「低気圧」とは?

関連ニュース

台風17号、青森県には23日夜から明け方最接近 - 09月22日(日)22:33 

大型の台風17号は、23日夜から24日明け方にかけて青森県に最接近する見通し。特に23日は津軽と下北を中心に大荒れとなる恐れがあり、青森地方気象台は暴風や高波、土砂災害などに警戒を呼び掛けている。22日、津軽地方のリンゴ園地では予定を早めた収穫作業を急ぎ、各地の漁港では台風への備えに追われた。気象台によると、日本海を北上している台風17号は23日夜、温帯低気圧となって青森県に接近する見込み。陸上は津軽と下北を中心に暴風、津軽の外海は大しけとなる予想で、温帯低気圧などに変わっても警戒が必要として…
カテゴリー:

台風17号北上 道内は23日から警戒を - 09月22日(日)19:01 

北上中の台風17号が、23日、勢力を保ったまま温帯低気圧に変わり北海道付近を通過する影響で、道内では23日から24日にかけて暴風や高波への警戒が必要です。HBCニュースで放送2019年09月22日(日) 18時00分 更新
カテゴリー:

【台風17号】長崎など暴風域に 23日朝にかけ九州北部に接近 22日17時 - 09月22日(日)17:33  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190922/k10012093781000.html 台風17号 長崎など暴風域に 23日朝にかけ九州北部に接近 2019年9月22日 17時19分台風17号 大型の台風17号は長崎県などを暴風域に巻き込みながら北寄りに進んでいて、これから23日朝にかけて暴風域を伴ったまま九州北部や中国地方にかなり接近する見込みです。湿った空気の影響で局地的に非常に激しい雨が降っていて暴風や高波のほか、大雨に警戒が必要です。 気象庁によりますと、大型の台風17号は、午後5時には、長崎県五島市の西北西60キロの海上を1時間に30...
»続きを読む
カテゴリー:

台風17号、22日夕方以降に九州に最接近の進路予想 暴風雨に警戒を - 09月22日(日)10:16 

2019/09/22 09:02 ウェザーニュース9月22日(日)8時現在、大型で強い勢力の台風17号(ターファー)は、九州の西を北北東に進んでいます。九州のほぼ全域が風速15m/s以上の強風域に入っています。きょう夕方から夜遅くに九州に最接近するため、暴風や激しい雨に警戒してください。 ▼台風17号 9月22日(日)8時現在  存在地域   五島市の南西約290km  大きさ階級  大型  強さ階級   強い  移動     北北東 25 km/h  中心気圧   970 hPa  最大風速   35 m/s  最大瞬間風速 50 m/s» 最新の台風情報 既に九州では350mm超の大雨に台風を取り巻く活発な雲がかかっているため、九州や四国では激しい雨の降っているところがあります。 特に九州南部や四国など西日本の太平洋側を中心に大雨になっていて、アメダスによる今日22日(日)8時までの24時間雨量は、宮崎県の西米良で382mm、熊本県の湯前横谷で375.5mmなど、350mmを超えているところがあるほか、自治体の設置した雨量計では400mm以上を観測している地点もあります。 このあと台風の北上に伴い強い雨や風の範囲は九州北部にも拡大し、明日までの多いところで総雨量が300mmを超えるところがある見込みです。» 雨雲レーダー風も強く吹き、台風の中心...more
カテゴリー:

【台風速報】台風17号「ターファー」、きょう九州北部にかなり接近へ。猛烈な風や雨に注意。9月22日4:52 - 09月22日(日)05:21  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190922/k10012093781000.html 大型で強い台風17号は東シナ海を北寄りに進み、暴風域を伴ったまま、22日、九州北部にかなり接近する見込みです。 九州や四国では断続的に激しい雨が降っていて、暴風や高波のほか、大雨に警戒が必要です。状況が悪化する前に、 早めの避難など対策をとるよう心がけてください。 気象庁によりますと、大型で強い台風17号は、午前5時には、東シナ海を1時間に20キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。 中心の気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メー...
»続きを読む
カテゴリー:

【台風17号】長崎県など暴風域に 対馬「50年に1度の記録的大雨」 - 09月22日(日)21:21  newsplus

台風17号 長崎県など暴風域に 対馬「50年に1度の記録的大雨」 2019年9月22日 20時32分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190922/k10012094471000.html 大型の台風17号は長崎県などを暴風域に巻き込みながら北寄りに進んでいます。西日本では非常に強い風が吹いているほか、長崎県対馬市では断続的に非常に激しい雨が降り、気象庁は「50年に1度の記録的な大雨になっているところがある」という情報を発表して、土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒するよう呼びかけています。 気象庁によりますと、大型の台風17号は、午後8時に...
»続きを読む
カテゴリー:

長崎県五島市沖を西北西へ 温帯低気圧になり北日本へ接近 台風17号 - 09月22日(日)18:24 

 大型の台風17号は22日午後5時現在、長崎県五島市の西北西約70キロの海上を時速約30キロで北北東に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル、最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心の南東側200キロ以内と北西側150キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。22日夜
カテゴリー:

【台風17号】接近に備えて、知っておきたい10のこと 九州・中国地方に接近の進路予想 - 09月22日(日)12:01 

大型で強い台風17号は、9月22日昼前から23日朝にかけて暴風域を伴って九州北部地方や中国地方にかなり接近する見込みだ。 気象庁によると、23日夜から24日にかけて、北日本に接近する進路予想で、温帯低気圧の性質を帯びつつ勢力を保ったまま日本海を進むため、台風の中心から離れた地域でも非常に強い風が吹くおそれがあるという。 気象庁は、西日本を中心に暴風や高波、土砂災害、高潮、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒するように呼びかけている。危険から身を守るために、どんな準備をしておけばよいのだろうか。気象庁や日本気象協会が公開する情報などを元に、事前にやっておくべきこと、いざ台風が接近した時に気をつけるべきことなど10のポイントをまとめた。 台風接近に備えて... 1.家の外の被害に備えよう・窓や雨戸はカギをかけ、必要に応じて補強する。・側溝や排水口を掃除、水はけを良くしておく。・風で飛ばされそうな物は飛ばないよう固定したり、家の中へ格納する(例:植木鉢、洗濯バサミ、ハンガーなど)。・屋根、塀、壁などの点検、補強をする。 2.家の中の被害に備えよう・飛散防止フィルムなどを窓ガラスに貼る。・物が飛んでくる場合に備え、カーテンをしめ、ブラインドをおろしておく。・断水に備え、水道水を入れたポリタンクを用意、風呂の水を張っておく。・床上の浸水対策...more
カテゴリー:

23日午後は警戒を! 温帯低気圧、勢力保ち本県最接近か - 09月22日(日)07:08 

 大型で強い台風17号は、23日午後に日本海で温帯低気圧に変わり、同日夕方から夜遅くにかけて秋田県内に最接近する見込み。秋田地方気象台は「温帯低気圧になっても、勢力を保ったまま本県に近づく見込みで、安…
カテゴリー:

台風17号23~24日に青森県接近 警戒を - 09月21日(土)21:09 

青森地方気象台によると、台風17号は23日夕方から24日明け方にかけて青森県に接近する恐れがあり、津軽と下北を中心に暴風や高波への警戒を呼び掛けている。気象台によると、台風は勢力を弱めながら北上を続け、熱帯低気圧や温帯低気圧となって青森県に接近する見通し。ただ、温帯低気圧などに変わっても暴風には警戒が必要だ。気象台は、果実の落下防止や漁業施設の対策、明るいうちに安全な場所へ移動するなど、雨風が強まる前の早めの準備を促している。陸上は津軽と下北を中心に暴風の恐れがある。津軽と下北の外海では非常に…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「低気圧」の画像

もっと見る

「低気圧」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる