「全日本空輸」とは?

関連ニュース

ANA、東京/成田〜パース線でダブルマイルキャンペーン開催 - 06月25日(火)19:58 

全日本空輸(ANA)は、9月1日に開設する、東京/成田〜パース線に搭乗したANAマイレージクラブ会員を対象に、ダブルマイルを付与するキャンペーンを実施する。 10月1日から12月19日までの搭乗分が対象で、ANAが運航する東京/成田〜パース線直行便をマイルの積算率が50%以上の運賃で利用し、ANAマイレージクラブにマイルを積算する必要がある。12月19日までに参加登録が必要となる。 マイルはキャンペーン条件達成後、1週間以内に積算する。キャンペーン対象となる事後登録の締切は12月23日積算分まで。 ⇒詳細はこちら 投稿 ANA、東京/成田〜パース線でダブルマイルキャンペーン開催 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

ハワイ州観光局・ミツエ・ヴァーレイ日本支局長インタビュー。ホテル料金は「ダウンシフトに入った」、ANAのエアバス A380型機導入は「よい相乗効果が起きている」 - 06月24日(月)19:42 

 ハワイ州観光局は、福岡・天神のソラリアプラザで「ハワイエキスポ福岡(Hawai'i Expo 2019)」を6月22日と23日に開催。ANA(全日本空輸)グループ、JAL(日本航空)グループ、JTB、H.I.S.などの企業が、物販・飲食・観光情報など20以上のブースを出展したほか、さまざまなステージイベントやワークショップも実施され、多くの来場者で賑わった。
カテゴリー:

女性活躍だけではもう古い? 河合薫が迫る、ある企業の「働き方改革」の本気度 - 06月24日(月)11:37 

令和が幕を開けた。平成から持ち越された働き方改革は、企業にとって「待ったなし」の課題だ。そんな中、「KAITEKI(快適)」をキーワードに、社員の働き方をアップデートしようとしている会社がある。化学メーカー最大手の三菱ケミカルだ。子育てや介護をしながら働く社員、障がい者、外国人…。多様な人材が輝くために社内制度が急速に進化している。「KAITEKI」に込められた理念とは何か。和賀昌之社長に、健康社会学者の河合薫さんが迫った。(以下、敬称略)社員の求心力を高めるためのKAITEKI経営とは?河合 化学メーカーにはさまざまな事業があるとお聞きしています。その点で社員をまとめるご苦労があるのではないでしょうか。和賀 そうですね。いわゆる石油化学製品から食品包装フィルム、植物工場、炭素繊維、リチウムイオン電池材料まで、事業部が違うと会社が違うかと思うくらい、お客様も仕事の内容も異なります。ですので、私たちは何をするのか、何のためにこの会社に集まっているのか、わかりやすい「旗印」が必要と考えました。10年後、20年後の社会がどうなっているか、そのときに当社ができることは何かと考えたのですが、地球温暖化や健康・医療などの社会課題に、化学会社ならではの解決策を示すことだと思いました。それを「KAITEKI」を実現するという一語に込めたわけです。KAITEKIとは「人、社会、そして地...more
カテゴリー:

ANAとエアージャパン、燃油サーチャージ引き上げ 8月から欧米へ片道1.4万円 - 06月21日(金)17:38 

全日本空輸(ANA)とエアージャパンは、国際線の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)を8月発券分より値上げする。 航空燃料のシンガポールケロシンの市況価格の2ヶ月間の平均を、2ヶ月間の為替レート平均で円換算した際の金額に応じて燃油サーチャージの徴収すると定めており、4月から5月のシンガポールケロシンの市況価格は1バレルあたり平均81.91米ドル、1米ドル110.77円だったため、円貨換算額は9,073円となった。 日本発旅程ではいずれも片道あたり、韓国線は1,000円、韓国以外の東アジア線は3,500円、ベトナム・フィリピン・グアム線は4,000円、タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア線は6,500円、インドネシア・インド・ハワイ線は8,500円、ハワイを除く北米・ヨーロッパ・中東・オセアニア線は14,000円となる。日本発旅程でメキシコシティ線直行便を利用する場合は10,500円となる。 ■燃油サーチャージ額(2019年8月~9月/日本発旅程・片道) 北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 14,000円 ハワイ・インド・インドネシア 8,500円 タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 6,500円 ベトナム・フィリピン・グアム 4,000円 東アジア(韓国を除く) 3,500円 韓国 1,000円 ⇒詳細はこちら 投稿 ANAとエアージャ...more
カテゴリー:

革新的技術とオープンイノベーションを最大限活用した取り組みで「DXグランプリ」受賞のANAグループがデジタルビジネスを最適化する「Dynatrace」を全サーバーに導入 - 06月21日(金)11:00 

株式会社アイ・アイ・エム(代表取締役社長:関根 淳、本社:東京都文京区、以下アイ・アイ・エム)は、全日本空輸株式会社(代表取締役社長:平子 裕志、本社:東京都港区、以下 ANA)およびANAシステムズ株式会社(代表取締役社長:荒牧 秀知、本社:東京都大田区、以下 ANAシステムズ)が、「ユーザーエクスペリエンス」「アプリケーションパフォーマンス」をリアルタイムに一元管理し、デジタルビジネスを最適化するソリューション「Dynatrace」を導入したことを、本日発表します。ANAグループは、「お客様満足と価値創造で世界のリーディングエアライングループを目指す」を経営ビジョンに掲げ、グループ全ての事業活動において、より一層高い品質を追求し続けています。また、戦略的なIT活用に取り組む企業として、経済産業省および東京証券取引所より「攻めのIT経営銘柄」に2年連続で選定されました。さらには、今年度より新設された、最も「デジタル時代を先導する企業」として「攻めのIT経営銘柄」選定企業の中から業種の枠を超えて1社のみ選定される「DXグランプリ」にも選定されています。ANAシステムズは、ANAグループのIT企業として「ANAグループのITプロフェッショナルとして、エアラインビジネスを、信頼できるITサービスで支える。」をミッションとし、フライトの安全性と信頼性を担保するIT基盤を実現しています。今...more
カテゴリー:

ANA、「MaaS推進部」新設。幅広い交通機関と連携したシームレスな移動体験の創出目指す - 06月25日(火)16:43 

 ANA(全日本空輸)は6月25日、7月1日付けで企画室内に「MaaS推進部」を新設することを発表した。同日付けで現・企画室 イノベーション・KAIZEN部担当部長の鈴木謙次氏がMaaS推進部長に就任する人事異動も発表している。
カテゴリー:

AIR DO、2019年7月に羽田~新千歳線を10往復増便。割引運賃のAIRDOスペシャル/DOバリューも提供 - 06月24日(月)18:35 

 AIR DOは6月24日、2019年7月の増便計画を発表した。羽田~新千歳(札幌)線を、7月12日から26日に10日間、10往復20便を増便する。すべてANA(全日本空輸)とコードシェア。
カテゴリー:

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」預かり資産1500億円突破、働く世代の支持拡大 - 06月21日(金)17:54 

ロボアドバイザー「ウェルスナビ(WealthNavi)」を提供するウェルスナビ株式会社は19日、同日時点で預かり資産1500億円、申込件数22万口座を突破したと発表した。2016年7月の正式リリースから約2年11ヵ月での達成となる。 ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動で実現。強固な顧客基盤を持つパートナー企業を通じた利用も広がった。17年から「ウェルスナビ for 住信SBIネット銀行」の提供を皮切りに、全日本空輸株式会社(ANA)、ソニー銀行株式会社、株式会社イオン銀行、株式会社横浜銀行、日本航空株式会社(JAL)、東急カード株式会社、株式会社じぶん銀行、株式会社SBIネオモバイル証券などと次々に提携。預かり資産も右肩上がりに増え、今年1月には1200億円、2月に1300億円、4月に1400億円を突破、預かり資産・運用者数ナンバーワンを独走している。5月には東京大学大学院の松尾豊教授の研究グループと人工知能(AI)を長期の資産運用に生かす仕組みの確立を目指し、産学共同の研究も開始した。 ロボアドは最適ポートフォリオを作成し、心理的な壁に邪魔されることなく適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を行う。提供されるのは世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムや最先端の機能。利用者はこれらを高度な知識や手間を...more
カテゴリー:

ANA、2019年8月~9月発券分の国際線燃油サーチャージ引き上げ。1000円~1万4000円に - 06月21日(金)16:53 

 ANA(全日本空輸)とエアージャパンは6月21日、国土交通省に改定を申請した8月~9月発券分の燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)適用額を発表した。
カテゴリー:

ANAカードからスターバックスカードへの初のオンライン入金、200マイルを付与するキャンペーン開催中 - 06月20日(木)14:34 

全日本空輸(ANA)は、ANAカードからスターバックス カードへのはじめてのオンライン入金で200マイルを付与するキャンペーンを開催している。 3,000円以上の初回入金が対象で、通常の100円につき1マイルの付与とは別に付与する。キャンペーン期間は6月16日から7月15日決済分まで。オンライン入金には、My Starbucks会員への登録が必要。ウェブサイトやアプリから入金できる。ボーナスマイルは9月下旬に積算される。 店頭でのスターバックスカードの入金は対象外となるほか、家族カードでの利用分は本会員に集約されることから、過去に家族カードでオンライン入金をしていた場合も対象外となる。 ⇒詳細はこちら 投稿 ANAカードからスターバックスカードへの初のオンライン入金、200マイルを付与するキャンペーン開催中 は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「全日本空輸」の画像

もっと見る

「全日本空輸」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる