を迎えた26日、青森県選挙区に立候補している立憲民主党現職の田名部匡代候補(53)=社民党推薦、自民党新人の齊藤直飛人候補(47)=公明党推薦=は支持拡大を図ろうと、観光施設や商業施設など人が大勢集まる場所へ繰り出した。応援弁士を交えた訴えは激しさを増し、真夏のような暑さの中で舌戦はさらに過熱した。早朝には八戸市の館鼻岸壁朝市で両者が遭遇し、グータッチしてエールを送り合う場面も見られた。田名部候補は午前6時半ごろから八戸市の朝市会場を回った。同50分ごろに同じくあいさつ回り…
カテゴリー:

【毎日】自公、改選過半数の勢い😿 Part2 - 06月26日(日)21:24  poverty

自公、改選過半数の勢い 毎日新聞世論調査 参院選 https://news.yahoo.co.jp/articles/ccb69270a05d7cf1802e9e0fcf9528c81fb916bb 【毎日】自公、改選過半数の勢い😿 https://greta.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1656239686/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

国民民主「電気料金、1割減額」「再エネ賦課金 一定期間停止に」公約に追加 - 06月26日(日)21:16  news

国民民主「電気料金、1割減額」 参議院選挙で追加公約 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA261OC0W2A620C2000000/ 国民民主党は26日、参院選の追加公約として高騰する電気料金の負担軽減策を発表した。 再生可能エネルギーの「固定価格買い取り制度(FIT)」を支えるために毎月の電気料金に上乗せしている賦課金の徴収を当面停止すると提案した。 (後略) 国民「再エネ賦課金 一定期間停止に」参議院選挙の公約に追加 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220626/k10013689771000.html 電気料金が記録的に高い水...
»続きを読む
カテゴリー:

参院選公示後初の土日 広い北海道を候補者走る - 06月26日(日)21:00 

 参院選が公示されて初の土日となった25、26日、北海道内各地では気温が上昇し、好天となった、北海道選挙区(改選数3)に立候補した候補者は選挙カーなどで広い道内を駆け回り、自らの政策を訴えた。
カテゴリー:

立憲・泉代表「物価高の怒りを力に 今こそ立てよ国民!ジーク立憲!」(ヽ゜ん゜)「ジーク立憲!」 - 06月26日(日)20:33  poverty

「立てよ、国民。物価高を怒りに変えて」 立憲・泉代表 [参院選2022] [立憲]:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/sp/articles/ASQ6V672QQ6VUTFK00J.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

野党伸び悩む1人区 混戦目立つ複数区 世論調査で参院選を探る - 06月26日(日)22:01 

 毎日新聞が実施した参院選の特別世論調査では、全国に32ある改選数1の「1人区」で支持固めを進める自民党に対して野党が伸び悩み、改選数2以上の「複数区」は混戦模様となるケースが目立った。各党は序盤情勢を踏まえ支持拡大に向けた動きを加速させる。
カテゴリー:

2016年11月19日赤旗 外国人技能実習法成立 日本共.. - 06月26日(日)21:23 

2016年11月19日赤旗 外国人技能実習法成立 日本共産党は反対 にひそうへい議員(当時)(参院選比例候補)制度の矛盾指摘 外国人技能実習制度の実態が出稼ぎ労働にあるにもかかわらず“技能移転による国際貢献”とされ実習生が食い物にされている制度 自民、公明、維新など賛成
カテゴリー:

国民民主が公約追加「再エネ賦課金停止で電気料金1割減」 参院選 - 06月26日(日)21:00 

 国民民主党の玉木雄一郎代表は26日、参院選の追加公約を発表した。電気料金の高騰対策として、再生可能エネルギー普及のために電気料金に上乗せされている賦課金の徴収を一時停止すべきだとした。電気料金を約1割下げる効果があり、年間約2兆7000億円の減収分は政府の予備費から捻出すべきだとした。
カテゴリー:

政党助成金ため込み #自民党 #参院選 候補 ☑️青山.. - 06月26日(日)20:59 

政党助成金ため込み #自民党 #参院選 候補 ☑️青山繁晴党経済産業部会長代理(比例)4094万2920円 ☑️朝日健太郎元国交政務官(東京) 2367万2146円 ☑️松川るい元防衛政務官(大阪) 655万3161円 注:政党交付金使途等報告書で作成
カテゴリー:

LGBTカップル 当たり前の「結婚」まだ遠く<参院選・暮らしどこへ>(河北新報) ★2 - 06月26日(日)20:30  newsplus

 「結婚しました」。5月19日、秋田県横手市の会社員高橋直輝さん(45)=仮名=は長年の秘密を職場で打ち明けた。突然の告白に驚いた様子の上司たちに、こう付け加えた。「パートナーシップと言って、本当は結婚ではないんですけど」  前日、秋田市の男性(46)と秋田市役所でパートナーシップ制度の申請をした。LGBTら性的少数者のカップルを婚姻に相当する関係として認める制度で、市と秋田県は今年4月に導入したばかり。2人は申請第1号だった。  横手市で生まれ育った。中学生の頃、一緒に遊ぶ同性の友人に「ど...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる