「哺乳類」とは?

関連ニュース

有毒な木を「かじって」致死性の高い毒を獲得するネズミが出現!? 数ミリグラムでゾウが失神する - 12月04日(金)12:06 

Credit:Stephanie Higgins 全ての画像を見るアフリカに生息するクレステッドラット(学名:Lophiomys imhausi)は、フサフサとした尾を持つヤマアラシに似たネズミです。 アメリカ・ユタ大学生物科学部のサラ・ウェインスタイン氏ら研究チームは、11月17日付けの科学誌『Journal of Mammalogy』で、クレステッドラットが人を殺せるほどの毒性を有毒植物から獲得していたと発表。 その発表によると、毒性をもつ哺乳類は他にも存在しますが、クレステッドラットは外部から毒性を獲得する唯一のネズミとのこと。 >参照元はこちら(英文) 目次 有毒な木をかじって毒性を得るネズミ毒を身にまとうネズミの意外な一面 有毒な木をかじって毒性を得るネズミ Credit:University of Utah 「アフリカのネズミが有毒な木から毒性を得ている」という情報は、地元の人々には以前から知られていたものでした。 研究チームはこの情報の真偽を確かめて正確に記録するために、25匹のクレステッドラットを捕獲。 そしてモーションカメラを使用して1000時間近く、ネズミの行動を記録することにしました。 その結果、そのうちの10匹がアフリカにある有毒の木「Acokanthera schimperi(キョウチクトウ科の一種)」の樹皮を噛み砕いて、被毛に塗り付けて...more
カテゴリー:

生きた動物の貿易動向が地球規模で分かる!『世界動物貿易データベース』の発売について - 12月02日(水)10:00 

【タイトル】世界動物貿易データベース2020の発売について鳥・豚・羊・霊長類・らくだ・うさぎなど、世界各国の動物(Live animals)の貿易動向がわかるデータベースを発売!世界100カ国以上の貿易統計から、全34品目(種類)、約6,100件のデータを調査しデータベースにしました。国際ビジネス、経済分析に役立ちます。専門知識なしでも読みやすく編集されています。【本文】世界の貿易動向を調査している合同会社WTS研究所(所在地:京都市伏見区、代表 李達英)は、世界各国の食肉の貿易動向がすべて分かる『世界動物貿易データベース2020』(https://www.wtsinst.com/db/)を2020年12月1日から発売開始しました。【概要】『世界動物貿易データベース2020』は、文字どおり動物の貿易動向が世界規模で分かるデータベースです。世界100カ国以上の輸出統計から、全34品目(種類)、約6,100件のデータのデータを調査し、一つのデータベースにまとめました!いつ、どの国と国の間で、どのような動物が、いかほどの金額と数量で輸出されたのか。これら情報をまとめたのが本データベースです。一国の貿易動向をまとめたデータベースはありますが、本製品のように全世界の輸出動向をまとめたデータベースは世界初です。貿易統計というのはHSコード(税番)でコード化されており、読み解くのに専門知識と今期...more
カテゴリー:

研究:鴨嘴獸毛皮在紫外線下會發光 - 11月29日(日)01:00 

研究:鴨嘴獸毛皮在紫外線下會發光鴨嘴獸是一種奇妙的生物,雖為哺乳類動物,卻有長蹼的四肢、像鴨子一樣的鴨喙、會分泌毒液的尖刺,還會下蛋。現在,科學家要幫鴨嘴獸的奇妙多添一筆了:螢光毛皮。 (繼續閱讀…) 研究:鴨嘴獸毛皮在紫外線下會發光
カテゴリー:

【悲報】カモノハシさん、また意味不明な特徴が見つかる。学者のみなさんノイローゼへ - 11月21日(土)21:36  livejupiter

カモノハシは紫外線で青緑に光ると判明、目的は不明 「地球上で最も奇妙な動物」。そう呼べるいくつかの特徴が、カモノハシにはある。  哺乳類でありながら卵を産み、後ろ足の爪から毒を分泌する。ビーバーのような尾と、カモのようなくちばしを持ち、夜に目を閉じて泳ぎながら、くちばしで獲物を感知する。  この奇妙な特徴リストに、このほど新たな項目が加わった。発光する毛皮だ。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプとは何だったのか。解き放たれた差別主義と米国第一主義 - 11月18日(水)04:45 

アメリカ国民を分断し、世界の秩序を乱しに乱したトランプ大統領。なぜ米国社会は彼のような「モンスター」を誕生させ、そして国を任せるまでになってしまったのでしょうか。今回のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』では著者でジャーナリストの高野孟さんが、冷戦の集結を「アメリカの勝利」と誤認識したジョージ・H・W・ブッシュにその発端を求めるとともに、「白人人口の減少への苛立ち」を第2の要因に挙げています。 高野孟さんのメルマガご登録、詳細はコチラ   バイデンで米国は正気を取り戻せるのか?――米大統領選の不明瞭な結果 雨宮処凛の東京新聞11月11日付夕刊のコラム「米大統領選と相模原事件」には驚愕した。相模原障害者施設で19人を刺殺し26人に重軽傷を負わせて死刑判決を受けた植松聖死刑囚が、今年1月から3月まで続いた裁判の中で「トランプ大統領の名前を何度も出した」のだという。 「立派な人」「見た目も生き方も内面もすべてカッコいい」。そんなトランプが前回大統領選の際、植松の心を動かした。「これからは真実を言っていいんだと思いました。重度障害者を殺した方がいいと」。また、大統領選が11月であることから、その後に自分が事件を起こすと「トランプみたいな人が大統領になったからこんな事件が起きた、と言われるのでは」と思い、その前〔16年7月〕に事件を起こしたとも述べた……。 解き放たれた差別主義 ト...more
カテゴリー:

巨大なクジラはがんにならない!? 未解決問題「ピートのパラドックス」が起こる理由とは - 12月02日(水)17:00 

Credit:Depositphotos 全ての画像を見るヒトであってもクジラであっても生物の細胞サイズには大きな違いがありません。 そのためシロナガスクジラやゾウなどの大型動物は、ネズミなどの小型動物に比べてはるかに多くの細胞を持っています。 がんは細胞のエラーなので、「細胞数の多い大型動物の方が、がんになる確率が高いのでは?」と思われるでしょう。 しかし実のところ、どの動物もサイズに関わらず、がんになる確率はほぼ変わらないのです。 この生物学的な矛盾は「ピートのパラドックス」と呼ばれており、完全な答えは未だに提出されていません。 ただし科学の進歩によって判明してきた部分もあり、今回はそれらに基づいたいくつかの仮説を紹介したいと思います! 目次 がんは細胞の数に比例しない!? 「ピートのパラドックス」とは大型動物は多くの腫瘍抑制遺伝子を持っている細胞分裂スピードの違い「がん」を殺す「がん」!?ハイパー腫瘍とは? がんは細胞の数に比例しない!? 「ピートのパラドックス」とは 最初にがんが生じるメカニズムについて簡単に説明します。 私たちの細胞は、いわばタンパク質のロボットであり、数億の部品(タンパク質)から成り立っています。これらは様々な化学反応を引き起こし、自分と同じコピーを作成することも可能です。 細胞内では化学反応が絶えず起こっており、その反応は何年にも渡り、何十億回、...more
カテゴリー:

小さな「線虫」は子供たちに授乳していると判明 - 11月29日(日)12:00 

Credit:Erik Londquist 全ての画像を見る線虫が授乳していたようです。 11月15日に『bioRxiv』に投稿された論文によれば、線虫(C.elegans)として知られるミミズ型の小さなワームが、体から一種の「ミルク」を分泌させ、子孫の成長を補助している様子が確認できたとのこと。 線虫は生物学の分野において、マウスやショウジョウバエに並ぶ代表的なモデル生物として世界中で研究対象となっていましたが、授乳が確認されたのは今回が初めてとなります。 線虫たちは、いったいどんな仕組みで体外に栄養素を放出していたのでしょうか? >参照元はこちら(英文) 目次 最も理解が進んだ生物に隠されていた秘密誰もが見過ごしていた些細な現象線虫は授乳していた砂上の常識 最も理解が進んだ生物に隠されていた秘密 Credit:東北大学   線虫は生物学の分野において、多細胞生物のモデルとして古くから研究されており、最も理解が進んでいる生物の一つとして考えられてきました。 例えば、線虫の体は1000個あまりの細胞で作られているのですが、その1つ1つが、いつ、どこから分裂して、どのような経緯でそこに配置されるのかが完璧に解明されています。 体を構成する1つ1つの細胞の系譜が、全て明らかになっている多細胞生物は線虫を置いて他にはいません。 そんな人類が最も理解していると確信し...more
カテゴリー:

シングルユースバイオリアクター(SUB)の市場規模、2025年には39億米ドル到達予測 シングルユース技術は、バイオ医薬品の製造ワークフローに必須の存在に - 11月24日(火)14:00 

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「シングルユースバイオリアクターの世界市場 (~2025年):製品 (システム・培地バッグ・ろ過アセンブリ)・タイプ (攪拌タンク・気泡塔)・分子タイプ (MAb・ワクチン)・細胞タイプ (哺乳類・細菌)・用途 (R&D)・エンドユーザー・地域別」 (MarketsandMarkets) の販売を11月24日より開始いたしました。
カテゴリー:

動物もマスクを着用? 交尾のときにマスクをつけ外しする奇妙なコウモリ - 11月18日(水)20:00 

Credit:PLOS ONE 全ての画像を見るマスクをするコウモリがいるようです。 11月11日に『PLOS ONE』に掲載された論文によれば、世界で最も醜い顔として知られるコウモリ(学名: Centurio senex)のオスは、繁殖期がくると、顔の下側の皮膚を伸ばして顔の下半分を覆うマスクを作るとのこと。 コウモリの自家製マスクには、いったいどんな意味があるのでしょうか? >参照元はこちら(英文) 目次 コウモリのマスクはモテアイテム感染予防に結びつけてしまうのは時代のせいかもしれない コウモリのマスクはモテアイテム Credit:PLOS ONE 中央アメリカに生息するCenturio senexはこれまでほとんど研究されておらず、その生態は謎につつまれていました。 しかし今回の研究により、この珍しいコウモリが交尾する様子をはじめて撮影することに成功します。 交尾はまず、木にぶらさがったオスたちが一斉にマスク状態になり、超音波で歌うことから開始。すると不思議なことに、オスたちの歌に惹き付けられるようにメスが集合します。 どうやらこの種のメスにとっては、マスク内部でくぐもった歌の合唱がたまらなくセクシーに感じてしまうようです。 一方、オスたちにとってマスクはメスを誘惑するモテアイテムとも言えるでしょう。 しかしいざ交尾となると、オスは途端にマスクを脱ぎ捨てます。 ...more
カテゴリー:

触覚を再現した「人工皮膚」がロボットをより人間に近づける - 11月15日(日)17:00 

Credit: Hedan Bai 全ての画像を見る現在、ロボットが人間のように動く(アウトプットする)ことは実現できてます。しかし、触覚のように、人間らしい感覚を感じさせる(インプットする)ことは非常に難しいものです。 そんな中、アメリカ・コーネル大学機械工学部のロブ・シェパード准教ら研究チームは、11月13日付けの科学誌『Science』にて、人間のような触覚を検知する伸縮性のある人工皮膚を開発したと発表。 新しい人工皮膚は、光によって圧力・曲げ・ひずみなどを検出でき信号として伝えられます。これを応用するなら、ロボットにも人間と同じ感覚を与えることができるかもしれません。 >参照元はこちら(英文) 目次 ロボットに触覚を与える伸縮性分布型光ファイバセンシングとは光で動きと触覚を感知する人工皮膚 ロボットに触覚を与える 現代では、モーションキャプチャを利用して、比較的簡単に人間の動きをコンピュータにフィードバックできます。 後は滑らかに動くロボットにその情報を送れば、人間の動きをロボットが再現することができるでしょう。 しかしこれだけでは、人間(哺乳類)特有の豊かな感覚をロボットに与えたことにはなりません。人間に近づけるには体を動かすだけでなく、物を触ったりつかんだりしたときの触覚を与える必要があるのです。 Credit:depositphotos もちろん、これまで...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「哺乳類」の画像

もっと見る

「哺乳類」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる