「トークン」とは?

関連ニュース

暗号通貨に暗雲、SECがTelegramの17億ドルトークン売り出しを禁止 - 10月13日(日)11:45 

暗号通貨(仮想通貨)の暗いニュースが止まらない。米国証券取引委員会は緊急措置を申請し、Telegram(テレグラム)がブロックチェーンで17億ドル(約1842億円)ぶんのトークンを売り出す計画に対する禁止命令が発行された。 今回のSECの行動に先立ち、Facebookが計画する暗号通貨であるLibraを支援する企業提携から脱退が相次いでいた。 関連記事:FacebookのLibra AssociationからMastercardとVisa、eBay、Stripeが脱退 Telegramの野心的な創業者であるPavel Durov(パベル・デュロフ)氏は、Telegram Open NetworkをLibra同様世界の規制制度を離れた決済方法のひとつとして提供しようと考えていたとTechCrunchが初期に報じた。 Telegramのトークン売出しは2018年1月以来準備が進められていたが、昨年半ばに問題が発生し、新しいプロトコルの将来はすでに危険にさらされていた。 SECの訴状によると、Telegram Groupと子会社のTON Issuerは、2018年1月に資金調達を開始し、ブロックチェーンのTONとMessengerの開発を始めとする同社のビジネスを支えようとした。 被告であるTelegramは、29億ドル(約3143億円)ぶんのトークンを初期投資家171人に割引価格で販売...more
カテゴリー:

コインベース・カストディ、DeFi「メーカーダオ」の仮想通貨MKRの投票シスステムをサポート - 10月13日(日)08:53 

仮想通貨取引所コインベースが展開する機関投資家向けデジタル資産保管サービス「コインベース・カストディ」が10月12日、分散型金融(DeFi)プロジェクト「メーカーダオ(MakerDAO)」のユーティリティトークン「メーカー(MKR)」をサポートしたと発表した。MKRを保有する顧客は、コインベース・カストディの口座内からメーカーダオの投票システム(メーカー・ガバナンス)に投票できるという。
カテゴリー:

バビロンでもっとも偉大な庭師を目指す、鬼才ブルーノ・カタラの新作タイル配置ゲーム 「イシュタル:バビロンの庭園」日本語版 10月下旬発売予定 - 10月11日(金)18:00 

輸入ゲームなどを販売している、株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、8月アメリカで開催された北米最大のゲームの祭典「GEN-CON」で最も注目を集めた、鬼才ブルーノ・カタラの新作タイル配置ゲーム、「イシュタル:バビロンの庭園」日本語版を10月下旬に発売いたします。はるか昔の星のない夜、王妃の庭師が砂漠の真ん中で疲れ果てて倒れたという言い伝えがありました。庭師は何時間も泣き続けました――こんな荒れ果てた不毛の地で、いったい何を育てることができるのかと。しかし、彼の涙のひとしずくが砂を通り抜け、異世界へと到達しました。この男の絶望に心動かされた女神イシュタルは、彼の涙を集めて地上へと送り返し、尽きることのない豊富な水源に変えました。庭師は永遠の感謝を捧げ、最も壮大な庭園をこの地に造るために最善を尽くすと誓ったのです……。国王はあなたに困難な課題を与えました……王妃を喜ばせるために、砂漠の真ん中に素晴らしい庭園を造れというのです。あなたが自由に使えるのはわずかな噴水だけです。この噴水を使って植生エリアを広げ、壮大な花壇に花を咲かせ、堂々とした樹木を植えましょう。競争相手に先んじるために導師たちの教えに耳を傾け、最も多くの勝利点を獲得して国王の庭師になりましょう!このゲームでは、プレイヤーは庭師となり、タイルを配置して自分の縄張りを拡大し、宝石を集め、木...more
カテゴリー:

豪州最大の金精錬企業パースミント、ゴールド担保のERC-20トークン発行 「ステーブルコインの代替手段に」 - 10月11日(金)10:15 

豪州最大の貴金属精錬事業者であるパースミントは、フィンテックスタートアップのインフィゴールド(InfiGold)と共同で、金(ゴールド)を担保とするデジタルトークンをローンチした。11日にプレスリリースで発表した。同社は米ドル担保のステーブルコインの代替手段を目指すとしている。
カテゴリー:

今後のブロックチェーンのユースケースは「ペイメント」や「資産のトークン化」=デジタルカレンシーグループ調査 - 10月10日(木)16:19 

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)が投資している企業らは、今後のブロックチェーン技術の代表的な使用事例は、決済や資産のトークン化だと考えていることがわかった。DCGが発表した2019年版の年次調査による。
カテゴリー:

独サッカークラブの「バイエルン・ミュンヘン」、スター選手のデジタルグッズ制作へ ブロックチェーン企業と契約締結 - 10月13日(日)11:37 

ストライキングエンターテインメントが10月10日、独大手サッカークラブチームのFCバイエルン・ミュンヘンとデジタルグッズ制作・販売についてライセンス契約を締結したと発表した。また、ブロックチェーン基盤の独自プラットフォーム「stryking.io」を開発中で、主要チームのスター選手のトレーディングカードをノンファンジブル・トークン(NFT)として扱うための契約を近々行うと明かした。
カテゴリー:

【速報】SECがテレグラムのICOで緊急声明、仮想通貨グラムは違法 - 10月12日(土)08:15 

SEC(米証券取引委員会)は11日、ロシア発のメッセージアプリ「テレグラム」のブロックチェーンTONのトークンが未登録証券にあたると発表。テレグラム・グループとTONの発行会社に対して「一時的な禁止命令の許可を得た」と述べた。
カテゴリー:

テレグラムの独自ブロックチェーンTON、「5年間で2兆円を超える価値に成長」=米ファンドがレポート - 10月11日(金)11:06 

デジタル資産およびブロックチェーン技術への投資を行うファンド、米デセントラル・パーク・キャピタルが、メッセージアプリ大手テレグラムの独自ブロックチェーン「テレグラム・オープン・ネットワーク(TON)」に関する調査レポートを明らかにした。TONの価値が5年間で200億ドル(約2兆1600億円)を超えると予想し、その独自トークン「グラム(Gram)」についてもトップ10に入るトークンの1つになる可能性があると主張している。
カテゴリー:

米仮想通貨取引所コインベース、テレグラムの独自トークン「グラム」のカストディ提供 - 10月10日(木)20:19 

米仮想通貨取引所コインベースは、同社傘下のコインベースカストディでテレグラムの独自トークン「グラム(Gram)」をサポートする。10月10日に投稿したブログ記事で明らかにした。
カテゴリー:

MakerDAO、複数のトークンを担保にする新型ステーブルコインを11月に提供開始 〜ETHとBATを担保に利用。分散型金融の預金・金利システムも実装 - 10月10日(木)12:10 

Ethereumの分散型金融プロジェクトMakerDAOを運営するMaker財団は10月9日、ステーブルコインDAIの新仕様「マルチコラテラルDAI」(以下、MCD)を11月18日に提供開始することを発表した。MCDは、ETH以外にも複数のトークンを担保として扱うことが可能だ。単独の価値に依存しないことから、価格変動リスクの軽減を期待されている。リリース時点では、ETHとBATを担保とする。なお、ローンチは確定ではなく、15日まで行うコミュニティ投票の結果次第で、見送りとなる可能性がある。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トークン」の画像

もっと見る

「トークン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる