「生鮮品」とは?

関連ニュース

旭化成/ISIDとスマートフードサプライチェーン管理サービス構築 - 11月27日(金)16:30 

旭化成と電通国際情報サービス(ISID)は11月27日、旭化成のクラウド型生鮮品物流システム「Fresh Logi(フレッシュロジ)システム」と、ISIDのブロックチェーン技術を活用したブロックチェーン農業データ流通基盤 […] The post 旭化成/ISIDとスマートフードサプライチェーン管理サービス構築 first appeared on LNEWS.
カテゴリー:

電通国際情報サービスと旭化成がブロックチェーン活用農業データ流通基盤の実証実験を実施 - 11月27日(金)12:29 

電通国際情報サービス(ISID)と旭化成は11月27日、ISIDのブロックチェーン技術を活用した農業データ流通基盤「SMAGt」(スマッグ。SMart AGriculture Traceability)と、旭化成が展開するクラウド型生鮮品物流システム「Fresh Logi(フレッシュ ロジ)システム」とを連携させ、11月21日から都内大手小売りスーパーにおいて実証実験を開始したと発表した。 SMAGtは、農産品の生産履歴から出荷・流通・販売までをブロックチェーン技術を用いて記録する農業データ流通基盤で、現在まで複数の自治体・企業の協力を得ながら社会実装の検証を進めており、今回の効果検証もその一環となっている。 ISIDは、旭化成が展開するFresh Logiシステムでセンシングする輸送環境データをSMAGtに自動連携する仕組みを開発。商品に貼り付けたQRコードを読み取るだけで、SMAGtが管理する産地・農産品のトレーサビリティ(追跡可能性)や、流通・物流における経路情報に加え、Fresh Logiが管理する輸送品質情報までの取得が可能。 これにより、農産品のブランド価値発信、トレーサビリティによる食の安心・安全、さらには流通経路における輸送品質の可視化により、農産品の販路開拓や小売事業者の産地開拓、さらには輸出拡大への貢献が期待できるとしている。 ISIDは今後も、導入が加速し...more
カテゴリー:

ドンキ台湾1号店にバイトの応募が殺到「異常な日本好き」の理由とは? - 11月23日(月)05:00 

来年早々にも日本のディスカウントストア「ドン・キホーテ」が台湾に初進出することが決定しています。台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、ドンキの台湾1号店にバイト応募が殺到していることを紹介。なぜ、台湾人は日本のチェーン店で働きたがるのか、その明確な理由を記しています。 ● ドンキ、台北市に台湾1号店開設へ 総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」の海外向けブランド「ドンドンドンキ」が台湾に進出です。実はこの数年、ドン・キホーテを運営する「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)」は、次々とアジアでの出店を果たしています。その結果、現在はシンガポール7店舗、タイ2店舗、香港2店舗となっています。 アジア進出第一号店は、2017年12月にオープンしたシンガポールの「オーチャードセントラル店」でした。この店舗の特徴は以下の通りです。以下、一部報道を引用します。 「『DON DON DONKI』は店内ほぼすべての商品をメイドインジャパンもしくは日本市場向けの商品でラインナップする『ジャパンブランド・スペシャリティストア』をコンセプトとした東南アジア仕様の新業態。 店内演出や日本酒のバーカウンターの設置などによるアミューズメント性あふれる店舗空間で、生鮮食品(青果・鮮魚・精肉・惣菜)や加...more
カテゴリー:

店頭で農産物の生産者や輸送環境データを確認できるシステムの実証実験 - 11月27日(金)15:38 

ISIDと旭化成は、ISIDのブロックチェーン技術を活用した農業データ流通基盤 「SMAGt」と旭化成が展開するクラウド型生鮮品物流システム 「Fresh Logiシステム」とを連携させ、2020年11月21日から都内大手小売りスーパーで実証実験を開始したと発表した。
カテゴリー:

西友、2021年に新店4店舗をオープン - 11月24日(火)13:00 

2020年11月24日 合同会社西友   西友、2021年に新店4店舗をオープン 中期事業計画スパーク2022の成長戦略に基づき、快適なお買い物体験の場を実現    合同会社西友(東京都北区 社長兼最高経営責任者 リオネル・デスクリー)は、2021年にサニー福岡長浜店、サニー千早店(仮称)、西友長野石堂店(仮称)、西友春日井店(仮称)の4店舗を新規出店します。    西友は、“地域のみなさまに、良いものを安く”を実現するために、昨年、中期事業計画「スパーク2022」を発表しました。「お客様がもう一品買いたくなる差別化の実現」  「フレッシュ(生鮮品)へのこだわり」「オムニチャネルのポテンシャルを解き放つ」「EDLC (エブリデー・ロー・コスト)」を柱とし、生鮮食品、惣菜、プライベートブランド、価格、店舗、オムニチャネルのそれぞれを戦略的に強化しており、この「スパーク2022」の成長戦略に基づいた新たな店舗作りを、今後さらに加速させてまいります。   ■2021年の出店予定店舗 概要     店名:サニー福岡長浜店   ・開店予定日:2021年2月(予定) ・住所: 福岡県福岡市中央区港1丁目10番1号(1階)     *地下鉄空港線・大濠公園駅から徒歩9分、赤坂駅から徒歩8分 ・売...more
カテゴリー:

コロナ菌が怖いからスーパーで買ったパンとか食材のパックを石鹸で洗ってから開封してるんだがおまえらどうしてる?? - 11月18日(水)00:59  poverty

スーパーで感染防ぐには?パック付着は見落としがちと専門家 https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-1111139.html 実際、スーパーでの買い物についてYouTubeで注意喚起している医師も。ミシガン州のランドラピーツ病院に勤めるジェフリー医師が3月末に上げた動画は、約2,600万回再生されている。おもな呼びかけは下記のとおりだ。 ・買い物は計画的に。滞在時間、接触時間は最低限に ・パッケージを殺菌剤で拭く ・購入物を不用意に室内に持ち込まない ・中身は素手で触らない ・野菜や果物は水に浸し、手を洗うように...
»続きを読む
カテゴリー:

「生鮮品」の画像

もっと見る

「生鮮品」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる