「哺乳類」とは?

関連ニュース

【悲報】日本鯨類研究所「クジラは哺乳類ではなく魚類 海に放し飼いにされた牛のようなもの」 - 10月23日(土)21:51  poverty

海に放し飼いされた牛 --欧米の中には、クジラを神聖視する向きもありますが。 「私は、クジラを魚だと思っています。私は、クジラを知性の高いほ乳類だという人たちの言うことが理解できないですね。私たちの理解とは合いません」 「だいぶ前ですが、ブエノスアイレスでの会議に参加した際、友人の案内で郊外をドライブしました。パンパという草原地帯に、牛がポツンポツンと(適正な頭数で)いるんです。牧場主は、増えた分を減らして、そうやって暮らしていると聞きました。いまの捕鯨は、まさに海に放し飼いされた牛ではな...
»続きを読む
カテゴリー:

深海のモンスター生物の正体を調査!そのほとんどは「エビの幼生」だった - 10月20日(水)12:07 

Credit: Florida International University(phys) – Monsters of the deep revealed for what they are(2021) 全ての画像を見る人類はこれまで、地球上のありとあらゆる場所を探索してきましたが、まだ謎だらけの世界があります。 その一つが「深海」です。 実は、深海の世界は、火星の表面ほども理解されていないと言われています。 また、深海に生息する生物も謎だらけ。 奇抜な体、鎧(よろい)のような角、脇腹から生え出たトゲ、鮮やかな体色など、地上では見られないモンスター生物がごまんといます。 中でも多いのが、ミニチュアサイズの幼生です。 フロリダ国際大学(Florida International University・米)の研究チームはこのほど、種名や属名が分かっていない深海の幼生を採取し、既知の成体種と照らし合わせることで、14種の特定に成功しました。 それによると、ほとんどがエビの幼体だったようです。 研究は、9月23日付けで学術誌『Diversity』に掲載されています。 目次 モンスターの正体は「ほとんどエビ」 モンスターの正体は「ほとんどエビ」 研究チームは今回、メキシコ湾内の深海に大型の網を投入して、幼生の標本を採取しました。 それを研究室に持ち帰り、遺伝子検査や進化系...more
カテゴリー:

からだに「敏感な部分」が生まれるメカニズムが明らかに - 10月17日(日)12:00 

Credit:canva 全ての画像を見る私たちの手や唇は、体の他の部分に比べて敏感で、周囲の世界の細部を見分けるための重要な道具となっています。 こうした敏感な皮膚は多くの情報を取得するため、感覚ニューロンでつながる脳は、皮膚表面の感覚ために多くのスペースを割いています。 では、そのような敏感な皮膚は、どうやって生み出されているのでしょうか? 今回、ハーバード大学医学部の研究チームは、そんな特定の皮膚部位の感度を高めるメカニズムを明らかにしたと報告しています。 研究の詳細は、10月11日に科学雑誌『Cell」に掲載される予定です。 目次 皮膚の感覚と脳領域敏感な皮膚はなぜ生じるのか? 皮膚の感覚と脳領域 今回の研究チームの1人、ハーバード大学医学部の神経科学社デイビッド・ギンティ(David D Ginty)氏は、研究の意義について次のように説明しています。 「今回の研究の目的は、体の必要な部分で感覚が敏感になることを説明するメカニズムを見つけ出すことです。 進化の観点から見ると、哺乳類の体の形は劇的に変化していて、それに伴って皮膚の表面の感度も変化したと考えられます。 例えば、人間は手や唇の感度が高くなっていますが、ブタは鼻の感度が非常に高くなっています。 これはそれぞれの種が、世界を認識し探索するために必要な感覚だったためです。 したがって、敏感な感覚を形成するメカニズ...more
カテゴリー:

【悲報】ステラーカイギュウさん、人懐っこくて仲間想いの優しい性格だった為に白人に虐殺され絶滅してしまう - 10月16日(土)14:57  poverty

ステラーカイギュウ(Hydrodamalis gigas)は、海牛目ジュゴン科ステラーカイギュウ属に分類される哺乳類。絶滅種。 1741年11月、探検家ヴィトゥス・ベーリングが率いるロシア帝国の第2次カムチャツカ探検隊の探検船セント・ピョートル号は、アラスカ探検の帰途、嵐に遭遇し、 現在のベーリング島で座礁した。多くの乗組員は壊血病にかかっており、飢えと寒さにより、指揮官のベーリングを含む半数以上が死亡した。 ドイツ人医師で博物学者でもあったゲオルク・ヴィルヘルム・ステラーが新たな指揮官となり、生き残った船員たち...
»続きを読む
カテゴリー:

収穫後も熟成する果物としない果物があるのはなぜなのか? - 10月22日(金)18:00 

Credit:Depositphotos 全ての画像を見る全ての果物は、収穫後に成熟が続くもの(バナナ、アボカド、リンゴなど)と収穫後は成熟しないもの(ブドウ、イチゴ、サクランボなど)に分類されます。 収穫後に成熟が続くことを「追熟(ついじゅく)」と言いますが、この反応は昔から知られており、メカニズムも研究されてきました。 ところが、「なぜ追熟する果物と追熟しない果物があるのか?」という疑問が検証されたことはありません。 そこで東京大学大学院農学生命科学研究科に所属する深野 祐也(ふかの ゆうや)氏ら研究チームは、調査によって「果物が追熟するかしないかの違いは、その果実を食べてもらうターゲットの違いによって生じている」という仮説を提唱しました。 研究の詳細は、9月15日付の科学誌『Biology Letters』に掲載されています。 目次 果物の追熟「果物の追熟は野生動物への適応」なのか仮説を支持する結果が得られる 果物の追熟 Credit:(左)Depositphotos, (右)Depositphotos 追熟型の果物は、収穫した後でも一定の期間置くことで甘さが増したり、果肉が柔らかくなったりします。 これまでの研究により、この追熟には果物の植物ホルモン(エチレン)が関係していると分かっています。 そのため追熟型の果物は、収穫した後にエチレンガスを用いた成熟時期のコントロ...more
カテゴリー:

1億年前の琥珀に「現代カニとして最古の化石」を発見 - 10月21日(木)12:00 

Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021) 全ての画像を見る樹脂からできる琥珀(こはく)には、しばしば、昆虫や爬虫類の化石が保存されています。 ごくまれに水棲生物の化石も見つかりますが、陸上生物がほとんどです。 しかしこのほど、アメリカ・中国の国際研究チームにより、ミャンマー産の約1億年前の琥珀に、恐竜時代の完全なカニの化石が発見されました。 今日ある姿のカニの化石としては、最古かつ初めてとのこと。 研究は、10月20日付けで学術誌『Science Advances』に掲載されています。 目次 カニは恐竜時代に、すでに陸地に進出していた? カニは恐竜時代に、すでに陸地に進出していた? Credit: JAVIER LUQUE et al., Science Advances(2021) カニ(Brachyura)は、甲殻類の代表的なグループであり、驚くべき形態の多様さ、種の豊富さで知られています。 海や川、洞窟、木の上など、世界中のあらゆる場所に分布しており、水中と陸地に何度も進出できた数少ないグループです。 カニの化石記録は、2億年以上前のジュラ紀初期にまで遡ります。 一方で、海水性の化石ばかりが目立ち、そのほとんどが甲羅や脚のかけらに限定されていました。 しかし、今回発見されたカニは、全身が完璧に保存された貴重な...more
カテゴリー:

骨の新たな酸素応答機構の発見 〜定量情報を活かした生命現象の新知見〜 - 10月19日(火)12:30 

                                        2021年10月19日 報道関係者 各位   同志社大学大学院生命医科学研究科 西川恵三教授 研究グループ 骨の新たな酸素応答機構の発見 〜定量情報を活かした生命現象の新知見〜   本研究成果のポイント ・生きた動物個体の骨の中に存在する破骨細胞の酸素濃度を測定する最先端イメージング技術の開発。 ・低酸素は破骨細胞の形成を阻害し、骨量を増加させることを発見。 ・破骨細胞がメチル化DNAの酸化反応を介して低酸素を感知する新たな分子メカニズムの解明。 ・生体の恒常性の乱れや疾患発症を予測する新たな医療技術への応用に期待。   概要 同志社大学大学院生命医科学研究科 西川恵三教授らの研究グループは、生体深部の観察が可能な2光子励起顕微鏡注1を用いて生きた動物個体の骨の内部を観察することで、“破骨細胞注2”と“酸素”を同時に解析する技術を開発しました。その結果、骨組織内の酸素濃度の情報を1細胞レベルで取得することに成功しました。これにより、従来研究で曖昧にされていた低酸素状態がどのような酸素濃度であるかを定義することを可能にしました。この新しく定義された低酸素状態が骨組織に及ぼす影響を検討したところ、低酸素が破骨細胞形成を阻害し、骨量...more
カテゴリー:

シャチ「クジラやサメは倒せます。でもマグロやイルカには100%勝ち目ないです」←言うほど最強か? - 10月17日(日)00:14  livejupiter

イルカ、アザラシ、シロクマ、ラッコ、ジュゴンに代表される海洋哺乳類 カジキ、マグロ、カマス、サワラ、トビウオ、カツオに代表される大型回遊魚 この2種の生物の遊泳能力は極めて高いから動きがそこまで速くないシャチでは100%狩猟出来ないからな アザラシやトビウオみたいなザコすらも狩猟出来ないシャチが最強?マジで笑せんなよ ...
»続きを読む
カテゴリー:

大きな耳もつネコ科のカラカル、飼い主から脱走。デトロイトの学校付近をうろつく - 10月14日(木)12:23 

大きなとがった耳と、先端の房毛がトレードマークのネコ科動物「カラカル」。体重22キロほどの大きなカラカルが、飼い主から脱走しアメリカ・ミシガン州デトロイト市の郊外に放たれた。地元メディアやAP通信などが報じている。カラカルが行方不明になったのは、10月13日の朝方。飼い主はカラカル数匹を飼っており、2匹がゲージから脱走した。1匹は生肉を使ってお引き寄せることに成功したが、もう1匹はそのまま逃げてしまった。警察によると、これまでにも少なくとも2度、カラカルが脱走したことがあったという。地元メディアによると、警察は地元の学校に向け、最後にカラカルが目撃されたのは学校の周辺だったと報告。学校は、Facebookに写真を投稿し、動物には近づかず、見つけたら911に連絡するよう呼びかけた。 デトロイトニュースによると、警察はこのカラカルは、州によって飼育が規制されていない動物に分類されていると話している。「非常に大人しく、夜行性の動物」であることから、活発には動かず、どこかで眠っているのではないかと考えているという。カラカルは、小さな哺乳類、鳥類、げっ歯類を食べる肉食動物。大型種を除くアフリカのネコ科動物で、最も足が速いことでも知られる。関連記事ネコ4匹を沈没船から救う。かっこよすぎるタイ海軍の救出劇ヤギ120頭、人類に代わって街をのし歩く。新型コロナで異変巨大な牛がオーストラリア...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる