「走行中」とは?

関連ニュース

鳩貴志さん(21) 木にぶつかって死亡 - 05月24日(金)19:35  news

24日未明、八戸市の県道で、10代から20代の男性3人が乗った乗用車が道路脇の木に衝突し、20代の男性1人が死亡しました。 警察によりますと、24日午前1時ごろ、八戸市鮫町日蔭沢の県道、通称「うみねこライン」で、走行中の乗用車が対向車線を越えて、道路脇の木に衝突しました。 この事故で、乗用車に乗っていた階上町の介護員、鳩貴志さん(21)が、頭を強く打つなどして市内の病院に搬送されましたが、およそ2時間後に死亡が確認されました。 また、乗用車を運転していた八戸市の19歳の男性会社員が頭の骨を折...
»続きを読む
カテゴリー:

都心部で初、未明の新幹線で訓練 多言語での情報提供も - 05月24日(金)05:14 

 走行中の東海道新幹線で車両故障が起きたことを想定した、異常時の対応訓練が24日未明、東京都港区の東京―品川間の線路上などであった。 JR東海によると、都心部でこうした大型訓練をするのは初めて。訪日外…
カテゴリー:

走行中にトラックの荷台焼ける 仙台・二十人町 - 05月23日(木)13:37 

23日午前9時35分ごろ、仙台市宮城野区二十人町の市道を走行中のトラックから煙が出ているのを通行人が見つけ、119番した。 仙台東署によると、トラックの荷台の一部と積んでいた鉄くずが焼けた。鉄くずから
カテゴリー:

「あおり運転」車間距離違反の摘発急増 9割は高速上 - 05月23日(木)09:00 

 走行中の車に極端に近づく「あおり運転」をした場合などに適用される道路交通法違反の「車間距離保持義務違反」で、全国の警察が昨年1年間に摘発した交通違反が1万3025件に上り、前年の1・8倍となった。警…
カテゴリー:

リオスのバスロケーションシステム「Bus-Vision」を熊本県下全域に導入しました - 05月22日(水)17:30 

リオスのバスロケーションシステム「Bus-Vision」を熊本県下全域に導入しました株式会社リオスのバスロケーションシステム「Bus-Vision」が、路線バス利用者の利便性向上のために、熊本県バス協会(熊本市中央区花畑町4-1 会長:森 敬輔)、ならびに県下乗合事業者 5社(九州産交バス株式会社、産交バス株式会社、熊本電気鉄道株式会社、熊本バス株式会社、熊本都市バス株式会社)に導入されましたので2019年5月22日にお知らせいたします。株式会社リオス(本社所在地:岡山県岡山市、代表取締役社長:松田 敏之、以下「リオス」)は、IoT機器・システムを開発・販売する株式会社フュージョンテク(熊本県熊本市中央区南熊本3丁目14番3号 代表取締役社長:金 秀映、以下「フュージョンテク」)と共同で、熊本県下全域にバスロケーションシステム「Bus-Vision」(愛称:「バスきたくまさん」)を提供し、4月8日から稼働を開始しました。熊本県内で運行する「一般路線バス」及び「熊本城周遊バスしろめぐりん」、「空港リムジンバス」、「一部の県外都市間バス」が対象で、総車両数 856 両、運行系統数 632 系統、バス停数約 7,000 基となっています。※県外行き高速バス、一部コミュニティバスを除くまた、車両接近表示モニターを、熊本県内16カ所のバス停に合わせて32台設置しています。(熊本交通センターは...more
カテゴリー:

アウディは新しいEV工場で、グリーン化の最前線を走る - 05月24日(金)11:00 

電気自動車(EV)はガソリン車よりも走行中のCO2排出量を抑えられることから、“環境に優しい”とされる。ところが生産ベースで見るとエネルギー消費量が多いのが課題だ。そこでアウディが打ち出したのは、EVの工場レヴェルでエネルギー消費を大幅に減らしていく取り組みだった。そんなアウディの「グリーン工場」の様子を紹介しよう。
カテゴリー:

【テレビ】田口淳之介容疑者の護送車に映った「くまのぬいぐるみ」に注目集まる(写真あり) - 05月23日(木)20:01  mnewsplus

◆ 田口淳之介容疑者の護送車に映ったぬいぐるみに注目集まる 「アレがないと…」 しらべぇ既報のとおり、22日、元KAT-TUNメンバーでタレントの田口淳之介容疑者が大麻取締法違反の疑いで逮捕された。 テレビやニュースサイトなどでも逮捕の速報が流れたが、このうち、ネット上では「Abema news」の中継に関心が集まっている。 ■車の上にくまのぬいぐるみ 同番組では「厚労省麻薬取締部から移送 速報実況中!元KAT-TUN田口淳之介容疑者ら逮捕」と銘打ち、中継を放送。 田口容疑者を護送していたとみられる、高速道路や一般道を走...
»続きを読む
カテゴリー:

米国郵政公社、自動運転トラックによる長距離輸送の実証実験に着手 - 05月23日(木)13:30 

中国の北京と米サンディエゴを拠点に自動運転トラックの開発をすすめているスタートアップ企業TuSimple(図森未来)は、2019年5月21日、米国郵政公社(USPS)からの委託により、2週間にわたって自律走行技術の実証実験を行うことを発表した。 ・自動運転トラックで1000マイルの長距離輸送を実証実験 この実証実験では、米国郵政公社が運営するアリゾナ州フェニックスの配送センターとテキサス州ダラスの配送センターとの1000マイル(約1609キロメートル)のルートを5往復する計画。 TuSimpleの自動運転トラックが、米国郵政公社のトレーラーを牽引しながら、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州の3州にまたがって走行する。 往復の走行時間は、夜間を含めた22時間に及ぶ見込みだ。 なお、自動運転トラックにはドライバーとエンジニアが同乗し、車両のパフォーマンスを常時モニタリングするとともに、走行中の安全を確保する。 ・米国では慢性的なトラックドライバー不足が課題に 米国では、慢性的なトラックトライバー不足が深刻な課題となっている。 米トラック運送協会(ATA)によると、米国のトラック業界ではトラックドライバーが2014年時点で3万8000人不足しており、このトレンドが続くと、その規模は2024年までに17万5000人に達するとみられている。 とりわけ長距離輸送は夜間勤務が求められること...more
カテゴリー:

「萬安42号演習」は27日から、携帯電話への空襲警報システムを全国に拡大 - 05月23日(木)00:00 

民国108年(2019年)の「軍民聯合防空(萬安42号)演習」が今月27日から30日まで行われる。同演習は軍と市民合同の防空訓練。台湾北部・中部・南部・東部・(以下、離島)澎湖・金門・馬祖の7地区に分け、予告した上で地区ごとに同時に実施する。時間はいずれも午後1時30分から2時まで。   国防部(日本の防衛省に相当)によると、今回の演習は中華民国軍が毎年行っている「漢光35号演習」のスケジュールと結び付けたものとなっているほか、「警報声号」(空襲警報のサイレン)、「災防告警系統(Public Warning System,PWS)」(様々な災害が予想される場合に、第4世代移動通信システムのセル・ブロードキャスト・システムを用いて携帯電話に送られる警報メッセージ)及び「空中威脅告警系統」(空襲に備えるために携帯電話に送られる警報メッセージ)など複数の方法を用いて警報を発令する。目的は防空活動にあたる民間人たちの力と交通管制、防空避難、災害救助の強化で、バックアップ体制の働きを検証するのにも役立つという。   そのうち「空中威脅告警系統」は昨年、中部と南部で初めて試験的に導入、今年はその範囲を台湾全土に広げる。ミサイル攻撃を受けた場合の避難措置をシミュレーションするためで、演習では市民の携帯電話に警報が届くことになる。   演習期間中、様々な管制規定に反し...more
カテゴリー:

ヘルメットに取り付けが可能なツインテール - 05月22日(水)15:13 

ドスパラ傘下の上海問屋が、ヘルメットに吸盤で取り付けられる付け毛「ヘルメット用ツインテール」を発売した(製品ページ、INTERNET Watch)。 なお、「バイクや自転車などでの走行中の着用は絶対に行わないでください」「事故などのトラブルが起こった場合、いかなる損害においても弊社では一切の責任を負いかねます」との注意書きがある。同社はほかにも「ヘルメット用モヒカン」や「ヘルメット用ポニーテール」といった商品も展開している(商品ページ)。 すべて読む | 変なモノ | 関連ストーリー: バイク用のヘッドアップディスプレイ内蔵ヘルメット 2019年01月16日 岐阜県羽島市、中学生の自転車通学時にヘルメット着用を義務付けへ。自転車用基準を満たさない軽作業用ヘルメットはNG 2018年08月03日 F-35専用ヘルメット「Gen III F-35 HMDS」の正式出荷を開始 2015年08月18日
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「走行中」の画像

もっと見る

「走行中」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる