「米海軍」とは?

関連ニュース

台湾って国なの?🇹🇼 - 03月26日(火)08:26  poverty

https://www.sankei.com/smp/world/news/190325/wor1903250007-s1.html 米艦2隻が台湾海峡を通過 今年3回目 米第7艦隊は24日、米海軍のイージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」と沿岸警備隊の巡視船「バーソルフ」が24日、台湾海峡を通過したと発表した。米国の艦船が台湾海峡を通過するのは今年に入り3回目。 トランプ政権は、米艦船による台湾海峡の通過を恒常化させることで、台湾への軍事的圧力を強める中国の習近平体制を牽制(けんせい)する構えだ。  台湾国防部の発表によると、2隻は台湾海峡を台湾の南西...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍艦2隻、台湾海峡を通過 中国との通商協議控え - 03月25日(月)17:18 

米海軍は、同軍の艦船2隻が24日に台湾海峡を通過したことを明らかにした。台湾と中国本土を隔てる台湾海峡は国際水域に当たるが、台湾を自国の一部と主張する中国は、この水域への米軍の展開に神経をとがらせているとみられている。 米海軍第7艦隊が出した声明によれば、海軍駆逐艦の「カーティス・ウィルバー」と沿岸警備隊のバーソルフ級カッターが「(現地時間の)24日から25日にかけ、台湾海峡を通過する通常航行...
カテゴリー:

【もろうた】アメリカの水兵さん、13歳少女から性的な動画を入手 バレて逮捕 - 03月22日(金)23:34  newsplus

グレートレイクス海軍基地に駐屯している水兵が、性的に露骨な写真やビデオを送ってもらうためにオンラインで出会った13歳の女の子を納得させたとして、シカゴの連邦裁判所で起訴されました。 Ethan Knez(21)は火曜日に、未成年者の性的搾取の容疑で裁判所で逮捕された、裁判記録。 検察官は、コミュニティへの危険性として、彼を絆なしで拘禁するよう求めています。 金曜日にDirksen米国裁判所で拘禁聴聞会が予定されていました。 水曜日に封印されていない16ページの刑事訴訟によると、インディアナ州出身のKnezは、北部郊外の海...
»続きを読む
カテゴリー:

日本との海戦で沈んだ米空母ワスプ、77年ぶりに発見 - 03月20日(水)11:49 

第2次世界大戦中の1942年に日本と交戦して沈没した米海軍の空母「ワスプ」の残骸が、南太平洋の深さ4000メートル以上の深海で見つり、無人潜水艇を使って艦砲やブリッジの様子を撮影することに成功した。 ワスプの残骸は、マイクロソフトの創業者だった故ポール・アレン氏が主導したプロジェクトの調査船「ペトレル」が発見した。同船はここ数年で、海底に沈んだ米国、英国、日本、イタリアなどの軍艦を相次いで発見...
カテゴリー:

【兵器】極秘の無人戦闘機「XQ-58Aヴァルキリー」が初飛行 人と共に飛び、戦う 飛行可能距離3000kmで亜音速 - 03月19日(火)17:42  newsplus

2019.3.19 06:30 米空軍が極秘裏に開発を進めていた無人戦闘機「XQ-58Aヴァルキリー」が初飛行に成功したことが3月6日に発表された。秘密のベールに包まれていた無人機はドローンの範疇(はんちゅう)を超え、いずれ「ロボット戦闘機」とでも言うべき性能を持つことになるという。米海軍でも有人の戦闘機は無くなっていくとの見方が支配的で、近い将来に戦闘機の概念が変わりそうだ。(岡田敏彦)  戦場の女神  XQ-58Aヴァルキリーは3月5日、米アリゾナ州の試験場で76分間の初飛行を実施した。米空軍研究開発本...
»続きを読む
カテゴリー:

台湾海峡を米駆逐艦が通過 中国「慎重に対処」申し入れ - 03月26日(火)00:48 

 米海軍の駆逐艦と沿岸警備隊の艦艇が24日、台湾海峡を通過した。同日のロイター通信が伝えた。台湾海峡を通過したのは、イージス駆逐艦「カーティス・ウィルバー」と、沿岸警備艇「バーソルフ級カッター」。米国…
カテゴリー:

Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ(2) - 03月24日(日)10:11 

Y Combinator(YC)の企業を抱えた2019年の冬クラスは200社以上が参加し、これまでのYCで最大の規模になった。私たちはその場に参加し、それぞれのクラスの話を聞きながら、見たもののメモを持ち寄った。以下に紹介するのは米国時間3月18日にピッチが行われた85+のスタートアップのPart 2だ。 Y Combinator 2019年冬クラス、Demo Day 1日目のスタートアップ ・Part 1:パイオニアステージ(1) ・Part 2:パイオニアステージ(2)※この記事 ・Part 3:パイオニアステージ(3) ・Part 4:パイオニアステージ(4) ・Part 5:ミッションステージ(1) ・Part 6:ミッションステージ(2) ・Part 7:ミッションステージ(3) ・Part 8:ミッションステージ(4) Ravn 歩兵にとって戦場で最も危険な行為の1つが、角で見回すことだ。Ravnは、銃、ドローン、または他の場所に設置されたカメラを使って、兵士や警察などが角の向こうを見回せるようにする。遮蔽に隠れながら敵を見ることができれば、命を守ることができる。Ravnは既に海軍と空軍に対して、40万ドルの契約を結んでいる。かつてネイビーシール(米海軍特殊部隊)の一員だった同社のCEOは、コンピューターサイエンスの勉強を行って拡張現実の専門家となり、国防総省にハードウ...more
カテゴリー:

Y Combinatorの2019年冬のDemo Day初日の有望スタートアップ10社 - 03月21日(木)12:00 

電気自動車の充電スタンド、兵士のためのヘッドアップディスプレイ、マリファナのコストコなど、一流アクセラレーターY Combinator(YC)の2019年冬のデモデーに登場したスタートアップには、TechCrunch好みの企業がいくつもあった。シリコンバレーの波動を感じたければ、YCこそまさにその場所だ。しかし、2日間にわたり2箇所で開かれた「Demo Day」(スタートアップが投資家にプレゼンを行うイベント)には200社を超えるスタートアップが登場し、そのすべてを把握するのは困難を極める。 興味のある方は、デモデー初日に登場した85社を超える企業の紹介記事を読み、完全な索引を見て2日目からピックアップした企業の記事を読まれるのがいいだろうが、ここではデモデー初日の半分から選んだ10社を紹介したい。私たちが選んだ理由も書き添える。 Ravn 戦場では、建物の角から顔を出すときが、兵士にとってもっとも危険な瞬間となる。Ravnは、兵士や警察官が、角を曲がった先の様子を確認できるヘッドアップディスプレイを作っている。銃やドローンや、周囲のカメラの映像を利用する。遮蔽物に身を隠したままで敵を見ることができれば安全だ。Ravnはすでに、米海軍と空軍との間で49万ドル(約5468万円)の契約を交わしている。海軍の特殊部隊Seals出身のCEOは、コンピューター科学を学び、拡張現実の専門家とな...more
カテゴリー:

写真特集:日本の魚雷攻撃で沈没の米空母、77年ぶり発見 - 03月20日(水)11:46 

第2次世界大戦中の1942年に日本と交戦して沈没した米海軍の空母「ワスプ」の残骸が、南太平洋の深さ4000メートル以上の深海で見つり、無人潜水艇を使って艦砲やブリッジの様子を撮影することに成功した
カテゴリー:

米空軍の極秘無人戦闘機が初飛行 いずれは「ロボット戦闘機」に… - 03月19日(火)16:27 

 米空軍が極秘裏に開発を進めていた無人戦闘機「XQ-58Aヴァルキリー」が初飛行に成功したことが3月6日に発表された。秘密のベールに包まれていた無人機はドローンの範疇(はんちゅう)を超え、いずれ「ロボット戦闘機」とでも言うべき性能を持つことになるという。米海軍でも有人の戦闘機は無くなっていくとの見方が支配的で、近い将来に戦闘機の概念が変わりそうだ。
カテゴリー:

もっと見る

「米海軍」の画像

もっと見る

「米海軍」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる