「ミサイル」とは?

関連ニュース

東京進出のミキ「引っ越し費用捻出したい」 - 03月25日(月)16:30 

大阪の名を冠するGIレース『大阪杯』を3月31日に控え、ミサイルマン、アキナ、霜降り明星、ミキのよしもと芸人4組がPR隊を結成。25日、「なんばグランド花月」(大阪市中央区)で就任式が開催された。 2017年にGIレース […]
カテゴリー:

ミキ亜生、兄昴生の新居の個人情報暴露「家賃は…」 - 03月25日(月)12:08 

4月に東京進出するお笑い芸人の「ミキ」が、引っ越し費用や新居の家賃を公開する一幕があった。 「ミサイルマン」「アキナ」「霜降り明星」らと競馬のG1大阪杯(3月31日=阪神競馬場)PR隊に就任し、25日に大阪・なんばグランド花月で就任式に…
カテゴリー:

正恩氏側近にCIAが“離反工作”か 金一族の支配終焉へ!?不気味な在スペイン大使館襲撃事件 - 03月25日(月)07:30 

 約70年続く北朝鮮の金一族による支配の終焉が近づいているのか。トランプ米大統領との首脳会談が失敗に終わり、核・ミサイル開発の再開を示唆するなど再び暴走が懸念される金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長。国際投資アナリストの大原浩氏は寄稿で、金王朝の側近の離反を後押しするような海外機関の諜報戦や工作活動が展開されていると読み解く。
カテゴリー:

韓国の地方自治体の間で加熱する「親日清算」競争 ネット「もっとガンバレ!」「その調子で日本に宣戦布告しろよ」「ムンムンは有能」 - 03月24日(日)21:03  seijinewsplus

https://anonymous-post.mobi/archives/5267 道路名から詩碑まで…韓国自治体間で加熱する「親日清算」競争 学校だけではない。 「親日の痕跡消し」は自治体ごとにさまざまな分野で繰り広げられている。 親日かどうかを分ける基準は、左派寄りの民族問題研究所が編集した『親日人名辞典』に名前が出たかどうかだ。 京畿道の李在明(イ・ジェミョン)知事は今月6日、「親日作曲家論争がある道歌『京畿道の歌』の斉唱を、しばらく保留したい」と表明した。 この歌は「三角山のそびえる下、村々が長き歴史を刻んだ伝統のよりどこ...
»続きを読む
カテゴリー:

200回以上韓国を訪れている大前研一氏「統一コリアの仮想敵は日本。核ミサイルのターゲットは日本しかない」 - 03月23日(土)22:16  poverty

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190322-00000004-pseven-kr  私はこれまで仕事や講演などで韓国を200回以上訪れているが、韓国の友人たちと酒を飲むと、酔っ払った彼らは必ず 「南北統一が実現すれば、核戦力と安い労働力が自分たちのものになる」というシナリオを口にしていた。 それが目の前に見えてきたから、いま韓国で急に反日運動が盛り上がっているのである。  * * *  なぜなら、統一コリアにとっての“仮想敵”は日本だからだ。核保有国の中国やロシアと喧嘩するはずがないし、統一後に在韓米軍が撤...
»続きを読む
カテゴリー:

R−1王者の粗品「賞金で大勝負に出る」 - 03月25日(月)16:00 

今年で3回目をむかえるG1レース『大阪杯』を盛り上げるべく、ミサイルマン、アキナ、霜降り明星、ミキの4組がPR隊を結成。その就任式が25日、「なんばグランド花月」(大阪市中央区)前でおこなわれた。 2018年の『M−1グ […]
カテゴリー:

【国防】離島防衛で滑走路復旧部隊新設を検討、防衛省 - 03月25日(月)09:14  newsplus

https://www.iza.ne.jp/smp/kiji/politics/news/190324/plt19032420290018-s1.html 防衛省が、中国による南西方面の離島への侵攻に備え、民間航空機が運航している 離島の空港の滑走路を復旧する部隊の新設を検討していることが24日、分かった。 沖縄県の宮古島(宮古島市)や石垣島(石垣市)などの空港が対象。 武力攻撃への自衛隊の対処と住民避難で空港の機能は不可欠だが、敵の攻撃により 滑走路が破壊されれば、平時に管理している県では復旧できないと判断した。 離島防衛をめぐっては、陸上自衛隊が26日、宮古島市と...
»続きを読む
カテゴリー:

【読売世論調査】対北朝鮮…解決は「圧力」45%、「対話」41%をやや上回る - 03月24日(日)23:07  newsplus

2019.3.24 22:00 北朝鮮ネタ ※ 3/22~24 全国有権者に電話調査 https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20190324-OYT1T50164/  読売新聞社の全国世論調査で、北朝鮮の核やミサイル問題を解決するため、国際社会が対話と圧力のどちらをより重視すべきかを聞くと、「圧力」45%が「対話」41%をやや上回った。 同じ質問をした昨年7月調査では「対話」46%と「圧力」45%が拮抗きっこうしていたが、今回は逆転した。1回目の米朝首脳会談後の昨年6月調査では、「対話」48%、「圧力」39%だった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

交渉のプロが懸念。「四面楚歌」の韓国が、北朝鮮を追い詰める - 03月24日(日)12:00 

2月末にベトナムのハノイで開催された第2回米朝首脳会談は物別れに終わったものの、3回目の会談の可能性がなくなったわけではないようです。それでも「先行きは明るくない」と分析するのは、数々の国際舞台で交渉人を務めた島田久仁彦さん。島田さんは自身のメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』で、米朝関係を複雑にする米中、米韓の関係について持論を展開しています。 北朝鮮はまた逃げ切ることができるのか? 2月末に開催された第2回米朝首脳会談の決裂の後、各国のメディアは様々な角度から「なぜ会談は決裂したのか」解説を試みています。実際の理由については、それぞれのリーダーの頭と心の中を覗いてみないと分からないでしょうが、会談は決裂し、合意は何も得られなかったことは事実です。 あえて理由を探すのだとしたら、やはり、金正恩氏と北朝鮮が、トランプ大統領の合意への傾倒度を見誤り、非核化についての答えを用意していなかったことだと考えます。 3月に入ってトランプ大統領は、従来のポジションである「不可逆的で完全な非核化の実施が確認できるまでは、いかなる制裁も緩和しない」との立場に立ち返り、緊張が高まっています。 それに正面から受けて立つつもりなのか、北朝鮮も外務次官を通じて、対米交渉の打ち切りの可能性を匂わせる発言をしてみたり、ミサイル・ロケット発射場を再興し発射準備を進める動きを...more
カテゴリー:

【軍事技術】防衛省「F2」搭載の空対艦ミサイル、中国など外国艦艇の射程延長に合わせ長射程化を研究へ[03/22] - 03月23日(土)15:16  scienceplus

■国産「ASM―3」をベースに、400キロメートル程度に延長 岩屋毅防衛相は支援戦闘機「F2」が搭載する空対艦ミサイルの長射程化の研究を始めたことを明らかにした。開発が完了している国産の「ASM―3」をベースに進める方針。南西諸島エリアで活発な行動を繰り返す中国海軍の艦艇が、対空火器の長射程化を進めていることなどが背景にある。  岩屋防衛相は19日の閣議後の会見で、「南西諸島などの厳しい安全保障環境を考えると、自衛隊員の安全確保のため、基本的にはすべてのミサイルの射程延伸研究が必要だ」とした上で、新たな長射程...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「ミサイル」の画像

もっと見る

「ミサイル」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる