「保育園」とは?

関連ニュース

=首長動静= 11月22日 - 11月22日(金)06:40 

【山口知事】13時 日弁連高齢者・障がい者権利擁護の集い(佐賀市のガーデンテラス佐賀ホテル&マリトピア)▽13時半 九州調停委員大会(佐賀市文化会館)▽16時 SSP構想推進協議会設立総会(同市のホテルニューオータニ佐賀)▽17時5分 SSPアワード2019(同) 【秀島・佐賀市長】午前 庁内用務▽13時半 定例記者会見 【峰・唐津市長】終日 市内用務 【橋本・鳥栖市長】18時半 鳥栖工高駅伝部激励会 【横尾・多久市長】8時半 日田市からの災害対応派遣職員報告▽9時 保育園児による勤労感謝花束…
カテゴリー:

不動産投資クラウドファンディングで沖縄の学校支援、運用益の一部は首里城再建に。11/25から - 11月21日(木)20:05 

不動産投資クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」で、運営元の株式会社ブリッジ・シー・キャピタルは「第24号沖縄専門学校ファンド」の投資申込を11月25日から募集を開始する。 今回のファンドは、クラウドファンディングによって沖縄県宜野湾市の学校法人が所有する不動産を取得して学校法人の資金調達を支援するもの。募集金額は8億3800万円。最小投資口数は1万円。売却後、学校法人は資金を、今後必要性の高まる分野の学科新設や、学生の誘致、カリキュラムの強化などに充て、運営の安定性向上を図る。また、同ファンドから得られる運用益の一部は、「首里城火災復旧支援寄付金」として寄付する。ファンドの初回配当日2020年2月29日、以降毎月配当。想定利回り(年利)5.0%、運用期間は2020年1月1日~2021年6月30日。想定運用期間は18ヶ月。 ファンドの内容は、那覇中心地から車で約20分の国道沿いに位置する、県北西部に位置する専門学校への投資案件。1つの建物内に「SOLA沖縄保健医療工学院」「スターウッドBeB美容専門学校」という2つの専門学校があり、運営はいずれも学校法人SOLA沖縄学園。医療工学院では救急救命士、柔道整復師、臨床工学技士の3つの国家資格取得指定養成校の認可を取得、人工心肺装置や人工透析装置等の実践向け医療機器を設置するなど、県内の他校と差別化を図っている。美容専門学校では...more
カテゴリー:

火事から逃げ遅れた20代女性を、燃え上がる家の中から救ったイケメン運送員くんを表彰! - 11月21日(木)18:22  poverty

「孫娘が中に」炎上がる家から救助 通行人の男性を表彰 長崎県の諫早消防署は20日、火災に見舞われた建物から逃げ遅れた20代の女性を救出した運送会社員、 深見隼人(はやと)さん(29)=長崎県諫早市森山町下井牟田=を表彰した。深見さんは「いいことをした。 人助けはいいよと子どもたちに教えていきたい」と話した。 火災は10日夜、諫早市宗方町で発生。木造2階建て住宅約175平方メートルが全焼するなどした。 深見さんは買い物へ行くため自家用車を運転中、煙が上がっているのを目撃。消防や警察がまだ...
»続きを読む
カテゴリー:

燃え上がる民家に突入、女性を救出した男性に感謝状 - 11月21日(木)15:43  poverty

「孫娘が中に」炎上がる家から救助 通行人の男性を表彰 2019/11/21 14:44  長崎県の諫早消防署は20日、火災に見舞われた建物から逃げ遅れた20代の女性を救出した運送会社員、深見隼人(はやと)さん(29)=長崎県諫早市森山町下井牟田=を表彰した。 深見さんは「いいことをした。人助けはいいよと子どもたちに教えていきたい」と話した。 火災は10日夜、諫早市宗方町で発生。木造2階建て住宅約175平方メートルが全焼するなどした。 深見さんは買い物へ行くため自家用車を運転中、煙が上がっているのを目撃。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

生鮮食品を保育園にお届け、クックパッドが新サービス お迎え時に受け取り可能、多忙な共働き世帯を支援 - 11月21日(木)13:01 

クックパッドが、生鮮食品を保育園へ配送するサービスを始めた。事前にアプリで商品を注文すると、子どものお迎え時に受け取れる。多忙な共働き世帯を支援する狙い。
カテゴリー:

わが子が高熱、仕事先に「休みます」と電話を入れづらい。「使えない人」と思われない? - 11月22日(金)06:00 

仕事を持つママならば誰しもが共通して抱える悩み、それは子どもが体調不良の際の対応ではないでしょうか。発熱や嘔吐など、急であることがほとんどなため、その都度慌てふためき、会社を休むべきか、休むならばどこに誰に子どもを託したらいいかと頭を抱えることになります。ましてやそれが勤め始めたばかりのタイミングであるとどうでしょう? 前月から始めたパートを始めたばかりというママからは、高熱を出す息子を目の前にしながらも、パート先に「休みます」という連絡を入れづらいという投稿がありました。 『夜中から息子(3歳)が熱を出しているので、今日仕事を休んで病院に連れて行こうかなと思っています。でもパートは先月から始めたばかり。土日もしっかり休みをもらっているのに申し訳なくて連絡入れるのがかなり辛いです。パート先はスーパーで、店長は「子どもを優先していいよ」とは言ってくれていますが、申し訳なくて。息子は今朝も38.2度の熱があります。”使えないパート“って思われてしまわないでしょうか? 今のところ子どものことで休んだことはありません』 同じように仕事と育児を両立するママたちはどう考えているのでしょうか? 働く人はたくさんいるけれどママはただひとり、「割り切るしかない」という応援の声 『職場に休みの連絡入れるのって時に気が重くて辛いですよね……。いやというほどわかりますよー。でも、ほかに預け先がない以上、...more
カテゴリー:

お前ら鏡で顔見てみろ。苦労も努力もせず人生過ごした子供みたいな顔だろ。本当の29歳の男の顔はこれだ - 11月21日(木)19:25  news

「孫娘が中に」炎上がる家から救助 通行人の男性を表彰 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-00000035-asahi-soci 長崎県の諫早消防署は20日、火災に見舞われた建物から逃げ遅れた20代の女性を救出した運送会社員、深見隼人(はやと)さん(29)=長崎県諫早市森山町下井牟田=を表彰した。深見さんは「いいことをした。人助けはいいよと子どもたちに教えていきたい」と話した。 【写真】人命救助の表彰を受け、諫早消防署の幹部と記念撮影におさまる深見隼人さん(前列中央)=2019年11月20日、長崎...
»続きを読む
カテゴリー:

【長崎】火災発生、おばあちゃん「孫娘が中に!」通行人「三┏( ^o^)┛」→「人助けはいいよと教えていきたい」 - 11月21日(木)18:03  newsplus

 長崎県の諫早消防署は20日、火災に見舞われた建物から逃げ遅れた20代の女性を救出した運送会社員、深見隼人(はやと)さん(29)=長崎県諫早市森山町下井牟田=を表彰した。  深見さんは「いいことをした。人助けはいいよと子どもたちに教えていきたい」と話した。  火災は10日夜、諫早市宗方町で発生。木造2階建て住宅約175平方メートルが全焼するなどした。深見さんは買い物へ行くため自家用車を運転中、煙が上がっているのを目撃。消防や警察がまだ来ていないと悟るや、車を止め、200メートル以上走って現場...
»続きを読む
カテゴリー:

高齢出産だとママ友ができにくい?30代後半で出産したママが考える”友達”の作り方 - 11月21日(木)15:00 

筆者は30代半ばを過ぎたころ第1子を出産した、いわゆる高齢出産ママです。出産後ほどなくして仕事に復帰する必要があったため、生後数か月から一時保育を利用しつつ、0歳から子どもを保育園に入園させました。育児は初めてでしたし、入園に向けて様々な意味でドキドキとしていたことを思い出しますが、そのなかのひとつに、「私は高齢」というのがありました。 読者の方々の中にも「高齢出産だからママ友ができにくい」と感じている方がいらっしゃるかもしれません。筆者も当時、「周囲は年下ばかりで私だけが高齢ママだったらどうしよう、周りと話が合わないのではないか」と不安を感じていました。 「皆、若そう」「若いセンスがないのでキャラ弁が作れない」と気後れした過去 妊娠時、自治体が主催する「はじめてのママ向けヨガ」イベントに参加してみたときからすでに、実際にはどうなのかわかりもしないくせに、「皆、若そう……」と勝手に気後れしてしまい、最後列の端のほうで小さくなっていたくらいです。 保育園入園申し込み前に園長先生に様子をうかがえる機会では、あまりに不安が大きくなりすぎて「ほかのママさんたちは皆さんお若いのでしょうか? 私にはキャラ弁を作ったりする時間的余裕もなければ、若いセンスがないのですが」と相談してしまい、「そんなもの、どなたも作っていらっしゃいませんよ」と大爆笑され、せっかくの時間を無駄にしたという恥ずかしいエ...more
カテゴリー:

老舗せんべいメーカーの感動復活劇:カンブリア宮殿 - 11月21日(木)10:51 

11月21日(木)夜10時放送の「カンブリア宮殿」は、「従業員の幸せが第一。売り上げや利益は、その結果として返ってくるもの」と語る2代目社長・小松務が仕掛ける地方の菓子メーカー感動のサバイバル術、その全貌に迫る!青森・岩手地区の郷土食「南部せんべい」。伝統料理の「せんべい汁」にも使われる食材で、起源は500年前とも言われている。その「南部せんべい」の最大手が、岩手県二戸市に本社を置く「小松製菓」だ。人気の理由は、現代風にアレンジした商品の数々にある。サキイカをまぶした「いかせんべい」や、りんごチップスをのせた「林檎せんべい」など、同業他社を圧倒する200アイテムを品揃えがある。小松製菓は、こうした「常識にとらわれない」商品開発で売り上げを伸ばし、年商は約30億円。そんな小松製菓の最大の特徴が、実は、「従業員の幸せ」にあるという。例えば、子供を幼稚園や保育園に通わせるママには、最大で月1万円の補助金を支給。一方、定年を迎える社員には、希望すればいつまででも働ける制度を整え、退職者が働ける場所まで作ったという。他にも「社員の誕生会」や「社員へのお歳暮」、退職者に年2回の「年金」を支給するなど、とにかく、従業員が喜ぶ仕組みが社内にあふれている。なぜ、地方の菓子メーカーが、ここまで社員を大切にしながらも業績を伸ばしているのか?「従業員の幸せが第一。売り上げや利益は、その結果として返ってくる...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「保育園」の画像

もっと見る

「保育園」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる