「海上保安庁」とは?

関連ニュース

中国による「静かなる侵略」に無防備でいいのか 「島を丸ごと買いたい」と言われた奄美・加計呂麻島 - 12月06日(金)00:43  newsplus

前回の記事では宮古島における「静かなる侵略」をご紹介したが、奄美・加計呂麻島でも同様の事態が進行している。平野秀樹氏の『日本はすでに侵略されている』から、今回は無人島を買おうとする中国人の不気味なエピソードをご紹介しよう。 「島を丸ごと買いたい」:奄美・加計呂麻島  安全保障関連の国土買収は、奄美大島でも数年前から始まっています。表向きは大陸から友好平和を願う暖かい風という趣きですが、真の意図はまだよく見えてきません。 ※中略 「フィリピンの海に比べても素晴らしい景色と碧い海。ダイビングがで...
»続きを読む
カテゴリー:

次回12月8日の「ザ!鉄腕!DASH!!」は 『新宿DASH』『DASH村』 - 12月05日(木)19:15 

新宿DASH夜の新宿区高田馬場、城島と太一は飲み屋街の裏手を流れる神田川沿いを超音波レーダーを片手に調査していた。2人が探しているのは…都会の闇夜を飛び回る生物、通称"ペガサス"。すると、レーダーに明らかな反応が!目の前を通過する影は…映画でもお馴染みのアイツだった。DASH村品種改良中の「ふくおとこ」に変化が!それは松岡が種から選んでプロデュースした“長身エリート軍団"で… 関連リンク 12月16日(月)放送の深イイ話! 海上保安庁全面協力 遭難劇からの救出劇をドラマで再現!実際の巡視船「いず」を使用 笑ってコラえて!ダーツの旅祭り!
カテゴリー:

【沖縄】名護市辺野古沖の土砂搬出現場で抗議集会 - 12月04日(水)06:54  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191203/k10012200781000.html 沖縄 名護市辺野古沖の土砂搬出現場で抗議集会 2019年12月3日 19時00分基地問題 沖縄にあるアメリカ軍普天間基地の移設計画をめぐって、移設に反対する人たちが3日、埋め立てに使う土砂の積み込み現場近くで、抗議活動を行いました。 普天間基地の移設計画をめぐっては、政府が去年12月に移設先の名護市辺野古沖で土砂の投入を始め、来年夏までの陸地化を目指して工事を進めています。 辺野古沖で使う土砂の積み込みを行っている名護市内の桟橋近くでは...
»続きを読む
カテゴリー:

錦江湾で高波、高速船揺れて9人負傷 鹿児島 - 12月02日(月)22:38 

 海上保安庁指宿海上保安署によると、2日午後4時25分ごろ、鹿児島県の錦江湾で「高速船なんきゅう10号」が高波を受けて船体が大きく揺れ、乗客5人が腰や首を圧迫骨折するなど計9人が負傷したという。 署に…
カテゴリー:

尖閣周辺に中国船 9日連続 - 12月01日(日)11:42 

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で1日、中国海警局の船3隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは9日連続。
カテゴリー:

【すくすく】小笠原諸島 西之島で噴火か「入山危険」ヤギと移住計画は延期です(´・ω・`) - 12月05日(木)20:46  news

小笠原諸島 西之島で噴火か 火口周辺警報(入山危険)に引き上げ 2019/12/05 20:32 ウェザーニュース 今日12月5日(木)20時10分、気象庁は小笠原諸島の火山、西之島に発表している噴火警報を切り 替え、「火口周辺危険」から「入山危険」に引き上げました。 気象衛星ひまわりの観測によると、今日15時頃から西之島付近で周囲に比べて温度の高い領域が 認められています。このことから、気象庁は西之島では噴火が発生している可能性があるとして います。 西之島に火口周辺警報(入山危険)が発表されるのは、昨年10月31日に...
»続きを読む
カテゴリー:

故中曽根康弘氏が総理になるため10年かけて準備したことは何か? - 12月04日(水)22:01 

中曽根康弘元首相が11月29日に101歳で亡くなりました。「大勲位」と呼ばれた大政治家との浅からぬ縁について回想するのは、メルマガ『NEWSを疑え!』を主宰する軍事アナリストの小川和久さんです。小川さんは、自衛隊生徒時代に聴いた講話から始まり、組閣の際に意見を求められたこと、首相官邸の機能強化への決意を聞いたエピソードなどを披露。さらに、ポスト安倍の首相候補を評価する指針になると、「総理になるために10年間準備した」という言葉とその内容を紹介しています。 中曽根大勲位、かく語りき 福岡出張の機中で中曽根康弘元首相の訃報に接し、色んなことが思い出されました。 まず、自衛隊生徒1年生と2年生の時、横須賀市武山の駐屯地劇場で、まだ42、3歳だった中曽根さんの講話を聞いたこと。1961年と62年のことです。 そのときの話で憶えているのは、海軍の主計将校時代に米軍に撃沈され、死体と油の浮く海を泳いで九死に一生を得た話くらいですが、その同じ駐屯地劇場の演壇に立って、何回も自分が講話をするとは思ってもみませんでした。生徒の後輩たちに語りかけながら、中曽根さんの話を紹介したものです。 首相時代にも思い出があります。中曽根さんは水戸黄門の助さん格さんのような優れた秘書を2人と、服部半蔵のようなお庭番を駆使して、5年という当時としては異例の長期政権を実現したわけです。 1985年12月の内閣改造に当た...more
カテゴリー:

尖閣周辺に中国船 11日連続 - 12月03日(火)11:12 

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で3日、中国海警局の船1隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認した。2日夜も確認されており、尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは11日連続になった。
カテゴリー:

尖閣沖接続水域で中国公船が過去最多に 武装化、大型化も - 12月02日(月)02:00 

 沖縄県・尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、海上保安庁によって確認された中国公船が今年1月1日から11月29日までに延べ998隻に上った。これまで年間で最も多かった2013年の延べ819隻を大幅に上回り、過去最多になった。日中関係は首脳の相互往来などを通じて改善基調にあるが、尖閣周辺では領海へ
カテゴリー:

尖閣周辺に中国船 8日連続 - 11月30日(土)11:29 

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で30日、中国海警局の船1隻が接続水域から出る一方、3隻が相次いで入るのを海上保安庁の巡視船が確認した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは8日連続。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「海上保安庁」の画像

もっと見る

「海上保安庁」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる