「チャレンジ」とは?

関連ニュース

【政権】安倍首相、今日20日で在任期間憲政史上最長に。「初心忘れず政策課題に取り組む」 - 11月20日(水)09:24  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183711000.html 在任期間が20日、憲政史上最長となったことについて、安倍総理大臣は午前8時半すぎ、 総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、短命に終わった第1次政権の反省の上に努力を重ねてきたとしたうえで、 緊張感を持って歩みを始めた初心を忘れず、政策課題に取り組みたいという考えを示しました。 この中で安倍総理大臣は、「第1次安倍政権を含めて、かつては毎年のようにころころと政権が変わり、 重要な政策課題が置き去りにされていた。政治を安定させようとい...
»続きを読む
カテゴリー:

植田出発、軽傷アピール 4失点は「修正していく」 - 11月20日(水)08:37 

日本代表DF植田直通(25=セルクル・ブリュージュ)が、0-4で敗れたキリンチャレンジ杯ベネズエラ戦(パナスタ)から一夜明けた20日、伊丹空港から移動した。同戦で先発したセンターバックは、左太ももを負傷して前半のみで交代。試合後、病院で…
カテゴリー:

【芸能】小柳ルミ子 完敗森保Jに「悲しいかな納得だ」「負けから 学べ!!」 - 11月20日(水)08:20  mnewsplus

サッカー好きとして知られる歌手の小柳ルミ子(67)が19日、ブログを更新。「キリンチャレンジカップ2019」でベネズエラ代表相手に1―4と完敗したサッカー日本代表の試合を分析し、エールを送った。 「負けから 学べ!!」と題して、試合のハーフタイム時に記事をアップした小柳は、「前半だけで4失点×悲しいかな納得だ」とつづった。 日本代表のパスミスの多さを嘆くとともに、「人はいるんだけどボールウォッチャーになってて人に付けてない。予測が遅くて悪い。ボールのスピードが遅くあれではスペースに通らない、その前にカット...
»続きを読む
カテゴリー:

「みっともない試合」…原口元気、チームけん引できず「自分に力が足りない」 - 11月20日(水)07:08 

 キリンチャレンジカップ2019が19日に行われ、日本代表はベネズエラ代表に1-4で敗れた。  FWサロモン・ロンドンのハットトリックを許すなど、前半だけで4失点を喫した。先発出場した原口元気(ハノー
カテゴリー:

【サッカー】守備崩壊で4失点の一因。FW陣はなぜ「2対4」でプレスをかける羽目に陥ったのか? - 11月20日(水)06:54  mnewsplus

「ハマっていないのは分かっていた」 [キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田 日本はホームでベネズエラと対戦したが、前半だけで4失点と、守備が崩壊しているのは明らかだった。クロスをヘッドで叩き込まれ、パスワークで崩され……、成すすべなく立て続けにネットを揺らされた。 原因はなんだったのか。2トップの一角で先発した鈴木武蔵が、こんなことを言っていた。 「後ろは結構行かないで、そこが重くなっていて、結局ボランチとサイドハーフが引っ張られる状況になっ...
»続きを読む
カテゴリー:

デフレ脱却・少子高齢化問題・憲法改正などに取り組む=在任最長で安倍首相 - 11月20日(水)09:11 

安倍晋三首相は20日午前、首相として通算在任日数が憲政史上最長となったことを受け、1日1日の積み重ねで今日を迎えられたとした上で、これからも緊張感をもって全身全霊で政策課題に取り組むと述べた。具体的な課題としてデフレ脱却、少子高齢化問題、憲法改正などを挙げ「今後もチャレンジャーの気持ちで新しい時代をつくっていく」とした。
カテゴリー:

「3R」でごみ減量、優秀20小学校を県が表彰 - 11月20日(水)08:30 

青森県は19日、ごみを減らす意識の向上を目的に、県内の全281小学校5万6885人の児童を対象に実施した「3Rチャレンジ」の優秀校20校を表彰した。「リデュース(抑制)」「リユース(再使用)」「リサイクル(再生利用)」の三つの英単語の頭文字「R」からなる3Rチャレンジは、県が2015~18年度に行った雑紙回収チャレンジを拡充。評価対象を雑紙回収のほか缶・ペットボトル回収、生ごみなどの食品ロスゼロチャレンジ-など5項目とし、夏休み中の児童の取り組み成果を競った。青森市のラ・プラス青い森で開かれた…
カテゴリー:

【サッカー】日本代表は調整の場ではない。柴崎岳に中島翔哉…クラブで不遇の選手のフル起用に意味はあるのか? - 11月20日(水)07:25  mnewsplus

【日本 1-4 ベネズエラ キリンチャレンジカップ2019】 日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦している。 チケットは完売となったようで、試合が行われたパナソニックスタジアム吹田には多くのサポーターが駆け付けていた。 しかし、そんな一戦で森保ジャパンは最悪のパフォーマンスを見せる。 立ち上がりから緩い対応が目立ち、ベネズエラに攻められ続けた日本代表は、8分という早い時間にFWサロモン・ロンドンに先制ゴールを献上すると、その後守備が完全に崩壊。 30分、33分と立て続けにロンドンに...
»続きを読む
カテゴリー:

【日本1-4ベネズエラ|採点&寸評】前半だけで4失点と守備陣が崩壊。最低点の「3.5」は? - 11月20日(水)07:06  mnewsplus

ロンドンを止められずに前半で4失点 [キリンチャレンジカップ2019]日本 1-4 ベネズエラ/11月19日/パナソニックスタジアム吹田   【日本代表・総評】 4 ホームで稀に見る惨敗を喫する。序盤から守備がハマらずベネズエラの攻撃に対応できずにいると、前半だけで4失点。 攻撃面ではパスミスが目立ち、リズムを作れず。後半はベネズエラのペースが落ちたこともあり、1点を返したが、不甲斐ない結果に終わった。   【個人採点・寸評】 GK 1 川島永嗣 4.5 6月のコパ・アメリカ以来の先発を掴む。しかし、守備の瓦...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】森保監督、U-22兼任は限界 ベネズエラに4失点惨敗に - 11月20日(水)02:51  mnewsplus

森保監督、U-22兼任は限界?ベネズエラに4失点惨敗「責任は私の準備段階からの働きかけに」 日本のA代表とU-22代表を兼任する森保一監督【写真:Getty Images】  日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表に1-4の大敗を喫した。  まさに「惨敗」と言える敗戦だった。前半は守備で相手に全く対抗できず、ベネズエラの選手たちは好き放題に動き回る。そして8分のゴールを皮切りに、30分、33分と立て続けに失点してFWサロモン・ロンドンにハットトリックを許した。前半だけで4失点は日本サッカーのプロ化以降では...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「チャレンジ」の画像

もっと見る

「チャレンジ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる