「イラク」とは?

関連ニュース

アメリカって底なしのクソ国家じゃね? - 05月17日(金)03:07  news4vip

起源からして原住民虐殺 黒人も虐殺 日本の民間人を空襲や原爆で虐殺 日本の経済成長が脅威になったら妨害活動で貧困国にする イラク戦争で「大量破壊兵器」とか理由こじつけて虐殺 「ロシアとウクライナが戦争になっても米軍は出さない」とわざわざ宣言して戦争勃発をうながす ロシアを弱体化させるためにウクライナに兵器を渡すが勝てる兵器は渡さない 米政府、イスラエルに10億ドル相当の武器供与する案を議会に提出 ←今ここ ttps://www.bbc.com/japanese/articles/c51n1xldnzlo ...
»続きを読む
カテゴリー:

LaLa TVで7月TV初放送!2人のヒロインの絆を描くシスターフッド時代劇 「双燕秘抄 乱世を舞う二羽の絆」 - 05月16日(木)10:00 

2024年5月16日 女性チャンネル♪LaLa TV CS放送 女性チャンネル♪LaLa TVは、史劇のヒットメーカーが手掛けた、“姉妹”の絆と成長を描く中国ドラマ「双燕秘抄(そうえんひしょう)乱世を舞う二羽の絆」を7月よりTV初放送いたします!   本作は、「尚食」でシュー・カイ扮する皇太孫の正室役としてブレイクしたジャン・ナンと、「尚芸館の五つ星」で男装のヒロインを演じて人気を博したワン・ユーウェンが共演。実の姉妹のように絆を深め合う2人が、お互いに助け合いながら、数々の試練や恋を経て成長してゆく姿に、女性なら誰しも元気づけられる作品となっている。   「尚食」「瓔珞〈エイラク〉」ほか、数々のヒット作を生み出した名プロデューサー/脚本家ユー・ジョンのスタジオ「歓娯影視/Huanyu Entertainment」が手掛ける、乱世を生き抜く2人のヒロインに胸があつくなるシスターフッド時代劇にご期待ください!   ●LaLa TV:「双燕秘抄 乱世を舞う二羽の絆」 特集ページ     「双燕秘抄 乱世を舞う二羽の絆」 TV初放送   放送日時:7/1(月)スタート 毎週(月)~(金) 20:00~21:00     出演:ジャン・ナン(「尚食~美味なる恋は紫禁城で~」)    ワン・ユーウェン(...more
カテゴリー:

戦地の「真実」を伝えること。「マリウポリの20日間」の取材を率いたプロデューサーが語る戦争報道の意味とは - 05月15日(水)06:30 

ロシア軍の砲撃を受けるマリウポリ市内の集合住宅【関連記事】「これを見るには覚悟がいる」 アカデミー賞の記録映画「マリウポリの20日間」日本公開が決定「この惨劇を世界に伝えてくれ」担架で運び込まれ市民を救おうと、必死で心臓マッサージを施す医療スタッフが叫ぶ。ドキュメンタリー映画「マリウポリの20日間」の一場面だ。ロシアによるウクライナ侵攻当初、ロシア軍に包囲された都市マリウポリにとどまったジャーナリストがいた。住宅や病院が爆撃され、逃げ惑うしかない市民の姿を、自らも危険にさらされながら撮影し、世界に発信した。その貴重な映像をもとに制作された映画は、2024年の第96回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞。日本国内でも4月26日から公開されている。そもそもの現地取材は、監督を務めたミスティスラフ・チェルノフ氏らが、AP通信の取材チームとして敢行した。その活動は2023年、アメリカ国内の優れた報道に贈られるピューリッツァー賞の中でも、最も権威がある公益部門を受賞している。戦地の「真実」を伝えることには、どのような意味があるのか。困難な取材活動を率いたAP通信のプロデューサー、ダール・マクラッデン氏に聞いた。ダール・マクラッデン氏ーーチェルノフ氏らAP通信の取材チームは、ピューリッツァー賞の中でも最も権威がある公益部門を受賞しました。一連の報道には、どのような価値があったと考えてい...more
カテゴリー:

シリアから米国に送還の女、ISISの訓練受けた罪で訴追 - 05月08日(水)18:30 

シリアから米国に送還された米国人の20代の女が、国外で過激派組織イラク・シリア・イスラム国(ISIS)の訓練を受けたとして米国で罪に問われている。 7日に公開された裁判書面によると、ハリマ・サルマン被告はシリア在住中にISISからAK47ライフル銃の使い方を学んだとされる。 米当局によると、サルマン被告はシリア北東部から米国に送還された米国人一家11人の中の1人。国務省によると、この一家の中に...
カテゴリー:

歴史を動かす米大学「反戦デモ」日本のZ世代が冷笑しかできぬ訳。米国との違い、団塊の責任…いちご白書エモくない問題 - 05月08日(水)05:00 

子どもを含む民間人に多数の犠牲者を出しているイスラエルのガザ攻撃。これに抗議し、関連企業への投資中止などを求める学生らの反戦デモが全米各地の大学に広がっている。ハーバードやMITなど名門校を含む米国のエリート学生たちは、なぜ逮捕のリスクを冒してまで、コスパもタイパも悪い抗議デモに参加するのか。米国在住作家の冷泉彰彦氏はその背景に、アメリカ映画『いちご白書』(1970)と、日本のフォークソング『いちご白書をもう一度』(1975)に象徴される日米の体験の差、さらに団塊世代とZ世代の関係性の違いがあると指摘する。(メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』より)※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:米大の学生がデモに走る理由 日本の若者とアメリカの大学生は何が違う?米反戦デモを分析 日本の今の若者世代の空気感からすると、社会問題に関してデモをするというのは、他の意見を見下す敵対行為であり、自分の意見を至上とする唯我独尊ということになるようです。 しかも就職などの制約を覚悟できる一部の特権階級の行動という感覚もあるようで、とにかくある世代から下では、非常にネガティブな印象になっているようです。 その背景には、自己肯定感のレベルがある水準を下回る層をターゲットとした、現状維持勢力のステルス作戦が奏功しているのかもしれません。また、反体制的なカルチャーが全く現状に...more
カテゴリー:

親日国イラン人「日本好き好き大好き」日本人「イラン?イラク?違いわからん。要するにアラブイスラム土人だろ?」イラン人🥺 - 05月16日(木)16:59  poverty

「天皇はイラン人だった」という怪情報も拡散…イラン国民が「米中露は大嫌いだけど、日本は大好き」と語るワケ(プレジデントオンライン) https://news.yahoo.co.jp/articles/8fb63646763530757497e40513eb270037c0643e (前略 イラン人が日本人に並々ならぬ信頼を寄せ、日本文化に対しても熱い視線を注ぐ一方で、われわれ日本人の大半は、おそらくその十分の一ほどもイランに関心を持っていない。私はこれを「壮大な片想い」と呼んでいるが、本当に残念なことである。 はじめて日本に来たイラン人は、この国でのイランの知名...
»続きを読む
カテゴリー:

【C大阪】西尾隆矢が7試合ぶり先発復帰 U-23アジア杯では肘打ちレッドカード - 05月15日(水)21:33 

U-23日本代表のセレッソ大阪DF西尾隆矢が22歳ラストマッチで7試合ぶりに先発復帰を果たした。 パリ五輪アジア最終予選兼U-23アジア杯カタール大会では、初戦の中国戦で肘打ちによるレッドカードを受けて3試合の出場停止。準決勝イラク戦以…
カテゴリー:

日本は正気を取り戻せ。中国との関係“破綻防止”に本腰を入れ始めた米国に気づかず議会で中国批判をぶち上げた岸田の錯乱 - 05月14日(火)04:45 

トランプ政権下の2018年に本格化したとされ、現在も緊張が続く米中対立。しかし米国内には二国間の関係破綻回避の動きも存在しているようです。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野さんが、アメリカの「外交政策マフィア」が開始した中国との軍事紛争を未然に回避するための議論を紹介。さらに国賓待遇で招かれ米国議会で中国批判を口にした岸田首相と彼を賛美した国内マスコミに対して、批判的な目を向けています。※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/メルマガ原題:米中関係の破綻防止に動き始めた米外交政策マフィア/何も知らずに追随して後で梯子を外されるのは日本? 知らぬは日本ばかり?米中関係の“破綻防止”に動き始めたアメリカ外交筋と何も知らずに梯子を外される岸田政権 何につけてもキッパリと決断して迅速に行動しそれなりの国際的影響力を発揮しようとするのが、良かれ悪しかれ米国の外交政策の伝統だが、それとは正反対に、オズオズとした発言やオロオロとした態度を繰り返す見苦しい姿を曝しているのがバイデン政権である。 政府機関の崩壊を呼び起こしているバイデンのオロオロぶり 分けても酷いのが、ガザ地区のパレスチナ人に対するナチスも顔負けの無差別大量殺戮を続けるイスラエルに対する優柔不断な姿勢で、バイデンは口ではそれを批判するかのようなことを言って若者世...more
カテゴリー:

8大会連続の五輪出場に導いたサッカー代表主将・藤田譲瑠チマの「度胸の良さ」を示すピッチ外の挑戦(FRIDAY) - 05月08日(水)10:00 

サッカーU-23代表が3日(日本時間4日)、アジア杯でウズベキスタン代表を1-0で下し、優勝した。8大会連続の五輪出場を決めた準決勝・4月29日のイラク戦で、全2得点をアシストしたのが主将の藤田譲瑠(
カテゴリー:

7万5千年前のネアンデルタール人女性の顔…骨片200個を組み合わせ復元(ハンギョレ新聞) - 05月06日(月)07:14 

 7万5000年前に生きたネアンデルタール人の女性の顔が復元された。  2018年にイラクのクルディスタン地域のシャニダール洞窟遺跡で発掘された上体と頭蓋の骨の化石に基づいて復元されたこの顔の主人公
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる