「低気圧」とは?

関連ニュース

【接近】台風5号(ダナス)、21日にかけ西日本中心に大雨のおそれ - 07月19日(金)19:43  newsplus

東シナ海を北上する大型の台風5号や前線の影響で、21日にかけて西日本を中心に大雨となるおそれがあります。土砂災害や川の増水のほか、台風が近づく地域では暴風や高波にも警戒が必要です。 気象庁の観測によりますと、大型の台風5号は午後6時には東シナ海を1時間に25キロの速さで北へ進んでいて、中心の気圧は985ヘクトパスカルとなっています。 この時間は九州の一部が台風の強風域に入っています。 梅雨前線に向かって台風の周辺から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、西日本と東日本の広い範囲で大気の状態が不安定...
»続きを読む
カテゴリー:

【薬ものがたり】神経痛や関節痛などの改善薬! 「フレックスパワーEX錠」(ロート製薬) - 07月19日(金)11:30 

梅雨から初夏にかけて、膝や腰などの痛みがひどくなる人がいる。低気圧によって自律神経が乱れることに関係し、日頃から関節痛などを抱えている人は、痛みがひどくなりやす…
カテゴリー:

大型台風5号「列島に沿って北上」土日は西・東日本で大雨 - 07月19日(金)02:22 

   気象庁によると19日午前9時現在、大型の台風5号は東シナ海を時速20キロで北上していて、あさって(21日)には朝鮮半島付近で温帯低気圧に変わる見通しだ。    台風の現在の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23…
カテゴリー:

台風5号が発生 あすにも沖縄の先島地方接近 - 07月17日(水)10:27 

 気象庁によると、16日午後3時、フィリピンの東海上で熱帯低気圧が台風5号に変わった。時速15キロで西へ進んでいる。中心気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。中心の南東側560キロ以内、北西側390キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。今後発達しなが...
カテゴリー:

【速報】熱帯低気圧が台風5号に 週後半 西日本で.. - 07月16日(火)17:13 

【速報】熱帯低気圧が台風5号に 週後半 西日本で大雨も 
カテゴリー:

超大型の台風5号、ただいま日本直撃か朝鮮半島直撃かを思案中 - 07月19日(金)13:50  news

大型の台風5号が東シナ海を北上中で、19日も西日本を中心に激しい雨が降っています。  台風5号や活発な梅雨前線の影響で、東海から沖縄で大雨となっています。 24時間に降った雨の量は高知県黒潮町の佐賀で241ミリなど、200ミリ前後に達しています。 台風5号は21日にかけて朝鮮半島を通過し、22日には日本海で温帯低気圧に変わる見込みです。 20日朝までに予想される雨の量は九州北部で最大200ミリなどとなっています。 土砂災害や川の増水、低い土地の浸水に警戒が必要です。 https://www.youtube.com/watch?v=hc4UO2ej_Rw...
»続きを読む
カテゴリー:

台風5号北上、梅雨前線停滞 各地で雷を伴う大雨に - 07月19日(金)08:46 

 気象庁によると、大型の台風5号は19日午前3時には東シナ海にあり、時速約20キロで北へ進んでいる。また、南シナ海の熱帯低気圧が北東進して、19日夜に先島諸島に接近する見込み。梅雨前線は西日本を通り、東日本にのびており、21日にかけて北上して日本海から東日本に停滞するとみられる。
カテゴリー:

??「やれぇ」 台風5号「はい」 参院選投票日の21日九州で台風が接近 - 07月18日(木)07:12  poverty

台風5号(2019年)の5日進路予報(日本付近) - 日本気象協会 tenki.jp https://tenki.jp/bousai/typhoon/5days/1905/japan-near/ 大型の台風第5号は、18日3時現在、沖縄の南にあって、北へ毎時20kmで進んでいます。 中心気圧は992hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。 この台風は、19日3時には東シナ海に達し、21日3時には対馬近海に達するでしょう。 台風はこの後、熱帯低気圧に変わり、23日3時には日本海に達する見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。 次回の台風情報は、18日10時30分の予定です。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

台風5号、フィリピンの東で発生。日本への影響は? - 07月16日(火)18:58 

2019/07/16 16:10 ウェザーニュース7月16日(火)15時、フィリピンの東海上の熱帯低気圧が、台風5号(ダナス)になりました。今後台風は北西に進路を取り、ルソン島の北の海上を進んで中国大陸に接近すると見られます。台湾やフィリピンでは荒れた天気になる恐れがあるので、渡航を予定している方は注意が必要です。なお、日本への直接の影響はありませんが、南西諸島では雨や風が強まり波が高くなる可能性があります。また、台風から梅雨前線に向かって非常に暖かく湿った空気が流れ込むことで、西日本を中心に大雨をもたらす可能性があります。最新の天気予報にご留意ください。 ▼台風5号 7月16日(火)15時現在 擾乱種類   台風(TS) 存在地域   フィリピンの東 移動     西 15 km/h 中心気圧   994 hPa 最大風速   18 m/s 最大瞬間風速 25 m/s» ウェザーニュース 台風情報 7月からは台風の発生が多い時期に台風の発生は7月に入って2つ目で、今年5つ目の台風です。北半球で発生する台風は、海面水温が低い2月頃を底に発生しにくい状況となります。発生数の平年値を見ると、6月までは1~2個の発生が普通ですが、7月は3~4個程度発生するのが普通となり、台風が多く発生しやすい時期に入ると言えます。 台風の名前台風の名前は、国際機...more
カテゴリー:

【気象】台風5号「ダナス(Danas)」発生。フィリピンの東海上 - 07月16日(火)16:14  newsplus

https://weathernews.jp/s/topics/201907/150035/ 7月16日(火)15時、フィリピンの東海上の熱帯低気圧が、台風5号(ダナス)になりました。 今後台風は北西に進路を取り、ルソン島の北の海上を進んで中国大陸に接近すると見られます。 台湾やフィリピンでは荒れた天気になる恐れがあるので、渡航を予定している方は注意が必要です。 なお、日本への直接の影響はありませんが、南西諸島では雨や風が強まり波が高くなる可能性があります。 また、台風から梅雨前線に向かって非常に暖かく湿った空気が流れ込むことで、西日本を中心...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「低気圧」の画像

もっと見る

「低気圧」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる