「時間帯」とは?

関連ニュース

タニタの「社員の個人事業主化」制度、独立した元社員の多くが収入増 - 07月24日(水)14:59 

健康機器メーカーのタニタが、社員の個人事業主化を支援する制度を導入したそうだ(日経ビジネス)。個人事業主となった(元)社員は業務委託という形でタニタから業務を請け負えるという。これによって副業としてタニタ以外の業務を受けることができるほか、働く時間帯や量などをコントロールできるようになるという。業務の内容や対価は社員時代の報酬(給与や賞与、社会保険料、福利厚生費を含む)を元に算出するという。契約期間は3年。すでに26人がこの制度を使って独立しているそうで、2017年1月に独立した元社員らの場合、平均で28.6%収入が増えたという。また、タニタ側の負担総額は1.4%増加しているという。こういった業務の外注化は従業員削減のようにも感じられるが、タニタ側はそれを否定し、上限関係をフラットにした新しい雇用関係・組織の構築だとしている。 すべて読む | 日本 | ビジネス | ニュース | 関連ストーリー: タニタ、ゲームコントローラ開発に再挑戦 2018年10月19日 IT業界は最も遅れた労働集約型産業? 2018年08月07日 パナソニック、社内情報部門を削減。社員を富士通と日本IBMに転籍させて業務委託へ 2014年01月02日
カテゴリー:

交通規制テスト、周辺の高速渋滞は東名で15キロ、東北で6キロ - 07月24日(水)11:28 

 東京五輪開幕まで1年と迫った24日、都心に向かう交通量を制限した大規模交通規制テストで、通勤時間帯を中心に首都高速道路の周辺で渋滞が起き、東名高速は一時15キロ、東北自動車道で6キロの渋滞となった。首都高は一時、30カ所超の入り口が閉鎖されたこともあり、流れはほぼスムーズだった。
カテゴリー:

ランチテイクアウトのサブスク「POTLUCK」にアプリ版が登場 - 07月24日(水)10:00 

月額制のテイクアウトサービス「POTLUCK(ポットラック)」を展開するRYM&COは7月24日、同サービスのスマホアプリ(iOS版・Android版)を正式リリースした。 POTLUCKはサブスク型のランチテイクアウトサービスとして2018年9月にスタート。これまではWeb版に特化して機能改善を進めていたが、本日より待望のアプリ版の提供も始める。 今回のタイミングで新機能の追加などは行なっていないとのことだが、新着メニューや人気メニューがトップに一覧表示されるなど「新たな飲食店との出会い」が生まれるようにアップデートされたそう。アプリリリースに合わせて料金プランも整備した。 あらためてPOTLUCKの仕組みを簡単にだけ紹介しておくと、同サービスは月額定額のチケットを購入することで、導入店舗の料理をテイクアウトできるというものだ。 決済と注文を事前に済ませる仕様のため、ユーザーにとってはランチタイムなど店舗が混雑する時間でもスムーズに料理を受け取れることが大きなメリット。POTLUCK限定のメニューが楽しめる店舗もあるほか、上手く使えば1食あたり400円〜650円になるので人によっては昼食代を浮かすことにも繋がる。 現在は昼のランチタイムに加えて夜の時間帯にも対応。12チケットで7800円(税別 / 1食あたり650円+税)の通常チケットプランに加えて、初回のお試しプラン...more
カテゴリー:

午後3時までの時間帯はきょうも熱中症に厳重警戒.. - 07月24日(水)09:53 

午後3時までの時間帯はきょうも熱中症に厳重警戒 福岡市が注意呼び掛け #西日本新聞
カテゴリー:

京アニ社長「来客(NHK)に備えて解錠していた(泣)」⇒NHKニュース「通勤のために施錠せず」 ★3 - 07月23日(火)15:34  news

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071901100&g=soc 事件時は来客に備えて開けていたと明らかにした(時事通信) https://www.47news.jp/news/3802006.html 火災当日の18日は来客のため開けられていた(共同通信) https://www.yomiuri.co.jp/national/20190718-OYT1T50248/ この日は朝から、社外の人も参加する会議があり、システムを解除していたという。(読売) https://mainichi.jp/articles/20190719/k00/00m/040/476000c ただ当日は外部との打ち合わせがあったため、午前9時から開けていたという。(毎日) ...
»続きを読む
カテゴリー:

首都高速など、東京五輪見据えた大規模な交通規制実施 7月24日と26日 - 07月24日(水)11:53 

首都高速道路と東日本高速道路(NEXCO東日本)は、東京オリンピック・パラリンピックを見据えた交通対策の一環として、大規模な交通規制を、7月24日と26日に行っている。 首都高速道路では、湾岸線東行きの鳥浜町本線料金所で手前の一部車線を規制する。6号三郷線上りの八潮本線料金所、7号小松川線上りの錦糸町本線料金所、川口線上りの川口本線料金所、神奈川3号狩場線上りの狩場本線料金所、湾岸線東行きの湾岸浮島料金所で、料金所のレーン規制を行う。 さらに、4号新宿線上下線の外苑入口、10号晴海線下りの晴海入口、埼玉新都心線上りの新都心入口を終日閉鎖する。都心環状線内回りの神田橋・江戸橋・宝町・芝公園・飯倉入口と外回りの神田橋・呉服橋・京橋・汐留・芝公園入口、1号上野線上りの入谷入口、2号目黒線上りの天現寺・戸越・荏原入口、3号渋谷線上りの三軒茶屋・用賀入口と下りの池尻入口、4号新宿線上りの幡ヶ谷・永福・高井戸入口と下りの初台・永福入口、5号池袋線上りの西神田・護国寺・東池袋・北池袋・中台・高島平。戸田南入口と下りの飯田橋・東池袋入口、埼玉5号大宮線上りの与野入口、6号向島線上りの箱崎・浜町・堤通入口と下りの箱崎・浜町入口、6号三郷線上りの八潮南・加平入口と下りの加平入口、川口線上りの安行・新郷・鹿浜橋入口、中央環状線内回りの西池袋入口と外回りの高松入口、湾岸線東行きの大井・磯子・杉田入口と西行...more
カテゴリー:

2歳の娘を安全に公園で遊ばせたい……小学生がたくさんいる公園でどう遊ぶ? - 07月24日(水)10:00 

未就園児を持つママたちは、子どもを遊ばせるため公園や施設などに連れ出すこともあるでしょう。ママスタBBSには2歳の娘さんを安全にのびのびと遊ばせたいというママからの相談がありました。 『2歳の娘がいます。家で遊んでいても退屈してしまうので、児童館や公園を利用しています。夕方ともなると小学生が遊具に登ったりすごい速さで追いかけっこをしたり。娘がすべり台をすべろうとしていても下から登って来たりと危ないなぁと思う場面も多いです。 これから夏休みになり小学生の子と一緒になることが増えると思います。できれば安全にのびのびと2歳児を遊ばせたいと思っていますが、幼児のママさん達はどんなことに気をつけていますか?』 公園や児童館は公共の場であるため、時間帯によっては小学生と一緒になるのは仕方がないというママ。お互いに気を付けて利用できたらと思っているようですが……。未就園児のママたちは危険を避けるためにどのように配慮をしているのでしょう? 小学生がいる時間帯は避ける 2歳児と小学生では、身体の大きさも動かし方もずいぶん違うことでしょう。大きな子どもたちがダイナミックな動きをすると、ときに危ないと思うような場面も出てくるかもしれませんね。わが子が危険に巻き込まれないようにするためには、時間帯をずらして大きな子どもたちと会わないようにするのが一番だという声がありました。 『公園は小学生がいるときは行...more
カテゴリー:

交通規制テストで渋滞発生 首都高入り口30カ所閉鎖 - 07月24日(水)09:58 

 東京五輪開幕まで1年と迫り、24日に首都圏で行われた大規模な交通規制テスト。都心に向かう交通量を制限した結果、通勤時間帯を中心に渋滞が起き、東名高速道路は一時10キロ超の渋滞となった。首都高速道路は一時約30カ所の入り口が閉鎖されたが、大きな混乱は起きていない。
カテゴリー:

環境省のTwitterアカウント「土用の丑の日はウナギを大事に食べよう」とTweet - 07月23日(火)18:01 

あるAnonymous Coward曰く、既に元ツィートは消されて残っていないが、環境省のTwitterアカウントは22日夜、7月27日の土用の丑の日を前に、ウナギを大事に食べよう的なツィートをして総ツッコミを受けている(該当時間帯のツィート履歴、朝日新聞、産経新聞)。 削除されたツィートは以下の通り。【土用のウナギはご予約を】 7月27日は#土用の丑の日。#ウナギ の準備を考えている方もいるのでは?#食品ロス にならないように大事にいただきましょう。食べる方はできるだけ#予約 して、季節の行事を楽しみましょう!http://www.env.go.jp/recycle/foodloss/general.html なお、スラド諸氏はご存知と思われるが、ニホンウナギは2013年より環境省のレッドリストで絶滅危惧IB類となっている。 すべて読む | ITセクション | 地球 | Twitter | インターネット | 政府 | 関連ストーリー: 「うなぎ絶滅キャンペーン」なるTwitterアカウント登場 2018年07月18日 イオン、「持続可能なウナギ」の調達へ 2018年06月20日 高知県、シラスウナギの不漁を受けて採捕期間を延長へ 2018年03月...more
カテゴリー:

運作ミスによる事故防止のため、車の発進時トルク制限やドライバーの脚力検査を実施すべきという提言 - 07月23日(火)15:05 

高齢ドライバーによる交通事故はたびたび話題になっているが、こういった事故を防ぐために車の発進時トルクを制限したり、運転免許の更新時に脚力検査を行うべきだという提言を、日産のスポーツカー「GT-R」の開発に携わっていたことでも知られている水野和敏氏が提言している(ベストカー)。 水野氏は今のハイブリッド自動車(HV)や電気自動車(EV)の問題点として、発進時にすぐに大きなトルクが出てしまうことや、ブレーキをフルに作動させるには強い力で踏む必要がある点などを指摘。これによって、たとえばブレーキと間違えてアクセルを踏んでしまった場合などにすぐに車が加速してしまい、また高齢者や女性など体重や脚力の小さい運転者ではそれに気付いたときにすぐに止めることができなくなっているという。さらに、モーターはエンジンと比べて回転音が小さいため、誤ってアクセルを踏み込んだ際に気付きにくいという問題もあるという。 こういった問題から、水野氏はHVやEVに対し発進時トルクを抑える機能や、高齢者免許の更新時に脚力検査を実施すべきだと提言している。 すべて読む | テクノロジー | 交通 | 関連ストーリー: 時間帯や地域などを限定して運転を認める「限定条件付き免許」、議論は結論持ち越し 2019年04月24日 高齢者向けに「自動...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「時間帯」の画像

もっと見る

「時間帯」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる