「低気圧」とは?

関連ニュース

だるい、眠い、頭が痛い…低気圧が原因かも? 中医学的“対策法”とは | ananweb - マガジンハウス - 07月15日(水)19:30 

憂鬱な時期を、体質別養生で快適に。中医学や養生法に詳しい櫻井大典さんによる「Daily(デイリー)養生」。今回のテーマは「低気圧」です。低気圧が近づくとだるい、眠い、頭が痛いといった不調を訴える人が時々います。こうしたトラブルは「気象病」とも呼ばれ、最近注目されているようですが、中医学的にも気圧の変化は外界からの刺激のひとつ。体調を左右する要因と考えられます。気圧が高いときは体にも圧がかかるため、体はタイトに保たれます。反対に、低気圧が来ると圧が弱くなって、体はゆるむ傾向に。このとき、健康であれば体表にあるエネルギー=気が圧着タイツのように体を守ってくれるので不調は起こりませんが、気が足りないと体が外へと膨らみ、むくみや疲れなどのトラブルを生じます。この体表にある気、「衛気(えき)」が少ない人は、その他の外界の変化にも敏感です。風邪をひきやすい、アレルギー気味である、汗をかくといつまでもダラダラと止まらない。普段からそうした傾向があるようなら、衛気が低下している可能性大です。また、水分を過剰に摂っている人も低気圧の影響を受けやすいようです。体に余分な湿気=湿邪(しつじゃ)が溜まると、体は当然むくみやすくなり、それが重さやだるさなどの不調に。水分の摂りすぎは胃腸にも負担をかけるため、エネルギーを作り出す力が弱くなり、さらなる気虚(ききょ)につながります。餅やおこわ、えのきで、体のバリ...more
カテゴリー:

梅雨ひんやり 仙台・5月中旬並み - 07月15日(水)14:31 

宮城県内は15日、低気圧や前線の影響で、雨や曇りとなった。太平洋側から冷たく湿った空気が入り込んだため気温は上がらず、肌寒い梅雨冷えとなった。 仙台管区気象台によると、正午までの最高気温は仙台19.2
カテゴリー:

九州で新たに2人の遺体 西日本、大雨のピークは過ぎる - 07月14日(火)21:01 

 低気圧や梅雨前線の影響で西日本は14日、大雨となった地域があり、土砂災害や河川の氾濫(はんらん)が起きた。九州では新たに2人の遺体が見つかった。気象庁によると、西日本では大雨のピークは過ぎたが、東北…
カテゴリー:

五戸の町道崩壊復旧見通し立たず - 07月14日(火)13:40 

前線と低気圧の影響によって11日夜から12日にかけて降った強い雨が収まり、13日午後3時すぎ、県は「県災害警戒本部」を廃止した。青森県八戸市と南部町の災害対策本部も同時刻までに廃止し、県内に出ていた全ての警報も解除となった。人的被害の報告はない。12日に住民が発見した五戸町倉石石沢地区の町道小渡鳥沼線の崩壊した現場付近は、13日現在で通行止めとなっており、復旧の見通しは立っていない。現場は同地区槍沢(うつぎさわ)集落の中心部から南西約700メートルの地点。大雨で付近の地盤が緩み、土砂が流出した…
カテゴリー:

九州、西日本で激しい雨 島根・江津の江の川が2カ所で氾濫 - 07月14日(火)11:02 

 梅雨前線と前線上の低気圧の影響で、西日本では14日も局地的に激しい雨が降っている。国土交通省浜田河川国道事務所などは14日午前9時半、島根県江津(ごうつ)市内を流れる江(ごう)の川が2カ所で氾濫したと発表した。気象庁は西日本で14日にかけて、東日本で15日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れ
カテゴリー:

北陸と東北南部 大雨に警戒を - 07月15日(水)18:13 

北陸と東北地方南部では15日、能登半島付近にある低気圧の影響で雨が降った。低気圧は東北東へゆっくり進み、上空に寒気が入る見込み。気象庁は16日明け方にかけて大雨...
カテゴリー:

東広島の土砂崩れ、死亡の2人は親子 市長、避難勧告発令の遅れを謝罪 - 07月15日(水)12:07 

 梅雨前線と低気圧の影響により14日に西日本で局地的に降った大雨で、東広島市は15日、土砂崩れに巻き込まれた同市河内町宇山の住宅で住人2人が遺体で見つかったと発表した。14日午後に土砂の中から生存反応があり、懸命の救出活動が深夜まで続いたが死亡が確認された。15日も引き続き梅雨前線などの影響で、九州
カテゴリー:

15日は東日本が局地的に激しい雨 少雨でも災害の恐れ - 07月14日(火)18:19 

 低気圧や梅雨前線の影響で西日本は14日午前、大雨となった。土砂崩れがあった広島県東広島市では、最大で24時間降水量160・0ミリを観測。九州や伊豆諸島では同日未明から昼前にかけ、1時間に50ミリ以上…
カテゴリー:

関西 中部や南部で激しい雨恐れ - 07月14日(火)12:42 

きょう14日は、日本海を東進する低気圧から延びる前線が、夜にかけて近畿地方を南下する見込みです。近畿地方では、夕方にかけて中部や南部を中心に雨が降り、局地的に雷を...
カテゴリー:

【気象庁】西日本などで激しい雨の恐れ - 07月14日(火)10:00  newsplus

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO61475660U0A710C2CE0000 西日本などで激しい雨の恐れ 気象庁、警戒呼びかけ 停滞する梅雨前線の影響で西日本から東日本で大雨となる恐れがあるとして、気象庁は14日、土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に警戒を呼びかけた。15日にも東日本を中心に局地的に雷を伴った非常に激しい雨が降る可能性がある。 気象庁によると、梅雨前線は西日本から東日本を通って日本の東に延び、14日夜以降、前線上の日本海西部の低気圧が東へ進む見通し。15日には北陸地方に接近する。 前線は14日夜にかけて西...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「低気圧」の画像

もっと見る

「低気圧」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる