「トークン」とは?

関連ニュース

仮想通貨取引所フォビ、ステーブルコイン「HUSD」をERC-20トークンへ移行 パクソスと連携 - 07月18日(木)17:44 

仮想通貨取引所フォビは、現在のステーブルコインシステムのHUSD(フォビUSD)トークンをERC-20トークンへ移行する。仮想通貨スタートアップのステーブルユニバーサルとパクソストラストと連携して実施する。7月17日にプレスリリースで発表した。
カテゴリー:

グルメSNSシンクロライフのGINKAN、オリコから出資を受け業務提携 〜ブロックチェーン上のユーザーデータを活用した新規事業めざす - 07月18日(木)06:00 

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANは7月17日、株式会社オリエントコーポレーション(以下、オリコ)を引受先とする第三者割当増資の実施し、両社は資本業務提携を行うことを発表した。オリコはクレジットカード「オリコカード」などを提供している。今回の提携により、互いのサービスの利用者数増加を目指すほか、シンクロライフが保有するデータを利活用した新規事業の創出を目指すという。
カテゴリー:

社会貢献活動に独自コインを付与する「アクトコイン」ウェブ版を提供開始、利用者拡大を目指す - 07月17日(水)16:30 

ソーシャルアクションカンパニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:佐藤正隆)は、自社が開発を行う社会貢献活動に独自コイン(トークン※1)を付与するサービス「actcoin(アクトコイン)」※2において、利用者拡大のため、ウェブ版の提供を開始したことをお知らせします。 (※1仮想通貨や円など法定通貨に換金できるデジタル権利証 ※2 商標出願中 2019年7月現在) 「actcoin」は”アクションコイン”を意味し、ボランティア...
カテゴリー:

暗号通貨が貯まるグルメアプリ「シンクロライフ」運営がオリコと資本業務提携 - 07月17日(水)11:31 

グルメSNSにトークンエコノミーの概念を取り入れた「シンクロライフ」は、ユーザーがレビューや加盟店の利用で暗号通貨「シンクロコイン(SYC)」をゲットできるアプリだ。 シンクロライフを運営するGINKAN(ギンカン)は7月17日、オリエントコーポレーションとの資本業務提携を発表した。オリコからの出資金額は非公開。出資は現在GINKANが実施中の資金調達ラウンドの一部に当たるという。 シンクロライフはSNS形式での口コミ投稿アプリとしてスタート。2018年8月にはレビュアー・口コミの信頼スコアに応じて、暗号通貨を付与するベータ版を公開している。また今年7月1日には、ユーザーが加盟店を利用すると食事代金の1〜5%をシンクロコインで還元するサービスも開始した。 サービスに加盟するレストランにとっては、飲食店専用アプリを初期費用・月額費用なしで利用でき、シンクロライフ経由の飲食代金の5%を支払えばアプリに広告を掲載できる。 一度来店したユーザーには、自動的に再来店を促すCRM施策を実施することが可能。7月中に50店舗が登録を予定しており、2019年中には1000店舗の加盟を目指すという。 GINKAN代表取締役CEOの神⾕知愛氏は、飲食店からの還元リワード導入については「東急不動産との実証実験を経ての本格リリース」とコメント。「ボーダーレスな暗号通貨を使ったトークンエコノミーの実社会実...more
カテゴリー:

R3とブラジル金融機関、トークン化証券を扱う取引所の構築で提携 - 07月17日(水)10:42 

法人向けブロックチェーンコンソーシアムR3は、ブラジルの金融機関「マレノストラム銀行(Banco Mare Nostrum)」と提携し、R3の技術を基盤とするトークン化された証券の取引所を立ち上げるという。
カテゴリー:

オウケイウェイヴのグループ会社、STOに関する研究を行う「OK STO研究所」を設立【フィスコ・ビットコインニュース】 - 最新株式ニュース - 07月18日(木)17:32 

日本最大級のQ&Aサイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴ<3808>は17日、グループ会社のOKGAIA(オケガアイア)が、地方創生への貢献と不動産、動産、無形固定資産の流動化促進を将来的な目標に、ブロックチェーン技術を活用したSTO(セキュリティ・トークン・オファリング)に関する研究を行う「OK STO研究所」を設立したと発表した。同社は今日の日本において、人口減少と空き家率の増加が社
カテゴリー:

「トークンエコノミービジネスの教科書」著書、ロケットスタッフ株式会社の代表取締役 高榮郁が日本経済研究センターにて「ブロックチェーンとトークンエコノミーの未来」とのテーマで7月31日に登壇 - 07月17日(水)18:00 

電子書籍配信サービスやマンガKINGなどのマンガアプリを手がけるロケットスタッフ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高 榮郁、以下「ロケットスタッフ」 )は、1963年に日本経済の発展に寄与することを目的に事業を開始した非営利の民間研究機関です。学界、官界、産業界との幅広いネットワークを持ち、内外の財政・金融・経済・産業・経営などの諸問題について、調査・研究を行う、公益社団法人 日本経済研究センター:Japan Center for Economic Research(略称JCER)にて「ブロックチェーンとトークンエコノミーの未来」とのテーマで7月31日に講演会を行います。ロケットスタッフ代表取締役の高榮郁は世界中で始まっているトークンエコノミーの取り組みをわかりやすく説明した「トークンエコノミービジネスの教科書」著書です。お申込みページhttps://www.jcer.or.jp/holding-seminar/20190731.html開催のご案内開催:07月31日(水) 14:00~15:30料金:会員無料、一般8000円(税込)会場:日本経済新聞社東京本社ビル 6階セミナールーム2トークンエコノミービジネスの教科書の購入ページhttps://www.amazon.co.jp/dp/4046042141配信元企業:ロケットスタッフ株式会社プレスリリース詳細へドリームニュ...more
カテゴリー:

ポルカドット、異なるブロックチェーンを相互接続する技術「ポルカドット」の実験版「クサマ」発表 - 07月17日(水)16:26 

仮想通貨イーサリアム(ETH)共同設立者ギャビン・ウッド氏が立ち上げたスタートアップ企業「ポルカドット(DOT)」が7月16日、同社の相互運用プロトコル「ポルカドット」の実験版として「クサマ(Kusma)」ネットワークおよびクサマトークン(KSM)を発表した。立ち上げは、2019年夏の予定としている。
カテゴリー:

Telegram(テレグラム)Gramトークンセールについて【CROSSexchange Launchpad】 - 07月17日(水)11:30 

Telegram(テレグラム)のGRAMトークンIEOについて、販売スケジュールに関してお知らせいたします。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/188612/LL_img_188612_1.png Gramトークンセール ■CROSSexchangeとは? http://c-exchange-dcafi.com/url/pres_cross.html CROSSexchangeでは2019年7月20日からIEOプラットフォーム:CROSSexchange LaunchPadにおいてGRAMトークンの販売を行います。 ■基本情報 (1) 販売総額:1...
カテゴリー:

食事を通したトークンエコノミー創出目指すギンカンがオリコカードと提携 仮想通貨SYCの利用拡大目指す - 07月17日(水)10:20 

食事をすることで仮想通貨がもらえるグルメ型SNS「シンクロライフ」を運営するGINKAN(ギンカン)は17日、クレジットカード「オリコカード」を発行するオリエントコーポレーションを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した出資額は非公表。ギンカンが発行する仮想通貨「シンクロコイン(SYC)」が受け取れる加盟店増加を目指す。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「トークン」の画像

もっと見る

「トークン」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる