「ソフトウェア開発」とは?

関連ニュース

Boston Dynamicsのロボット犬「Spot」のSDK一般公開 - 01月27日(月)13:43 

Boston Dynamicsの犬型ロボット「Spot」をカスタマイズできるソフトウェア開発キット(SDK)が一般公開されている。
カテゴリー:

“ザツダン”に“上司をあだ名”で呼ぶ企業も チームワークのつくり方 | ananweb - マガジンハウス - 01月25日(土)20:00 

最近、日本のチーム作りでも重視されてきている“心理的安全性”。一人ひとりが恐怖や不安を感じず、安心して発言や行動できる状態を指し、チーム力を高めるために最も重要なファクターとされる。Googleの日本支社で人材育成や組織開発を行っていたピョートル・フェリクス・グジバチさんと、チームワークのコンサルティングを行っているなかむらアサミさんにお話を聞き、企業による実践例を教えてもらいました。コミュニケーションが活発で、誰もが自由で、やりがいを感じながら働ける職場作りの効果を紹介。チームや会社で制度化するのが難しい人でも、気軽に試せるアイデアも提案! 企業はどうしてる? 実践例に学ぶ心理的安全性の高め方。【サイボウズ】心理的負担を取り除く週1回30分の1on1ソフトウェア開発会社のサイボウズでは、離職率を28%から4%まで下げる施策のひとつとして、週1回30分、上司と部下が1対1で対話する時間を設けた。「そのシステムを弊社では『ザツダン』と呼んでいますが、その名の通り、その時間は何でも話してOK。目的は評価ではなく、人間関係を深めることにあります。たとえば『子供がケガしたので在宅勤務が増えそう』と言っておけば、チームから急に在宅を始めたとは思われませんし、言った本人も状況を理解されている安心感があります。メールなど文章だと素っ気なく伝わることもあるので、心理的な負荷を取り除くには、温度感が...more
カテゴリー:

ボストン・ダイナミクスの“ロボット犬”、その現場での働きぶりから見えてきたこと - 01月24日(金)17:30 

“ロボット犬”の異名をもつボストン・ダイナミクスの四脚ロボット「Spot(スポット)」が、すでに75台以上も現場で活躍している。ユーザーへのヒアリングから、このロボットに向く仕事が徐々に見えてきたという。こうしたなかSpotのソフトウェア開発キット(SDK)が公開され、このロボット犬のカスタマイズも可能に。インターネットで最も有名なロボット犬は、ついに仕事を始める最初の一歩を踏み出した。
カテゴリー:

【研究】脳に知識をダイレクトにアップロードする方法が判明 - 01月23日(木)22:01  newsplus

 突然、新しいスキルが必要になった。それはプレゼンのスキルかもしれないし、もっと差し迫った戦闘スキルや爆弾解体スキルかもしれない。  普通ならそうしたスキルは一朝一夕で身につくものではない。だが、大丈夫だ、問題ない。ネットに接続し、必要なものを脳にダウンロードしてしまえばいい。  脳に情報を直接アップロードする。こんなことができるのは攻殻機動隊やマトリックスの世界だ――これまでは。  ある研究グループが開発したと主張しているのは、情報を人間の脳に直接流し込み、労せずして新しい技能を身につけ...
»続きを読む
カテゴリー:

CIJで開発中のロボット「AYUDA」が藤沢市役所にて全国初の実証実験を実施 - 01月23日(木)12:00 

創業40年を超える独立系ソフトウェア開発会社「株式会社CIJ」(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:坂元 昭彦、以下 CIJ)で開発中のロボット「AYUDA(アユダ)」が、神奈川県藤沢市役所にて自律走行機能を用いたサービスを含めた実証実験を行います。「AYUDA」が公共施設で、さらに自律走行機能を用いたサービスを提供する実証実験は全国初の試みとなります。 「AYUDA」は自律移動型のコミュニケーションロボットです。女性の...
カテゴリー:

Boston Dynamicsのロボット犬「Spot」のSDK一般公開 - 01月27日(月)13:43 

Boston Dynamicsの犬型ロボット「Spot」をカスタマイズできるソフトウェア開発キット(SDK)が一般公開されている。
カテゴリー:

人権侵害の懸念をよそにロンドン警視庁がNEC製の顔認証を導入  - 01月25日(土)10:15 

そのリスクに照準を合わせたAI規制計画の一環として、EUの議員たちは個人の権利を守るために顔認証を一時的に使用禁止することを検討している。そうした中、ロンドン警視庁は1月24日、プライバシーの敵となるテクノロジーの配備を開始した。英国の首都でライブの顔認証の運用を始めた。 今回の導入は、ロンドン警視庁とサウスウェールズ警察による複数年の試験を経たものとなる。 議論を呼んでいるテクノロジーの使用は「重罪犯がいそうだと情報機関が考える特定の場所」をターゲットとしている、とロンドン警視庁は話す。 「捜索されている個人、重大な事件を起こして指名手配されている人物の画像からなる専用の『ウォッチリスト』が使われる」と付け加えた。 また、カメラには「明確に標識が付けられ」、運用に専従する警官がこうした取り組みに関するリーフレットを配布する、とも述べた。 「配備にあたって、カメラは通行人をスキャンするためにごく限られた場所にフォーカスする」と書いている。「独立したシステムであるこのテクノロジーは、CCTV(監視カメラ)やボディカメラ、ANPR(自動車ナンバー自動読取装置)などのいかなる画像システムともリンクしていない」 この生体認証システムは、日本のIT・エレクトロニクス大手であるNECが納入した。 プレスリリースで、警視正のNick Ephgrave(ニック・エファグレイブ)氏は、議論が残るテッ...more
カテゴリー:

オウムのヘッドギア ガチで効果があった 脳科学者「脳の特定領域に電気的な刺激を与えながら学習すると効果的に知識が定着」 - 01月23日(木)22:32  poverty

 突然、新しいスキルが必要になった。それはプレゼンのスキルかもしれないし、もっと差し迫った戦闘スキルや爆弾解体スキルかもしれない。  普通ならそうしたスキルは一朝一夕で身につくものではない。だが、大丈夫だ、問題ない。ネットに接続し、必要なものを脳にダウンロードしてしまえばいい。  脳に情報を直接アップロードする。こんなことができるのは攻殻機動隊やマトリックスの世界だ――これまでは。  ある研究グループが開発したと主張しているのは、情報を人間の脳に直接流し込み、労せずして新しい技能を身につけさ...
»続きを読む
カテゴリー:

インフォクリエ---システム開発から運用までの情報サービスを提供 - 最新株式ニュース - 01月23日(木)14:25 

<4769>  インフォクリエ  912  -101インフォメーションクリエーティブ<4769>の事業領域は、ソフトウェア開発から、インフラ設計構築、運用支援までのトータルソリューションを提供するITソリューション事業と、自社パッケージソフトの開発・提供と運用を行うITサービス事業の2つに大別される。ITソリューション事業の提供先エンドユーザーは、製造、金融・証券・保険、情報・通信・メディアなど広
カテゴリー:

「こどもプログラミング本大賞2020」エントリー作品決定!大賞発表は5月中旬 - 01月23日(木)11:00 

 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、1月23日(木)に「こどもプログラミング本大賞2020」のエントリー作品を発表しました。 「こどもプログラミング本大賞」は、こども向けの優れたプログラミング本の認知拡大を図るべく、投票によって「こどもたちにおすすめしたいプログラミングの本」を決める企画です。昨年2019年に創設され、今回が2回目の開催となります。 2020年度からのプログラミング教育必修化を見据え、こども向けのプログラミング本の刊行点数が増加する中、保護者や教員の判断の助けになる選書の実施と、プログラミング本市場の一層の活性化を目指しています。 今回は、プログラミング本を出版している出版社からのエントリーにより、71点の作品が揃いました。2月中旬に投票会を実施し、5月中旬に大賞を発表します。前回と同様、エントリー作品を利用シーンや利用者別に分類したうえで、それぞれを代表するユーザーの視点で投票を行い、大賞ならびに各賞の受賞作品を決定します。それにより、ユーザーの気持ちを最も体現した賞の実現を目指します。 実施概要は以下の通りです。■「こどもプログラミング本大賞2020」実施概要●選考部門「絵本・読み物部門」PCなどのツールを使わず、読むだけでプログラミングやプログラミング的思考を学べる本「操作マニュアル部門」実際にPCなどのツールを操作しながら、プロ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ソフトウェア開発」の画像

もっと見る

「ソフトウェア開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる