「トップ」とは?

関連ニュース

【サッカー】韓国、苦しむも延長制してアジア杯8強入り…途中投入キム・ジンスが値千金ヘッド - 01月23日(水)00:35  mnewsplus

1/23(水) 0:35配信 韓国、苦しむも延長制してアジア杯8強入り…途中投入キム・ジンスが値千金ヘッド  AFCアジアカップUAE2019の決勝トーナメン1回戦が22日に行われ、韓国代表とバーレーン代表が対戦した。  グループステージを3連勝の首位で通過した韓国は第3戦から合流した主将のソン・フンミンやファン・ウィジョ、チョン・ウヨン、キム・スンギュといった面々が先発する4-2-3-1。UAE、タイに続くグループ3位ながら、勝ち点4を稼いだため、決勝トーナメントへ進んだバーレーンは今大会1ゴールずつを挙げているモハメド・サー...
»続きを読む
カテゴリー:

【超悲報】「万引き家族」アカデミー賞にノミネート→もちろんネトウヨ大発狂 - 01月22日(火)23:09  poverty

米アカデミー賞を主催する映画芸術科学アカデミーは1月22日(現地時間)、第91回アカデミー賞のノミネート作品を発表した。 是枝裕和監督がメガホンをとった「万引き家族」は、外国語映画賞にノミネートを果たした。 「誰も知らない」「海街diary」など、さまざまな“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督の長編第14作となった本作は、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。 リリー・フランキー、2018年9月に亡くなった樹木希林さんといった是枝組常連のキャストに加え、安...
»続きを読む
カテゴリー:

アート・ディレクターが語るピクサーの魅力 - 01月22日(火)22:47 

1995年に世界初のフルCG長編アニメ「トイ・ストーリー」の全米公開を皮切りに、常にアニメーション界のトップを走り続けているピクサー・アニメーション・スタジオ。同スタジオで活躍するアート・ディレクターのアルバート・ロザーノさんが来日、ディズニー/ピクサーの魅力をアート・ディレクターならではの視点で熱く語るインタビュー映像が解禁となった。
カテゴリー:

竹田恒和会長の贈賄疑惑、肝心の書類が「秘匿性のため」破棄されてた - 01月22日(火)22:06  poverty

五輪招致「秘匿文書」破棄!の経緯 竹田会長捜査の展開 2020年東京五輪招致疑惑でフランス当局が贈賄容疑で正式に捜査を開始した日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長。 22日のJOC理事会で「今後は手続きにのっとって粛々と疑惑を払拭する」と発言した。 焦点は ①招致委とコンサル会社の契約を巡る経緯 ②トップである竹田氏の認識について、フランス当局がどう判断するかだ。 実は、問題のコンサル会社が当時、招致委に送った国際オリンピック委員会(IOC)へのロビー活動に関する報告文書は破棄され...
»続きを読む
カテゴリー:

厚労省、繰り返される不祥事 根深い組織風土の問題 - 01月22日(火)21:13 

 不祥事による厚生労働省職員の処分は、これまでも繰り返されてきた。トップの事務次官に及ぶこともたびたびあり、組織風土の問題は根深い。  直近の大きな不祥事は、昨年2月に発覚した労働時間調査を巡る不適切なデータ処理。「裁量労働制で働く人の方が一般労働者よりも労働時間が短い」とする誤った資料の作成が問題
カテゴリー:

ミニストップ、韓国風のホットドッグ発売で差別化 - 01月23日(水)00:11 

 ミニストップは、18日に発売した「ビッグドッグ」(税込み198円)を今期の施策である「単品集中」商品と位置付ける。重点商品の売上げ最大化を目指す取組みで、これまでは店内加工のソフトクリームなどコールドデザートが中心だった。フライヤー商品を...
カテゴリー:

【一体なぜ】竹田JOC会長ら五輪招致「秘匿文書」をなぜか破棄していた事が判明 - 01月22日(火)22:48  newsplus

2019/1/22 21:50  2020年東京五輪招致疑惑でフランス当局が贈賄容疑で正式に捜査を開始した日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長。22日のJOC理事会で「今後は手続きにのっとって粛々と疑惑を払拭する」と発言した。焦点は、①招致委とコンサル会社の契約を巡る経緯②トップである竹田氏の認識について、フランス当局がどう判断するかだ。実は、問題のコンサル会社が当時、招致委に送った国際オリンピック委員会(IOC)へのロビー活動に関する報告文書は破棄されている。共同通信は招致委など複数の関係者にあらた...
»続きを読む
カテゴリー:

【テニス】<錦織圭はなぜ“不人気”か?>劇的試合続くも外国人記者ソッポ… ★2 - 01月22日(火)22:31  mnewsplus

■「話は試合のことだけ」 錦織の会見は、大坂なおみ(21)に続いて行われた。大坂は前年の全米を制し、英語もネーティブ。外国人記者との間でも活発なやりとりがあったが、会見が終わり、さあ、次は錦織……というタイミングで“事件”は起きた。 日本人記者以外のほとんどの海外メディアが立ち上がり、ぞろぞろと会見場を後にしたのだ。 今大会第8シード、前哨戦を制した選手に対して、それはないだろうと感じた日本人記者は一人や二人ではない。 錦織の会見が海外メディアの間で不人気なのはいまに始まったことではないにせよ、こ...
»続きを読む
カテゴリー:

歴史は繰り返すか。かつてナチスと組んだ日本が中国にすり寄る愚 - 01月22日(火)21:45 

アメリカが対中強硬姿勢を鮮明にする今、日本は岐路に立たされているといっても過言ではありません。AJCN Inc.代表で公益財団法人モラロジー研究所研究員の山岡鉄秀さんは無料メルマガ『日本の情報・戦略を考えるアメリカ通信』の中で、日本軍部がナチスドイツと手を組むに至った歴史の事実と現在の世界情勢を照らし合わせつつ、実利優先で対中経済協力に邁進する政財界の愚行に警鐘を鳴らしています。 日本がナチスと組んだ悪夢再び? 全世界のアメ通読者の皆様、山岡鉄秀です。 2019年元旦、衝撃的なニュースが飛び込んで来ました。前日の大晦日に、トランプ大統領が「アジア再保証推進法」に署名し、法律が成立したそうです。 この法律には台湾への防衛装備品の売却推進や南シナ海での航行の自由作戦の定期的な実施、さらには東南アジア諸国の海洋警備や軍事訓練などに今後5年間で最大15億ドル(約1,650億円)を投じることが明記されているとのこと(「米、中国けん制へ新法成立 台湾と軍事協力推進」 日本経済新聞)。 12月上旬の上院での法案採決では野党・民主党を含む全ての議員が賛成したそうですから、アメリカが挙国体制で中国と事を構える決意をしたことが改めてわかります。 直後の1月2日、習近平主席は「台湾統一に武力行使を排除しない」と発言したうえ、軍の最高指導機関である中央軍事委員会で「有事の際には必ず迅速に対応できるようにせ...more
カテゴリー:

絵画もチェスの相手もできるデスクトップ据え置き型ロボットアーム「Hexbot」 - 01月22日(火)21:00 

ロボットアームも、今や卓上に置ける時代である。それも玩具と大差ないものではなく、コンマ何mm単位の精密な工作ができるものが開発されるようになった。 クラウドファンディング「Kickstarter」に登場した「Hexbot」は、チェスの相手から3Dプリンティングまであらゆることをこなす万能ロボットアームである。一家に1台ロボットアームを持つ時代は、そこまで来ているのかもしれない。 ・用途に応じて交換可能 Hexbotはアタッチメント交換式のロボットアーム。用途に応じて先端の「手」を替えることができる。 グリッパー、吸盤、ペンホルダー、レーザー彫刻機、そして3Dプリンター。たとえばチェスの相手をさせる時は、グリッパーで駒を掴めるようにしてやる。ところが、囲碁やオセロの様な駒ではグリッパーは扱いづらい。そこで、吸盤に交換する。 ペンを持たせて絵を描かせることもできるが、何も持つのはペンだけに限らない。レーザー彫刻や3Dプリンティングもこなせるよう設計されている。 Hexbotの精度は0.05mm。針と針の先端をくっつけることができるほどの性能だ。また、プログラミング初心者でも扱いやすいよう、ビジュアルプログラミングエディター「Blockly」を統合しているのも特徴だ。 プログラマーではない人でも扱えるという点で、Hexbotは普及のための大きなアドバンテージを有している。 ・日本へも配送...more
カテゴリー:

もっと見る

「トップ」の画像

もっと見る

「トップ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる