「デジタルトランスフォーメーション」とは?

関連ニュース

自動車、航空機…日本のモノづくりの重要エリア  中京圏に、はんだ付けのソリューション拠点 誕生! - 09月26日(月)09:30 

 白光株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長 吉村 加代子、以下白光)は、大阪、東京に続き、日本のモノづくりの重要エリアの中京圏(名古屋市中区)内に、今進化の真っ只中にある「はんだ付けシステム」のソリューション拠点「HAKKO TECHNO-BASE NAGOYA」をOPENしました。        ■背景   近年、エレクトロニクス業界では、大型部品や多層基板、微細部品の作業など、はんだ付けのニ―ズが多様化・複雑化しています。 また、世界的な部材不足に伴う「部材のリユース(再利用)」のため、「はんだ付けのリワーク(修正)」が増加しています。今後、持続可能な社会の中で、資源の有効活用のため、ますます、はんだ付け技術者の「手技」が必要とされています。 一方、生産現場では、熟練者不足・ヒューマンエラーなど、日々のモノづくりにおいて様々な課題があり、それらの課題を解決するため、職人技ともいえる技術者の作業工程のデジタル化が進んでいます。 このDX(デジタルトランスフォーメーション)に繋がる技術のひとつが「自動はんだ付けシステム」です。はんだ付けは、職人の「手技」と「温度コントロール」による微細加工が命で、この工程のデジタル化は、自動車や航空機などの産業でも重要な技術課題とされています。そこで白光は、日本のモノづくりの重要エリア、中京圏の企業様に「手技」...more
カテゴリー:

コロナ禍などがITインフラ投資動向に影響、金融や製造を中心に投資が活発化─IDC | IT Leaders - 09月26日(月)08:30 

IDC Japanは2022年9月22日、ITインフラストラクチャサービスへの投資動向に関する調査の結果を発表した。調査対象は、国内企業・団体692社のCIO、IT部門の管理者、またはそれに準ずる役職者である。2021年の動向として、新型コロナウイルス感染症などへの対策やデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組みが本格化したことがIT支出やサービスの利用に影響を与えたとしている。
カテゴリー:

リード スコアリング ソフトウェア市場―タイプ別、企業別、ユーザビリティ別、および地域別―世界の需要分析と機会の見通し2022-2031年 - 09月22日(木)18:00 

Research Nester Private Limitedは、リード スコアリング ソフトウェア市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年09月 22日 に発刊しました。これは、リード スコアリング ソフトウェア市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。世界のリード スコアリング ソフトウェア市場は、2021年に15億米ドルの市場価値から2031年までに50億米ドルに達すると予測されます。また、市場は2022-2031年の予測期間中に11%のCAGRで拡大すると予測されます。市場の成長は、主に、世界中の組織のデジタル トランスフォーメーション(DX)の急増に起因する可能性があります。2022 年までに、世界の国内総生産(GDP) の約 60% がデジタル化されると推定されています。ビジネスが成功し、長期的に利益を上げるためには、質の高いリードをもたらすキャンペーンとチャネルを特定する必要があります。リード スコアリング ソフトウェアは、資格のあるリードにタイムリーに連絡することを可能にしており、リードを有料顧客に変換するのに役立ちます。オンライン小売売上高の増加により、e コマース ビジネスの間でリード スコアリング ソフトウェアの需要が高まっています。これにより、予測期間中に世界のリード スコアリング ソフトウェア市...more
カテゴリー:

株式会社テクノア 代表取締役 山﨑耕治が 尼崎商工会議所主催のDXセミナーに登壇いたします - 09月22日(木)13:00 

株式会社テクノア 代表取締役 山﨑 耕治が、2022年10月5日に開催される、尼崎商工会議所が主催する中小製造業様向けセミナー現場改善×デジタル化・ DXで新時代の強い会社組織を創る戦略的DXで現場改善、新ビジネス創造推進セミナー ~デジタル化・DXで戦略的な変革を促す中小製造業の姿~に登壇いたします。本セミナー内では、「新時代の中小製造業の経営について戦略的な IT利活用×人を大切にする経営がデジタル・トランスフォーメーション( DX)を生み出し、中小製造業を強くする」というテーマで、テクノアの取り組みをご紹介します。多くの方のお申し込み、ご参加をお待ちしております。---------■セミナー概要現場改善×デジタル化・ DXで新時代の強い会社組織を創る戦略的DXで現場改善、新ビジネス創造推進セミナー ~デジタル化・DXで戦略的な変革を促す中小製造業の姿~主催:尼崎商工会議所日時:キックオフセミナー 2022年10月5日(水)18:30~20:30   本コース 2022年10月20日(木)18:30~20:30        2022年11月2日(水)18:30~20:30        2022年11月17日(木)18:30~20:30        2022年12月1日(木)18:30~20:30場所:オンライン上で開催受講料:キックオフセミナー 無料    本コース(全4...more
カテゴリー:

サイバーセキュリティの市場規模、2027年に2662億米ドル到達予測 - 09月22日(木)11:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「サイバーセキュリティの世界市場:コンポーネント別 (ソフトウェア、ハードウェア、サービス)・ソフトウェア別 (IAM、暗号化・トークン化、その他のソフトウェア)・セキュリティの種類別・展開方式別・組織規模別・業種別・地域別の将来予測 (2027年まで)」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1123586-cyber-security-market-by-component-software.htmlサイバーセキュリティの市場規模は、2022年の1735億米ドルからCAGR8.9%で成長し、2027年には2662億米ドルに達すると予測されています。市場成長の要因としては、企業に対する標的型サイバー攻撃の増加による業務妨害、IoTセキュリティソリューションの需要拡大、データ漏洩の増加、重要インフラに対するサイバー攻撃の懸念などが挙げられます。しかし、サイバーセキュリティソリューションの導入や実装に関する課題や、巧妙なサイバー脅威の多様な性質が、市場成長の妨げになると予想されます。COVID-19のサイバーセキュリテ...more
カテゴリー:

ライトアップ、中小企業・個人事業主向けのオンラインイベント「【リピート参加率87%!】最新商材特集2022秋~新規ビジネス×副収入×業務効率化~」の開催を決定 - 09月26日(月)09:00 

株式会社ライトアップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:白石崇、以下ライトアップ)は、全国の中小企業経営者・個人事業主向けに、ビジネスに役立つ約20種類の最新商材、ITサービスを紹介するオンラインイベントを開催します。■ウェビナー開催の背景:新型コロナウイルス感染症拡大の影響で外出自粛が継続されるなか、中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)に対するニーズが高まってきています。本セミナーでは、業務のDX化に悩む中小企業の経営者向けに、過去10年間中小企業の経営支援を行ってきたライトアップが、業務効率化や経営課題を解決する「成長企業20社の最新トレンド商材」を「60分間」で「分かりやすく(司会者付き)」ご紹介いたします。■ウェビナー概要:・タイトル:【リピート参加率87%!】最新商材特集2022秋~新規ビジネス×副収入×業務効率化~・開催日時:9月29日(木) 12:00~13:00・場所:オンライン会議ツールZoomで配信・内容:本日の企画概要    弊社ライトアップ、JDネットについて    約20種類の商材紹介(各商材3分ずつ)・参加費:無料▼お申し込みはこちらから<申込みフォーム>https://mgmtsys.jdnw.jp/seminar/894?staff_id=3954※お申込後に当日のウェビナー視聴URLをお送りします。■JDネットとは(主催)https...more
カテゴリー:

東大メタバース工学部スタート 設立式典は仮想空間 参加者はアバターで  - 09月23日(金)21:05 

 東京大学の「メタバース工学部」の設立記念式典が23日午後、安田講堂をイメージしたメタバース(インターネット上の仮想空間)内で開かれた。DX(デジタルトランスフォーメーション)人材の育成を目指す。 「…
カテゴリー:

高度文書処理の市場規模、2027年に52億米ドル到達予測 - 09月22日(木)18:00 

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:小野悟、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「高度文書処理(IDP)の世界市場:コンポーネント(ソリューション、サービス)、デプロイメントモード(クラウド、オンプレミス)、組織規模、技術、業界、地域別 - 2027年までの予測」(MarketsandMarkets)の販売を9月21日より開始いたしました。【 当レポートの詳細目次 】https://www.gii.co.jp/report/mama1121760-intelligent-document-processing-market-by.html高度文書処理(IDP)の市場規模は、2022年の11億米ドルからCAGR37.5%で成長し、2027年には52億米ドルに達すると予測されています。大量の構造化・非構造化文書を正確かつ迅速に処理したいという企業ニーズの高まりが、同市場の成長を促す要因となっています。牽引要因:デジタルトランスフォーメーションへのシフト企業や中堅企業は、収益を上げ、コストを削減し、差別化された顧客体験を作り出し、ビジネスのやり方を根本的に変革するために、デジタル、AI、自動化に投資しており、デジタルトランスフォーメーションは、ビジネスの優先事項となっています。これらの投資はすべて、その前提となる価値を実現するため...more
カテゴリー:

推進力は「ニーズとアイデアの収集」――埼玉県北本市が働き方改革の推進に活路を見出せたわけ - 09月22日(木)12:00 

自治体における働き方改革、およびDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進は、コロナ禍を含む社会情勢の変化から対応が急務となっている。
カテゴリー:

GMPによるデータ活用をサポートする顧客向け情報サイトをリニューアルオープン! - 09月22日(木)10:00 

“おもてなしを科学する” 株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐真樹、以下イー・エージェンシー)は、2022年9月22日、Google マーケティング プラットフォーム(GMP)によるデータ活用を支援する顧客向け情報サイトをリニューアルオープンしました。イー・エージェンシーからGoogle アナリティクス 360をご契約いただいたお客様なら、データ活用のお役立ち情報、トレーニング動画、ウェビナー動画などを無料でご利用いただけます。●「データ活用を支援する顧客向け情報サイト」とはイー・エージェンシーからGoogle アナリティクス 360をご契約のお客様なら無料でご利用いただける、データ活用支援情報サイトです。Google マーケティング プラットフォームの活用に役立つ情報をはじめ、Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)のトレーニング動画や、これまで開催したウェビナー動画および資料などをご利用いただけます。これにより、お客様はいつでも都合の良い時間に何度でも自由にコンテンツを利用し、スキルやノウハウを習得して、業務に活用していただくことができます。●リニューアルの背景コロナ禍により、日本でもDX(デジタルトランスフォーメーション)が急速に進んでいます。Google アナリティクス 360をご契約の企業様においてもデータ活用への期待とニーズが高ま...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる