「総生産」とは?

関連ニュース

【フランス】マクロン大統領、反政権デモ受けテレビ演説 要求に応じ最低賃金引き上げへ 富裕税廃止は譲らず ★3 - 12月11日(火)13:27  newsplus

【パリ=白石透冴】フランス全土で続く反政権デモを受け、マクロン大統領は10日、2019年1月から最低賃金を約8%引き上げるなどデモ参加者に大幅に譲歩する施策を発表した。一部の社会保障増税も中止する。デモの収束を最優先したが、財政再建の遅れは避けられない。予定していた他の改革にも影響が出る可能性があり、マクロン政権の根幹が揺るぎかねない事態だ。 マクロン氏は10日午後8時(日本時間11日午前4時)から13分間テレビ演説した。蛍光の黄色いベストを着て参加する反政権運動「黄色いベスト」が生活水準の悪化を訴えていること...
»続きを読む
カテゴリー:

【フランス】マクロン大統領、反政権デモ受けテレビ演説 要求に応じ最低賃金引き上げへ 富裕税廃止は譲らず ★2 - 12月11日(火)11:11  newsplus

【パリ=白石透冴】フランス全土で続く反政権デモを受け、マクロン大統領は10日、2019年1月から最低賃金を約8%引き上げるなどデモ参加者に大幅に譲歩する施策を発表した。一部の社会保障増税も中止する。デモの収束を最優先したが、財政再建の遅れは避けられない。予定していた他の改革にも影響が出る可能性があり、マクロン政権の根幹が揺るぎかねない事態だ。 マクロン氏は10日午後8時(日本時間11日午前4時)から13分間テレビ演説した。蛍光の黄色いベストを着て参加する反政権運動「黄色いベスト」が生活水準の悪化を訴えていること...
»続きを読む
カテゴリー:

【フランス】マクロン大統領、反政権デモ受けテレビ演説 最低賃金引き上げへ 富裕税廃止は譲らず - 12月11日(火)08:35  newsplus

【パリ=白石透冴】フランス全土で続く反政権デモを受け、マクロン大統領は10日、2019年1月から最低賃金を約8%引き上げるなどデモ参加者に大幅に譲歩する施策を発表した。一部の社会保障増税も中止する。デモの収束を最優先したが、財政再建の遅れは避けられない。予定していた他の改革にも影響が出る可能性があり、マクロン政権の根幹が揺るぎかねない事態だ。 マクロン氏は10日午後8時(日本時間11日午前4時)から13分間テレビ演説した。蛍光の黄色いベストを着て参加する反政権運動「黄色いベスト」が生活水準の悪化を訴えていること...
»続きを読む
カテゴリー:

【景況】 アベカス、経済の悪化を認めず!GDPマイナス2.5%は前期に好調だった反動が出た。なので、緩やかに回復してるんだ!!との事 - 12月11日(火)00:07  poverty

7~9月GDP改定値 年率-2.5% 速報からさらに下方修正 2018年12月10日 8時59分 ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、最新の統計データを反映した結果、 企業の設備投資が大きく減少し、年率に換算した実質の伸び率がマイナス2.5%と、先月の速報段階から下方修正されました。 内閣府の発表によりますと、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、物価の変動を除いた 実質の伸び率が前の3か月と比べてマイナス0.6%でした。 年率に換算するとマイナス2.5%で、先月の速報段階の年率、...
»続きを読む
カテゴリー:

7~9月期のGDP改定値、年率2.5%減に大幅下方修正 - 12月10日(月)16:43 

内閣府は2018年12月10日、7~9月期の国内総生産(GDP)改訂値を発表した。物価変動を除く実質で前期比0.6%減、年率で2.5%減だった。11月に発表された速報値(前期比0.3%減、年率1.2%減)から大幅に下方修正となった。
カテゴリー:

【恒例】GDP年率、1.2%減→2.5%減 速報から更に下方修正 [7-9月改定値] ★7 - 12月11日(火)12:46  newsplus

ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、最新の統計データを反映した結果、企業の設備投資が大きく減少し、年率に換算した実質の伸び率がマイナス2.5%と、先月の速報段階から下方修正されました。 内閣府の発表によりますと、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、物価の変動を除いた実質の伸び率が前の3か月と比べてマイナス0.6%でした。年率に換算するとマイナス2.5%で、先月の速報段階の年率、マイナス1.2%から下方修正されました。 これは新たに発表された統計データを反映した結果、「...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】日本のGDP、-2.5%に下方修正されるwww - 12月11日(火)08:45  livejupiter

GDP、年率2.5%減に下方修正 7~9月改定値 2018年12月10日 8:59 内閣府が10日発表した7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0.6%減、年率換算では2.5%減だった。速報値(前期比0.3%減、年率1.2%減)から下方修正となった。法人企業統計など最新の統計を反映した。 QUICKがまとめた民間予測の中央値は前期比0.5%減、年率2.0%減となっており、速報値から下振れすると見込まれていた。 生活実感に近い名目GDPは前期比0.7%減(速報値は0.3%減)、年率は2.7%減(同1.1%減)だった。 実質GDPを需要項目別...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP下方修正 設備投資に米中摩擦リスク - 12月11日(火)07:18 

 2018年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値は、自然災害で設備投資が低迷した影響で、速報値から大きく下方修正された。今後のリスクは海外経済の失速だ。米中貿易摩擦で中国経済が鈍化するなどすれば日本の設備投資に逆風となり、景気の回復基調は水を差されかねない。
カテゴリー:

【恒例】GDP年率、1.2%減→2.5%減 速報から更に下方修正 [7-9月改定値] ★6 - 12月10日(月)17:38  newsplus

ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、最新の統計データを反映した結果、企業の設備投資が大きく減少し、年率に換算した実質の伸び率がマイナス2.5%と、先月の速報段階から下方修正されました。 内閣府の発表によりますと、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、物価の変動を除いた実質の伸び率が前の3か月と比べてマイナス0.6%でした。年率に換算するとマイナス2.5%で、先月の速報段階の年率、マイナス1.2%から下方修正されました。 これは新たに発表された統計データを反映した結果、「...
»続きを読む
カテゴリー:

【恒例】GDP年率、1.2%減→2.5%減 速報から更に下方修正 [7-9月改定値] ★5 - 12月10日(月)14:55  newsplus

ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、最新の統計データを反映した結果、企業の設備投資が大きく減少し、年率に換算した実質の伸び率がマイナス2.5%と、先月の速報段階から下方修正されました。 内閣府の発表によりますと、ことし7月から9月までのGDP=国内総生産の改定値は、物価の変動を除いた実質の伸び率が前の3か月と比べてマイナス0.6%でした。年率に換算するとマイナス2.5%で、先月の速報段階の年率、マイナス1.2%から下方修正されました。 これは新たに発表された統計データを反映した結果、「...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「総生産」の画像

もっと見る

「総生産」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる