「ニュージーランド」とは?

関連ニュース

世界を“麻薬漬け”にする中国。菅総理は対中依存から脱却できるか? - 09月22日(火)14:00 

政界一の親中派と言われる二階俊博氏の強力な後押しで誕生した菅新総理は、世界覇権奪取の野望を隠さぬ習近平政権と適切な距離を持ち対峙できるのでしょうか。今回のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』では元国連紛争調停官の島田久仁彦さんが、世界各国の深刻な「中国依存の現実」を解説。その上で、途上国を中心に存在感を増大させている中国と、いかにして付き合うべきかを考察しています。国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ 国際新秩序における中国との付き合い方 新型コロナウイルス感染症のパンデミックが現実を大きく変えてしまった世界で、今、世界各国は【中国といかに付き合うのか】について悩んでいます。 「経済規模では世界第1位かギリギリ第2位にまで発展した中国」 「海軍力ではすでに米軍を上回ったとアメリカが認める中国」 「ハイテク産業、特にIT産業では世界トップの立場にあると言える中国」 「急速な発展の過程において、世界からの依存度を高め、すでに切っても切り離せなくなった中国」 「人権問題をはじめとして、欧米の価値観にはそぐわない中国」…… 好むか好まざるかは別として、すでに国際新秩序において絶対的な存在を示しているのが中国だと言えます。 香港が英国から中国に返還された...more
カテゴリー:

3300年前の巨鳥「モア」の”皮膚まで保存された足”がリアルすぎる。クローン化も可能? - 09月21日(月)12:00 

巨鳥モアの足/Credit: Wikimedia Commons 今から30年ほど前、ニュージーランドにあるオーウェン山の洞窟を探検していた考古学者たちが、目を疑う驚きの発見をしました。 彼らが見つけたのは、恐竜のような鋭い爪を持った何者かの巨大な足先で、まだ筋肉や皮膚組織が完全に残されていたのです。 調査の結果、この足は約3300年前に生きていた巨鳥モアのものと判明しています。 モアはすでに地球上から姿を消していますが、一体どんな生物で、なぜ絶滅したのでしょうか。 目次 史上最も背の高い鳥類「モア」モアが絶滅した理由とは? 史上最も背の高い鳥類「モア」 モアはニュージーランドを原産とするダチョウ目モア科の鳥類で、最初に出現したのは約850万年前です。 少なくとも10種以上が存在し、一番大きなジャイアント・モアは、高さ約3.6メートル、体重約230キログラムに達します。 最小の種で、現代の七面鳥ほどだったようです。 モアの体格比較/Credit: Wikimedia Commons 見た目はダチョウに似ており、強靭な脚力が発達していましたが、空を飛ぶことは出来ませんでした。 また当時のニュージーランドは、天敵となる生物がおらず、モアは悠々自適に暮らしていたようです。 ところが、ある生物がニュージーランドにやってきたことで彼らの運命は狂い始めます。 モアの足跡の化石/Credi...more
カテゴリー:

ニュージーランドで乱射して51人が死亡した事件で終身刑 さすがに死刑でよくないか - 09月20日(日)20:03  poverty

ニュージーランド・クライストチャーチ(CNN) ニュージーランドの裁判所は27日、2019年にクライストチャーチのモスク(イスラム教礼拝所)で銃を乱射し51人が死亡した事件の実行犯である オーストラリア国籍のブレントン・タラント被告(29)に対して仮釈放なしの終身刑を言い渡した。仮釈放なしの終身刑という判決は同国の裁判所では初めて。 https://www.cnn.co.jp/world/35158767.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

ニュージーランド、新型コロナの新規感染者ゼロ 過去5週間で初めて - 09月20日(日)15:27 

ニュージーランド保健省は18日、国内での新型コロナウイルスの新規感染者の発生が報告されなかったと発表した。新規感染者がゼロとなったのは先月10日以降で初めて。 保健省によると、17日に7360件の検査を実施し、新たな感染者が判明しなかった。 ニュージーランドでは先月、最大都市オークランドでクラスター(感染者集団)が見つかり、同国内で102日間続いていた新規感染者ゼロの記録が終わっていた。 ニュ...
カテゴリー:

ラグビーW杯から1年…森会長、日本に対する“強豪国の変化”実感、再招致「やるしかない」 - 09月20日(日)06:50  mnewsplus

9/20(日) 6:45配信 スポニチアネックス 日本ラグビーフットボール協会の森重隆会長  1年前のきょう9月20日、ラグビーW杯日本大会が開幕した。史上初の8強入りを果たした日本代表の躍進もあり、列島が空前のラグビーブームに沸いてから1年。新型コロナウイルスの影響で今年の代表活動が見送りになるなど、ラグビー界も大きな打撃を受ける中、日本協会の森重隆会長(68)の胸中は。スポニチなどのインタビューに応じた。(取材・構成 阿部 令)  ――W杯開幕から1年が経った。その後のトップリーグも盛況だったが、新型コロナの影...
»続きを読む
カテゴリー:

【ニュース】ローソンがプラ削減の一環で洗剤の量.. - 09月21日(月)21:05 

【ニュース】ローソンがプラ削減の一環で洗剤の量り売り開始 マッシュ傘下、ニュージーランド発自然派ブランド「エコストア」で
カテゴリー:

ペンギンの祖先は「南極生まれ」じゃなかった!【研究結果】 - 09月21日(月)06:00 

現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──?これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。「カリフォルニア大学バークレー校」の科学者らによる新しい研究によると、これまで定説とされてきた南極大陸で生まれたのではなく、約2200万年前の中新世(地質時代)にオーストラリアとニュージーランドで最初に進化をし、その後に南極海を渡ったという。研究は世界中の大学機関や博物館に協力を得て、18種類のペンギンの血液と組織サンプルを分析。ゲノム情報から数千年に及ぶペンギンの進化の歴史を追跡した。なるほど。南極にいるペンギンが北極にはいない理由も、たしかに辻褄が合う。では、南極へと渡ったペンギンの祖先は、どのようにしてアフリカ南部や南アメリカまで生息地を広げていったのか? じつは、ここに温暖化と酷似する気候変化が起因していた。研究者らの見解では、1200万年前、南極と南ア大陸の間のドレーク海峡を塞いでいた氷が融解。そこからペンギンたちが開放され、温暖な沿岸地域へと移動していったんだそう。極寒の海から温暖な海まで、今日広くペンギンが分布する背景には、彼らの環境への秀でた遺伝子適応性がある。それでも、歯止めの効かない今日の海水温の上昇には、さしものペンギンたちの高い適応力をもってしても、順応するまでの時間が足りなすぎるという見方が大半のようだ。Ref...more
カテゴリー:

【ニュース】ローソンがプラ削減の一環で洗剤の量.. - 09月20日(日)16:50 

【ニュース】ローソンがプラ削減の一環で洗剤の量り売り開始 マッシュ傘下、ニュージーランド発自然派ブランド「エコストア」で
カテゴリー:

クリムゾンで抜け! - 09月20日(日)07:08  poverty

インタビュー 元体育教師「ハーバード卒」起業家の原体験 情熱を持って教え、学べる教育をどうやるか 日本の教育界に変革を呼び込む人物として注目を集める人がいる。 海外留学支援を手がけるCrimson Education Japan(クリムゾン・エデュケーション・ジャパン)代表取締役社長の松田悠介氏だ。 元体育教師でハーバード教育大学院に留学した後、日本で起業するという異色の経歴を持つ。 そんな松田氏だが、小中学校時代にいじめに遭い、ある先生に救われた経験があるという。 その恩師に言われた一言が、今も松田氏の教育に対...
»続きを読む
カテゴリー:

トヨタ勢、3連覇へ発進 ルマン24時間 2020/09/19 - 09月19日(土)22:11  mnewsplus

2020年09月19日21時52分  伝統の自動車耐久レース、第88回ルマン24時間は19日、フランス・ルマンのサルテ・サーキット(1周13.626キロ)で決勝が始まり、TS050ハイブリッド2台で臨むLMP1クラスのトヨタ勢は、 ポールポジションから7号車の小林可夢偉、コンウェイ(英国)、ロペス(アルゼンチン)組、3番手から8号車の中嶋一貴、ブエミ(スイス)、ハートレー(ニュージーランド)組がスタートした。  ルマン24時間でトヨタ勢は中嶋、ブエミ、アロンソ(スペイン)で組んだ8号車が2018年に初優勝...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ニュージーランド」の画像

もっと見る

「ニュージーランド」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる