「シリア」とは?

関連ニュース

在米越僑の20歳女、過激派組織ISIS支援で逮捕―政府関係者の「デスノート」作成 - 03月21日(木)16:20 

 米国当局は12日、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」を支援した容疑でベトナム系米国人ボー・キム・アイン容疑者(女・20歳、米国ジ...
カテゴリー:

コラム:同盟を壊す「トランプ要塞」、駐留費負担増の現実味 - 03月21日(木)08:03 

トランプ米大統領はシリアやアフガニスタン、韓国や欧州大陸の大半で米国の軍事的な関与を後退させているかもしれないが、その流れとは逆を行く場所がある。
カテゴリー:

日本のメディアがちっとも報じない、中東トルコの「危険な賭け」 - 03月20日(水)19:50 

メディアがまだあまり関心を示さない中東でくすぶる問題を取り上げ、警鐘を鳴らし続けているのは、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で国際交渉人の島田久仁彦さんです。今回、島田さんは、中東から北アフリカ地域において絶妙な舵取りでバランサーの役割を果たしてきたトルコの求心力の低下について取り上げ、そうなってしまった背景と、トルコを取り巻く難しい情勢について解説しています。 トルコの危険な賭け?!―地域の脆いバランスの崩壊の危機 国際情勢をめぐる世の中のニュースは、日本でも欧州でも、米朝・米中の駆け引きの裏側や、導入部でもちょっといつもより詳しく書いたBrexitを巡る攻防などが主ですが、その裏で起こっている中東地域・北アフリカ地域の大変動の可能性については、まだあまり報じられていません。今回は、この問題についてお話させていただきます。 この騒動の夜明けの引き金を引いてしまうかもしれないのは、アラブ・イスラム地域のバランサーの役割を果たしてきたトルコです。トルコを巡る国内外、地域内外の状況次第では、トルコはその歴史的バランサーとしての立場を失うかもしれません。何が起きているのでしょうか? 1つ目は、トルコのエルドアン大統領が仕掛けている危険な賭けです。その最たる例が、エルドアン大統領が仕掛ける米ロを巻き込んだパワーゲームです。トランプ政権になるま...more
カテゴリー:

NZ乱射事件 シリア難民親子埋葬 首相「引き裂かれる思い」 - 03月20日(水)18:04 

ニュージーランドでイスラム教の礼拝所が襲撃され、50人が死亡した銃乱射事件では、20日から犠牲者の遺体の埋葬が始まりました。最初に埋葬されたのがシリア難民の親子だったことについて、アーダーン首相は「安全を求めてこの国へ来たはずなのに、身が引き裂かれる思いだ」と述べました。
カテゴリー:

「世界幸福度ランキング」2019年版が発表。日本の順位はどうなった? - 03月20日(水)17:27 

国連が「世界幸福度ランキング 2019」を発表した。これは、国際幸福デーの3月20日に、国連が毎年発表している幸福度のランキング。各国の国民に「どれくらい幸せと感じているか」を評価してもらった調査に加えて、GDP、平均余命、寛大さ、社会的支援、自由度、腐敗度といった要素を元に幸福度を計る。7回目となる2019年は世界の156カ国を対象に調査をした。日本は2018年の54位から4つ順位を下げ58位だった。「幸福度ランキング」過去5年の日本の順位 2015年  46位2016年  53位2017年  51位2018年  54位2019年  58位1位は2年連続でフィンランドだった。トップ10のうち半数を北欧諸国が占めている。トップ10フィンランドデンマークノルウェーアイスランドオランダスイススウェーデンニュージーランドカナダオーストリアワースト10南スーダン中央アフリカ共和国アフガニスタンタンザニアルワンダイエメンマラウィシリアボツワナハイチ北欧諸国は社会保障が手厚く、質の高い教育をしていることで知られる。ジェンダーギャップを縮める取り組みにも積極的で、フィンランドは世界で唯一、父親が母親より学齢期の子供と過ごす時間が長い。イエール大学で心理学を教えるローリー・サントス教授は、幸福には深い意味があり、不幸であるということを公衆衛生への脅...more
カテゴリー:

NZで犠牲者の埋葬始まる 最初の葬儀はシリア難民父子 - 03月21日(木)11:16 

 ニュージーランド(NZ)南部クライストチャーチの銃乱射事件で20日、犠牲者50人の一部の葬儀が初めて営まれた。イスラム教では死後24時間以内の埋葬が望ましいとされるが、警察の捜査で、家族への遺体の返…
カテゴリー:

【経済】生活費が高い都市ランキング、大阪が5位に 首位は香港など3都市 - 03月21日(木)00:59  bizplus

(CNN) このほど発表された2019年版の世界生活費ランキングで、パリ、シンガポール、香港の3都市が1位に浮上、日本からは大阪が5位に入った。 ランキングは英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が毎年まとめているもので、世界133都市で約150品目の値段や料金を調べている。 パリは2003年以来、毎年トップ10入りしていたが、今年は首位に浮上した。前年のランキングで4位だった香港は、初めて1位に上昇してパリと並んだ。 大阪は前回から6位上昇して5位につ...
»続きを読む
カテゴリー:

英国「日本の都市暮らしやすくていいじゃん!」米国「日本の都市?うーん…微妙w!」 - 03月20日(水)18:43  poverty

世界生活環境ランク、アジア最上位の25位 https://www.nna.jp/news/show/1880586 米コンサルティング大手マーサーが13日に発表した「2019年世界生活環境調査」の都市ランキングで、シンガポールは25位だった。 前年から横ばい。アジアでは引き続き最上位を維持している。 マーサーは毎年、都市の暮らしやすさを評価する同調査を実施している。 21回目となる今回は、主に18年9月から11月にかけて収集したデータを分析し、世界231都市を順位付けした。 この結果は、企業などが駐在員に支払う報酬や各種手当を決める際の指標と...
»続きを読む
カテゴリー:

「いたずらぐまのグル~ミ~」新グッズは、笑顔!?ゆるくもかわいいiPhoneケース、缶ケースが発売!色違いも多数ラインナップ! - 03月20日(水)18:00 

株式会社インクルーズ(東京都渋谷区、代表取締役社長 山崎 健司)が企画・運営するキャラクターグッズのECサイト「カワセル」にて、3月20日(水)より、「いたずらぐまのグル~ミ~」の第四弾商品が発売開始になりましたことをご報告させていただきます。 大好評中の「いたずらぐまのグル~ミ~」の新グッズが登場!今回は、カワセル初登場の笑顔の「ストレンジスマイルグル~ミ~」!ゆるくもかわいらしく、いつもと違ったテイストのデザインです。また今回はカラーバリエーションを豊富にラインナップしました。あなたの好きな色のスマホケース/缶ケースを手に入れましょう!「カワセル」では既に40を超える有名IPの提供が確定しており、続々とキャラクター、ゲーム、アーティスト、タレント、声優など「カワセル」でしか買う事のできない有名IPのグッズがどんどん「カワセル」に登場予定です。既に登場済みの限定グッズの第2弾、第3弾の新商品も追加で販売していきます。グッズ化可能な商品ラインナップ数は最大55種類と非常に豊富ですが、マーケットニーズを踏まえた更なる新しい商品ラインナップ拡充に加え、ファンが喜ぶ新機能もどんどん導入予定です。「きせかえ」、「LINEコンテンツ(LINEスタンプ、LINE着せかえ、LINE絵文字)」を中心とするデザイン&コミュニケーションコンテンツ領域で国内TOPクラスの実績を誇る株式会社インクルーズが...more
カテゴリー:

米兵ら犠牲の自爆テロに関与か、シリアでISIS戦闘員拘束 - 03月20日(水)09:55 

シリアで米軍の支援を受けて過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)と戦うクルド人主体の部隊「シリア民主軍(SDF)」は19日までに、北部マンビジュで1月に起きた自爆テロ事件に関与したとみられるISIS戦闘員数人を拘束した。事件では米国人4人が死亡していた。 米国防当局者によると、1月の自爆テロの計画と実行にかかわった最大5人のISIS戦闘員がマンビジュで拘束され、米軍も尋問に加わって...
カテゴリー:

もっと見る

「シリア」の画像

もっと見る

「シリア」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる