「定期便」とは?

関連ニュース

アメリカ運輸省、中国の航空会社による旅客便の乗り入れを禁止へ - 06月04日(木)22:46 

アメリカ運輸省は6月3日、中国の航空会社によるアメリカへの旅客定期便の運航を、6月16日より禁止する。 中国政府がアメリカの航空会社に対して、中国への旅客便の運航を認めなかったことに対するもの。アメリカの航空会社は、6月 […] 投稿 アメリカ運輸省、中国の航空会社による旅客便の乗り入れを禁止へ は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

青森-ソウル線 7月も運休継続/大韓航空 - 06月04日(木)13:09 

韓国の大韓航空は3日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で運休中の青森-ソウル(仁川)線について、7月中も運休を継続すると発表した。新型コロナの影響で、同路線は3月8日から運休が続く。2011年に東日本大震災の影響で約7カ月間、15年に中東呼吸器症候群(MERS)の影響で17日間運休したが、今回も長期化の様相を呈している。エバー航空も青森-台北(桃園)線の2月末から6月末までの運休を発表しており、現在、青森空港発着の全ての国際定期便がストップしている。
カテゴリー:

県境移動緩和 県民の足徐々に戻る 岡山東京線一部再開、高速バスも - 06月01日(月)21:04 

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で5月上旬から全定期便が欠航していた岡山桃太郎空港(岡山市北区日応寺)で1日、東京線が一部再開した。高速バスも徳島線の運行を始めた。新型コロナ特措法に基づく緊急事態...
カテゴリー:

新型コロナウイルス新規患者1人、ロシアから日本経由で帰国の20代男性 - 06月01日(月)00:00 

中央感染症指揮センター(新型肺炎対策本部に相当)は5月29日の記者会見で、新型コロナウイルス新規感染者が1名出たことを明らかにした。台湾で新規感染者が出るのは5月21日以来、8日ぶりのこと。これにより台湾における新型コロナウイルス感染者は累計442人となった。   感染が確認されたのはロシアから帰国した20代男性。今年2月から留学のためロシアに滞在していた。ロシア政府は3月下旬、新型コロナウイルス対策として国境を閉鎖。多くの台湾人がロシアから出国できずにいたところ、日本の日本航空(JAL)がロシアに残留する日本国民を帰国させるために臨時便を出すことになった。日本と台湾の機関が交渉した結果、この男性を含む台湾人94人とロシア国籍の配偶者2名の合計96人がこれに同乗することになった。一行は25日にシェレメーチエヴォ国際空港を出発し、26日未明に日本の成田空港に到着。成田空港から台湾行きの定期便に乗り換え、26日午後4時27分に無事台湾に到着した。到着後は集中隔離施設へ移動し、隔離生活を送っていた。   この男性は5月15日にのどの痛みを感じ、16日から嗅覚異常と全身の倦怠感などの症状が出た。26日の入国時に自己申告したため、空港検疫官が男性の検体を採取し、男性は集中隔離施設へ移動した。そのときの検体検査の結果は陰性だったが、嗅覚異常があったという本人の申告を重視し、...more
カテゴリー:

チャーター5便で8000万円 中国・武漢からの邦人退避 - 05月29日(金)17:37 

 新型コロナウイルス感染症が発生した中国湖北省武漢市から滞在邦人らを退避させるため、日本政府が1、2月に派遣したチャーター機計5便の借り上げ費用が約8060万円だったことが29日分かった。外務省は「緊急性が高いと判断し、武漢へ定期便を運航していた全日空と随意契約した」としている。
カテゴリー:

青森-台北線も7月運休 エバー航空 - 06月04日(木)17:38 

台湾のエバー航空は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2月末から運休中の青森-台北(桃園)線を7月中も運休する。県が4日、同社から連絡があったと発表した。同路線は2019年7月に週2往復体制で就航し、同年11月からは冬季のインバウンド(訪日外国人旅行)需要を見込んで週5往復に移行。就航以降運休前までの利用率は79.2%と好調だったが、コロナの影響で運休に追い込まれた。韓国の大韓航空も青森-ソウル(仁川)線の7月中の運休継続を発表しており、青森空港発着の国際定期便は全てストップした状況が続く。
カテゴリー:

米、中国航空会社の米国便を運航禁止へ - 06月04日(木)10:31 

 アメリカと中国の対立が激化する中、トランプ政権は中国の航空会社によるアメリカ便の運航を16日から禁止すると明らかにしました。 アメリカ運輸省によりますと、対象となるのは中国国際航空や中国東方航空など中国の航空会社の定期便で、16日から運航が禁止されるということです。  アメリカの航空会社が新型コロナウイルスの感染拡大で停止していた中国便の再開を中国側に申請したものの認められないため、その対抗措置だとしています。  運輸省は「中国側と協議を続けていく」としていますが、新型コロナウイルスの対応や香港情勢をめぐる問題などで米中の対立が激化する中、実際に運航が禁止されれば関係が一段と悪化することは避けられそうにありません。
カテゴリー:

フィリピン航空、マニラ~羽田/関空/セントレア線を6月22日から順次再開 - 06月01日(月)12:59 

 フィリピン航空は5月31日、国際線と国内線の定期便運航を6月より段階的に再開することを発表。日本路線については、マニラ~羽田線、マニラ~関空(関西国際空港)線、マニラ~セントレア(中部国際空港)線を6月22日から再開する。
カテゴリー:

チャーター5便で8000万円 中国・武漢からの邦人退避 - 05月29日(金)17:42 

 新型コロナウイルス感染症が発生した中国湖北省武漢市から滞在邦人らを退避させるため、日本政府が1、2月に派遣したチャーター機計5便の借り上げ費用が約8060万円だったことが29日分かった。外務省は「緊急性が高いと判断し、武漢へ定期便を運航していた全日空と随意契約した」としている。
カテゴリー:

武漢チャーター費は8000万円 邦人退避5便、全日空と随意契約 - 05月29日(金)16:43  newsplus

 新型コロナウイルス感染症が発生した中国湖北省武漢市から滞在邦人らを退避させるため、日本政府が1、2月に派遣したチャーター機計5便の借り上げ費用が約8060万円だったことが29日分かった。外務省は「緊急性が高いと判断し、武漢へ定期便を運航していた全日空と随意契約した」としている。  外務省によると、チャーター機は5便とも同額で、1便当たり約1612万円。費用は日本政府が全額負担した。当初、利用者にエコノミークラスの片道正規料金に相当する約8万円の負担を求める考えだったが、自民党の二階俊博幹事長ら与党幹部や野...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「定期便」の画像

もっと見る

「定期便」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる