「水墨画」とは?

関連ニュース

武侠小説ファンが30年待ち望んだ『阿鼻剣前伝』、ついに発売 - 02月15日(土)00:00 

武侠小説ファンが30年間待ち望んだ『阿鼻剣前伝』が今年1月、ついに発売された。作者の「馬利」は大塊文化出版股份公司の郝明義董事長(会長)のペンネーム。1989年、「馬利」は武侠漫画で知られる漫画家の故・鄭問氏(1958~2017)とのコンビで『阿鼻剣』を生み出した。「馬利」はシナリオを担当。漫画の『阿鼻剣』は1990年に2巻(1部と2部)が発表されているが、それは三部作のうち現世の物語。「馬利」はその後2008年に小説『阿鼻剣前伝』の連載を始めており、この部分は三部作のうち前世にあたるという。   郝明義董事長がかつて語ったところによると、『阿鼻剣』の創作では最初から前世と現世を描く考えだった。鄭問氏とのコンビで出版した1部の「尋覓」と2部の「覚醒」はいずれも現世である前半部分。まず1部と2部で主人公の「何勿生」を登場させ、そこからさかのぼって前世の物語を展開させる。そして最後に、「何勿生」の覚醒後、現世ですべきことは何かを語る。こうした構想のもとで郝明義董事長は鄭問氏とタッグを組み、30年前に漫画『阿鼻剣』2巻を生み出したのだという。   『阿鼻剣』は台湾漫画のレジェンドの1つで、鄭問氏にとっても漫画家人生のターニングポイントとなった作品。鄭問氏独特の水墨画調の作画技術は武侠漫画を新たなステージへと押し上げた。一方、脚本家の「馬利」は武侠小説の要素を見事につな...more
カテゴリー:

山口渓華作品展 春画・日本画・水墨画が2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日まで大阪市北区中崎西ギャラリーIYNで開催。 - 02月02日(日)10:00 

ギャラリーIYN(アートアンドセレクション)は、2020年2月1日土曜日から山口渓華作品展 春画・日本画・水墨画を開催します。会場はGallery IYN(所在地:大阪府大阪市。期間は2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日までの7日間。入場無料 ▼山口渓華さんは春画や日本画、水墨画を描かれていて、繊細なタッチで見る人たちを惹き付けます。会期:2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日、時間:11:00~18:00、 会場:大阪市北区中崎西4丁目1-8 GalleryIYN ▼HP:https://www.gallery-iyn.com/
カテゴリー:

山口渓華作品展 春画・日本画・水墨画が2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日まで大阪市北区中崎西ギャラリーIYNで開催。 - 02月02日(日)10:00 

ギャラリーIYN(アートアンドセレクション)は、2020年2月1日土曜日から山口渓華作品展 春画・日本画・水墨画を開催します。会場はGallery IYN(所在地:大阪府大阪市。期間は2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日までの7日間。入場無料 ▼山口渓華さんは春画や日本画、水墨画を描かれていて、繊細なタッチで見る人たちを惹き付けます。会期:2020年2月1日土曜日〜2月7日金曜日、時間:11:00〜18:00、 会場:大阪市北区中崎西4丁目1−8 GalleryIYN ▼HP:https://www.gallery-iyn.com/
カテゴリー:

「水墨画」の画像

もっと見る

「水墨画」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる