「裁判官」とは?

関連ニュース

「愛名やまゆり園」元職員に懲役2年求刑 入所者3人に暴行で - 07月17日(水)20:21 

 神奈川県厚木市の県立知的障害者施設「愛名やまゆり園」で2023年、入所者3人を負傷させるなどしたとして、傷害と暴行の罪に問われた元施設職員、有泉祐斗被告(38)の公判が17日、横浜地裁小田原支部(内山慎子裁判官)で開かれ、検察側は懲役2年を求刑した。弁護側は執行猶予付の判決を求めて結審した。判決は
カテゴリー:

川に落ちた寅子が話題に、「オフィーリア寅子」トレンド入り - 07月16日(火)20:00 

ヒロイン・猪爪寅子が法の世界に足を踏み入れ、やがて日本で女性初の裁判官として活躍する姿を描く連続テレビ小説『虎に翼』(NHK朝ドラ)。7月16日放送の第77回では、寅子が巻き込まれたあるトラブルを受け、SNS上で「オフィ […]
カテゴリー:

【広島】勤務先の小学校で女児の下半身を撮影、元教諭に懲役4年6月判決(求刑懲役7年) 広島地裁福山支部 - 07月16日(火)18:31  newsplus

女児の下半身撮影、元教諭に懲役4年6月判決 広島地裁福山支部  勤務先の福山市内の小学校で女児の下半身を撮影したなどとして、強制わいせつや性的姿態撮影処罰法違反(撮影)などの罪に問われた同市御門町3丁目、元市立小教諭の鬼嶋良毅被告(51)の判決公判が16日、広島地裁福山支部であった。松本英男裁判官は懲役4年6月(求刑懲役7年)を言い渡した。 中国新聞 7月16日(火)17:13(最終更新: 18:01) https://www.chugoku-np.co.jp/articles/-/495819 ※関連スレッド 学校職員の男 自分の下半身を撮影した動画を6千円で...
»続きを読む
カテゴリー:

連続テレビ小説『虎に翼』で描かれる“生理” 話題のシーンを振り返る | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(月)22:00 

ananフェムケア連載「Femcare File」。今回のテーマは、『虎に翼』で描かれる女性特有の不調。連続テレビ小説『虎に翼』で生理に関する描写がたびたび登場し、話題に。作品から不調との向き合い方を考えます。過去のことを描いているようで、現代を生きる人たちの身に起きていること。男女ともに“当たり前”に不調を言える社会に。日本で初めて女性として弁護士、裁判官、裁判所長のそれぞれを務めた三淵嘉子をモデルにしたヒロイン・寅子(ともこ)の成長を描く連続テレビ小説『虎に翼』。作品中で、女性特有の不調についての描写がたびたび登場し、話題を集めている。朝ドラでは画期的ともいえる生理に関する悩みや葛藤を取り上げた理由を、プロデューサーの石澤かおるさんに伺った。「打ち合わせが本格的に始まる直前に、『虎に翼』の脚本の吉田恵里香さん、演出(第3週ほかを担当)の橋本万葉さんと『生理のおじさんとその娘』というドラマを制作しました。そのため、誰かのアイデアが主導となったというよりは、自然と“朝ドラでも生理のエピソードを描きたい”という話になりました。実際に資料などを読むと、そう多くはないですが、当時(昭和初期)の女性たちも同性間では生理について話題にしていたこともあったようです。演出の橋本さんは当時の生理用品などについてもかなり調べ、“時代錯誤”な描写にならないように、十分に準備をしてから臨みました」朝ドラ...more
カテゴリー:

「虎に翼」第77回・寅子、山の境界線をめぐる調停を担当 - 07月15日(月)19:30 

激動の昭和時代、戦後の日本で裁判官となったヒロインが法曹の世界で奮闘する姿を描く連続テレビ小説『虎に翼』(NHK朝ドラ)。第77回(7月16日放送)では、三条支部に赴任した寅子が山の境界線をめぐる民事調停を担当することに […]
カテゴリー:

【18日の虎に翼】寅子は航一の言葉から、優三の死を受け止めきれていなかったことに気付く - 07月17日(水)08:15 

伊藤沙莉がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜午前8時)は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となる三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんの半生を再構成して描くフィクション作。伊藤は主人公の猪爪寅子(ともこ)役を演じる。 ◆第7…
カテゴリー:

「虎に翼」第78回・寅子、優未と亡き夫の優三の姿が重なる - 07月16日(火)19:30 

激動の昭和時代、戦後の日本で裁判官となったヒロインが法曹の世界で奮闘する姿を描く連続テレビ小説『虎に翼』(NHK朝ドラ)。第78回(7月17日放送)では、寅子が担当する民事調停でトラブルが発生する一方で、寅子が娘の優未の […]
カテゴリー:

【17日の虎に翼】テストで緊張してしまうと話す優未、寅子は亡き夫優三のことを思い出していた - 07月16日(火)08:15 

伊藤沙莉がヒロインを演じるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜午前8時)は、日本初の女性弁護士で後に裁判官となる三淵嘉子(みぶち・よしこ)さんの半生を再構成して描くフィクション作。伊藤は主人公の猪爪寅子(ともこ)を演じる。 ◆第78…
カテゴリー:

岡田将生演じる航一のセリフに視聴者共感「めちゃわかるw」 - 07月15日(月)20:00 

過酷な法の世界へと足を踏み入れたヒロイン・猪爪寅子の波乱万丈な人生を描く連続テレビ小説『虎に翼』(NHK朝ドラ)。7月15日放送の第76回では、寅子が再会した裁判官・航一のセリフに共感の声が相次いでいる。 娘の優未(竹澤 […]
カテゴリー:

ロックバンドSHISHAMOのドラマー、パートナーシップの宣誓を報告。制度の内容って? 日本の「結婚の平等」をめぐる現状は? - 07月15日(月)14:00 

3ピースロックバンド「SHISHAMO」のドラマー、吉川美冴貴さんが7月14日、公式Xで、交際していた女性と「パートナーシップ」の宣誓を行なったことを報告しました。ファンからは、祝福のコメントが相次いでいます。 パートナーシップ制度って?日本の「結婚の平等」をめぐる現状は?解説します。SHISHAMO「彼女とこれから2人で手を取り合って」「結婚できる日が来たらもっともっと嬉しい」 SHISHAMOの吉川さんはXで、「かねてよりお付き合いしていた女性の方とパートナーシップの宣誓を行いました!」とし、以下のように綴りました。《嬉しいことは2倍に、そして悲しいことは半分こにしながら、彼女とこれから2人で手を取り合って人生を歩んでいきます!そしていつか、結婚できる日が来たらもっともっと嬉しいです!私自身は以前と変わらず、これからもSHISHAMOのドラマーとして邁進していくので、皆さんどうか応援よろしくお願いします!》投稿へのコメント欄などではファンらから、「おめでとうございます!」「末長くお幸せに!」と、祝福の言葉が寄せられています。また、吉川さんが同性パートナーとの結婚についても触れていたことから「結婚できることを祈っております」「早く同性婚の法制化ができるように」とのコメントも相次ぎました。【あわせて読みたい】同性愛者にアンハッピーでいてほしいのか。動かない国会に結婚の平等求めるご報...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる