「センター」とは?

関連ニュース

Zoomで就農相談してみませんか 県がオンライン窓口開設 - 08月15日(土)07:46 

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県は県新規就農相談センター(秋田市)にオンラインによる就農相談窓口を開設した。専門の相談員2人が本県農業の特徴や魅力、就農希望者向けの支援策などを紹介する。 …
カテゴリー:

「日本でコロナウイルスが広まったのは、習近平国賓来訪のために安倍首相が忖度したことが最大の要因」 アメリカが報告書発表 - 08月15日(土)07:11  poverty

・米研究機関、「日本における中国の影響力」という報告書発表。 ・安倍首相のコロナ対策の遅れは中国の対日影響力行使の結果と分析。 ・習近平国賓来訪の計画の為に中国側に忖度した事が最大要因とも。 「安倍晋三首相がコロナウイルス対策で当初、中国に遠慮したのは中国共産党の最も効果的な対日影響力行使の結果かもしれない」―― こんな趣旨の指摘がアメリカの有力研究機関が7月下旬に公表した「日本における中国の影響力 (China’s Influence in Japan: Everywhere Yet Nowhere in Particular)」と題する調査報...
»続きを読む
カテゴリー:

風景写真121点 フィルムの味わい 山形・白鷹で企画展 - 08月15日(土)06:05 

全国各地の風景写真が並ぶ公募企画展「美しい風景写真100人展」が、山形県白鷹町文化交流センター「あゆーむ」で開かれている。23日まで。 全国の写真愛好家や招待作家が撮影した121点が並ぶ。来場者は滝や
カテゴリー:

海外向けのフクシマ放射線被曝論文、デタラメだった 線量を低く算出 - 08月15日(土)05:16  poverty

福島・伊達市住民被ばく論文の撤回がもたらしたもの 同意のないデータ使用、被ばく線量過小評価のミスも 東京電力福島第1原発事故後、福島県伊達市の住民の被ばく線量を分析し、英専門誌に掲載された論文が7月、撤回された。本人の同意を得ていないデータが多数使われ、被ばく線量を過小評価する計算ミスが見つかるなど、論文を巡っては問題が次々と露呈した。 「故意ではなかった」とする著者側の説明を踏まえたとしても、科学者が不適切にデータを扱った上、住民の健康に関わる被ばく線量を低く見積もっていた責任は重い。国...
»続きを読む
カテゴリー:

【神奈川】商業施設で小学1年の女児(7)の下半身触る 42歳自営業の男を逮捕 - 08月15日(土)00:34  newsplus

商業施設で7歳女児の下半身触る 42歳自営業の男を逮捕  麻生署は14日、強制わいせつの疑いで、川崎市麻生区岡上、自営業の男(42)を逮捕した。  逮捕容疑は、同日午後3時40分ごろ、同区のショッピングセンターで、同区に住む小学1年の女児(7)の下半身を触るなどした、としている。 ※以下略、全文はソースからご覧ください。 https://news.yahoo.co.jp/articles/7f482cb4a5877ea93f08adbbdbc453f41d306f53 8/15(土) 0:10配信 カナロコ by 神奈川新聞 ...
»続きを読む
カテゴリー:

がんの標的治療の開発を改善するMission Bioが約75億円を調達して技術のスケールアップを目指す - 08月15日(土)07:30 

カリフォルニアのMission Bioが、シリーズCで7000万ドル(約74億6000万円)を調達した。このラウンドはNovo Growthがリードし、Soleus Capitalと前からの投資家であるMayfield、Cota CapitalおよびAgilentが参加した。Mission Bioはこの資金を使って同社のTapestriプラットフォームを拡大していく。このプラットフォームは、単一細胞マルチオミクス解析の技術における同社の取り組みを利用して、標的化された精密ながん治療の最適化を支援している。 Mission Bioの単一細胞マルチオミクス解析プラットフォームは、治療産業の中でもユニークだ。臨床試験中のさまざまな治療を使用した場合の遺伝子型(完全に遺伝的なもの)と表現型(遺伝やその他の要因に由来する形質)両者への影響を観察できるという点で単一細胞に的を絞ることができる。Mission BioのTapestriは同一細胞内のDNAとタンパク質の変化の両方を検出可能で、バルク分析(細胞群をまたいだ分析)ではコントロール不能な他の要因の影響を除外することができるため、標的とする治療法の効果判定において重要だ。 2012年にUCSF(カリフォルニア大学サンフランシスコ校)で行われていた研究からスピンアウトして創業されたMission Bioは、今日まで1億2000万ドル(約12...more
カテゴリー:

1945年「本土決戦」のイフ。日本必敗の決号作戦で“神風”が吹いた可能性 - 08月15日(土)07:00 

太平洋戦争の終結から75年。もし戦争があのまま終結せず「本土決戦」になっていた場合、日本軍は九十九里浜や南九州で、圧倒的に優勢な連合国軍を迎え撃つことになっていました。この「必敗」としか思えない作戦に、実は対極的な2つの評価があることをご存じでしょうか? 軍事アナリストの小川和久さんが主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』では、静岡県立大学グローバル地域センター特任助教の西恭之さんが、本土決戦(決号作戦/ダウンフォール作戦)を詳しく解説。ある自然現象が、日本にとって「神風」になっていたかもしれないという海外識者の分析などを紹介しています。 小川和久さん主宰のメルマガ『NEWSを疑え!』の詳細はコチラから   日本が「本土決戦」をしていたら何が起きたか? 対極的な二つの考察 第二次世界大戦終戦75周年を前に、「日本が本土決戦をしていたら何が起きたか」というテーマで、対極的な二つの見方を紹介したい。日本は戦力を急速に失いつつあったので1945年の降伏は不可避だったという『米国戦略爆撃調査』の見方と、消耗戦となり、日本が壊滅するだけでなく米軍もかつてなく多数が死傷することになったという、軍事史家D・M・ジャングレコ氏の見方である。 決号作戦 日本側は1945年1月、本土決戦の本格的な準備を始めた。米軍はフィリピン・ルソン島に上陸しており、沖縄へ進攻するのは時間の問題となっていた。大本営は、...more
カテゴリー:

【行き場を失う喫煙者】喫煙所閉鎖でさまよう愛煙家 - 08月15日(土)05:57  newsplus

「喫煙者が異常に増えた場所がある。昼時はすごい」。札幌市の50代女性から札幌中心部で屋外の喫煙が増えているという投稿が「みなぶん特報班」に寄せられた。調べてみると、密閉・密集・密接の「3密」がそろう喫煙所は、新型コロナウイルスの感染予防のために相次いで閉鎖され、喫煙者が行き場を失っている現状が浮かび上がった。  女性が指摘した場所は、中央区北5西7。JR札幌駅西側の高架下に沿って続く歩行者専用道「札幌桑園停車場緑道線」の一角だ。女性は緑道をよく通るといい「4月以降に喫煙者が増えた。近くを通ると...
»続きを読む
カテゴリー:

感染源、生活圏に拡大 県分析 医療・福祉施設で集団感染 - 08月15日(土)05:00 

 県内の新型コロナウイルスの感染は那覇市松山の繁華街など「夜の街」から、同居する家族や職場などに広がり、さらに医療機関や福祉施設などに持ち込まれ、感染者集団(クラスター)を発生させる事態に発展した。県が14日までに国立感染症研究センターに依頼し、7月から8月10日までに発症した患者(確認中や無症状者...
カテゴリー:

太陽系外の知的生命体にメッセージを送信していたプエルトリコ・アレシボ電波望遠鏡、原因不明の事故で崩壊 - 08月14日(金)23:30  poverty

世界最大級の電波望遠鏡が原因不明の事故で崩壊して稼働停止 https://news.livedoor.com/article/detail/18735619/ アレシボ天文台はプエルトリコのアレシボにある、直径305メートルの球面反射面を使った世界最大級の電波望遠鏡を抱える天文台です。そのアレシボ天文台の反射面の一部が崩壊する事故が発生したと報じられています。 1963年に建設されたアレシボ天文台は、2016年に中国で直径500mの電波望遠鏡「FAST」が完成するまで、単体で世界最大の電波望遠鏡として知られていました。 人類が初めて太陽系外の知的生命体に...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「センター」の画像

もっと見る

「センター」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる