「全日本空輸」とは?

関連ニュース

ANA、12月3日〜9日搭乗分「トクたびマイル」設定 羽田〜伊丹線2,500マイル、羽田〜那覇線4,000マイルなど - 12月01日(火)13:04 

全日本空輸(ANA)は、ANAマイレージクラブの国内線特典航空券を通常より少ないマイル数で交換できる「今週のトクたびマイル」の、12月3日から9日までの搭乗分の対象路線を発表した。予約期間は12月2日から8日まで。 対象 […] 投稿 ANA、12月3日〜9日搭乗分「トクたびマイル」設定 羽田〜伊丹線2,500マイル、羽田〜那覇線4,000マイルなど は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ANAの冬のボーナス「ゼロ」、JAL「8割減」…雇用維持を条件に受け入れ - 11月30日(月)21:29  newsplus

 経営が悪化している全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)の航空大手2社は30日、冬のボーナスの大幅削減で労働組合と合意した。ANAはゼロ、JALは前年から約8割減(月額給与の0・5か月分)となる。新型コロナウイルスの感染拡大で旅客数が激減しており、労組側は雇用維持を条件にボーナスの大幅減を受け入れた。  ANAが冬のボーナスを支給しないのは、記録が残る1962年以降では初めて。JALは、既に夏のボーナスを半減させており、夏、冬両方のボーナスを減額するのは、経営破綻した2010年以来となる。...
»続きを読む
カテゴリー:

従業員シェアで雇用維持 ノジマやイオンが受け入れ - 11月30日(月)18:46  newsplus

新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、人手が足りない企業が業績不振業種から出向者として人を受け入れる「従業員シェア」が本格化してきた。ノジマは航空会社やホテルなどから最大600人を受け入れる。イオンでは移ってきた人を転籍させる。仕事のスキルを維持しつつ雇用も守る取り組みで、受け入れ企業の支援など政策の後押しも必要になる。 ノジマは2021年春までに全日本空輸(ANA)や日本航空(JAL)から30(以下有料版で、残り1267文字) 日本経済新聞 2020年11月30日 18:00 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO66803280Q0A...
»続きを読む
カテゴリー:

成田便の来月再開に歓迎と安堵 カンボジア、防疫と経済の両立目指す - 11月30日(月)06:30 

 全日本空輸(ANA)はこのほど、新型コロナウイルスの影響で運航を休止していた成田-プノンペン便の運航を12月に再開すると発表した。同便は4月に運休したため、約8カ月ぶりの再開になる。カンボジアと日本を結ぶ直行便はANAのみであるため、両国の関係者には歓迎と安堵(あんど)の声が広がっている。
カテゴリー:

ANA スッチーが邪魔で邪魔でしょーがないらしい - 11月29日(日)08:16  poverty

 全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(HD)は、成田、羽田空港に所属する客室乗務員(CA)約8000人を対象に、希望者には来年4月から地方居住や副業を認める時限的な制度を導入する方針を固め、労働組合に提案した。  勤務日数を従来の半分に減らすことを条件とする。CAの大半は現在、規則で両空港の近くに住んでいるという。新制度の導入で人件費を抑制し、柔軟な働き方を認めることで雇用の確保を図る。  このほか経営側は、国際線や国内線のCAに対し、勤務日数を従来の5~8割に減らす一...
»続きを読む
カテゴリー:

ANAとJAL、日本〜ベトナム路線の12月スケジュールを更新 [日系] - 12月01日(火)06:16 

 全日本空輸株式会社(ANA)と日本航空(JAL)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響に伴う日本~ベトナム路線の運休・減便について、12月の...
カテゴリー:

ANAの冬の一時金ゼロ JALは8割減 - 11月30日(月)21:28 

全日本空輸は30日、冬の一時金を初めてゼロとすることで労働組合と妥結した。新型コロナウイルスの影響で旅客需要が激減し、業績が大幅に悪化。固定費圧縮のため、冬の一...
カテゴリー:

ANA、「IT最優秀賞」受賞 顧客体験価値向上の取り組み評価 - 11月30日(月)12:12 

全日本空輸(ANA)は、公益社団法人企業情報化協会による2020年度IT賞で、最高位の「IT最優秀賞(顧客・事業機能領域)」を受賞した。 搭乗手続きなどの利用者の行動や、運航イレギュラーなどの状況変化を検知し、最適なタイ […] 投稿 ANA、「IT最優秀賞」受賞 顧客体験価値向上の取り組み評価 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

全日空、客室乗務員の地方居住容認 雇用守り人件費圧縮 - 11月30日(月)06:22 

 全日本空輸が、客室乗務員の勤務日数や給与を減らす代わりに地方居住を認め、主に現地の空港から中核拠点の羽田や成田などに通える仕組みを、来年4月から2年間の時限措置で導入すると労働組合に提案したことが分かった。
カテゴリー:

【ANA】客室乗務員に地方居住や副業を容認へ…勤務日数~8割減を提案 - 11月29日(日)07:27  newsplus

 全日本空輸(ANA)を傘下に持つANAホールディングス(HD)は、成田、羽田空港に所属する客室乗務員(CA)約8000人を対象に、希望者には来年4月から地方居住や副業を認める時限的な制度を導入する方針を固め、労働組合に提案した。  勤務日数を従来の半分に減らすことを条件とする。CAの大半は現在、規則で両空港の近くに住んでいるという。新制度の導入で人件費を抑制し、柔軟な働き方を認めることで雇用の確保を図る。  このほか経営側は、国際線や国内線のCAに対し、勤務日数を従来の5~8割に減らす一方...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「全日本空輸」の画像

もっと見る

「全日本空輸」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる