「ベネズエラ」とは?

関連ニュース

ベネズエラ議会が石油産業の民間開放に向け法案、改革は限定的 - 08月16日(金)14:43 

ベネズエラの野党勢力が過半数を占める議会が、石油産業の民間企業への開放に向けた法案の検討を進めている。ロイターが草案の内容を確認した。
カテゴリー:

コロンビア政府 ベネズエラ難民の子に国籍を #nhk.. - 08月14日(水)09:16 

コロンビア政府 ベネズエラ難民の子に国籍を #nhk_news
カテゴリー:

【悲報】日本の経済成長率 東ティモールと同水準 - 08月13日(火)15:34  poverty

https://ecodb.net/exec/trans_country.php?type=WEO&d=NGDPD&c1=JP&s=&e= https://i.im gur.com/P7RZng6.png https://i.im gur.com/nNCVtX4.png 岩瀬氏: 一億総活躍社会は、新・3本の矢ともいわれていますが、まず、「希望を生み出す強い経済」として来年2020年にGDPを600兆円台に乗せる目標があります。 次に、「夢をつむぐ子育て支援」、そして、「安心につながる社会保障」です。日本は世界最速で少子高齢化が進んでいます。その中で、若い人も高齢者も男女も障害のある人も、1回失敗してしまった人も、皆...
»続きを読む
カテゴリー:

米国ではどこでも銃撃事件が発生する可能性があるという在デトロイト日本総領事館の注意喚起、トランプ大統領も反発 - 08月12日(月)17:28 

米国のドナルド・トランプ大統領は9日、銃乱射事件を受けて複数の国で渡航注意情報が出されていることについて記者から質問を受け、米国にネガティブなことをする国にはお返しすると回答している(会見全文、 USA TODAYの記事[1])。 米国への渡航注意情報はウルグアイやベネズエラで出されており、Amnesty Internationalも注意喚起している(Los Angeles Timesの記事、 USA TODAYの記事[2])。 記者からの質問で特に名指しされたのは日本だが、これは渡航注意情報ではなく、4日にオハイオ州で発生した銃乱射事件について在デトロイト日本総領事館が情報提供を呼び掛けたものだ。ただし「銃社会である米国では銃撃事件の可能性は潜在的にどこにでもある」という注意喚起の一文が最後に添えられている。Los Angeles Timesは米国が銃社会と呼ばれたことに強く反応しており、質問した記者は米国で銃撃事件の可能性がどこにでもあるという部分を強調していた。 トランプ大統領は質問に対し、そのようなことは想像もできないが、実際にやられたとすればやり返すだけだと回答。米国は自分を頭とするお返しの国であり、誰かが国レベルで我々にネガティブなことをするなら、同じことを彼らにもするとのこと。米国は同盟国を含め他国に利用され続けてきたが、それはやめたとも述べている。 すべて...more
カテゴリー:

アルゼンチンにいた最悪のスリ集団 満員電車で口から… - 08月10日(土)16:55 

 中南米をカバーするサンパウロ支局の岡田玄記者は、政情が混乱するベネズエラで政府系武装組織の目をかいくぐって取材をするなど、厳しい現場を多く経験しています。出会ったスリもまた、一筋縄ではいかない連中で…
カテゴリー:

あいちトリエンナーレ、海外の作家9人が展示中止を求める。「表現の不自由展の再開」求めて実行委を批判 - 08月14日(水)11:40 

慰安婦を表現した少女像などの展示作品に批判が相次ぎ、国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」内の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、「トリエンナーレ」の別の展示に作品を出展していた海外の作家9人が、中止に抗議するため自身の作品も展示中止とするよう求めていたことがわかった。■オープンレターで異議作品の展示中止を求めたのは、タニア・ブルゲラさんら9人。9人はネット上にトリエンナーレ実行委員会にあてたオープンレターを公開し、「表現の不自由展」の中止判断について「参加した作家に事前の相談なく中止したことに疑問を持っている」「展示作家の権利を守ることや、表現の自由を保護することはトリエンナーレ側の責任だ」などと抗議した。そして、自らの出展作品を、表現の不自由展が中止されている限り、同じく展示中止とするよう求めた。9人はオープンレターで「このアクションを通じて実行委員会が表現の不自由展を再開することを願う」としている。実行委員会によると、9人のうち韓国出身の2作家の作品はすでに展示中止となっている。実行委員会はハフポスト日本版の取材に「アーティストの意向を最大限優先したいが、今後の方針は検討中です」と説明している。展示の中止を求めたのは以下の9人。Tania Bruguera(タニア・ブルゲラ/ハバナ)Javier Téllez(ハビエル・テジェス/ベネズエラ)Reg...more
カテゴリー:

ベネズエラからの入国条件 周辺3国が厳格化 拡大の懸念高まる - 08月13日(火)20:09 

 南米3カ国が6~8月に相次いで入国条件を厳しくし、政治・経済危機が深まるベネズエラからの避難民の流入を抑えようとしている。急増する避難民と自国民との間で高まる摩擦を減らす狙いがある。経済危機解消の兆しはみえず、避難民は今後も増えるとみられており、入国制限がドミノ倒し的に拡大する懸念が高まっている。
カテゴリー:

ミス・グランド・ジャパン2019グランプリ湊谷亜斗林さん えいようJoinの管理栄養士による継続指導で世界大会に臨む! - 08月13日(火)12:00 

ミス・グランド・ジャパン2019(企画/運営:株式会社フェイスアップジャパン、主催/一般社団法人ナショナルビューティコンテスト協会)では、8月7日、日本代表選考会(7月16日開催)で日本代表になった湊谷亜斗林(みなとや あどりん、24歳、会社員)さんへの管理栄養士による食事指導を、10月25日にベネズエラで開催される世界大会まで継続することを決定しました。食事指導は、管理栄養士の活躍の場を広げる「えいようJoin」事業を展開している株式会社オーエスに協力頂いています。ミス・グランド・ジャパン2019のファイナリストは、全員、「えいようJoin」が提供している「遺伝子検査による体質診断+管理栄養士の食事指導」を受けていました。DNA検査で肥満因子を分析し、類似の体質ごとにグループに分かれ、それぞれ2名の管理栄養士が対面指導(初回)とLINEグループを使っての指導にあたりました。初回の指導の模様は以下の報道を参照ください。https://www.kyodo.co.jp/yawaosi-eizo/2019-06-04_2034650/10月25日にベネズエラで行われる世界大会(ミス・グランド・インターナショナル2019)に臨む湊谷亜斗林さんは、指導の継続決定を受けて、次のように語っています。「遺伝子検査で、脂質の燃焼が苦手で冷えやすく、筋肉がつきにくいと判断されました。積極的にトレーニン...more
カテゴリー:

暗殺ゲームってだいたい「殺さない方がえらい」みたいになるけどなーんでスカッと殺(ト)らせてくんねえのかな - 08月12日(月)08:58  poverty

ベネズエラのマドゥロ大統領:暗殺未遂事件は米国ボルトン大統領補佐官の指示によるもの https://jp.sputniknews.com/world/201908076561296/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

ミス・ベネズエラ2019年大会はスリーサイズの公表を見送る - 08月09日(金)19:00 

8月1日、首都カラカスで開催された南米ベネズエラのミスコンテスト「Miss Venezuela 2019(ミス・ベネズエラ2019)」。今回、水着やイブニングドレス姿での審査はこれまで通りに行われたが、出場者たちはスリーサイズを公表することなく栄冠が争われた。これは、1952年から続く歴史ある大会で史上初のこと。記念すべき最初の大会はThalia Olvinoさんがその栄冠に輝くことに。主催者側からは「女性の美はバスト90、ウエスト60、ヒップ90という数字(cm)では測れない。それぞれの持つ才能で測られる」とコメントが発表されている。近年、ミスコンテストをめぐっては「外見を重視しすぎている」との批判が多い。理想的な体格を達成するために厳格な食事療法を行ったり、美容整形を受ける出場者もいるのが疑問視されているのだ。過去、ミス・ユニバースで7人、ミス・ワールドで6人と世界大会優勝者を輩出してきたミス・ベネズエラの決断は、強いメッセージとして世界に大きな影響を与えるに違いない。Top image: © Pedro Ramses Mattey/picture alliance via Getty Images
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ベネズエラ」の画像

もっと見る

「ベネズエラ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる