「白亜紀」とは?

関連ニュース

【フサフサ】1億年前の毛の生えたカタツムリ化石を発見 中国国内外の研究者�� - 10月15日(火)03:10  newsplus

https://www.afpbb.com/articles/-/3249446 1億年前の毛の生えたカタツムリ化石を発見 中国国内外の研究者 2019年10月14日 18:13  発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ] 【10月14日 Xinhua News】中国と海外の古生物研究者は12日、北京市で、約1億年前のものとみられる毛状の殻皮を持つカタツムリ(Hirsuticyclu.electrum)を琥珀(こはく)の中から発見したと発表した。白亜紀のカタツムリの進化を研究する上で重要な意義を持つという。  研究はドイツと中国、スイスの研究者が共同で行い、研究論文は国際学術誌「iScience...
»続きを読む
カテゴリー:

【地球】「地磁気逆転」に異常な活動期、100万年で26回 N極とS極が入れ替わる現象、5億年前に頻繁に起きていた - 10月04日(金)22:05  newsplus

■地球のN極とS極が入れ替わる現象、5億年前に頻繁に起きていた 大昔、地球のN極とS極が入れ替わる現象は、今よりずっと頻繁に起きていたらしい。シベリア北東部の岩場で調査を行ったフランス、パリ地球物理学研究所のイブ・ガレ氏らは、その証拠をつかんだ。  彼らが9月20日付けで学術誌『Earth and Planetary Science Letters』に発表した論文によると、ちょうど5億年ほど前のカンブリア紀中期(ドラム期)に、100万年あたり26回のペースで地磁気が逆転していたという。これは、過去1000万年間と比べると5倍以上のペースだ。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

何で地球に隕石落下した後から大型飛行タイプに進化する爬虫類が現れなくなったの? - 10月07日(月)12:50  poverty

新種の翼竜を発見、カナダ、「巨大」には異論も カナダ、アルバータ州の凍てついた荒地で「凍った竜」が見つかった。かつて恐竜たちの頭上を 飛んでいた翼竜の新属だ。翼を広げた長さは少なくとも約5メートルはあった。 約7600万年前の白亜紀、現在のカナダ西部に暮らしていたこの空飛ぶ爬虫類はクリオドラコン・ ボレアス(Cryodrakon boreas)と名付けられ、古生物学の専門誌「Journal of Vertebrate Paleontology」に9月9日付けで発表された。 「生きていたときは、もちろん凍った竜などではありません」。こう指摘するの...
»続きを読む
カテゴリー:

【研究】「地磁気逆転」に異常な活動期、100万年に26回も起きていた - 10月04日(金)19:12  newsplus

◆ 地球のN極とS極が入れ替わる現象、5億年前に頻繁に起きていた 大昔、地球のN極とS極が入れ替わる現象は、今よりずっと頻繁に起きていたらしい。 シベリア北東部の岩場で調査を行ったフランス、パリ地球物理学研究所のイブ・ガレ氏らは、その証拠をつかんだ。 彼らが9月20日付けで学術誌『Earth and Planetary Science Letters』に発表した論文によると、ちょうど5億年ほど前のカンブリア紀中期(ドラム期)に、100万年あたり26回のペースで地磁気が逆転していたという。 これは、過去1000万年間と比べると5倍以上のペースだ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「白亜紀」の画像

もっと見る

「白亜紀」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる