「米連邦航空局」とは?

関連ニュース

米当局、マレーシアの航空安全性評価引き下げ 米国への増便できず - 11月12日(火)11:41 

米連邦航空局(FAA)は11日、マレーシアの航空安全性評価を「カテゴリー1」から「カテゴリー2」に引き下げた。これにより同国の航空会社は米国への増便ができなくなる。
カテゴリー:

小型機が民家に墜落、パイロット死亡 米ニュージャージー州 - 10月30日(水)10:50 

米ニュージャージー州で29日、小型機が郊外の住宅地に墜落してパイロットが死亡し、民家1棟で火災が発生した。 当局によると、現地時間の同日午前11時ごろ、同州ミドルセックス郡コロニアの民家にセスナ414型機が突っ込んだ。米連邦航空局(FAA)や国家運輸安全委員会(NTSB)がこの墜落について調べている。 フェイスブックには、炎上した住宅の消火活動にあたる消防隊の動画が投稿された。 地元警察は、墜...
カテゴリー:

【ボーイング】737MAXで「過失」認める、ボーイングCEOが29日上院証言 - 10月29日(火)06:40  newsplus

https://jp.reuters.com/article/ethiopia-airplane-congress-idJPKBN1X728B 737MAXで「過失」認める、ボーイングCEOが29日上院証言 2019/10/28 [ワシントン 28日 ロイター] - 米航空機大手ボーイング(BA.N)のデニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)は29日に予定される米上院商業委員会での証言で、2件の墜落事故で計346人が死亡した「737MAX」機を巡り、同社が「間違いを犯した」と認める見通し。ロイターが証言原稿を確認した。 ミューレンバーグCEOは原稿で「これら墜落事故から...
»続きを読む
カテゴリー:

【速報】 「うそをつきました」  ボーイング、737MAX欠陥を墜落前に認識か 開発担当重役もクビ - 10月23日(水)20:51  poverty

墜落事故前に欠陥認識か ボーイング、737MAX 複数の米メディアは18日、航空機大手ボーイングに所属するパイロットが、2件の墜落事故を起こした最新鋭機737MAXに欠陥があることを、事故前の2016年に認識していた可能性があると報じた。 事故時に誤作動を起こしたとされる自動失速防止装置の問題を指摘するメッセージを同僚に送っていたことが明らかになった。 ロイター通信によると、ボーイングに当時所属していたパイロットは、地上のフライトシミュレーターで737MAXのシステムのテストをしていた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関西国際空港周辺にドローンのような飛行物体、その影響で40分間離着陸停止 - 10月23日(水)13:40 

10月19日、関西国際空港周辺でドローンのような飛行物体が確認された影響で、一時的に航空機の離着陸が制限される事態が発生した(日経新聞、毎日新聞、朝日新聞、Viva! Drone)。 飛行物体が確認されたのは20時半ごろで、そこから21時20分ごろまで離着陸が中断された。これによって計41便に影響が出たという。空港周辺では航空機との衝突を防ぐため、ドローンの飛行が禁止されている。 すべて読む | テクノロジー | 交通 | 関連ストーリー: ダイハツ、ドローンが発着可能な軽トラを開発 2019年10月13日 サウジの世界最大規模の原油施設、10機のドローンで攻撃され炎上 2019年09月17日 米連邦航空局、危険な武器をドローンに取り付けて飛ばさないよう注意喚起 2019年08月25日 日本のドローン規制、実質すべてのフライトで飛行情報の登録が義務付けへ 2019年07月30日 これからは航空機とドローンの衝突実験が必要になるかもしれない 2019年07月05日
カテゴリー:

737NG型旅客機、ライアンエアでも亀裂発見 - 11月09日(土)18:17 

アイルランドの欧州格安航空最大手「ライアンエア」は9日までに、同社が保有する米ボーイング社の短距離用旅客機737型機の少数の機体に亀裂が見つかったとの声明を発表した。 米連邦航空局(FAA)が命じた機体点検に伴って判明した。亀裂があったのは納入後、時間が最も経過している機材となっている。ボーイングがこれらの機体の修理に当たっているとした。 FAAは今年9月、機体構造上の亀裂が運航回数が非常に多...
カテゴリー:

嘉手納 きょう降下訓練 三連協、中止申し入れ - 10月29日(火)07:30 

 【中部】米連邦航空局は28日、米軍が29日午後4~8時に嘉手納基地でパラシュート降下訓練を実施すると航空情報で発表した。実施されれば同基地での降下訓練は今年4回目。米軍はこれまでの降下訓練でMC130特殊作戦機を使用している。同型機は18日に着陸装置の一部を伊江島補助飛行場内で脱落させ、嘉手納町議会...
カテゴリー:

米連邦航空局、ボーイング機の事故受け信頼回復必要=監察官 - 10月24日(木)13:04 

米運輸省の総括監察官は23日公表したリポートで、連邦航空局(FAA)は航空機大手ボーイングの「737MAX」型機が起こした2件の墜落事故を踏まえ、航空機の認可業務を巡る「国民の信頼」を回復するために取り組まなければならないと強調した。
カテゴリー:

Alphabet傘下のWing、米国でドローンによる宅配の試験運用を開始 - 10月23日(水)15:07 

Anonymous Coward曰く、 Googleの親会社である米Alphabet傘下のWingが、ドローンによる宅配便の試験運用を開始した。Wingはすでにオーストラリアやフィンランドで同様の試みを行なっているが、米国においてドローンによる一般顧客への宅配を行う試みはこれが初だという(AFP、TechCrunch、Slashdot)。 配達可能エリアが配送センターから半径10km以内で、荷物の重さは1.3kgまで。配送先に到着したドローンはケーブルを使って荷物をおろすという。 Wingは今年初めに米連邦航空局からドローンによる商用配送の試験運用を実施する許可を得ている。米国ではAmazon.comやUPS、Uber EATSなども同様の試みを計画しているそうだ。 すべて読む | ITセクション | テクノロジー | ビジネス | IT | 関連ストーリー: ZMPが開発する、歩道を走る配送ロボット「CarriRo」 2017年07月14日 米Amazon.com、米国内で初めてのドローン配送実験を行う 2017年03月28日 米セブンイレブン、ドローンを使った商品配送に成功 2016年07月27日 ドローンは人間の労働127億ドル分を置き換...more
カテゴリー:

空から処方薬をお届け! UPSとCVSがドローン配達で提携 - 10月23日(水)07:05 

Techableでは先日、米大手運送会社UPSの子会社UPS Flight Forward(UPSFF)が米連邦航空局からドローン配送サービスの拡大を認可されたことをお伝えした。 今回はその続報。UPSはドラッグストアなどを展開する米ヘルスケア大手のCVSと提携を結んだと発表した。ドローンを使ってCVSの顧客に処方薬などを届ける。 ・遠隔地の顧客にも UPSFFはすでに医療機関の物資をドローンで運ぶなど経験を積み重ねていて、9月に航空当局からドローンサービス拡大を認める「Part 135 Standard」認証がおりたばかりだ。 現在のところこの認証を得ている事業者はUPSFFのみ。同社は、長期的には消費者へのドローン配送を視野に入れているが、その前段階として、今回CVSとの提携に至った。 CVSは全米でドラッグストアや小売店を展開していて、処方薬やその他の商品を多く扱っている。提携では、そうしたCVSの客に処方薬や他の商品をドローンで届ける。すぐ近くにドラッグストアや小売店がないような消費者からすれば、オンラインで薬と一緒にちょっとした商品も注文して自宅まで素早く届けてもらえるというのはかなり便利だろう。 ・ネットワーク構築へ UPSにとって、長期的にはこのCVSとの提携は前段階にすぎない。あらゆる産業と手を組んでの幅広いネットワーク構築を想定している。 もっとも、米国ではAlp...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「米連邦航空局」の画像

もっと見る

「米連邦航空局」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる