「環境面」とは?

関連ニュース

上値追いに慎重、高値警戒感 米中協議の動向注視=今週の東京株式市場 - 11月11日(月)08:12 

今週の東京株式市場は上値追いに慎重な展開が想定されている。最大の懸念材料だった米中通商協議で双方が歩み寄りをみせ、環境面の重しが取れた格好となったが、これまでの上昇で高値警戒感を生じている。過去の経緯から、トランプ米大統領が対立解消に向けた交渉を台無しにする可能性があり、そうなった場合の波乱を警戒する関係者も少なくない。
カテゴリー:

Twitterの政治広告禁止はプラットフォームの本当の問題点を隠す目眩しだ - 11月07日(木)22:00 

インターネットのプラットフォームでは、何もかもが逆さまに感じられることがある。政治とパブリッシング、文化と商売、そしてそう、嘘のための真実のすり替えだ。 今週は、Twitter(ツイッター)のCEOであるJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏の周囲に広がる光景に奇妙な逆転現象が起きていた。その製品が何のプラットフォーム(舞台)になっているか(たとえばナチス)を示すモラルの歪曲を真後ろで支えているハイテク企業のCEOとして名高い彼が、政治的発言の倫理性に泥縄のツイートストームを展開したのだ。 実際、彼は、民主主義と社会を擁護する態度を示し、人々の生活に強大な影響力を与える巨大無料プロパガンダ帝国を運営しつつ、現実からはまったく遊離したもう一人のハイテク兄弟であるFacebook(フェイスブック)のMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏の師匠だ。 したがって、完全な逆転とは言えないかも知れない。 要は、Twitterは今後は政治広告を受け付けないという、それだけの話だ。 We’ll share the final policy by 11/15, including a few exceptions (ads in support of voter registration will still be allowed, for instanc...more
カテゴリー:

侍J4番・誠也、四重苦に打ち勝つ!台湾の“洗礼”「食」「暗」「風」「芝」 - 11月05日(火)08:09 

 【台中(台湾)4日】2020年東京五輪予選を兼ねた野球の国際大会「第2回プレミア12」で1次ラウンドB組の日本は5日、桃園でのベネズエラ戦で初戦を迎える。4日は台中で公式練習を行った。4番で先発する鈴木誠也外野手(25)=広島=は、環境面での対応に苦慮していることを明かした。異国で降りかかる“逆境”を乗り越え、まずは2次ラウンド進出を目指す。
カテゴリー:

【野球】メジャー表明の筒香 きっかけは「イチローさんや松井秀喜さん」 - 10月29日(火)12:51  mnewsplus

 DeNA・筒香嘉智外野手(27)が29日、横浜市内のホテルで会見を開き、ポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を正式に表明した。  【以下、一問一答】  -メジャー挑戦のきっかけは。  「プロに入る前から、小さい頃からの夢だったメジャーリーグ挑戦は、僕の中にずっとありました。そこで勝負をしたいと決断しました」  -誰かに相談はしたか。  「自分で最終的には決めたので、相談というより、自分の意志で挑戦することを決めました」  -今季は三塁も守った。ポジションやチームのこだわりは。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

来週の日本株は堅調、高値警戒感を「買わざるリスク」が打ち消す - 11月08日(金)16:42 

来週の東京株式市場は、堅調な展開が想定されている。最大の懸念材料だった米中通商協議で、双方が歩み寄りをみせ、環境面の重しが取れた格好となった。買わざるリスクが台頭しており、これまでの上昇で生じている高値警戒感を良好な需給が打ち消す可能性もある。ただ、過去の経緯から、トランプ米大統領が対立解消に向けた交渉を台無しにする可能性もあり、そうなった場合の波乱を警戒する関係者も少なくない。
カテゴリー:

美馬、ヤクルトと初交渉 3年3億5千万円提示か - 11月05日(火)19:51 

 楽天から国内フリーエージェント(FA)権を行使した美馬学投手(33)が5日、東京都内でヤクルトとの初交渉に臨んだ。伊東昭光編成部長と約50分間交渉し「来てほしいという気持ちを伝えてもらった。環境面などの話もできた。条件をしっかり考えて決断したい」と語った。3年総額3億5千万円程度の条件を提示されたとみられる。
カテゴリー:

【野球】侍J4番・誠也、四重苦に打ち勝つ!台湾の“洗礼”「食」「暗」「風」「芝」 - 11月05日(火)05:05  mnewsplus

【台中(台湾)4日 】2020年東京五輪予選を兼ねた野球の国際大会「第2回プレミア12」で1次ラウンドB組の日本は5日、桃園でのベネズエラ戦で初戦を迎える。 4日は台中で公式練習を行った。4番で先発する鈴木誠也外野手(25)=広島=は、環境面での対応に苦慮していることを明かした。 異国で降りかかる“逆境”を乗り越え、まずは2次ラウンド進出を目指す。 親日の地の美食と環境が、そして人々の熱が、今回ばかりは侍の刺客となり得る-。不安なく締めくくったかに見えた、公式練習後。 鈴木の口から漏れたのは、偽...
»続きを読む
カテゴリー:

「環境面」の画像

もっと見る

「環境面」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる