「パイプ」とは?

関連ニュース

【上級国民は逮捕されない?】刑事司法の不正を放置してはならない あの植草一秀教授が「上級国民」に一言! - 05月18日(土)18:13  newsplus

https://blogos.com/outline/377991/ <上級国民は逮捕されない?>刑事司法の不正を放置してはならない メディアゴン 2019年05月18日 17:57 植草一秀[経済評論家] *** 4月19日、池袋でトヨタ製乗用車プリウスが暴走し、自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さんと、娘の莉子ちゃんを殺害する事件が発生した。加害者は87歳の無職・飯塚幸三氏(旧通産省・元工業技術院長)である。この事件の加害者はいまなお逮捕されていない。 歩行者をはねて殺害する事故が多発しているが、基本的に加害者の運転者が逮捕されている...
»続きを読む
カテゴリー:

シード資金の真空地帯を埋める企業ファンドのススメ - 05月17日(金)17:15 

過去5年間の間に、シード投資は明らかに落ち込んだ。それに先立つ2010年から2014年の間には、シードキャピタルを専門とするマイクロVCたちの流入が続いていたが、それ以降、流れは徐々に減少していた。 この現象の主要な理由の1つは、そうしたマイクロVCたちが成功したことだ。シード段階で投資することは、リターンを生み出すための非常に強力な戦略であることははっきりした。彼らのポートフォリオは高い成績を収め、その結果、はるかに多額の2番目や3番目の資金調達を行うことができたのだ。 残念ながら私の見るところ、ファンドの規模が7500万ドルを超えると、シード段階に焦点を当てることは非常に困難になる。その資金全額に見合う、素晴らしい機会を、十分な数だけ見つけることが非常に難しくなるからだ。結局少額の小切手を多数書くのではなく、より高額の小切手を書く必要に迫られる。そうするために、ファンドはより後期のラウンドに集中し始める。これがシードステージに真空地帯が生まれる原因である。だがシードステージこそが最もエキサイティングなものなのだと私は言いたい。 そうした理由から、私はここに、企業ベンチャーファンドたちが埋めることができる、素晴らしい機会があると信じているのだ。私たちは、投資会社dunnhumbyで、ここ何年もの間、投資を成功裏に進めてきた。そして、ここで言う成功とは、(投資に対してはるかに大きな...more
カテゴリー:

菅官房長官が異例の渡米、その「真の目的」は何だったのか? - 05月17日(金)04:45 

5月9日からの4日間に渡る米国訪問を終え、12日に帰国した菅義偉官房長官。今回菅長官に課された任務は対北朝鮮交渉ルートの確認とされていますが、なぜそのような役割が、国の危機管理をあずかる立場の官房長官に託されたのでしょうか。元全国紙社会部記者の新 恭さんが自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、その裏側を探っています。 菅官房長官が訪米した真の目的 安倍首相が北朝鮮の独裁者、金正恩に会いたいと言い出した。条件は付けないという。つまり拉致問題に進展があるなしに関わらず、直接会って話すのだと、思いつめている。 いったい何があったのか。あれほど、「対話より圧力」を貫いてきたというのに。 「制裁を緩めるな」と訴える拉致被害者家族の気持ちは複雑だろう。トランプ大統領への「抱きつき外交」で世界に名を馳せる安倍首相が中途半端に方針転換しないかと心配しているに違いない。 だが、日本政府は金正恩にアプローチする交渉ルートを持っているのだろうか。小泉訪朝は、田中均氏が外務省アジア大洋州局長だったころ、「ミスターX」とのチャネルをつくったから実現した。いまはそんなパイプがあるとは思えない。 余談だが、田中均氏は安倍首相から蛇蝎のごとく嫌われている。というのも、かつて田中氏が毎日新聞のインタビューで、こう語ったからだ。 「安倍首相の侵略の定義や河野談話、村山談話をそのまま承継するわけではないという...more
カテゴリー:

「モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)の世界市場:2024年に至るタイプ・技術別、用途別予測」リサーチ最新版刊行 - 05月16日(木)17:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)の世界市場:2024年に至るタイプ・技術別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】モノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)の世界市場規模は2019年段階で推計77億ドル、2024年には127億ドルにまで拡大が見込まれます。当レポートでは、2024年に至るモノリシックマイクロ波集積回路(MMIC)の世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(パワーアンプ、低ノイズアンプ、減衰器、スイッチ、位相調整器、ミキサー、電圧制御発振器、周波数逓倍)、タイプ別市場(ガリウムヒ素、リン化インジウム、シリコンゲルマニウム、窒素ガリウム、リン酸インジウムガリウム)、技術別市場(MESFET、HEMT、p-HEMT、E-pHEMT、m-HEMT、HBT、MOS)、周波数帯別市場(Lバンド、Sバンド 、Cバンド、Xバンド、KUバンド、Kバンド、KAバンド、Vバンド、Wバンド)、用途別市場(コンシューマー/企業向けエレクトロニクス、無線通信インフラストラクチャ、自動車、航空宇宙/防衛、CAVT/有線ブロードバンド、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、モノリシックマイク...more
カテゴリー:

「マスターバッチの世界市場:タイプ別、ポリマー別2023年予測」最新調査リリース - 05月16日(木)16:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「マスターバッチの世界市場:タイプ別、ポリマー別2023年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】マスターバッチの世界市場規模は2018年で推計110億ドル、今後2023年段階では140億ドル市場に達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2023年に至るマスターバッチの世界市場予測(市場規模US$、量ベースKiloton)、タイプ別市場(カラーマスターバッチ、添加剤マスターバッチ、ホワイトマスターバッチ、ブラックマスターバッチ、フィラーマスターバッチ)、ポリマー別市場(PP、LDPE/LLDPE、HDPE、PVC、PU、PET、PS、その他)、用途別市場(容器包装、建物/建設、コンシューマーグッズ、自動車、テキスタイル、農業、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール動向などの情報も交えて、マスターバッチ市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】マスターバッチの世界市場:タイプ別、ポリマー別2023年予測Masterbatch Market by Type (Color, Additive, White, Black, Filler), Polymer (PP, LDPE & LLDPE, HDP...more
カテゴリー:

アンチフェミさん、一線を超えてしまう「元気な男の子が生まれたら玉抜いてパイプカットしてくださいね!」 - 05月18日(土)07:00  poverty

意外と知られていない射精前に出てくる「カウパー液」の謎 - GIGAZINE https://gigazine.net/news/20190517-prevent-pregnancy-pullout-method/ カナダ在住のフェミニスト翻訳家さん、子供を産む→過去に男児のパイプカットを主張、人権侵害の危機へ - Togetter https://togetter.com/li/1356107 フェミ、「男は産まれたらすぐ玉取れ」と言い出す - Togetter https://togetter.com/li/1292743 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「セラミックコンデンサの世界市場:2023年予測と技術動向」調査レポート刊行 - 05月17日(金)10:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「セラミックコンデンサの世界市場:2023年予測と技術動向」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】セラミックコンデンサの世界市場規模は2018年の148億ドルから、2023年には307億ドルへと伸長が予測されます。当レポートでは、セラミックコンデンサの市場/技術的背景、各種セグメント別市場分析(用途別、タイプ別、マテリアルタイプ別、地域別)、特許動向、主要企業プロフィールなどを盛り込み、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】セラミックコンデンサの世界市場:2023年予測と技術動向Ceramic Capacitors: Technologies and Opportunitieshttp://researchstation.jp/report/BCC/0/Ceramic_Capacitors_BCC078.html【レポート構成概要】◆イントロダクション・調査目的・調査対象・調査手法◆サマリーと調査ハイライト ◆市場/技術背景・電子部品とセラミックコンデンサ・コンデンサ業界・コンデンサの歴史と最近の動向・セラミックコンデンサの現状と新規用途◆技術・製造プロセス・新機能と改善・2016年以降の最新の技術的進展・その他関連R&D活動◆世界市場分析・調査分析の概要・世界市場概要・現在の市場状況・市場成長動向・各種セグ...more
カテゴリー:

「可変要素が少ない財産は”信頼と信用”」社団法人代表理事、石山アンジュに聞くキャリアメイキング - 05月16日(木)20:15 

好きなことをして生きていく。果たしてそれは夢物語なのでしょうか? すべての人がそうなることはできないかもしれませんが、そこに近づいていくことはできるはず。今回お話を伺うのは、一般社団法人Public Meets Innovation 代表理事にして、シェアリングエコノミー協会 事務局長、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師、総務省地域情報化アドバイザー、厚生労働省「シェアリングエコノミーが雇用・労働に与えるインパクト研究会」構成委員、総務省検討会構成委員など多数の肩書きを持つ石山アンジュさん。「イノベーションの社会実装」をテーマに、ベンチャー企業と政府をつなぎながら、日々多くのメディアに出演されている注目のビジネスパーソンです。副業推奨の流れや、個人ブランディングの重要性が叫ばれる今、石山さんの働き方やキャリアマップは私たちのヒントになるかもしれません。1989年生まれ、新卒で株式会社リクルートに入社した彼女は、どのようにしてキャリアを進め現在に至るのでしょうか?きっかけは、両親の離婚。自分が生まれた理由を考えた。── 石山さんはジャーナリストを目指されていたとのことですが、そのルーツにはどんなきっかけや思いがあったのでしょうか?根本にあるのは「世界平和」です。12歳の頃、両親が離婚したのをきっかけに、なんで自分が生まれたのかという存在意義を考えるようになったんです。もともと小さい...more
カテゴリー:

サウジ「被害」で高まる緊張 イランは事態の沈静化狙う - 05月16日(木)16:30 

 サウジアラビアの石油タンカーやパイプライン施設が損傷したり攻撃されたりする事件が相次いでいる。サウジと対立するイランが事件に関与したとの指摘が一部にあり、経済制裁などで米国が「イラン包囲網」を推し進…
カテゴリー:

「法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場:2024年に至る技術別、用途別予測」最新調査リリース - 05月16日(木)15:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場:2024年に至る技術別、用途別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場は今後成長が見込まれ、その市場規模は2019年の推計3億1700万ドルから、今後2024年には12億3600万ドルにまで拡大するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2024年に至る法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント市場(ソリューション各種、サービス各種)、技術別市場(機械学習/ディープラーニング、自然言語処理)、展開モード別市場(クラウド、オンプレミス)、エンドユーザー別市場(企業法務部門、法律事務所、その他)、用途別市場(eディスカバリー、リーガルリサーチ、契約管理、コンプライアンス、訴訟予測)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業19社プロフィール動向などの情報も交えて、法務向け人工知能(AI)ソフトウェア市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】法務向け人工知能(AI)ソフトウェアの世界市場:2024年に至る技術別、用途別予測Legal AI Software Market by Component (...more
カテゴリー:

もっと見る

「パイプ」の画像

もっと見る

「パイプ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる