「小中学生」とは?

関連ニュース

渋谷のIT大手4社などが小・中学生向けプログラミング教育事業で連携 - 06月17日(月)23:40 

渋谷を拠点とする東急電鉄とサイバーエージェント(CA)、ディー・エヌ・エー(DeNA)、GMOインターネット(GMO)、ミクシィのIT大手企業4社、渋谷区教育委員会が6月17日、小・中学生の「プログラム教育事業に関する協定」を締結した。 #シブヤ経済新聞
カテゴリー:

◆救命講習会◆ 「その一歩が命をつなぐ」 消防官・.. - 06月17日(月)15:07 

◆救命講習会◆ 「その一歩が命をつなぐ」 消防官・消防団員と一緒に応急手当を学んでみませんか。 小・中学生を対象とした夏休み救命講習会も開催します。 ◇会場:市内消防署◇無料◇申込:電話にて受付中 詳細は、…
カテゴリー:

【eco最前線を聞く】TOTO、出張授業で子供の多様性理解育む - 06月17日(月)08:58 

 TOTOは、小中学生向けの「環境教育」に取り組んでいる。衛生陶器をはじめ広く水まわり機器を提供する企業として2009年にスタートし、社員が学校に出向き水資源や節水の大切さを伝える出張授業などを通じ、次代を担う子供の環境意識を育んできた。
カテゴリー:

「息子にクソババアと言われた!」。現役小中学生の子ども新聞記者が答える本音は? - 06月16日(日)10:00 

毎日「ママ大好き!」と言ってくれていた子どもももう中学生。このごろは悪態をつくようになってきて……なんて思っていたら……。 『中1の息子に「クソババア!」と言われ、ショック! これからこういうことが増えていくのでしょうか』 こんな大人のお悩みに真正面から答えてくれるのが、京都にある「かめおか子ども新聞」の子ども記者たちです。子どもたちの回答は? 辛辣すぎてクセになる!大人の回答に子どもが答える「子ども相談室」 京都府亀岡市にある「かめおか子ども新聞」は、子どもたち自身が記事を書き、それを大人たちが読むという、なかなか珍しいタイプの新聞です。中でも人気のコーナーは、大人の悩みを子どもが解決する相談コーナー。さきほど紹介したお悩みも、実はこのコーナーを集めて書籍化した『はい!こちら子ども記者相談室デス!』の一部を抜粋したものです。このお悩みに対する子どもたちの回答はコチラ。 ママ悲鳴!「1000%クソババアって言われます」 『はい、間違いなく増えます。だってほんまにお母さんは「クソババア」だからです。でも、優しいところもあるから、常日頃は「ババア」で、たまに「クソババア」です。たぶん、「勉強したんか」とか「あーせー、こーせー」とグチャグチャ言うてませんか? そんなことを繰り返していたら1000%クソババアって言われますよ!』 現在、小さくてかわいいさかりの子どもを持つママからしたら「こ...more
カテゴリー:

<社説>子どもの貧困調査 保護者への支援も必要だ - 06月16日(日)06:01 

 体調が悪いのに病院に行くのをためらう。大学に行きたいが難しい―。経済的困窮によって子どもたちが健康上のリスクを抱え、かつ進学の可能性まで摘まれる状況になっていることが、県が公表した県小中学生調査で分かった。  貧困率や就学援助の利用率は改善が見られたものの、経済的理由により医療機関の受診を控えた...
カテゴリー:

【ヤングコール】小・中学生、高校生のための電話.. - 06月17日(月)19:15 

【ヤングコール】小・中学生、高校生のための電話相談です。自分のからだのこと、家族や友達のことなどの相談に、専門の講習を受けた大学生など、同年代の相談員が応じます。 日時/毎週土曜日、午後1時〜5時 電話/029-305-7563(いばらき思春期保険協会) #水戸
カテゴリー:

現場、地域にこだわり 比嘉明男さん(日本郵便沖縄支社長) 〈ゆくい語り・沖縄へのメッセージ〉14 - 06月17日(月)12:00 

 国頭村の海岸線を21年間、バイクで走っていた郵便配達員が、ことし日本郵便沖縄支社長に就任し、社員約3700人を率いている。比嘉明男さん(65)。2007年に郵政公社が民営化されてから、県出身者として初の支社長になった。自ら「たたき上げ」と称する、現場から昇ったリーダーだ。仕事の傍ら、小中学生にソフトテニス...
カテゴリー:

<デスクノート>子ども記者になろう - 06月16日(日)09:32 

県内の小中学生が「子ども記者」となり、地域の話題や関心事を取材する「夏休み子ども佐賀新聞」が、今年で20年目を迎える。スタートした2000年、子ども記者は63人だったが、昨年は過去最多の149人。調べてみると、昨年までの19年間で、子ども記者は延べ1620人を数えた。 支局勤務だった2001年、担当デスクの指示で、締め切りを過ぎても記事が出ていない児童2人の家を訪ね、執筆を手伝ったことを思い出す。指導役の若手記者は苦労も多いが、子どもの成長に接した意義は大きい。
カテゴリー:

【社会】週6日働いて手取り15万の父子家庭 小中2人の子育てに不安 貯金できず「進学、今だと厳しい…」★3 - 06月15日(土)19:21  newsplus

6/15(土) 5:10配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00432975-okinawat-oki 沖縄県が14日公表した3年ぶり2回目の小中学生調査。見えてきたのは、困窮層ほど親が働き詰めで子どもとの触れ合いが少なく、必要な支援が行き渡っていない実態だ。「子どもの貧困対策元年」と位置付けた2016年以降、物的・人的支援で一定の前進があったが、依然として経済的に厳しい家庭が多く「この先どうなるか分からない」「子育てが苦しい」といった切実な声が聞こえてくる。 頼れる親族もなく  本島南部の男性(39)は、1人で中学1年...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「小中学生」の画像

もっと見る

「小中学生」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる