「パイロット」とは?

関連ニュース

パイロットが居眠りし、目的地を46kmも通過 - 12月08日(土)19:00 

オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因というところもまた問題でして。「Australian Transport Safety Bureau(ATSB:オーストラリア運輸安全局)」の報告によると、この飛行機はデボンポート空港からキング島空港に向かっていたのですが、登場していたのはパイロットのみ。乗客がいなかったのは不幸中の幸いかもしれませんが、だからって許されることではありません。万が一に備え、せめてあと1名くらいは乗るべきではないのでしょうか……。これまでにも「パイロットの居眠り」は何度か発生していますが、撲滅はなかなか難しいのが実情みたいです。利用者からすると、なんとかして!としか言いようがありません。Reference: Australian Transport Safety BureauTop image: © iStock.com/phive2015, iStock.com/Marjan_Apostolovic, 2018 TABI LABO
カテゴリー:

開戦から77年 - 12月08日(土)05:15 

「人間は、人間がこの世を創った時以来、少しも進歩していないのだ。今次の戦争には、もはや正義云々(うんぬん)の問題はなく、ただただ民族間の憎悪の爆発あるのみだ。恐ろしきかな、あさましきかな」◆昭和20年4月、特攻隊員として沖縄沖で戦死した学生の手記である(『きけ わだつみのこえ第1集』)。別の特攻隊員は「特攻隊のパイロットは一器械にすぎぬ。人格も感情も理性もなく、ただ敵の航空母艦に向かう鉄の分子にすぎぬ」と書き残す。
カテゴリー:

酒=百害あって一利無し。この風潮を根付かせろや。タバコや大麻よりよっぽど危険だろ - 12月07日(金)12:09  poverty

“前日の飲酒”で残るアルコール 酒は何時間で抜ける? さまざまなニュースの疑問を解明していく、「はてな」。 5日の「はてな」は、最近、相次いでいる航空会社のパイロットの飲酒トラブルについて、 人の息の中のアルコール濃度をチェックすることができる機械を用意しました。 4日夜からお酒を飲んでいない倉田大誠キャスターが試すと、測定結果は当然ゼロ。 皆さん、お酒を飲んだ翌朝に車を運転するケースがあると思います。 そのとき、本当に体からアルコールは抜けているのでしょうか。 5日は、何時間たったら、体からア...
»続きを読む
カテゴリー:

ANAとJAL、アルコール検査実施しないケース過去に“多数” - 12月07日(金)05:26 

 パイロットによる飲酒が問題となった全日空と日本航空で、パイロットが乗務前のアルコール検査を実施していなかったケースが相次いでいたことが分かりました。
カテゴリー:

飲酒検査、不実施500件前後 日航と全日空 - 12月06日(木)19:34 

パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日航と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

バレットジャーナルを始めたい人のためのギフトガイド - 12月08日(土)12:00 

TechCrunchの2018年ホリデーギフトガイドです! 年末のギフトのアイデアがもっと欲しい方は、こちらのGift Guide Hubもご覧ください。 デジタル・プロダクトデザイナーのRyder Carrollが編み出した、自分の予定を箇条書きで整理する「バレットジャーナル」方式が、じわじわと流行し始めたのが5年前。その後、それはムーブメントとなり、自分の時間をノートとペンで管理したい人たちの手本となった。 このシステムは柔軟性が高いため、いろいろと応用が利く。時間管理、学校のノート取り、精神状態の記録、食事の計画、プロジェクトの管理、スクラップブックなどなど。Carrollの提案は必要最低限のもので、リストと記号で構成される非常にシンプルなものだが、手書き文字や装飾に凝ったり、やることリストとその目標の「トラッカー」をイラスト化するなどして、バレットジャーナルを華麗なアートに変身させた人たちもいる。 Carrollの新著『The Bullet Journal Method』の中で、彼は「スケジュール帳、日記、ノート、やることリスト、スケッチブックをかけ合わせたもの」が生まれつつあると説明している。バレットジャーナルはまた、注意欠陥障害に悩む人の対処法にもなっている。バレットジャーナルの効果は、手で書くという作業によるところが大きい。手で書くことによって、タイピングでは動かない...more
カテゴリー:

ジャパンディスプレイ、有機ELで144Hzの最強ゲーマー向けディスプレイを開発。応答速度は液晶の1/10 - 12月07日(金)16:23  poverty

「eスポーツなら有機EL」の時代が来るか? JOLEDがeスポーツ向けを謳う垂直144Hz対応有機ELパネルを披露 会場で披露されていた試作機は,21.5インチサイズで,解像度1920×1080ドットの有機ELパネルを使ったディスプレイである。 簡易なスタンドが付いたものと,ディスプレイアームに取り付けられたものの2台でデモを行っていた。 会場で表示されていたのは,「League of Legends」(以下,LoL)の国内大会を素材にした中継映像のビデオであり,ライブのゲームプレイではなかったことはお断りしておく。 JOLEDが,この試作...
»続きを読む
カテゴリー:

乗務前のアルコール検査 不実施は500件前後 日航と全日空 - 12月07日(金)10:22 

 パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日航と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実施していないケースが相次いでいた。両社への取材で判明した。内訳は日航で100~200件程度、全日空で393件。
カテゴリー:

日航と全日空「飲酒」の検査不実施500件前後 - 12月07日(金)01:31 

 パイロットの飲酒不祥事で国土交通省の立ち入り検査を受けた日本航空と全日空で、パイロットが乗務前の呼気アルコール検査を実施していないケースが相次いでいたことが6日、両社への取材で分かった。内訳は日航で100~200件程度、全日空で393件。
カテゴリー:

【ガバガバ】パイロットの飲酒問題、アルコール検査せず乗務 それぞれ100件以上 全日空と日航 - 12月06日(木)19:16  newsplus

パイロットによる飲酒の問題が相次ぐ中、全日空と日本航空が過去の乗務前の検査について調べたところ、感知器を使ったアルコール検査を行わないまま乗務したケースが、それぞれ100件以上相次いでいたことが分かりました。 パイロットによる飲酒問題で先月、国土交通省の立ち入り検査を受けた全日空と日本航空は、過去の乗務前の検査について改めてパイロットへの聞き取りをしました。 その結果、アルコール感知器を使った検査を行わずに乗務したケースが相次いでいたことが分かりました。 全日空では、羽田空港で先月までの1年間...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「パイロット」の画像

もっと見る

「パイロット」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる