「中国出身」とは?

関連ニュース

シンデレラガールが正真正銘の世界女王に。バド・ナガマツペア、ピンチの局面で思い出した“ある場面” - 12月11日(水)12:42 

今日12月11日(水)から始まる、バドミントンの「BWFワールドツアーファイナルズ」。8月に行われた「世界バドミントン」の金メダリストと、1年間に渡り繰り広げられたワールドツアーのポイントランキング上位選手、合わせて8人と、8組しか出場できない究極の世界一決定戦だ。来年2020年の東京五輪前に行われる個人戦では最も大きなトーナメントになるため、東京五輪のメダルを占う大会として注目されている。中でも、日本の女子ダブルスのペアは、東京五輪代表の座をかけてし烈な戦いを繰り広げている。バドミントンの五輪代表は、1カ国最大2枠。争っているのは、12月11日(水)現在で、世界ランク2位の福島由紀・廣田彩花組、同3位の永原和可那・松本麻佑組、そして同4位の髙橋礼華・松友美佐紀組の3組だ。2019年4月末から一年間の獲得ポイントによるランキングで、出場権を争う形となっている。世界トップ5にいながら、五輪に出場できないかもしれない――それほど、超ハイレベルな混戦となっているのだ。そんな中、先月行われた「全日本総合選手権」で、福島・廣田組を破り、見事初優勝を果たしたのが永原・松本組の“ナガマツペア”だ。©テレビ朝日「世界バドミントン」を2連覇するなど、世界トップクラスの実力を誇る2人だが、ここに至るまでには運命的な出会いと、絵に描いたようなシンデレラストーリーがあった。◆ライバルだったジュニア時代、運...more
カテゴリー:

実写版『ムーラン』の予告映像が公開 原作との違いは? - 12月06日(金)13:34 

ディズニーが実写版『ムーラン』の予告映像を公開し、大きな話題を呼んでいる。今月5日、ディズニーが1998年に公開されたアニメーション映画、『ムーラン』の予告映像のフルバージョンを公開した。少年に扮して、老病の父に代わって従軍する勇敢な娘、ムーランを演じるのは中国出身の女優リウ・イーフェイだ。Loyal. Brave. True. I will bring honor to us all. Watch the brand new trailer for Disney’s #Mulan. See it in theaters March 27, 2020. pic.twitter.com/L1bLP6hjJu— Mulan (@DisneysMulan) December 5, 2019原作を忠実に再現した要素も多く含まれており、ムーランの簪(かんざし)や、家族に名誉をもたらしたいという思い、戦士になるためのトレーニングシーンは健在だ。しかし原作のアニメーションと異なる点もある。原作でムーランは短髪にするのだが、予告映像から見てとれるように、原作では長髪のまま。 また、原作でムーランとのロマンスを淡く匂わせたシャン隊長も登場しないようだ。悪役の魔女についても言及されており、どうやら原作の悪役、シャン・ユーに似た立ち位置のようだ。予告映像と合わせて、公式ポスターも公開されてい...more
カテゴリー:

中国が知的財産権の保護を促進する世界機関を主導しようとしている - 11月28日(木)12:30 

2019年11月14日、中国の王毅外相が、知的財産権の保護を促進することを目的とする国際連合の専門機関「世界知的所有権機関(WIPO)」の事務局長に、WIPOのブランド・デザイン部門で部長代理を務めている中国出身の王彬穎(Wang Binying)氏を推薦しました。この件に対して、アメリカの世界情勢に関するニュースメディア・Foreign Policyは「鶏を食べるキツネに鶏小屋を管理させるつもりなのか?」と反発しています。
カテゴリー:

【=極左暴力団見え隠れ】中国人マンガ家×元議員×香港暴動 - 11月24日(日)15:40  newsplus

【=極左暴力団見え隠れ】中国人マンガ家×元議員×香港暴動 2019年11月23日 10:27  沖縄から香港に通い、抗議行動の取材を続ける大袈裟(おおげさ)太郎氏について、漫画家の孫向文(そんこうぶん)氏が「中国共産党の手先」「香港のみなさん、気をつけて」などと中国語でツイートしていたことが22日分かった。緊迫する香港にいる大袈裟氏は「悪質なデマで危険にさらされている。深刻な言論弾圧だ」と抗議している。 日本で活動する中国出身の漫画家、孫氏は19日、ツイッターに「大袈裟太郎という日本人が現在、香港でスパイ活...
»続きを読む
カテゴリー:

仕事の未来は倫理的か? - 12月06日(金)20:45 

Meili Gupta(メイリ・グプタ)さんは新たな疑問を投げかけようとしている。エリートのための寄宿舎制中等教育校であるPhillips Exeter Academy(フィリップス・エクセター・アカデミー)の穏やかで雄弁な3年生グプタさん(17歳)は、内向的で優しい話し方をする技術系オタクの典型のように映る。 しかし、多くの人が知っているどの高校生よりも、彼女はコンピュター・サイエンスに詳しい。しかも、MITの最も重要な刊行物である「MIT Technology Review」(MITテクノロジー・レビュー)の熱心な読者でもある。そのことから彼女は、この夏にMITのキャンパスで開かれた、AI、機械学習、そして「仕事の未来」を考えるMITテクノロジー・レビュー主催のカンファレンス「EmTech Next」(イーエムテック・ネクスト)で最も多く出会う高校生となった。 このカンファレンスの本来の目的は、企業のトップやテクノロジーの専門家が次世代のテクノロジーが、今後数十年で私たちの仕事や経済をどのように変えていくかを話し合うことにある。 だが私にとって、この集まりは生存の危機をもたらすものに感じられた。強いて言うなら、宗教の危機だ。私は無神論者を公言しているばかりでなく、それを職業にしている。私が体験したEmTech Nextは、私たちの他人とそして自分自身との結び付きをテクノロジーが...more
カテゴリー:

【新宿】ホスト血まみれ刺傷事件、懲役5年求刑「両手で包丁を握り、垂直にさしました」被告はタバコを吸い、横たわる男にキス - 12月04日(水)12:21  newsplus

 12月3日、東京地裁で開かれたガールズバーの元店長・高岡由佳被告(21)の初公判。高岡被告は5月、東京・新宿区のマンションでホスト男性の腹部を刃物で刺し、殺人未遂の罪に問われている。  黒のスーツに丸メガネ姿で出廷した高岡被告は、被告人質問で、被害者の琉月(るな)さん(20)のホストの“魔力”に魅了されたことを告白。ガールズバーを辞めデリヘルやパパ活などで稼いだお金を琉月さんに貢いだことや、事件現場となった新宿区内のマンションに引っ越しした経緯などを語った。 歌舞伎町のラブホに行ったと聞いて口論に ...
»続きを読む
カテゴリー:

ロン・モンロウ:話題の中国人美女が犬飼貴丈との“同棲生活”語る 仮面… - 11月27日(水)19:40 

 10月24日にスタートしたTBSの新番組「テッペン!『ダブルベッド』」に出演中のロン・モンロウさん。「栗子」のハンドルネームでSNSを中心に話題となった中国出身のタレントで、番組では特撮ドラマ「仮…
カテゴリー:

「中国出身」の画像

もっと見る

「中国出身」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる