「環境面」とは?

関連ニュース

レジ袋有料化に芸能界から続々と異議。ネットも「反対」怒りの声 - 06月29日(月)17:00 

7月1日から始まるレジ袋の有料化。プラスチックごみを減らすことで、地球温暖化防止の原因となるCO2や石油資源の削減などにつながるとされているが、賛否両論あることも事実だ。「レジ袋の削減が本当に必要なのか? 」さまざまなところで議論される中、芸能界からは続々と異議が唱えられている。 芸能界からは「無意味」「有料化には反対」 切れ味鋭い辛口な批評が人気の社会学者・古市憲寿氏。27日放送のテレビ朝日系「中居正広のニュースな会」に出演し、舌鋒鋭くレジ袋について自身の意見を述べた。 司会を務める中居正広からレジ袋有料化についての話題を振られ、古市氏は「レジ袋有料化、本当に意味がないと思っていて。レジ袋くらいでそんな世の中ね、変わらないと思うんですよね」と、古市氏らしい言葉で滅多斬り。7月1日からスタートするレジ袋の有料化を真っ向から否定した。 一方、古市氏とは正反対で、発言内容が薄いことから、薄口政治評論家として人気の杉村太蔵。杉村はコメンテーターを務めるTBS系「サンデー・ジャポン」に28日出演し、レジ袋有料化についての考えを語った。 番組の中で杉村は、「3円から5円かかることでレジ袋を使わないようにするかってなるんですかね」と疑問視。レジ袋は便利なものであると主張し、お金を払ってでも購入したいと思わせるものであり、その観点から有料化してもレジ袋削減には繋がらないと説いた。 辛口な古市氏と...more
カテゴリー:

ビットコインは本当に電力の無駄遣いで環境にも悪いのか?ビットコインのエネルギー問題に関する大きな誤解 - 06月26日(金)18:44 

今回は、ビットコインマイニングがもたらす環境負荷について、渡邉草太氏(@souta_watatata)が解説したコラムを公開します。 目次 ビットコインマイニングの消費電力とシェア ビットコインマイニングは電力の無駄遣いという誤解 マイニング電力における再生可能エネルギーが占める割合 最後に 「ビットコインは電力を無駄遣いしていて環境に悪い」というのは、ビットコインに対する最も典型的な批判といえます。しかし、一見もっともそうに思えるこの指摘は、実際どこまで説得力があるのでしょうか。 本記事では、ビットコインマイニングに関するデータや調査研究を元に、ビットコインのエネルギー消費問題に関する誤解を解いていきます。 ビットコインマイニングの消費電力とシェア 本題に入る前に、ビットコインマイニングの現状を消費電力量及び地理分布などのデータを元に見ていきましょう。 ビットコインはよく一定規模の国家と同程度の電力を消費していると言われます。ケンブリッジ大学のオルタナティブ金融センターのデータによれば、ビットコインの年間電力消費は55.33Twh(テラワット時)と推計されており、この消費量は実際にイスラエルやバングラデシュなどの国家以上です。 Image Credit : ケンブリッジ大学オルタナティブ金融センター ちなみにEnerdataによれば、世界第一の電力消費国である中国は年間61...more
カテゴリー:

「環境面」の画像

もっと見る

「環境面」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる