「実体験」とは?

関連ニュース

学校でいじめが発生!気にしていない様子の子どもにママができることは? - 10月13日(日)06:30 

子どもが小学校や中学校に通うようになると、大小に関わらず子ども同士のもめごとは起きてしまうかもしれません。仲間内のちょっとしたトラブルもあれば、いじめに発展するケースも。ママスタBBSに投稿してくれたママも、子どもが学校で仲間はずれや無視をされていると心配しています。 『我が子が、あるやんちゃで目立つ子から嫌われているようで、仲間はずれや、睨みつけられる、無視といったことをされます。子どもはその子を嫌っていませんが、ある無料通話アプリに友達みんな登録し合ってるのに、我が子が申請しても無視されたままです。子どもは気にしていないようですが、親からすればとても辛いです』 この投稿に他のママもコメントを寄せてくれています。自分自身の経験談や自分の子どもの場合など、実体験を元にした意見もあり参考になるのではないでしょうか。 子どもが気にしていないなら見守るのもアリ 『娘さんが気にしてないなら様子見かな』 『お子さんが気にしてないのなら見守るしかないかな』 『娘さん自身に問題がないのなら、ほっといても周りが変わっていくから大丈夫』 『中学に入ると皆グッと大人になるし、強くなるよね。意地悪な子は孤立する。高学年が耐えどきかも』 特定の子から仲間はずれにされていることを、投稿してくれたママの子どもはあまり気にしていないようです。そのため事を大きくせずに見守るのもいいのではという意見もありました。...more
カテゴリー:

まんがタイムきららのとんでもなくエッチな漫画が発売される - 10月11日(金)19:26  poverty

さふぁ太がまんがタイムきららフォワード(芳文社)で連載する「デスサイズぷるるん」1巻が、本日10月11日に発売された。 「デスサイズぷるるん」は、マンガ家志望だがなかなか芽が出ず担当編集者からラストチャンスを告げられた青年・浅井ポン太が、死神の少女プルシア・プルーイットに目をつけられたことから始まるクリエイターストーリー。 プルシアは彼の魂を取りに来たが、まだ何者でもないポン太を狩ったところで価値はないため、日本の人口を上回る「1億2700万部を超える漫画家」になる手伝いをすることに。 編集者から女の...
»続きを読む
カテゴリー:

幼稚園の入園準備。体操服のサイズは何センチを購入した? - 10月10日(木)08:30 

幼稚園に入園するときには、指定された制服や帽子、体操服などを揃える必要があるかもしれません。なるべく大きめのサイズを買っておき、在園中は同じものを着て過ごしてもらいたいと思っているママさんも多いはず。今回、体操服のサイズは大きめを買ったほうがいい? という質問が寄せられました。 『幼稚園の体操服って大きめに買うのかな? 例えば今100センチなら110センチとか買うのかな?』 このコメントに、ママさんたちが実体験を教えてくれたのでみていきましょう。 着る頻度や上下によってサイズを決めた 『着る頻度によると思う。うちの園は年数回の指定日(運動会とか)以外は、体操着の代わりに市販の白ポロシャツやTシャツでも可になっている。だから120センチか130センチを1枚買って、3年間使い回す人が多いよ』 『年に数回「体操服を着てください」ってときがあって、あとは私服でもOKって園だから120、130センチを3年間着せる人が多い』 『うちは週3回も体操服を着る日があるから、サイズアウトする頃にはどうせ買い換え時期だろうと思ってピッタリめを買った。上は大きめでもいいけど、スボンはピッタリがいいと思う!』 『上はプラス10センチで120センチを買ったけれど、下は120センチだと流石に大きすぎて110にした』 体操服を着る頻度は幼稚園によって異なり、年に数回しか体操服を着ない園もあれば、週に何度も体操服...more
カテゴリー:

「間に合わなければ、皆殺しになる」と戦場や死体が浮かぶ川の中を突き進む2人の伝令兵を描いた映画「1917」最新予告編 - 10月07日(月)19:00 

「007 スカイフォール」「007 スペクター」で監督を務めたサム・メンデスの祖父アルフレッド・メンデスの実体験を元にした映画「1917」の最新予告編が公開されました。敵軍のわなにかかりつつある、兄と1600人の友軍を救うため、砲煙弾雨の中を進むストーリーを明らかにした予告編第1弾からさらに踏み込んで、主人公となる2人の伝令兵の友情や、2人が直面する新たな戦場の一幕が明らかになっています。
カテゴリー:

トリプルアイズ、AI画像認識プラットフォームAIZE(アイズ)を「日経 XTECH EXPO 2019」に出展 ~画像認識精度の実体験コーナーを開設 - 10月07日(月)10:00 

株式会社トリプルアイズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:福原 智)は、2019年10月9日~11日の三日間、画像認識プラットフォーム「AIZE」を「日経 XTECH EXPO 2019」人工知能/ビジネスAI部門に出展いたします。当社は、2019年3月にAIZEのβ版サービスを提供開始し、大手メガネチェーン、大手飲食チェーンなど、順調に導入店舗を増やしてきました。AIZEをより多くの人に知っていただくべく、今回の出展の運びとなりました。展示会では、AIZEの精度を実体験していただけるコーナーも開設いたします。この機会にぜひAIZEの機能を実体験ください。トリプルアイズ 展示ブース(イメージ)AIZEの機能1.来店数分析…入口に設置したカメラでデータを収集、来店者数がわかります2.属性分析…年齢や性別など、AIによる画像解析で来店者の属性を推定できます3.リピート分析…ロイヤリティの高いリピート客も画像データで自動判別できます4.感情分析…来店者の表情の画像データから7パターンの感情を読み取ります5.防犯通知…不審者の不審な行為を見つけて、お店の安全を守ります6.出退勤管理…従業員の出勤・退勤を記録、自動で管理できます展示会の見どころ1.画像認識と深い関係がある囲碁AIのコーナーを開設。盤面上の形勢判断をディスプレイで上映し、AIZEの基礎となる画像認識技術をご覧いただけます。2....more
カテゴリー:

小学4年生の子どもが朝起きない!みんなはどうやって起こしてる? - 10月12日(土)06:30 

早寝早起きな子どももいれば、夜寝るのが遅くて朝早く起きられない子もいますよね。もしかしたら夜寝るのは早くても、起きるのが遅い子もいるかもしれません。ある投稿者さんの小学4年生の子どもは、朝、ママが何度起こしても起きないのだそうです』 『小学4年生。何回起こしても起きない! そのくせ夜は布団に入ってからなかなか寝ない……。朝ご飯も冷めている。起きてすぐに食べられないから7時の朝ご飯の30分前から起こしている。毎回疲れた。もうギリギリまで放置していいかな?』 この投稿に、ママたちから「子どもを起こす方法」の実体験が集まっているのでみていきましょう。 声掛けで起きないときは体を起こす! 『声かけだけ? 私は身体ごと起こす。立ち上がるまで起こしたまま支えている』 『足首を掴んでベッドから引きずり降ろしていた。中学生になって無理になったけどね。ギリギリまで寝かせて、もう限界の時間で起こす。本人も遅刻はしたくないので、1回で起きる。ご飯に用意にバタバタしているよ』 声を掛けただけでは子どもが起きないときは、体ごと起こすと良いというコメントがありました。子どもの目が覚めるまで、上半身を起こした状態でママが支えたり、強行突破でベッドから引きずり降ろすなど、子どもを起こすためのママの努力がうかがえるコメントが集まっています。 自分で起きることを学ばせることも大切 『起こさなかったことあるよ。学校も...more
カテゴリー:

野村周平「NY留学中の今、恋しくなるのは…」愛しい相手を告白 - 写真・角戸菜摘 文・田嶋真理 スタイリスト・清水奈緒美 ヘアメイク・矢口憲一(駿河台矢口) | ananweb - マガジンハウス - 10月10日(木)20:20 

今回、ご紹介する作品は、カリスマラッパーANARCHYさんの初監督作『WALKING MAN』。本作で極貧生活のどん底からラップひとつで這い上がる主人公・アトムを演じた野村周平さんにお話をうかがいました。写真・角戸菜摘 文・田嶋真理 スタイリスト・清水奈緒美 ヘアメイク・矢口憲一(駿河台矢口)【イケメンで観るドラマ&映画】vol. 49ラッパーになる夢へ向かって力強く歩き出す主人公を熱演『WALKING MAN』は、ANARCHY監督が自身の実体験を盛り込んだ、オリジナル脚本の青春映画です。主人公は、極貧の家庭に生まれ、幼い頃から人前で話すことが苦手な青年・アトム。彼はふとしたことがきっかけでラップと出会い、ラッパーになる夢へ向かって力強く歩き出します。アトムの妹・ウランをNHK連続テレビ小説『あまちゃん』で注目された優希美青さん、職場の良き先輩・山本を柏原収史さんが好演。さらに、T-Pablow、WILYWNKA、Leon Fanourakis、じょう、LETY、サイプレス上野、hMzといった人気ラッパーたちが出演し、華を添えます。ANARCHY監督が手掛けた主題歌『WALKING MAN』やクライマックスで野村周平さんが熱い想いを込めて歌う『Promise』など、本編を彩る音楽も聴きどころとなっています。ーー人前で話すことが苦手で気弱なアトムは、野村さんご自身とは真逆のキャラク...more
カテゴリー:

あやまん監督、30代に六本木で出会い求めたら…「羽振りよかった人は、だいたい逮捕」 - 10月08日(火)19:23 

過去に大きな失敗をやらかした“しくじり先生”たちが自らのしくじった経験をさらけ出し、人生の教訓を伝授してくれる反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』。10月7日(月)放送の同番組には、飲み会エンターテイメント集団“あやまんJAPAN”を率いるあやまん監督が登壇。「30代でポイっとされた、孤独おばちゃん先生」として授業を行った。©テレビ朝日あやまん監督は2006年、飲み会で知り合った仲間と“あやまんJAPAN”を結成。2010年、バラエティー番組に出演して注目され大ブレイクを果たした。20代の頃は、短時間で場を盛り上げる能力が買われ年間500もの飲み会を渡り歩き、携帯電話には約1000人の連絡先を登録していたという彼女。夜中に呼び出されても即対応できるよう、携帯電話を握りしめて眠るという就寝スタイルをとっていたそうだ。しかし40歳になった今、当時連絡先を登録していた全員と疎遠になってしまったのだとか。30代半ばには「誰とも会いたくない、酒も飲みたくない、人生が1ミリも楽しくない…」という引きこもり状態になってしまった事実も打ち明けた。そんな地獄を経験した背景には、「一生20代のテンションのまま楽しく飲めると思いこみ、自分がおばちゃんになることをまったく想像していなかった」というしくじり思考があったという。そして今回、監督は、自分の味わった地獄に陥りそうな女子たちが...more
カテゴリー:

【ジュピター出版新刊】2019年9月、本城武則著・小説『フェンス越しのキャッチボール』をAmazonプリント・オンデマンド出版で発刊。出版早々にAmazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位獲得! - 10月07日(月)17:00 

〈こころとからだの健康〉をテーマに書籍出版を手がけるジュピター出版株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:片山博文)は、本城武則著の小説『フェンス越しのキャッチボール』(https://www.amazon.co.jp/dp/4861830850)を2019年9月1日にAmazonプリント・オン・デマンド出版で発刊しました。発刊後の9月9日にはAmazon売れ筋ランキング(POD部門)にて1位を獲得しました。【書籍概要】書籍名:フェンス越しのキャッチボール分野:文芸(小説)判型:四六版並製(ペーパーバック)182ページ本体価格:1200円(消費税別)発売日:2019年9月1日ISBN: 978-4-86183-085-3【著者について】著者の本城武則氏は「本城式英会話スクール」(http://www.1eq.jp)の校長であり、これまで『なぜ私たちは3カ月で英語が話せるようになったのか』(実業之日本社刊)・『英語はまず日本語で考えろ!』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)・『英語心をわくわくさせて』(ゴマブックス刊)など、英会話に関するベストセラー書籍を数々著しています。【今作の特徴】今作は著者・本城氏の幼い頃の実体験をベースに、九州・福岡の小さな町(春日)にあった米軍基地の子供達と地元の子供達との、野球を通した交流を描いた小説です。著者が長年教えている異文化・多言語コミュニケ...more
カテゴリー:

今の仕事を辞めずに、『働きながら小さく始めて、大きく稼ぐ「0円起業」』!10月4日刊行! - 10月07日(月)09:30 

ビジネス書の出版や企業研修を手掛ける株式会社クロスメディア・マーケティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役:小早川幸一郎)は、株式会社GEAR 代表取締役 有薗 隼人執筆による「働きながら小さく始めて大きく稼ぐ0円起業 」を10月4日(金)に刊行しました。副業・起業のポイントは、「今の仕事を辞めずに(=働きながら)」「リスクを抑える(=小さく始める)」こと!人生100年時代、老後2000万円問題も追い風となり、収入アップの起業や副業に注目が集まっています。ですが、一口に起業や副業といっても「起業なんて自分には無理」「副業って何したらいいの? 」という人も多いのではないでしょうか。実は起業や副業はそんなに大げさな話ではなく、誰でもできることです。そして起業や副業を始めるうえで重要なことは、今の仕事を辞めずに始めることです。誰でもできることをわざわざ思い切って、安定した収入を手放してまでやる必要はないのです。そしてもう一つ重要なことは、タイトルにある「0円起業」のとおり、元手をかけずに始めることです。たとえばアフィリエイトも、商品の製造や仕入れ費用なしで始められます。これも0円起業の一つです。著者自身も元手がほとんどかからないアフィリエイトで成功を収め、収益を上げているサイトを売却したりしながら、億単位の取引をするまで会社を大きくしてきた実績のある有薗 隼人氏。しかし、学生時代には多額...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「実体験」の画像

もっと見る

「実体験」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる