「電子化」とは?

関連ニュース

NRI、手書き文字対応の「DiPcore AI-OCR」を提供、学習データ自体をAIに自動生成させて精度を向上 | IT Leaders - 01月31日(火)14:48 

野村総合研究所(NRI)とNRIデジタルは2023年1月31日、手書き文字対応AI-OCRサービス「DiPcore AI-OCR」の提供を開始したと発表した。複数のAI技術を組み合わせて手書き文字の認識精度を高めたとしている。例えば、AIが自動生成した手書き文字の学習データを利用しているほか、文字の記載位置の特定にAIを利用している。ヤマト運輸が先行導入し、同社が取り扱う荷物の送り状の9割を電子化した。
カテゴリー:

企業の文書ライフサイクルをワンストップ管理 ペーパーレス化および電子帳簿保存法対応をタイムスタンプとAIで自動化 セイコーソリューションズとSGシステムが協業 - 01月30日(月)11:00 

セイコーソリューションズ株式会社SGシステム株式会社セイコーソリューションズ株式会社(代表取締役社長:関根 淳、本社:千葉県千葉市、以下 セイコーソリューションズ)とSGシステム株式会社(代表取締役社長:谷口 友彦、本社:京都府京都市、以下 SGシステム)は、企業の文書ライフサイクル管理において2023年1月より協業を開始しました。セイコーソリューションズのタイムスタンプサービスを活用した電子帳簿保存法(以下、電帳法)対応のデータ保管サービスに、SGシステムの高精度AI-OCRおよびバックオフィスBPOサービスを組み合わせることで、企業の文書ライフサイクル管理をワンストップで支援します。セイコーソリューションズはSEIKO TRUSTサービスにより、多くのお客さまの契約書をはじめとした文書や帳票類のペーパーレス化および保管対応に貢献してきました。SGシステムは、佐川急便をはじめとしたSGホールディングスグループのIT統括会社で、グループ内で培ってきたノウハウを基に、AIを活用したOCRプラットフォームサービス「Biz-AI×OCR」*1や、バックオフィス業務のBPOサービスをグループ外のお客さまにも広く展開しています。セイコーソリューションズとSGシステムは、今後お互いの強みを生かし、各企業の帳票類電子化および電帳法対応によるDX化とバックオフィス業務の効率化を強力にバックアップす...more
カテゴリー:

【経済】訪問販売などの契約書、6月から電子交付可能に - 01月27日(金)17:41  newsplus

https://www.sankei.com/article/20230127-P6FV7QRMXZJ4ZOOQXUKLFXKLFE/ 政府は27日、特定商取引法の改正で盛り込まれた契約書の電子交付について、6月1日から運用を始めると閣議決定した。 特商法の対象となる訪問販売などの取引では、これまで紙の契約書交付が義務付けられていたが、 消費者側が希望すればメールなどでの電子交付ができるようになる。政府は27日、手続きなどを定めた政令を決定した。 改正特商法は令和3年6月に成立。契約書の電子化の規定は成立から2年以内の施行とし、 消費者保護機能を確保するた...
»続きを読む
カテゴリー:

電子処方箋、全国で運用開始 - 01月27日(金)08:00 

紙の処方箋を電子化し、医師と薬剤師がオンラインでやりとりする「電子処方箋」のシステム運用が26日、全国で始まった。サーバーで処方履歴を一元管理できるため、複数医療機関からの重複投薬や、飲み合わせの悪い薬の処方を防ぐ効果が期待される。 厚生労働省によると、利用はシステム導入済みの施設に限られ、15日時点で佐賀など30都道府県の計154施設。他に約3万施設が導入申請し、準備を進めているという。 システムでは、電子処方箋利用に患者が同意すれば、医師が処方箋の内容をサーバーに登録。
カテゴリー:

「オンライン取引のハードル高い」 新経済連盟、「契約書面の電子化」の問題点を指摘 - 01月26日(木)14:00 

(一社)新経済連盟(新経連、事務局東京都)は1月20日、改正特商法の書面電子化に関する勉強会を開催、書面の電子化にかかる政省令案の問題点を指摘した。新経連は、「政省令案では、消費者の端末の画面サイズの制限や、チェックボックスによる承諾取得の・・・
カテゴリー:

DX、現場改革、事業の多角化……時代に合わせた経営改革で持続可能な病院経営は実現できる!『サステナビリティ時代の病院経営改革』2023年2月1日発売! - 01月31日(火)09:00 

株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『サステナビリティ時代の病院経営改革』(寺坂 俊介 著)を2023年2月1日に発売いたします。――――――――――――――――――――――――――「昭和的経営」を脱した地方の脳神経外科病院の経営改革とは2018年の病院運営実態分析調査によれば、約7割の病院が赤字経営という実態が明らかになりました。診療報酬の抑制、少子化による患者数の減少など、病院経営を黒字化することは年々難しくなる一方です。しかし、赤字の状況にただ手をこまねいていては、安全な医療を地域へ提供し続けることができません。著者は脳神経外科医で、北海道札幌市の社会医療法人柏葉会の理事長を務めています。今でこそ経営は順調ですが、著者が着任した当時の病院は億単位の赤字を出し、経営は非常に厳しい状況でした。古く非効率な設備に職員も経営陣も慣れてしまい、人件費や管理費がかさんでいました。また、紙書類による無駄な業務や捺印フローが多数存在していたにもかかわらず業務の効率化に取り組まなかったため職員の長時間労働は常態化していたのです。さらに空き病床対策が施されないままなど、時代遅れの「昭和的経営」 が赤字の原因となっていました。そこで、著者は数々の経営改革を実行します。紙カルテの廃止、オンライン診療の導入などDXに...more
カテゴリー:

AI JIMYが大阪府DX推進パートナーズによる『ものづくり企業を変革するデジタル技術展』に出展 - 01月30日(月)11:00 

AI OCRとRPAを搭載しカンタン操作の帳票電子化ツール「AI JIMY Paperbot」を提供しているシー・システム株式会社(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役:森下 康夫 URL: https://seagp.com/)は、2023年2月2日(木)~2月27日(月)に東大阪市のMOBIO(ものづくりビジネスセンターおおさか)にて、大阪府DX推進パートナーズによる『ものづくり企業を変革するデジタル技術展』に出展。動画による商品紹介やものづくり企業に活用できる技術を展示しています。AI JIMY Paperbotは、2021年にリリースした前身となるAI JIMY OCRをバージョンアップし、2022年7月に提供を開始。口コミなどを通じて、現在1600名以上の方に利用いただいています(2022年12月時点)。展示場ではさらに多くの企業様に知っていただくとともに実際の動作や利用方法も動画にて見ることが可能です。◆AI JIMY Paperbotとはデータ入力業務や帳票電子化業務を自動化するためのツールで、手書き文字を含む紙のデジタル化がこれひとつで完結します。本ツールには、スキャン機能や仕分け、AI OCRによる文字認識、認識結果の修正、PDFやCSVによるデータ出力、システムへのデータ入力が可能なRPA機能が搭載されています。https://aijimy.com/◆大阪府DX推...more
カテゴリー:

沖銀、オンラインで融資契約 来店不要で手続き迅速化、収入印紙も不要に - 01月27日(金)11:19 

 沖縄銀行(山城正保頭取)は23日から、個人や法人向けの事業性融資について、オンラインで契約を完結するサービスを始めた。電子化により紙やハンコは不要で、手続きの迅速化や経費節減などのメリットがある。  インターネット環境があれば、スマートフォンやタブレットからでも非対面で手続きできる。来店が不要...
カテゴリー:

国交省/Cyber PortとNACCSの直接連携機能を初紹介 - 01月26日(木)17:02 

国土交通省は1月26日、民間事業者間のコンテナ物流手続を電子化・効率化するプラットフォームであるCyber Portについて、3月13日のNACCSとの直接連携機能の運用開始を目前に控えた2月28日、3月9日にWEBセミ […] The post 国交省/Cyber PortとNACCSの直接連携機能を初紹介 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

きょうスタートの「電子処方箋」ってどんなもの? 対応病院はまだ16件 - 01月26日(木)13:45 

電子処方箋の本格的な運用が始まった。処方箋を電子化するもので、データ共有により過去3年分の投薬履歴を確認でき、重複投薬や危険な飲み合わせを回避できるなどのメリットがある。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる