「パイプライン」とは?

関連ニュース

ベネトクラクスの慢性リンパ性白血病に対する一定投与期間治療を評価する試験の複数のマイルストーンを発表 - 03月25日(月)16:00 

2019年3月25日 アッヴィ合同会社 治療歴のない慢性リンパ性白血病の治療薬として、ベネトクラクスの一定投与期間治療を評価する第III相試験の複数のマイルストーンを発表 ●ベネトクラクスとオビヌツズマブの併用療法を評価する第III相CLL14試験は、併存疾患があり、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)に対し、化学療法を含まない一定投与期間の治療を検討する、初めての無作為化臨床試験 ●治療歴のないCLL治療薬として、ベネトクラクスとオビヌツズマブ併用療法の適応追加申請(sNDA)を米国食品医薬品局(FDA)に提出 ●FDAは、本申請の審査にReal-Time Oncology Review(RTOR)パイロットプログラムを適用する予定で、審査を迅速化する意向 ●第III相CLL14試験結果に基づき、ベネトクラクスは5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定をFDAより取得 イリノイ州ノースシカゴ、2019年3月7日(米国時間)-グローバルな研究開発型のバイオ医薬品企業であるアッヴィ(NYSE: ABBV)は、治療歴のない慢性リンパ性白血病(CLL)の成人患者さんを対象に、一定投与期間の治療として検討されているオビヌツズマブ併用療法について、ベネトクラクスが米国食品医薬品局(FDA)より5つ目の画期的治療薬(ブレークスルー・セラピー)の指定を受けたことを...more
カテゴリー:

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ(7) - 03月24日(日)09:53 

Y Combinator(YC)の企業を抱えた2019年の冬クラスは200社以上が参加し、これまでのYCで最大の規模になった。私たちはその場に参加し、それぞれのクラスの話を聞きながら、見たもののメモを持ち寄った。以下に紹介するのは米国時間3月18日にピッチが行われた85+のスタートアップのPart 2だ。 Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ ・Part 1:パイオニアステージ(1) ・Part 2:パイオニアステージ(2) ・Part 3:パイオニアステージ(3) ・Part 4:パイオニアステージ(4) ・Part 5:ミッションステージ(1) ・Part 6:ミッションステージ(2) ・Part 7:ミッションステージ(3)※この記事 ・Part 8:ミッションステージ(4) Evo.Do ゲーム産業やその他のデジタル製品向けの、コードレステスト自動化ツールの開発を行っている。同社によると、そのAI対応のボットは、ゲームのバグを人間と同じくらい賢く柔軟に識別できるという。ボットは人間の介入なしに数分でバグを見つけることができる。1台のボットは1人の人間のテスターよりも速く効率的に動作するのだ。 Reelables 企業内における物品の紛失を減らすことを目指している。同社は、製品に貼り付けるラベルに組み込むことができる、超薄型の...more
カテゴリー:

中国につくか、米を選ぶか。ドイツの選択が決める世界覇権の行方 - 03月20日(水)07:00 

米国が主張する「次世代5G通信網からの中国ファーウェイ製品排除」に、英国や日本などは既に同意済ですが、世界GDPの22%を占める欧州各国は未だ明確な方針を固めていない状況です。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、NATO軍最高司令官があえてドイツを名指しにしファーウェイ製品排除の対応を迫っている点に着目し、その理由を解説しています。 ファーウェイ排除で、米独に温度差 皆さんご存知のように、2018年米中覇権戦争がはじまった。それでアメリカは、「ファーウェイを5Gから排除する」と決意しています。現在、アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本などが排除する方針。 しかし、ドイツは揺れているのでしょうか。こんな情報が出ています。 ファーウェイ採用すればドイツ軍との通信を断つ、米欧州軍司令官 3/14(木)13:55配信   【AFP=時事】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)をめぐり、米国が欧州諸国に対して、同社を第5世代(5G)移動通信網構築への参入から排除するよう圧力を強めている。米欧州軍のカーティス・スカパロッティ(Curtis Scaparrotti)司令官は13日、ドイツがファーウェイの技術を採用した場合には、ドイツ軍との通信を断つ方針を示した。米国と欧州の同盟国は、中国...more
カテゴリー:

コンテナベースの継続的インテグレーションの利点/課題と、CIパイプライン、Docker Build高速化のコツ - 03月18日(月)05:00 

Kubernetes、コンテナ技術を活用したCI/CD基盤におけるサービス開発について、リクルートの事例を基に解説する連載。今回は、アプリ開発者の視点から、コンテナ技術を用いたシステム開発について、コンテナベースのCIのメリットを中心に解説。
カテゴリー:

CI/CDパイプラインを妨げない形でセキュリティを実現すれば、「開発者や運用担当者に嫌われないWAF」は可能か - 03月15日(金)11:20 

米国のセキュリティ企業ThreatXでは、シグネチャではなく、サイバーキルチェーンに沿ったプロファイリングとアプリケーションそのものの挙動を学習することによって脅威を検知するWAF製品を提供し、アプリケーション開発者や運用者にも好かれるWAFを目指す。
カテゴリー:

次世代がん免疫療法のAZD4635に関する新たな臨床および前臨床試験データをAACR2019で発表 - 03月25日(月)13:27 

[そーせいグループ株式会社] 当社は、当社の提携パートナーであるAstraZeneca社が、2019年3月29日から4月3日に米国アトランタで開催される米国がん学会(AACR)年次総会で、がん免疫療法のパイプラインに関する臨床および前臨床試験の早期段...
カテゴリー:

【製薬】エーザイとバイオジェン、アルツハイマー病薬の後期治験打ち切り バイオジェン株は約29%急落 - 03月22日(金)02:38  newsplus

https://jp.reuters.com/article/biogen-alzheimers-idJPL3N218300 東京外為市場ニュース 2019年3月21日 / 16:27 / 2時間前更新 エーザイとバイオジェン、アルツハイマー病薬の後期治験打ち切り Reuters Staff [21日 ロイター] - エーザイと米バイオジェンは21日、アルツハイマー病(AD)治療薬「アデュカヌマブ」の後期臨床試験2試験を打ち切ると発表した。独立データ監視委員会(DMC)が治験での主要評価項目達成の可能性は低いと判断したためという。 バイオジェンのボナッソス最高経営責任者(CEO)は「ア...
»続きを読む
カテゴリー:

【JPIセミナー4月3日(水)開催】”株式会社国土ガスハイウェイ:基幹ガスパイプライン整備とエネルギーの国土強靱化” - 03月19日(火)17:10 

[株式会社日本計画研究所] [画像1: https://prtimes.jp/i/42328/50/resize/d42328-50-819707-1.gif ] 〔タイトル〕 株式会社国土ガスハイウェイ 基幹ガスパイプライン整備とエネルギーの国土強靱化 ~その進捗、今後の課題と展開について...
カテゴリー:

全米一と評価されるアクセラレーターに参加の最新スタートアップ19社 - 03月17日(日)12:00 

AngelPadがニューヨークで開催した3カ月間スタートアップアクセラレーラーコースの第12回目が修了した。今回は、クライマックスをデモデーで飾るという形式をとらない2回目の実施となった。その代わりに、19の参加スタートアップ企業は、先週末、あらかじめ設定されていたベンチャー投資家たちと1対1で面談した。 AngelPadの共同創設者Thomas Korte氏とCarine Magescas氏は、昨年、同社の10年近い歴史の中で初めて、デモデーの伝統を廃止した。これまでAngelPadが指導したスタートアップには、Postmates、Twitterに買収されたMopub、Pipedrive、Periscope Data、Zum、DroneDeployなどがある。 「デモデーには、アクセラレーターが多くの企業を大勢の投資家に紹介できるといういい面がありますが、私たちはそれが、最高に生産的な方法だとは思っていません」とKorte氏は、昨年TechCrunchに語った。噂によれば、ライバル関係にあるアクセラレーターY Combinatorもデモデーの廃止を検討しているとのことだが、同社に近い情報源はそれを否定している。Y Combinatorはインベスターデー(投資家の日)を省略し、その代わりに「効率性を分析した結果」として、昨年AngelPadと同じように個々のスタートアップに投資家が...more
カテゴリー:

アステラス製薬(4503) 販売移管等の影響を織り込み来期以降の業績予想を減額 - 03月14日(木)08:58 

QUICK企業価値研究所アナリスト 真下弘司(2019/03/13) ・来期以降、特許満了の影響が本格化  企業価値研究所予想の19/3期の連結営業利益を2440億円→2460億円(前期比15%増)と修正。3Qまでの業績は概ね想定通り推移。3Qに発生したポテンザ社買収に伴う再評価益等を新たに織り込み小幅増額。国内薬価引き下げ等のマイナス影響はあるが、前立腺がん治療剤「XTANDI」や過活動膀胱(OAB)治療剤「ミラベグロン」などの伸長、前期との比較で減損損失等の減少を見込み2桁の営業増益を予想する。  続く20/3期と21/3期の連結営業利益予想は、20/3期が2540億円→2440億円(同1%減)、21/3期は2480億円→2400億円(同2%減)と見直した。19年1月に発表した国内製品の販売移管の影響等を織り込み減額。OAB治療剤「ベシケア」の特許満了の影響で厳しい事業環境が続く見通し。 ・3Q累計は1%増収、16%営業増益  19/3期3Q累計の連結業績は、売上高が前年同期比1%増の1兆50億円、営業利益は同16%増の2094億円。「XTANDI」や「ミラベグロン」の伸長、研究開発費や減損損失などの減少が寄与した。 ・リスクファクター ~医療費抑制や副作用など ・アナリストの投資判断 ~開発の進展等に注目  株価は1月4日に昨年来安値となる1356円をつけたが、足元は1700...more
カテゴリー:

もっと見る

「パイプライン」の画像

もっと見る

「パイプライン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる