「アルゼンチン」とは?

関連ニュース

新興国「ドル離れ」模索💵 - 02月25日(日)07:34  poverty

新興国、「ドル離れ」模索 人民元なお力不足 ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに、新興国の間で「ドル離れ」を模索する動きが出ている。米国は制裁を通じ、基軸通貨ドルを中心とする国際金融システムからロシアを排除。ドルの「武器化」への警戒が高まった。しかし、中国の人民元は国際通貨としてまだ力不足で、ドルを頂点とする「ヒエラルキー」は当面揺るぎそうにない。  「新興5カ国(BRICS)首脳は自国通貨や決済手段などの問題の検討を財務相・中央銀行総裁に課すことで合意した」。南アフリカのラマポーザ大統...
»続きを読む
カテゴリー:

【ハイパー】アルゼンチン、前年比250%超のインフレ - 02月24日(土)12:14  newsplus

 アルゼンチンで、激しいインフレが市民生活を直撃している。1月のインフレ率は前年同月比250%を超え、あらゆる物やサービスの価格が連日のように上昇。米ドルに対する通貨ペソの価値も右肩下がりで、市民からは「我慢の限界」との悲鳴が上がる。 https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1313464 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】「カップルとしてうまくいき始めている」 遠藤航とマック・アリスターの共存を英太鼓判 - 02月21日(水)21:28  mnewsplus

遠藤は2試合連続で先発出場  イングランド1部リバプールの日本代表MF遠藤航はアジアカップ後のリーグ戦で2試合先発出場を続けている。これまではほとんどなかったアルゼンチン代表MFアレクシス・マック・アリスターとの同時起用注目を集めているなか、リバプール専門メディア「Liverpool.com」は「うまくいき始めている。良い兆候」と2人の共存について伝えている。  今季リバプールに新加入した遠藤はそれまでアンカーでレギュラーの座を不動のものとしていたマック・アリスターの負傷離脱を機に昨年12月頃から先発での出場機会が...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】訃報・元西ドイツ代表、ブレーメ氏 死去 63歳 90年W杯決勝でPK決める - 02月20日(火)19:25  mnewsplus

元西ドイツ代表、ブレーメ氏 死去 63歳 90年W杯決勝でPK決める サッカーの元西ドイツ代表DFで、1990年のワールドカップ(W杯)イタリア大会の優勝に貢献したアンドレアス・ブレーメ氏が20日までに死去した。63歳だった。同氏のパートナーがDPA通信に、心不全で急死したと明らかにした。  現役時代のブレーメ氏はプレースキックの名手として活躍。イタリア大会決勝ではスター選手のディエゴ・マラドーナを擁するアルゼンチンと対戦し、後半40分に決勝点となるPKを決めた。 クラブではイタリアの強豪インテル・ミラノやドイツのバ...
»続きを読む
カテゴリー:

アルゼンチン、2月インフレ率は大幅鈍化の予想=経済相 - 02月20日(火)15:58 

アルゼンチンのカプト経済相は19日、2月のインフレ率は前月比で20%よりも10%に近い水準になるとの見通しを示した。
カテゴリー:

チケット52試合連続完売のリーベル、史上最多のホーム観客数で宿敵ボカを迎え撃つ…一方のボカは85,000人の完全アウェイで戦うことに - 02月24日(土)23:24 

 25日に行われるリーベル・プレートとボカ・ジュニオルスの「スーペルクラシコ」は、リーベルのホームゲームとして史上最多の84,567人の観客が訪れる予定だと、23日、アルゼンチンメディアの『TyCスポ
カテゴリー:

米国務長官、ヨルダン川西岸入植拡大は「国際法と矛盾」 見解を転換 - 02月24日(土)10:27 

 ブリンケン米国務長官は23日、訪問先のアルゼンチンで記者会見し、イスラエルによるパレスチナ自治区ヨルダン川西岸への入植拡大について「国際法と矛盾する」と述べた。米国の長年の見解ではあるが、トランプ前政権下では「国際法に違反しない」との政府見解を発表しており、この見解を転換した形になる。
カテゴリー:

大谷翔平1015億円契約のたった3分の1。スポーツ国家予算でも判る日本の衰退 - 02月21日(水)18:50 

昨年12月、ドジャースと10年総額7億ドルという超大型契約を結んだ大谷翔平。サラリーはもちろん、人気・実力ともメジャーリーガーのトップに立ったと言っても過言ではありませんが、米野球界はそんな大谷と「心中覚悟」とする見方もあるようです。今回のメルマガ『ジャーナリスト伊東 森の新しい社会をデザインするニュースレター(有料版)』では著者の伊東さんが、もしまた大谷に万が一のことがあれば、今回の大型契約は「野球というスポーツの終わりを意味する」と判断する理由を解説しています。 「野球2.0」大谷翔平の大型契約が映し出す、日本の野球、そして国家の衰退 日本のスポーツ国家予算359億円は、大谷翔平の巨額契約のわずか3分の1という衝撃 新たな野球の時代の幕開けか?大リーグ・ドジャースと大型契約を結んだ大谷翔平。米メディアの報道によれば、その金額は10年総額7億ドル(約1,014億円※発表時点でのレート)に上る。 契約金の総額の1年間あたりの報酬で比較した場合、大谷翔平はMLB史上でも最高額となる。歴代でも断トツの金額となった。 さらに異例ともいえる後払いを含む大型契約の契約金総額も一時、スポーツ史上最高額とされ、サッカーの“メッシ超え”が話題となっている。 日本時間12月15日にドジャー・スタジアムで行われた大谷翔平の入団会見は全米放送のFOXチャンネルで緊急生放送。同時期、全米で名前もインターネ...more
カテゴリー:

アルゼンチンの貧困率いくらなんでも異常過ぎる😱これが破綻国家なのか - 02月20日(火)16:21  poverty

アルゼンチンの貧困率、1月は57.4% 過去20年で最高=調査 アルゼンチン・カトリック大学(UCA)の調査報告によると、同国の貧困率は1月に57.4%に上昇し、少なくとも過去20年間で最高となった。同国メディアが18日に報じた。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7e01ad08e9399e3ccc01743f5987834050d63b17 ...
»続きを読む
カテゴリー:

メッシ香港欠場について政治的理由を否定「本当にプレーできなかった」中国SNSに投稿 - 02月20日(火)08:55 

アルゼンチン代表で米MLS(メジャーリーグサッカー)のインテル・マイアミFWリオネル・メッシ(36)が19日、SNSにビデオメッセージを投稿し、香港の親善試合で欠場した理由を語った。 中国のソーシャルメディア「Weibo」に投稿された2…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる