「ミサイル」とは?

関連ニュース

イラン「米軍無人偵察機を撃墜」 - 06月21日(金)04:39 

 イラン革命防衛隊がイランの領空を飛行していたアメリカ軍の無人偵察機を撃墜したと、イランの国営メディアが報じました。アメリカ軍は撃墜されたことを認める一方、領空の飛行は否定しています。  AP通信が国営イラン通信の報道内容を引用して伝えたところによると、イラン革命防衛隊は20日、ホルムズ海峡に近いイラン南部ホルムズガン州で、領空を侵犯したアメリカ軍の無人偵察機=ドローンを撃墜したということです。  これについて、アメリカ中央軍は20日、声明を発表し、無人偵察機グローバルホークがイランの地対空ミサイルにより撃墜されたことを認めました。その上で、イラン領空の飛行は「事実に反する」と否定し、「正当な理由のない攻撃だ」と強く非難しました。  こうした中、トランプ大統領は20日、「イランはとても大きな過ちを犯した!」とツイッターに書き込みました。  両国の間ではホルムズ海峡のタンカー攻撃などをめぐって主張の応酬が続いていて、今後さらに、軍事的な緊張が高まる可能性が出てきています。(21日01:00)
カテゴリー:

【トランプ大統領】「イランはとても大きな過ちを犯した」とツイート 無人機撃墜を念頭か - 06月21日(金)01:08  newsplus

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は20日、ツイッターに「イランはとても大きな過ちを犯した」と書き込んだ。米国の無人偵察機がイランの地対空ミサイルによって撃墜されたとの米軍の発表を念頭に置いたツイートとみられる。トランプ氏はイランとの戦争を望まないとしつつも、同国を挑発する言動が目立っている。 中東地域を管轄する米中央軍は20日の声明で、無人機が中東のホルムズ海峡周辺の「国際空域」で撃墜されたと主張。「米国の偵察能力に対する正当な理由がない攻撃だ」とイランを非難した。イランメディアによるとイラ...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍事】「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 政治家ではなく精神的権威に忠誠を誓うので武器食料がなくても戦う★2 - 06月20日(木)22:01  newsplus

「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 安倍首相を出迎えた巡航ミサイルと吸着水雷、これが世界の現実 JBpress 2019.6.20(木) 北村 淳 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56757 イスラム革命防衛隊海軍の高速ミサイル艇 イラン海軍は少数ながらも近代的潜水艦も保有している イランの首都テヘランで会談に臨む最高指導者アリ・ハメネイ師(右)と安倍晋三首相。イラン最高指導者事務所提供(2019年6月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / HO / KHAMENEI.IR〔AFPBB News〕 (中略) ●現実と遊離したイラン訪問の...
»続きを読む
カテゴリー:

安倍首相がイラン訪問でハメネイ師から引き出した言葉の真の価値 - 06月20日(木)20:22 

アメリカとイランの緊張を和らげるべくイランを訪問した安倍首相。その訪問中に起こったタンカー攻撃事件の影響もあって、メディアは今回の訪問について悲観的な見出しを並べています。しかし、メルマガ『NEWSを疑え!』の著者で、軍事アナリストの小川和久さんは、ハメネイ師の発言のニュアンスを読み取れば、今回の訪問は高く評価できると解説。タンカー攻撃についても、事実確認とともに、狙いは会談とは別のところにある可能性を言及しています。 ちょっと整理しておきたいイラン情勢 安倍首相のイラン訪問と、それと同時に発生した日本関係タンカーへの攻撃事件について、雑多な情報が飛び交っていますので、少し整理しておきたいと思います。 まず、安倍首相の外交的成果ですが、これは昔なら「殊勲甲」といってよいくらい高く評価できるものです。「殊勲甲」というのは旧日本軍の言葉で、抜群の働きをした部隊や将兵に与えられる評価です。テレビ的にいえば、「はなまる」や「あっぱれ」ですね。 安倍首相は、イランの最高指導者ハメネイ師から「核兵器の製造も保有も使用もしない」という言葉を引き出しました。これは、2015年の「核合意」(米英仏独中ロとEUが締結)を守る意志があるということで、米国に2018年の核合意離脱と経済制裁の撤回を求めるものでもあります。これに対しては当然、「イランは前から核合意を守るとしながらも、守ってこなかった。騙され...more
カテゴリー:

原油価格が急伸、イランが米無人偵察機を撃墜 - 06月20日(木)17:42 

アジア時間の原油価格は約3%急伸。中東情勢の緊迫化が材料視されている。米当局者が匿名を条件に20日、明らかにしたところによると、米軍の無人偵察機がホルムズ海峡上の国際空域でイランの地対空ミサイルにより撃墜された。
カテゴリー:

【軍事】「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 政治家ではなく精神的権威に忠誠を誓うので武器食料がなくても戦う★3 - 06月21日(金)02:25  newsplus

「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 安倍首相を出迎えた巡航ミサイルと吸着水雷、これが世界の現実 JBpress 2019.6.20(木) 北村 淳 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56757 イスラム革命防衛隊海軍の高速ミサイル艇 イラン海軍は少数ながらも近代的潜水艦も保有している イランの首都テヘランで会談に臨む最高指導者アリ・ハメネイ師(右)と安倍晋三首相。イラン最高指導者事務所提供(2019年6月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / HO / KHAMENEI.IR〔AFPBB News〕 (中略) ●現実と遊離したイラン訪問の...
»続きを読む
カテゴリー:

イラン革命防衛隊、米軍無人偵察機を撃墜 - 06月20日(木)23:22 

 イラン革命防衛隊がアメリカ軍の無人偵察機をホルムズ海峡近くのイラン領空で撃墜したと、イランの国営メディアが報じました。アメリカ軍は撃墜されたことを認める一方、領空の飛行は否定しています。  AP通信が国営イラン通信の報道内容を引用して伝えたところによると、イラン革命防衛隊は20日、ホルムズ海峡に近いイラン南部ホルムズガン州で、領空を侵犯したアメリカ軍の無人偵察機=ドローンを撃墜したということです。イラン革命防衛隊の司令官は「どの国とも戦争をする意思はないが、準備は万全だ。イランの国境を侵害する敵はいかなるものであっても、せん滅してみせる」「ドローン撃墜はアメリカ政府への明確なメッセージだ」と強調しました。  一方、アメリカ中央軍は声明を発表し、無人偵察機グローバルホークが、イランの地対空ミサイルにより撃墜されたことを認めました。ただ、撃墜された場所はホルムズ海峡上の国際空域だとして、イラン領空の飛行は否定し、「正当な理由のない攻撃だ」と批判しています。  両国の間ではホルムズ海峡のタンカー攻撃などをめぐって主張の応酬が続いていて、今後さらに、軍事的な緊張が高まる可能性が出てきています。(20日22:40)
カテゴリー:

北、自民の参院選公約に神経とがらす 圧力明記に「二面性」と非難 - 06月20日(木)21:11 

 北朝鮮が夏の参院選で自民党が掲げる公約に神経をとがらせている。国営の朝鮮中央通信は20日までに、公約に北朝鮮の核・ミサイル開発阻止や拉致被害者全員の即時帰国に向けた「最大限の圧力強化」を盛り込んだことに反発。安倍晋三首相が「条件をつけず」に日朝首脳会談を目指すと表明したことを念頭に「言行の不一致は逆に、さらに大きな疑念を呼び起こしている」と論評で批判した。
カテゴリー:

【軍事】「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 政治家ではなく精神的権威に忠誠を誓うので武器食料がなくても戦う - 06月20日(木)19:53  newsplus

「イラン軍とは戦いたくない」米軍に渦巻く本音 安倍首相を出迎えた巡航ミサイルと吸着水雷、これが世界の現実 JBpress 2019.6.20(木) 北村 淳 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56757 イスラム革命防衛隊海軍の高速ミサイル艇 イラン海軍は少数ながらも近代的潜水艦も保有している イランの首都テヘランで会談に臨む最高指導者アリ・ハメネイ師(右)と安倍晋三首相。イラン最高指導者事務所提供(2019年6月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / HO / KHAMENEI.IR〔AFPBB News〕 (中略) ●現実と遊離したイラン訪問の...
»続きを読む
カテゴリー:

サウジ淡水化プラントにミサイル、イエメンから発.. - 06月20日(木)16:55 

サウジ淡水化プラントにミサイル、イエメンから発射か #サウジアラビア
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ミサイル」の画像

もっと見る

「ミサイル」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

  • 該当データはありませんでした

ツイッター人気

こんなの見てる