「山形市」とは?

関連ニュース

さようならソフト麺、56年間ありがとう 人気給食、山形から姿消す - 02月23日(金)17:53  newsplus

どもたちに大人気の学校給食「ソフト麺」が山形県内から姿を消す。56年間にわたり製造してきた鈴木製麺(山形市)が3月で廃業するからだ。工場がある天童市では21日が提供最終日となった。市内の小学校の給食に同社社員が招かれ、児童が感謝を伝えた。 鈴木製麺は1906(明治39)年創業の老舗。県学校給食会の委託を受け、68年から県内で唯一つくってきた。山形市など県内の半数近い16市町村で食べられたが、原材料費の高騰や少子化などに太刀打ちできなかった。 天童市内で最後となったこの日、小中学校と特別支援学校の計16校で「...
»続きを読む
カテゴリー:

山形の地で走る、滑る、飛ぶ! 冬季国スポ開幕、22日からスキー競技 - 02月21日(水)19:00 

 第78回国民スポーツ大会「やまがた雪未来国スポ」冬季スキー競技会は21日、山形市のやまぎん県民ホールで開始式が行われ、幕を開けた。国民体育大会(国体)から改称後、初の開催でスローガンは「一瞬の風にな…
カテゴリー:

いざ決戦、青森県勢気合/スキー国スポ、山形県内で21日開幕 - 02月21日(水)14:03 

第78回国民スポーツ大会冬季大会「やまがた雪未来国スポ」スキー競技会が21日、山形市を主会場に開幕する。青森県選手団は20日、山形県上山市内の宿泊施設で結団式を行い、健闘を誓った。距離の選手とスタッフ約30人が参加した。県スキー連盟会長の千葉耕悦団長が「県の代表として自信と誇りを持って大会を勝ち抜いてほしい」と激励。木村幹弥総監督の「青森県頑張るぞ」のかけ声に合わせ、全員で勝ちどきを上げた。距離成年女子Bで優勝候補の土屋正恵(弘果SRC)は「最大の得点(1位)を取りたい」と意気込み、「今年は良…
カテゴリー:

山形済生病院 保健所が去年立ち入り検査 医師以外が皮膚縫合で - 02月18日(日)10:34  newsplus

山形市にある山形済生病院でおととしまでの1年余りにわたり、医師以外の医療従事者が手術中に患者の皮膚の一部を縫合していたことについて、病院が去年、山形市保健所の立ち入り検査を受けていたことが関係者への取材でわかりました。 山形市沖町にある山形済生病院は、2021年1月からおととし4月にかけて「医師以外の医療従事者が手術中に医師の指導のもと、皮膚の縫合の一部を行っていた」と17日発表しました。 これについて去年12月、病院が山形市保健所の立ち入り検査を受けていたことが病院関係者などへの取材でわかりました。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

山形市で「寒鱈まつり」 庄内地方の冬の味覚を味わう - 02月13日(火)00:29 

山形の冬の味覚「寒だら汁」を味わえる「寒鱈まつり」が山形市で開かれました。
カテゴリー:

雪の精鋭、いざ頂点へ 青森県選手団、堂々行進/スキー国スポ - 02月22日(木)13:05 

第78回国民スポーツ大会冬季大会スキー競技会「やまがた雪未来国スポ」が21日、山形市のやまぎん県民ホールで開始式を行い開幕した。競技は22日から3日間。全国から選手ら総勢1694人が参加し、熱戦を繰り広げる。青森県選手団からは、千葉耕悦団長(県スキー連盟会長)や選手ら10人が式典に参加。距離成年女子Aの横濵汐莉(弘果SRC)が旗手を務め、堂々と行進した。出場選手を代表し、山形県選手団の距離成年女子Bの青木富美子が「日ごろ鍛えた走る、滑る、飛ぶ-のスキーの技と力を十分に発揮し、能登半島地震で被災…
カテゴリー:

「ラーメンガチャ」が熱い!  特典付きホルダー販売1万個に 山形 - 02月21日(水)14:21 

 ラーメン支出額で2年連続日本一に輝いた山形市で、地元店の“こだわりの1杯”がデザインされたラーメンキーホルダーが人気だ。カプセル入りの玩具などが無作為に出てくる「ガチャガチャ」で購入できる気軽さや、ラーメン画像がプリントされたユニークさ、対象店で示せば「大盛り無料」などの特典が付くお得感などで支持
カテゴリー:

手術中に医師以外が皮膚の縫合 - 02月18日(日)19:43 

山形市の総合病院「山形済生病院」(石井政次院長)で令和3年1月から令和4年4月までの間、医師ではない医療従事者が、皮膚の縫合などの医療行為を行っていたことが18...
カテゴリー:

山形済生病院 保健所が去年立ち入り検査 医師以外が皮膚縫合で - 02月18日(日)06:28 

山形市にある山形済生病院でおととしまでの1年余りにわたり、医師以外の医療従事者が手術中に患者の皮膚の一部を縫合していたことについて、病院が去年、山形市保健所の立ち入り検査を受けていたことが関係者への取材でわかりました。
カテゴリー:

山形ラーメンってどんなやつなんだよ - 02月11日(日)18:46  poverty

ラーメンの1世帯当たりの年間消費額が2年連続日本一となった山形市で、ラーメンをPRする「山ラー」マルシェが開かれ多くの人で賑わった。 「山ラー」マルシェは、山形市のラーメン文化をさらにPRしようと市が初めて企画したもの。会場のやまがたクリエイティブシティセンターQ1には、市内の人気ラーメン店のキッチンカーが並んだ。 長い行列の先にあるお目当てがこちら。山形の秋の風物詩「芋煮」を作る鍋で作ったラーメン。その名も「芋煮鍋ラーメン」。これは山形の名物「芋煮」とラーメンを一緒にPRしようという市の若...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる