「海上保安庁」とは?

関連ニュース

せたな町 釣り船の男性捜索続く - 07月15日(日)18:53 

檜山のせたな町沖で船で釣りをしていた80歳の男性の行方が分からなくなり、15日も海上保安庁などが捜索しています。2018年07月15日(日) 11時48分 更新
カテゴリー:

【B-CASカード】衛星放送タダ見の不正カード、船員相手に販売した名古屋の男を逮捕 - 07月15日(日)08:53  newsplus

◆衛星放送タダ見の不正カード、船員相手に販売 国内航路の貨物船の日本人船員を相手に、テレビの有料衛星放送を無料視聴できるようデータを改ざんした「B―CASカード」などを販売したとして、姫路海上保安部は11日、名古屋市港区の建設関連業の男(63)を不正競争防止法違反、わいせつ電磁的記録媒体頒布などの疑いで逮捕した、と発表した。 発表では、男は2016年11月~17年9月、名古屋港に着岸中の貨物船内で、不正B―CASカード1枚と無修正のわいせつDVD20枚、勃起不全治療の無承認医薬品10錠を60歳代...
»続きを読む
カテゴリー:

【豪雨被害】死者209人に 22件28名の安否確認とれず - 07月14日(土)12:17  newsplus

2018年7月14日 12時02分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180714/k10011533181000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003 菅官房長官は、臨時の記者会見で「これまでの人的被害は死者209人、心肺停止1人、行方不明20人だ。また安否不明であるとして通報があったもののうち、いまだに安否が確認されていないものは、広島県を中心に22件28名で、警察・消防・自衛隊・海上保安庁の部隊がおよそ6万3000人、ヘリなど80機で捜索・救助活動に全力で取り組んでいる」と述べました。 そのうえで、菅官房長官は「きょうは局...
»続きを読む
カテゴリー:

【小笠原】西之島で溶岩流 火口周辺警報を発表 - 07月13日(金)22:17  newsplus

2018年7月13日 22時11分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011532651000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002 13日午後、小笠原諸島の西之島で溶岩が流れ出ているのが、海上保安庁の上空からの観測でわかりました。気象庁は、西之島では活発な噴火活動が続いていて、今後も噴火の規模が拡大する可能性があるとして、午後10時、入山危険を示す火口周辺警報を発表し、警戒範囲をこれまでの火口からおおむね500メートルから、1.5キロに拡大して、大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。 一方、...
»続きを読む
カテゴリー:

西之島噴火で航行警報 海保、火口周辺に噴石飛散 - 07月13日(金)10:23 

12日に噴火が確認された東京・小笠原諸島の西之島で火口周辺に噴石が飛散しているとして、海上保安庁は13日未明、周辺...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【海の日】潮岬灯台 海の日に行こう あす、無料で一般公開 串本 和歌山 150周年記念 本州最南端の灯台 - 07月15日(日)17:47  newsplus

潮岬灯台 海の日に行こう あす、無料で一般公開 串本 /和歌山 灯台150周年記念行事で無料公開される潮岬灯台=和歌山県串本町潮岬で、藤田宰司撮影 毎日新聞2018年7月15日 地方版 https://mainichi.jp/articles/20180715/ddl/k30/040/225000c  海の日の16日、本州最南端の灯台「潮岬灯台」(串本町潮岬)が無料で一般公開される。入場者に灯台ペーパークラフトをプレゼントし、海上保安庁のマスコットキャラクター「うみまる」が写真撮影に応じる。  潮岬灯台は1870(明治3)年6月、洋式の木造灯台として潮...
»続きを読む
カテゴリー:

<洋上救急>波高シ 増える出動、増えぬ医師 協力体制の拡充が課題 - 07月15日(日)06:05 

洋上の傷病人の元へ医師らが海上保安庁などの航空機で直接出向き、手当てをしながら搬送する洋上救急制度の利用が近年増えている。認知度の向上などで需要が高まる一方、東北地方では特定の医療機関や医師の負担が大
カテゴリー:

西之島「入山危険」に=気象庁 - 07月13日(金)23:11 

 気象庁は13日、小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)の火口周辺警報を「火口周辺危険」から「入山危険」に戻した。火口から約1.5キロ以内は大きな噴石などに警戒が必要という。 海上保安庁が12日に上空から噴火を確認。気象庁は6月に「火口周辺危険」に引き下げ、警戒範囲を縮小していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

西之島で溶岩流 火口周辺警報を発表 - 07月13日(金)22:11 

13日午後、小笠原諸島の西之島で溶岩が流れ出ているのが、海上保安庁の上空からの観測でわかりました。気象庁は、西之島では活発な噴火活動が続いていて、今後も噴火の規模が拡大する可能性があるとして、午後10時、入山危険を示す火口周辺警報を発表し、警戒範囲をこれまでの火口からおおむね500メートルから、1.5キロに拡大して、大きな噴石や溶岩流に警戒するよう呼びかけています。
カテゴリー:

西之島噴火で航行警報 火口周辺に噴石飛散 - 07月13日(金)10:21 

 12日に噴火が確認された東京・小笠原諸島の西之島で火口周辺に噴石が飛散しているとして、海上保安庁は13日未明、周辺海域に航行警報を出し、付近を通る船舶に注意を呼び掛けた。
カテゴリー:

もっと見る

「海上保安庁」の画像

もっと見る

「海上保安庁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる