「三味線」とは?

関連ニュース

全編津軽ロケ、小説「いとみち」映画化へ - 08月11日(火)11:00 

津軽地方を舞台に津軽三味線が得意な少女の成長を描いた越谷オサムさんの小説「いとみち」が映画化される。メガホンを取るのは青森市出身の映画監督横浜聡子さん(42)。ヒロイン相馬いと役は、青森県平川市出身の女優駒井蓮さん(19)が務め、気鋭の県人2人が地元でタッグを組む。撮影は9月中旬から全編津軽地方で行われ、2021年の全国公開を目指す。映画のタイトルも「いとみち」。製作委員会には東奥日報社と青森放送が参加。8月下旬以降、東奥日報のクラウドファンディングサイト「HANASAKA(ハナサカ)」で、撮…
カテゴリー:

【芸能】“ポスト・相武紗季”駒井蓮が単独初主演 故郷・青森が舞台の映画「いとみち」 - 08月11日(火)05:04  mnewsplus

“ポスト・相武紗季”駒井蓮が単独初主演 故郷・青森が舞台の映画「いとみち」 8/11(火) 5:00 サンケイスポーツ https://news.yahoo.co.jp/articles/e64eaa5758194f058da38fe15385896c9614e556 相武と同じく感情表現が豊かと評判の駒井。今後ブレークすること必至だ  パナソニックのCMなどで知られる新進女優でモデル、駒井蓮(19)が、故郷・青森を舞台にした映画「いとみち」(横浜聡子監督、来年公開)で単独初主演を飾ることが10日、分かった。内気な女子高生がメイドカフェのアルバイトを通じて成長する物語で、父親...
»続きを読む
カテゴリー:

上川隆也、『遺留捜査』クランクアップで“糸村”のままエヴァンゲリオン初号機に搭乗! - 08月09日(日)09:54 

事件現場に残された“遺留品”がもつ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラで視聴者を虜にしてきた刑事・糸村聡(上川隆也)。彼の活躍を描く人気ミステリー『遺留捜査』の最新スペシャルが、8月9日(日)に放送。今回、撮影後に上川がエヴァンゲリオンに搭乗するという超貴重なショットが実現した。 ◆上川、世界初の“乗れるエヴァ”を満喫『遺留捜査』は東映京都撮影所で撮影が行われているが、隣接する東映太秦映画村に『エヴァンゲリオン』シリーズをテーマにした新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」が完成。この度新作スペシャルが無事クランクアップをはたした記念に、東映太秦映画村の粋な計らいもあり、特別にひと足早い搭乗体験が実現した。(※『エヴァンゲリオン京都基地』のグランドオープンは10月3日、プレミアム先行体験を8月1日~8月16日、8月22日~9月27日の土・日・祝日に開催予定)アニメーション好きな上川にとって、『エヴァンゲリオン』はテレビシリーズの放送スタート当初から注目してきた名作であり、山寺宏一・林原めぐみら親交の深い声優たちも活躍している思い入れのある作品。クランクアップ直後、“糸村スタイル”のまま「エヴァンゲリオン京都基地」を訪ねた上川は、大迫力の初号機...more
カテゴリー:

業界取り巻く“負のループ” 日本文化支える企業コロナ禍でどうなる - 08月07日(金)07:00 

 収束の気配を見せない新型コロナウイルスは、後継者不足などで事業承継に不安を抱えてきた伝統産業や、中小企業の経営者らが事業をたたむ引き金になりつつある。日本で数少ない三味線メーカー、東京和楽器(東京都八王子市)もまさに廃業の危機に直面している。芸術文化・エンターテインメント業界が活動再開に向けて動き出す一方、その足元を支える技術の中には、商業的に成り立ちにくいものも少なくない。専門家は「芸を支える土台がなくなれば、いずれは文化そのものが廃れる」と警鐘を鳴らす。
カテゴリー:

漫画ましろのおとアニメ化へ 作者「楽しみ」 - 08月06日(木)10:00 

青森県八戸市出身の漫画家・羅川真里茂さんが描く津軽三味線をテーマにした少年漫画「ましろのおと」のテレビアニメ化が5日、決まった。2021年4月から放映される予定で、放映局は未定。羅川さんは「演奏シーンと音がどうなるのか。チャレンジングなアニメだと思います。とても楽しみです!」とコメントした。「ましろのおと」は月刊少年マガジン(講談社)で連載しており、今年の6月号で連載100回を迎えた。テレビアニメ化の決定に合わせ、主人公の澤村雪(せつ)が津軽三味線を演奏する動画がユーチューブ上で公開されている…
カテゴリー:

土産販売と交流の場に空き店舗活用 「かどっこ」開設 - 08月11日(火)10:44 

青森県五所川原市金木町の観光物産館「マディニー」が新型コロナウイルスなどの影響で休館状態になっていることを受け、地元の地域おこし団体が、近くの空き店舗を活用したショップ「街ながの店 かどっこ」をオープンした。マディニーが担ってきた土産物販売だけでなく、「地域住民が気軽に立ち寄れるスペースにしたい」と関係者は期待を寄せている。かどっこは、津軽三味線会館の駐車場に面した通り沿いに3日開店した。市の指定管理委託で同会館や斜陽館を運営しているNPO法人かなぎ元気倶楽部が開設した。マディニーは、新型コロ…
カテゴリー:

三味線メーカー「東京和楽器」が廃業危機 日本文化支える企業コロナ禍でどうなる - 08月10日(月)08:30 

 収束の気配を見せない新型コロナウイルスは、後継者不足などで事業承継に不安を抱えてきた伝統産業や、中小企業の経営者らが事業をたたむ引き金になりつつある。日本で数少ない三味線メーカー、東京和楽器(東京都八王子市)もまさに廃業の危機に直面している。芸術文化・エンターテインメント業界が活動再開に向けて動き出す一方、その足元を支える技術の中には、商業的に成り立ちにくいものも少なくない。専門家は「芸を支える土台がなくなれば、いずれは文化そのものが廃れる」と警鐘を鳴らす。
カテゴリー:

「伝統と革新」発信へ、秋からツアー再開 津軽三.. - 08月08日(土)14:56 

「伝統と革新」発信へ、秋からツアー再開 津軽三味線の上妻宏光さん #西日本新聞
カテゴリー:

三味線青春アニメ『ましろのおと』主人公・雪役は島﨑信長! - 08月06日(木)17:45 

『月刊少年マガジン』(講談社)にて好評連載中の羅川真里茂による津軽三味線×青春ストーリー『ましろのおと』が2021年4月にアニメ化決定! 主人公・澤村雪役を島﨑信長が演じることも発表された。本作は祖父の死をきっかけに三味線を弾け・・・
カテゴリー:

政府へのコロナ追及は「水掛け論」。その語源の伝統芸能が危機に - 08月06日(木)04:45 

お盆は帰省を自粛してと言いながら、その口で「Go Toトラベル」を推奨する政府の矛盾した対応に、国民から怒りの声があがっています。こうした議論を意に介さない政府・与党を批判しても「水掛け論」に終わるだけですが、ところでこの「水掛け論」の語源をご存知でしょうか? メルマガ『きっこのメルマガ』を発行する人気ブロガーのきっこさんは、コロナ禍によって歌舞伎や狂言、能、落語といった伝統芸能が危機的な状況にあることを紹介しつつ、その伝統芸能の演目が元となった「水掛け論」と「泥仕合」という言葉の語源や海外の同義語について紹介しています。 伝統芸能と「水掛け論」 7月下旬のニュースですが、新型コロナウイルスの感染拡大で5月末までに中止や延期となった落語、歌舞伎、能、狂言など日本の伝統芸能の公演が、計2636件に達したと国立文化財機構の東京文化財研究所が発表しました。これには公演予定を公表する前に中止や延期を決めたケースは含まれていないため、実際にはさらに多いとみられるそうです。同研究所は「技能継承が困難となり、関連産業の衰退につながる」との懸念を述べましたが、すでに注文が途絶えた三味線製造大手「東京和楽器」が廃業の検討に追い込まれるなどの影響も出始めています。 でも、今はすべての職種、業種が大なり小なりダメージを受けていますので、特定のジャンルだけを「助けてくれ」とは言いずらい空気です。あたしの本...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「三味線」の画像

もっと見る

「三味線」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる